やよい軒に『ごはんおかわりロボ』が導入されていたので使ってみた結果 → ロボでも心を持っていた

やよい軒が大好きだ。私(中澤)は「めしや丼」という名前の頃からやよい軒のファンだが、その当時、定食屋チェーンでご飯おかわり自由ってめちゃくちゃエポックメイキングだった。1日3食めしや丼でも良いくらいに思っていたくらいである。

で、今もよく行くわけだが、先日、ご飯のおかわりを店員さんにお願いしたところ「あちらでお願いします!」とおかわり処を案内された。はて? おかわりの際は、店員さんに頼む形式になっていたはずだが、おかわり処復活? そう思いながらも、案内された場所に向かったところ……ごはんおかわりロボいたァァァアアア

・ウォーターサーバーかと思った

そう言えば、こんな話あったな! 以前のロケットニュース24の記事を思い出してにわかにテンションが爆上がりする私。実際に見ると、導入されているごはんおかわりロボは、ニュースで公開されていた写真ほど鉄っぽくなくてソフトな質感。高速のパーキングとかにあるお茶も淹れられるウォーターサーバーみたいだ

おかわりの仕方も同じで、茶碗をセットしてボタンを押すだけ。ちなみに、ボタンは「一口(50g)」「小盛(100g)」「並盛(150g)」「中盛(200g)」と分かれている。

・おかわりしてみよう

ただ、ウォーターサーバーって勢いよすぎてこぼれることあるけど、ごはんおかわりロボはどうなんだろうか? 水と違って米がボロボロこぼれるのは結構嫌だ。そこで、お茶碗をセットして並盛ボタンを押してみよう。ポチッとな。

バラバラに落ちてくる米に一瞬不安になったが……

ひと粒もこぼれず!

こやつ、できるッ……!!

しかも、塊で「ボンッ!」ではないためか、よそわれた米はふっくらしていた。人の手でよそったようである。

・ごめん、ロボ

私は少し前までの自分を恥じた。ロボだからという理由だけで、「こぼれるのではないか?」とか「盛り方がかたいのではないか?」と疑っていた自分に気づいたからである。

やよい軒の米は相変わらずふっくらしていてウマかった。これが温もり……。言うまでもなく、ロボに人の心はない。しかし、ごはんおかわりロボは間違いなくやよい軒の心を持っていたと言えるのではないだろうか

──と、締めようと思っていたのだが後日のこと。もち麦ごはんを注文して、そのままの茶碗で中盛をおかわりしたら……

ちょびっとこぼれちゃった……。

まあ、これはどちらかと言うと、明らかに小さいもち麦ごはんの茶碗で考えなしに中盛を押した私が悪かったわけだが。1粒もこぼしたくない方は、おかわりする際、白米の茶碗に交換してもらった方が良いかもしれない。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

伝説のすた丼屋の新メニュー『パワフルバーグ合盛りすた丼』のコンセプトがパワー系すぎて笑った! これが、ハンバーグの正しい使い方…!!

ただでさえ野郎メシのイメージが強い「伝説のすた丼屋」であるが、本日2020年1月29日より発売となった新メニュー『パワフルバーグ合盛りすた丼』の場合、そもそものコンセプトが狂おしいほどに漢(おとこ)なので覚悟が必要だ。

いやまさか、すた丼の肉山の中にハンバーグを丸々1個ブチ込んでくるとは思わなかったぞ。やることが完全にパワー系のそれというか、いつまでも変わることのない男子的メンタリティーには感動さえ覚えてしまう。まあ要はバカだ、バカ! さっそく食いに行くぞ! バカ最高ォォォォオオオ!!

・期待の新メニュー

ここのところ、いい感じのヤバイ商品を立て続けに発売している「すた丼屋」。前回食べた『トリプルすたみな爆肉丼』なんて、最終決戦みたいな内容で震えたものである。当然、今日から始まる『パワフルバーグ合盛りすた丼(税込920円)』にも期待したいところ……なのだが。

食券機を前にしてとんでもないことに気付いてしまった。そうか、今日は29日で「肉の日」だったんだ! 貼り紙によると……何ーーー!? マママ、マジかよ! すた丼の肉50%増量キタァァァァアアア!!

その結果……

肉の山の中に……

え?

なんかおる。

箸でよけてみると……。

こ、これは……!

ハンバーーーーーーーグ!!!!!!!

・まさかのダブル主演

なんと増量された肉の隣に、ハンバーグが丸ごと1個ねじ込まれていたのである。ちなみに、ハンバーグが「すた丼屋」に登場するのはこれが初めてとのことだ。いや、ならハンバーグ単体でもよかったろ! 両A面シングルかよ!! しかし、この過剰さこそ「すた丼屋」の本領と言えなくもない。

肉をかき分けるように食べ進め、

いざハンバーグにかじりつく! も……むむ? 「すた丼屋」によると、フライヤーで揚げることで外はカリッ&中はジュワッの新食感になっているという話だったが、私(あひるねこ)が思い出していたのは、子供の頃に食べたお子様ランチのハンバーグだった。

・懐かしい(?)味

そう、あらびき感のある肉っぽさとはまるで無縁で、なんかこうやたら柔らかいのだ。いや、ソースはニンニクが効いているし、これはこれでウマいが、どこがカリッやねんという気はちょっとしてしまったな。もしかして揚げ忘れたのだろうか? まあ、普通揚げないもんね。ハンバーグって。

こうして、豚肉のチェイサーにハンバーグを食べるという狂気の野郎メシタイムがしばらく続くことになる。肉、ハンバーグ、肉、ハンバーグ……。途中で「いやどっちも肉だろ」「ハンバーグはチェイサーではない」と気付きながらも、やはり極上にハピネスなひと時だ。我、カロリーを一身に浴び。

・できれば今日行け

ちなみに360円(税込)追加すると、ハンバーグが2枚になって総重量450gを超えるらしいぞ。なるほど、いよいよ戦争だな。期間限定なので食べたい人は急いだ方がいいだろう。今日中に行けば肉1.5倍だ! きっとあなたはそこで、ハンバーグの正しい使い方を知ることになる。

参考リンク:伝説のすた丼屋
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

夏バテに染まったこの俺を慰めるヤツはミニストップ「トマトとチーズの冷製パスタ」

どこまでも続く雲のベール。灰色の空に蒸し焼きにされているかのように湿気をはらんだ重い風が頬を撫でれば、私(中澤)はあの夜のことを思い出します。

あれは今夜みたいなじとじとした夜でした。家で作業に明け暮れていた私が夕飯を食べていないことに気づいたのは、22時を回った頃。もはや、開いている店はコンビニだけ。そこで、ミニストップに向かったところ、恐ろしい光景を目撃してしまったのです

・目が合う……

月の明かりも塗りつぶす分厚い雲。そんな闇夜の中こうこうと光るミニストップの明かりに少し安堵したことを覚えています。店内に入ると、サラダの置いてあるコーナーに向かう私。

異変を感じたのは、サラダコーナー手前の弁当コーナーに差し掛かった時でした。から揚げ弁当やオムライスを横目で見ていたところ、目が合ってしまったのです

「トマトとチーズの冷製パスタ(税込496円)」と

それからのことはよく覚えていません。気づけば私は「トマトとチーズの冷製パスタ」を持って帰り道を走り出していました。何かに追われるように。家についてフタを開けたところ……

・衝撃

まず、ゴロゴロとした真っ赤なトマトが目に飛び込んできました。さらに、付属のトマトピューレとトマト尽くし。コンビニ冷製パスタのだいご味と言えるでしょう。しかし、具の乗った中蓋を外した時、恐ろしい光景が私の目の前に広がったのです

紅に染まってる……!

ギャァァァーーーーー! トマトやソースだけでなく、麺まで赤く染まってるゥゥゥウウウ!! そう、「トマトとチーズの冷製パスタ」の麺には下味でトマト味がすでについていたのです! 叫び出したくなる気持ちをこらえながら、付属のトマトピューレをかけて食べてみると……

Oh,crying in deep red

恐るべきトマトの3重奏。嵐のように口に吹き荒れるトマト味は甘めながらスッキリしており、その爽やかさは口の中が涼しくなるような錯覚さえ覚えます。

これは言うならば、セブンイレブンの冷製パスタとファミリーマートの冷製パスタのハイブリッド! ミニストップの冷製パスタ恐るべし!!

というわけで、蒸し暑くて食欲が出ない時は「トマトとチーズの冷製パスタ」のことを思い出します。そして、何かに追われるように買いに走るようになりました。夏バテに染まったこの俺を慰めるヤツはこのパスタ。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。