知ってた? びっくりドンキーの一部店舗にはモーニングがあるよ / 系列店ディッシャーズでは「あんバタートースト」が食えるんだぞ

おそらく知らない人が多いと思う。ハンバーグレストラン「びっくりドンキー」の一部店舗にはモーニングセットが存在することを。さらに系列店のディッシャーズでは、名古屋の定番モーニング「あんバタートースト」を提供しているのだ。え!? ドンキーでモーニングが食えるの?

驚くのも無理はない。びっくりドンキーでは都内でも4店舗しかモーニングを提供しておらず、ディッシャーズにいたってはまだ全国に2店舗しかない(2020年7月2日時点)。どこでも食べられるわけじゃないだけに、味が気になるところだ。そこで今回は、ディッシャーズに行ってみたぞ。

・ドンキーのモーニングと違う

ディッシャーズ新宿住友ビル店の営業時間は7時からだ(平日)。以前訪問したのは11時過ぎ。よく考えたら、そんな朝早くからハンバーグを提供しているのか? むしろ朝ハンバーグも良いかもしれない。そう思って再びお店を訪ねると、モーニングの提供を行っていることがわかった。

調べたところ、びっくりドンキーの店舗ではプレーン・チーズ・ポテサラの3種のトーストのいずれかとゆで卵を付けた税別298~398円のモーニングを提供しているようだ。

一方のディッシャーズはプレーン・チーズ・いちごミルク・あんバターの4種のトーストのいずれかにゆで卵を付けたモーニングセット。もしくはそれにサラダの付いたセットの計8種を用意しており、税別380~650円で提供している。バリエーションや価格帯を見る限り、ディッシャーズの方がモーニングに力を入れている気がする。

・粒がデカい

なお、ディッシャーズでのオーダーは卓上の電子端末を使って行う。会計は退出時に精算プレートを精算機にかざすセルフ会計方式。詳しい注文方法については以前の記事をご覧頂きたい。

私(佐藤)はあんバタートーストにサラダのついたセットを注文した。しばし待つと、びっくりドンキーの見慣れた木のプレートには、あんバタートーストと彩り鮮やかな野菜を扱ったサラダ、そして伯方の塩が添えられたゆで卵が行儀よく並んで出てきた。ちなみに、ここのモーニングはドリンクバーが付いてくる。

本家の大根サラダも良いのだが、ここのサラダもかなりイイ。見た目に華やかで、昨今の健康志向を反映してか身体思いの食材を選んでいることがうかがえる。

そして本題のあんバタートースト。コメダ珈琲のあんこと比べると、こちらは明らかに小豆の粒がデカい。存在感十分、このくらいのデカさの粒あんを見ることはなかなか無い気がする。和菓子ならわかるけど、トーストの添え物としては主張が強い。

しかし甘さはそれほど強くなく、厚切りトーストとの食べ合わせもちょうどよかった。それにしても、ディッシャーズはハンバーグディッシュをカスタムできる良いお店なので、早く店舗を拡大して欲しい。近場なら確実に通い詰めるから、ジャンジャンお店を出しておくれ~!

・今回訪問した店舗の情報

店名 ディッシャーズ 新宿住友ビル店
住所 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビルB1
営業時間 7:00~21:00 / 土日祝11:00~21:00

参照元:びっくりドンキー
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

息をのむ絶景!「堂ヶ島ニュー銀水」グルメ・温泉・シュノーケリングも|静岡県|LINEトラベルjp 旅行ガイド

世界ジオパーク認定の伊豆半島・堂ヶ島は、壮麗な景観と夕陽の美しい観光地。その堂ヶ島の絶景と夕陽を堪能できるのが全室オーシャンビューの「堂ヶ島ニュー銀水」。息をのむパノラマビュー、海に架かるサンセットロード、絶景温泉・美食を楽しむ極上の時間はこのホテルならではの醍醐味。まるでプライベートビーチのような「つば沢ビーチ」では、お散歩はもちろん、夏にはシュノーケリングも!リピーター多数の魅力をお伝えします。

旅の専門家がお届けする観光情報 LINEトラベルjp 旅行ガイド。様々な旅行や観光・地域・歴史・文化・アクティビティの専門家=「ナビゲーター」が集まり、新たな旅先を提案する旅行ガイドメディア。関連パックツアーや宿泊施設の比較も。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【鎌倉土産】創業300年以上、愛され続ける「力餅家」の和菓子は鎌倉の定番!

江戸時代から続く老舗の和菓子屋「力餅家」

鎌倉の地で300年以上続く「力餅家」。最寄り駅は江ノ島電鉄長谷駅・極楽寺駅。観光にも便利な立地なので、お土産探しに立ち寄るのにも便利ですよね。

力強いのれんの文字は、お店の名前である「力餅家」や、名物の「権五郎力餅(ごんごろうもち)」のイメージそのもの。見ているだけで力が湧いてきます。歴史を感じる店構えも味わい深く、まるで昔話に出てきそうなたたずまいです。

筆者が訪れた週末の10時半頃は、数人のお客さんがいましたが、行列というほどではありませんでした。コロナ対策としてお店の中には2人ずつしか入れませんでしたが、5分も待たずに購入できました。

実食!「権五郎力餅」「求肥力餅」「福面まんじゅう」

今回は、「権五郎力餅」10個入り670円(税込)、「求肥力餅」1個95円(税込)、「福面まんじゅう」1個170円(税込)を購入。添加物は一切使用せず、創業時からの自家製の製法を守っているそうです。

賞味期限は「権五郎力餅」が当日中、「求肥力餅」と「福面まんじゅう」は購入日含め3日間になります。

鎌倉の定番土産として有名な「権五郎力餅」は、できたてのお餅をこし餡でくるんだ和菓子です。バラ売りはありません。緑色の包み紙を開けると、説明書きと楊枝が入っています。

そして中身は・・・なんて可愛らしい。一口でパクッと食べられるくらいの小ぶりの力餅が10個、みっちりと箱に詰まっています。うーん早く食べたい!

お皿に出して、早速いただいてみます。お餅の上に、あんこ。このシンプルな組み合わせに、どうしてこんなに心奪われてしまうのでしょうか。

まっすぐな想いで作られている、というのが伝わってくる力強さと素朴さ。小ぶりというのもありますが、食べやすくてついひとつ、またひとつと食べてしまいます。

最後は家族で争奪戦となり、5分とたたず完食。ああ〜もう一箱、買ってくればよかった!

そしてこちらは「福面まんじゅう」。改めて、しみじみといいお顔にしばし見とれるひととき・・・。福面まんじゅうの“面”は、力餅家のすぐ近くにある御霊神社の面掛行列のお面を模しているのだそう。形は全部で11種類あるそうですが、お店でどれがいいかと自分で選ぶことはできません。お店の方がどれを渡してくれるかお楽しみです。

まんじゅう、という名前ではありますが、カステラのような生地の中にあんこが入っています。人形焼のような感じです。求肥力餅は、お餅ではなく求肥が使われているので、やわらかくて、権五郎力餅よりさらに食べやすい感じです。包みも可愛いですよね。

求肥力餅や福面まんじゅうは、1個売りもあるので食べ歩きにもおすすめですよ。

権五郎力餅 10個入り670円(税込)
賞味期限 当日中
求肥力餅 1個95円(税込)
賞味期限 購入日含め3日間
福面まんじゅう 1個170円(税込)
賞味期限 購入日含め3日間

 

力餅家
住所:神奈川県鎌倉市坂ノ下18-18
電話番号:0467-22-0513
営業時間:9:00~18:00
定休日:水曜日、第三火曜日(祝日の場合、翌日)
アクセス 江ノ島電鉄線・長谷駅徒歩6分 極楽寺駅徒歩10分
https://itp.ne.jp/info/144448751200000899/

[All Photos by Aya Yamaguchi]

 

~人生に旅心を~