【知ってた】丸亀製麺、『牛焼肉冷麺』という名のうどんを発売! 繰り返す、冷麺という名の冷たいうどん!! 7月14日発売!

焼肉のシメと言ったら問答無用で冷麺である。酒がメインでライスを頼まなかったとしても、冷麺だけは外せないだろう。その際、基本的にはコシの強い盛岡冷麺一択だが、麺が細い韓国冷麺もまた本場感があって味がある。ああ、めっちゃ冷麺食いたくなってきた……!

とそこへ、俺たちの「丸亀製麺」がなんと冷麺を発売することを発表したぞ! マ、マジかよ……丸亀で冷麺!? 超気になるじゃんそれ!! なんでも『牛焼肉冷麺』という商品名で、近日発売されるとのこと。丸亀の冷麺楽しみだな~。しかし! この直後、私(あひるねこ)は「知ってた」と呟くことになる。

・丸亀の新商品

丸亀製麺は2020年7月14日から9月1日までの期間限定で、新商品『牛焼肉冷麺』を全国の店舗にて販売する(一部店舗を除く)。価格は並が690円、大が800円、得が910円でいずれも税込。その名の通り、麺の上に熱々の牛焼肉がのった豪華なメニューだ。

爽やかな酸味とテールスープの旨みが染み出た冷たいだしに、キムチ、もやし、小松菜といった具材が添えられており、これ一杯で焼肉を前菜からシメまで一度に楽しめるような作りになっているぞ。実に、実にウマそうである! が、しかし……。

私、気付いちゃったんです。

うどんやん。

・衝撃の事実

ガビーーーーーン。冷麺じゃなくて、冷たいうどんだったでござる。先に言え。ただ調べてみると、うどんも盛岡冷麺も主な原料はどちらも小麦粉(韓国冷麺はそば粉)。だから厳密には別に間違っていないし、そもそも丸亀新商品の時点で「知ってた」と言わざるを得ない。そりゃうどんだろ。

同時に発売される辛味噌入りの『辛辛(からから)牛焼肉冷麺』も激しくウマそうだが、言うまでもなくこちらも冷麺ではなく冷たいうどんである。知ってた。価格は並が720円、大が830円、得が940円でいずれも税込。辛党のうどん党にオススメだぞ。

丸亀製麺の新商品『牛焼肉冷麺』。名前は冷麺ながら、その正体は大方の予想通りうどんだった。もしかしたら冷麺の口になっている人も中にはいるかもしれないが……丸亀のことだ。それを吹き飛ばすような激ウマなうどんを食べさせてくれるはずである。期待して待て!

参照元:丸亀製麺
執筆:あひるねこ

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

新宿髙島屋に出店!美食パンの「GaLa」から“丹波黒豆抹茶ブラン”新発売

“低糖質なのに美味しい”食パンが誕生

2018年4月に鳥取県米子市に、高級美食パン専門店「GaLa」1号店がオープン。同時にオンラインストアも開設し、全国からオーダーを受けて、年間約16万本の食パンを販売しています。

「美しく健康な体をつくる美味しいパン」を新しい主食として皆様に届けたい、という想いからこのブランドが誕生しました。


食物繊維やミネラル、ビタミンが豊富で栄養価が高い「生小麦ふすま」をはじめ、こだわりの「手作り豆腐」「米麹」などのヘルシーな食材を使い、これまでなかった“低糖質なのに美味しい”の限界に挑戦した食パンです。

パン職人が試行錯誤を重ねたこだわりの製法


30年以上の経験を持つパン職人が、着色料・香料・保存料を使わず、自然の素材を使っているがゆえの繊細さに真摯に向き合い、試行錯誤を重ねてたどり着いた、こだわりの食パン。低温でゆっくり焼き上げることで、ふっくらとみみまで食べごたえのある食パンに仕上げました。

ブランド名「GaLa」に込められた意味

「GaLa」の低糖質食パンに使用している「生小麦ふすま」とは、小麦粉を製造する時に取り除かれる、小麦の外皮=「殻」のことです。このブランドの根幹ともいえる食材より着想を得て「GaLa」というブランド名が誕生しました。

全5種類の商品ラインナップ

新宿髙島屋のポップアップストアには、メインの「ガラブレッド プレーン」を始めとしたレギュラー商品4種と、初登場となる「丹波黒豆抹茶ブラン」を揃えました。

ガラブレッド プレーン


「GaLa」一番人気の美食パンです。ヘルシー素材を絶妙なバランスで配合しながら、低糖質とおいしさの両方を叶えました。もっちりしっとりとした新食感をお楽しみください。
「ガラブレッド プレーン」490円(税込)

チャコールブラン


見た目のインパクト大の真っ黒なブラン。デトックス効果が注目されている食用の炭を使っています。
「チャコールブラン」550円(税込)

あずきブラン

ほどよい甘さのあんこがたっぷり入った、もっちりした食感の食パン。お子様にも人気です。
「あずきブラン」490円(税込)

プレミアムショコラブラン

口どけの温度が異なる3種類のチョコレートを使用。食感のアクセントにくるみを練り込んだ贅沢な食パンです。
「プレミアムショコラブラン」600円(税込)

丹波黒豆抹茶ブラン

大粒の丹波黒豆が抹茶の風味を引き立て、優しい甘さが特徴の食パン。卵・乳製品を不使用で仕上げました。
「丹波黒豆抹茶ブラン」550円(税込)
 

販売商品:ガラブラン プレーン/チャコールブラン/あずきブラン/
     プレミアムショコラブラン/丹波黒豆抹茶ブラン
消費期限:製造日から8日間(未開封の状態)
     丹波黒豆抹茶ブランのみ製造日から6日間(未開封の状態)

     

高級美食パン専門店「GaLa」
出店場所:新宿髙島屋 B1F
     東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目24番2号
営業時間:平日・日曜 10:00~20:00
     金曜・土曜 10:00~20:30
出店期間:2019年11月27日(水)~12月3日(火)

公式サイト
Instagram

 
[PR TIMES]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

「岩下の新生姜味 塩焼きそば」に「焼きそば専用 岩下の新生姜」をかけて食べてみた / 良い意味で文句しか出ない味

ペンライト芳香剤ポテトチップス巾着袋。一見無関係に見えるこれらの品々には、実は「ある要素」が共通している。読者の皆さんはおわかりだろうか。賢明な方であれば気付くかもしれない。そう、これらは全て「岩下の新生姜」の派生商品である。

賢明な方というより賢明な「新生姜」マニアの方しかわからなかったかもしれないが、ともあれ、その「新生姜」で有名な岩下食品は、これまで多様な「新生姜商品」を展開してきた。そして今回、2020年6月29日に新たにラインナップに加わったのが、サンヨー食品とのコラボで開発されたカップ麺「岩下の新生姜味 塩焼そば(税抜193円)」だ。


この新商品を紹介する前に、あえて非難を恐れずに書いておきたいことがある。「木っ端ライターが何を偉そうに」と言われるかもしれない。しかしどうしても主張せずにはいられない。「岩下の新生姜焼きそば」、出るのが遅くないだろうか?

そもそも焼きそばと言えば紅生姜がトッピングされることの多い料理であり、その点から「新生姜」との相性の良さは自然と連想できるように思う。岩下食品が派生商品を考える上で、もっと早期に焼きそばという開拓地に着目してもおかしくなかったはずだ。

だが実際の展開は前述の通り、ペンライト、芳香剤、ポテト、巾着などを経た末の焼きそばである。壮大かつ独特な回り道と言わざるを得ない。

とはいえ、見方を変えれば満を持しての登場だ。グチグチと書いたものの、正直すこぶる惹かれている。ただでさえ魅力的なのに、余計にこちらの心を揺さぶってくるのが、この新商品に先んじて6月1日に発売された、「焼きそば専用 岩下の新生姜(税抜128円)」の存在だ。

壮大かつ独特な回り道から一転、狡猾なまでの販売戦略である。「一緒に食べろ」と耳元で囁かれているようにしか感じない。というわけで、前置きが長くなったが両商品を合わせてレビューしていきたい。

まずは「岩下の新生姜味 塩焼そば」を単体で食べてみる。作り方は普通のカップ焼きそばとあまり変わらない。フタを開けて熱湯を注いで3分待ち、湯切りをしてから調味油と粉末ソースを投入、あとは混ぜれば完成だ。

注目すべきはこの粉末ソースで、「岩下の新生姜」に使用している生姜から作った粉末が配合されているという。

振りかけて匂いをかぐと、まさしく「新生姜」の爽やかな香りが鼻をくすぐる。

続いて麺と混ぜ合わせていくと、薄いピンク色が浮かび上がり始めた。高まる「新生姜」ムードにつられ、箸を差し入れる。

口に含んだ瞬間、深く感嘆の息を吐きたくなった。やはりと言うべきか、こうなることは決まりきっていたと言うべきか、絶妙に美味しい

ベースは塩焼きそばながら、そこに「新生姜」らしいさっぱりとした風味が加わり、舌から鼻、鼻から頭へ吹き抜けるような爽やかさが生まれている。塩と油の味わいをきちんと残したまま、優しい酸味のある独自の清涼感を獲得しているのが素晴らしい。

塩焼きそばを食べたい人、「新生姜」の派生商品を食べたい人、どちらも満足させてくれる見事な仕上がりだ。間違いなくカップ焼きそばの新境地である。麺をすするごとに、その確信が強まっていく。

しかし、まだ進化の余地は残されている。この商品単体だと不完全というわけでは決してないが、よりいっそう輝かせる手があるなら試さない理由はない。

さらなる期待感とともに、「焼きそば専用 岩下の新生姜」を開封し、手に取った。普通の「新生姜」とは異なり、焼きそばに合うように細くスライスされた生姜群が中に詰まっている。

それらを麺に乗せると、「こんなものハズレのわけがない」と思えるビジュアルが誕生した。勝利する未来しか見えない。脳内で「新生姜」色の旗がはためいている。

もはや結果は言うまでもないが、それでも書いておかねばなるまい。「焼きそば専用新生姜」と一緒に食べる「新生姜焼きそば」は、うなるほど美味しかった

紅生姜よりマイルドな酸っぱさをしており、辛さも抑えめなので、たっぷり乗せても全くうっとうしくない。むしろシャキシャキとした食感とみずみずしさが「新生姜焼きそば」を高みへと連れ去る。これは本当にクセになる。いくらでも食べていられる。

ここで改めて主張したい。もっと早くこの焼きそばを出してほしかった。「焼きそば専用新生姜」もそうだ。もっと早く出会っていたなら、人生に彩りが増していただろうに。良い意味で文句しか出ない。

しかし、過ぎたことにこだわっていても仕方ない。今はせめて、1人でも多くの読者の方にこれらの商品を味わってもらおう。興味の湧いた方にはぜひ手に取っていただきたい。全国のスーパーなどの店頭に加え、岩下食品のオンラインショップでも購入が可能だ。

今回は焼きそばだったが、次は一体どんな衝撃で心を揺さぶってくれるのか。頬を「新生姜」色に染めて、興奮しながら待ちたい。

参照元:岩下食品 ニュースリリースオンラインショップ
Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。