【鎌倉土産】行列する価値あり!「ブレッドコード」の食パンを海辺で食べ比べ


(C)Bread Code

「Bread Code(ブレッドコード)」とは?

鎌倉の最高級パン専門店 recette(ルセット)の姉妹店、「Bread Code(ブレッドコード)」。ルセットがハレの日のパンなら、ブレッドコードの食パンは毎日食べてもらいたいパン、そんな想いで生まれたお店なのだそう。価格もルセットよりリーズナブルです。

とはいえ、一つ一つ丁寧にこだわりの材料で作られるのはルセット同様。

もっちり食パンと言えばブレッドコードの食パン


(C)Bread Code

「こんなにこだわってるパン屋はありえない!」というほどのこだわりで作られるブレッドコードの食パン。あえて手作業にこだわり、耳のおいしさにこだわり、高くても国産のよい材料だけを使用。耳のおいしさには特にこだわり、型にバターを塗って焼いているほどです。

こうして生まれる、小麦・砂糖・塩・酵母に至るまで100%国産素材で作られたプレミアム食パンのみを販売しています。

ブレッドコードの食パンはどこで買えるの?通販や予約はできるの?

本店は、鎌倉の坂ノ下。ほかに、鎌倉の小町通りに「生食パン専門店(Bread Code by recette)」、食パン販売所(鎌倉長谷店)があります。

通販はありません。電話・メールなどでの予約受付もなし。つまり、鎌倉の店舗、催事、イベントなどで直接購入するしか方法はありません。

坂ノ下の本店に並んでみました

今回は、週末に坂ノ下の本店に並んでみました。11時開店ですが、筆者が並んだ開店5分前にはすでに10人弱の列がありました。ちなみに、ブレッドコードの向かいには姉妹店のアップルパイ専門店【あっぷるぱい考太郎】があるのですが、そちらも同じく10人弱の行列。あちらも気になります・・・。

待っている間に何を買おうか思案します。ふんわり系食パンの鎌倉食パンと星の井食パンは14:00以降の販売なので、今回は断念。もっちり系食パンは生地がプレーンとリッチの2種。さらにプレーンは山型と角型があります。

ブレッドコードの食パンメニュー

ふんわり系食パン〜そのまま食べておいしい、ほんのり甘いふんわり食感〜

鎌倉食パン 680円 (税込)


(C)Bread Code

店一押し。おいしい食パンを食べ歩いた開発チームがプロデュース。そのまま食べてもトーストしてもおいしいバランスのとれたふんわり食パン。
※大きさ:ローフ型に約1斤分の生地量を入れて焼き上げています。

星の井食パン 780円(税込)


(C)Bread Code

鎌倉食パンをさらに進化させた夢の食パン。口にいれると溶けるような食感で、国産小麦なのにふんわりふわふわ。そのまま食べるのが最高においしい。
※大きさ:ローフ型に約1斤分の生地量を入れて焼き上げています。

モッチリ系食パン〜トーストして食べるのがおいしい、皮(耳)のおいしさがひきたつ食パン〜

山型食パン(プレーン) 880円(税込)


(C)Bread Code

バターなしの一番シンプルな生地ですが、型に塗ったバターの風味がパンの耳に移り、まるでバターが練りこまれているかのような味わい。トップの山の部分はパリッと香ばしく仕上げてあり、小麦の味と、部分によって異なる耳の食感が楽しめる山型食パン。

角型食パン(プレーン) 880円(税込)


(C)Bread Code

お客さんの要望が一番多かった角型食パン。山型と同じシンプルな生地を、バターを塗ったパン型に入れ、フタを閉めて焼きあげました。生地が山型より細かく、よりモッチリ感が楽しめる角型食パン。

角型食パン(リッチ) 980円(税込)


(C)Bread Code

素材はプレーンタイプと同じ、生地にバターを練りこんだ角型食パン。よりリッチな味わいで、耳がプレーンタイプより固くなるため、パン型は耳が厚くなる波型ではなく一般的なフラットな形になります。

※写真は全て1個(1.5斤の型に2斤分の生地を入れて焼きあげています。※1斤を340g以上として計算)

Mini Shokupan-ミニ食パン


(C)Bread Code

鎌倉観光のお供に、プレミアム食パンを食べ歩きたいとの要望がお客さんから多くあり、開発されたミニ食パン。

ミニ食パン(プレーン) 280円(税込)

山型食パン(プレーン)、角食パン(プレーン)と同じ生地を、バターを塗ったミニサイズのパン型に入れて焼いた食パンです。

ミニ食パン(リッチ) 320円(税込)

角型食パン(リッチ)の生地(バター入り)をバターを塗ったミニサイズのパン型に入れて焼いた食パンです。

まる食(3個入り) 480円(税込)


(C)Bread Code

まかない用として作っていた、食パンの余り生地を丸めて焼いたパン。スタッフや取材に来た人の間で絶賛され、せっかくだからと販売をすることに。あくまでも余り生地で作るので、大きさや種類はさまざま。どの種類の食パン生地で作ったまる食が入っているかはお楽しみ。
※こちらのパンは型に入れて焼いていないので、耳にバターはついていません。

海辺でミニ食パンを食べ比べ!

せっかくなので、焼きたてを食べ比べしてみたいと思い、今回はミニ食パンのプレーンとリッチを購入。茶色い袋がリッチで、白い袋がプレーンです。

まずはリッチからいただいてみます!一口めから、「ああ、これは特別おいしいパンだ」とすぐにわかる香りと食感。耳の香ばしさに、そのこだわりの深さを感じます。耳(皮)を味わう食パン、という意味がよくわかる。これはトーストすると格別だろうなあと想像しつつ、しかし焼きたてもまた捨て難し、のおいしさなのです。

もっちり感のある生地は、存在感があるのに口どけがよく、バターの風味も絶妙なバランス。まさに「世界に通じる日本独自のパンを作りたい」というお店の想いが凝縮されていると感じました。

次はプレーンを。これは・・・正直困りました。だいたい筆者は食べ比べをすると、明らかにこちらが好き、という好みがはっきり出るのですが、こんなにどちらも選べないほどおいしい、と思ったのは初めてかもしれません。

リッチよりはもちろんシンプルな味わいで、その分小麦のおいしさをストレートに感じます。毎日食べられる飽きのこないパンとして作られているということに、納得。トーストしてもおいしいだろうなあ、バターと蜂蜜をたっぷりかけて、いやいやとっておきのあんずジャムにも合いそう・・・と想像をかき立てられるのです。

ああ、ミニ食パンだけじゃなくて大きな食パンも買っておけばよかったと、青空のもと、海を眺めながら後悔したのでした。

ブレッドコードのパンは、冷蔵・冷凍保存しても味が劣化しないと評判なのだそうです。今度は絶対、大きいほうを2本買いです!

Bread Code by recette(ブレッドコード)
住所:神奈川県鎌倉市坂ノ下22-23
電話:0467-53-7307
営業時間:11:00~17:00 ※売り切れ次第終了
休業日:不定(HP上に告知)https://bread-code.com

[Photos by Aya Yamaguchi]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【悲報】ケンタッキー、期間限定のお得なパック「水曜日限定8ピース1500円」を発売するも裏でサラッと “大事件” が起きていた

あまりにも複雑な気分である。本日2019年10月2日より、ケンタッキーフライドチキンが期間限定で「水曜日限定8ピース1500円」なるパックを発売する。その名の通り、チキンが8ピースで税込1500円になるというものだ。

いかがだろうか? すごくお得に感じないだろうか? 実際、私(あひるねこ)もそう思う。しかし……実はこの「水曜日限定8ピース1500円」発売の裏では、決して看過できない大事件が起きていたのである。心して読むべし。

・お得な限定パック

本日より10月30日までの毎週水曜日、全国のケンタッキー(一部店舗を除く)にて「水曜日限定8ピース1500円」が発売される。先述したようにチキンが8ピース入っており、そのすべてが「オリジナルチキン」だ。

・チキンのみ

ケンタッキーと言えばやはりオリジナルチキンが大正義であり、そういう意味ではこの「水曜日限定8ピース1500円」は、余計なモノが一切入っていない最強のパックと呼べるかもしれない。欠点がまるで見当たらないというのが率直な感想である。

さらにこのパックを購入すると、通常650円の「ポテト(BOX)」が500円で買えるという熱い特典まで付いており、それはこれから始まるケンタッキー無双を私に予感させた。

・事件

さて、ここからが本題だ。実はこの「水曜日限定8ピース1500円」、今回が初登場ではない。これまでに何度か発売されているのだ。水曜限定で1500円という価格まで完全に一緒。ただし、そこには1つだけ大きな違いがあった。なんと前回までは……チキンが9ピースだったのである。

・絶望

お分かりいただけただろうか? これまで9ピース1500円だったのが、今回から8ピース1500円へとボリュームダウン。去年の記事を読む限り、チキンの値段は1ピース250円と変更がないため、ただ単にサラッと値上げをしたということになる。マ、マジかよケンタッキ~!

計算すると1ピース当たり約188円であり、非常にお得であることに違いはない。買う価値は十分アリと言えるだろう。しかし……。何やら複雑な思いが、先ほどから私をとらえて離さないでいる。

参照元:ケンタッキーフライドチキン
執筆:あひるねこ

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

いながきの駄菓子屋探訪(1)秋田県能代市「ふるくじ」


秋田県能代市の「ふるくじ」

小学生に駄菓子屋への道案内をしてもらう

街の駄菓子屋の数は基本的には人口に比例している傾向があるんですが、この地域は住宅街が小さめで田畑の多い田園地帯。これは通りがかりでは見つけられないなと直感し、そのへんを歩いている小学生に聞いてみようというプランに。ところが、そもそも小学生も出歩いていない・・・どうしたものかなと車でウロウロしていると、向能代駅近くの中学校の体育館裏でキャッチボールをしている男子小学生が2人いました。

不審者と思われるのを承知で「このへんに駄菓子屋さんってある?」と聞くと、「あるある!連れてってあげる!」と、こちらの都合は完全無視で、いきなり走り出す少年たち。よく知らない人に親切に道案内までしてくれるその懐の深さにニヤけつつ、走ってついていきました。

中学校の近くに看板のない店が

いながきの駄菓子屋探訪1ふるくじ
看板のない駄菓子屋

東雲中学校の正門からダッシュで1分。暗がりに明かりの漏れる商店が1軒、看板はありません。子どもたちに聞くと店名は「ふるくじ」で、特徴のあるその名前は誰かが勝手につけた愛称で、昔からそう呼ばれているそうです。

店内に入ると角度をつけた陳列棚が正面にあり、売り物がとても見やすく取りやすく、棚の向こう側では店主がニコリと店内を見守ります。

いながきの駄菓子屋探訪1ふるくじ
商品の見やすい陳列棚

店主の女性は母親から商売を引き継いだという2代目で、福祉関係のお仕事との兼業とのこと。元々は昭和30年創業の商店で、その名残りで地元製造の醤油を今も販売し続けています。平日は17時45分からという駄菓子屋としてはかなり遅めの営業開始時間ですが、それでも小中高生問わず来店し、賑わっていました。店名の「ふるくじ」は、おそらく「街で一番古い、クジを売っているお店」が由来だそうです。

「長く続けてるから、2代目3代目のお客さんが来る。こないだは社会人になった子が、『初任給で大人買いしにきたよ!』といってたくさん買っていきました。駄菓子屋でたくさんと言ってもたかが知れてるけど、やっぱりうれしいね」

小学生からの「サインボール」は宝物

いながきの駄菓子屋探訪1ふるくじ
息子(左)と道案内してくれた小学生

たくさん飲食して居合わせた皆で楽しんでいましたが、案内してくれた小学生2人は帰る時間が来ました。別れ際になぜか、キャッチボールに使っていた軟式ボールを「あげる」というので、きっと大切な遊び道具だろうけど、ありがたく頂戴することに。二度と会わないかもしれない人に何かあげたくなるの、なんかわかるなあ・・・。

いながきの駄菓子屋探訪1ふるくじ
小学生からもらった「サインボール」

せっかくなので、「じゃあサイン書いてよ」とこちらから提案してマジックで名前を書いてもらいました。彼らの人生初のサインボールは、駄菓子屋いながきの宝物として大切に保管してあります。

この2人の少年のうちの1人はこの地域で一番大きな米農家の子で、お父さんも子どもの頃からこのお店に通っていたと話していました。実は彼が後にとんでもないミラクルを引き起こしてくれるんですが、話すと非常に長くなるのでそれはまたの機会に。地元の人も旅人も、子どもも大人も思春期の子も。分け隔てなく包み込んでくれる店主が営む「ふるくじ」は、周囲が真っ暗になっても人が出入りし続けていました。

それにしてもこの一帯の地名の由来、気になります。店主もご存じなかったので、今度市役所とかに電話して聞いてみましょう。

ふるくじ
住所:秋田県能代市向能代字トトメキ106-80
営業時間:平日17:45~19:00
土日15:00~19:00
不定休

~人生に旅心を~