【喝コラム】松屋よ、安易に「ごろチキ」に頼るな…! 敬虔な「ごろチキ」信者からの愛ゆえの苦言

今さら言うまでもないが、松屋と言えば『ごろチキ』こと『ごろごろ煮込みチキンカレー』である。この至高のメニューを生み出した松屋の奇跡とも呼べる功績は、今後数世紀に渡って語り継がれていくだろう。ありがとう松屋。そしてありがとう、ごろチキ神。

だがしかし……敬虔(けいけん)な『ごろチキ』信者からすると、最近の松屋の行動はいささか目に余るものがある。本来なら、神を生み出した功労者にこのような苦言は呈したくないのだが……いや、愛しているからこそ、どうかこれだけ言わせてくれ。松屋よ、安易に『ごろチキ』に頼るな……!

・空前の『ごろチキ』ブーム

お気付きの方もいるかもしれないが、最近の松屋はやたら『ごろチキ』推しである。たとえば現在開催中の「復刻メニュー総選挙」に出場している『ごろごろチキンのトマトカレー』。私(あひるねこ)の知る『ごろチキ』とはまったくの別物だが、名前は酷似している。

また、読者の方から寄せられた情報によると、現在一部の店舗にて『ごろごろチキンのクリーミーカレー』なるメニューが販売されているらしい。なんでも『ごろチキ』より辛さが抑えられていて、かつて話題になった『シュクメルリ鍋』のニンニク抜きを連想するような味になっているとのこと。

う~む、これではまるで『ごろチキ』のバーゲンセール。別に悪いことではないが、どうもモヤモヤするな……と思っていたら、今度は新たに『ごろチキコンボ牛めし』とかいう新商品が発売されたそうじゃないか。いやまだブチ込んでくるのかよ! いい加減にしろ!!

・止まらねぇ

このままでは松屋ではなく、ごろチキ屋である。事態を重く見た私は、念のためその『ごろチキコンボ牛めし(税込650円)』とやらを実際に食べてみることにした。2種類あるうち、選んだのは『にんにくバター』味。丼の半分に牛丼、半分にチキンが盛られたメニューだ。

肝心の味に関しては、ハッキリ言ってウマい。だがそれも当然だろう。にんにく醤油とバターが効いたチキンなんてウマいに決まってるし、対バン相手を務めるのは百戦錬磨の大御所・牛丼である。目を引く新しさはないものの、安定感という意味なら最上級レベルではないか。

しかし!

果たして、本当にこれが『ごろチキ』なんだろうか? 『ごろチキ』と名乗る必然性が本当にあると言えるのだろうか? いや言えない! 松屋よ、そうじゃねぇだろ……! 俺たちが求める『ごろチキ』の極みってのはなぁ、そういうことじゃねぇんだよ……!!

・『ごろチキ』の真髄

当たり前であるが、チキンがごろっと入っていれば『ごろチキ』というワケでは決してない。思い出して欲しい。元祖『ごろチキ』の、あの前へ前へ突き進むかのような激しい情熱を……! 攻撃的とも言える独特なスパイシーさを秘めた主張の強いカレールーと、ごろごろ熱々のチキンが織りなす魂の疾走を……!!

そう、『ごろチキ』とはスタイルではなく、生き様なのだ。形だけ “ごろごろ” していたってそれは模倣に過ぎない。『ごろチキ』を名乗るならソウルもマインドも何もかも、己のすべてをごろチキれ。名前より先にアティチュードだ。そうすれば名前は後から付いてくる。

・とどのつまり

自分でも書いていてワケが分からなくなってきたが、要は私が言いたいのは、安易に『ごろチキ』というワードに頼る必要はないということである。そんなブランドや枕詞がなくても、『ごろチキコンボ牛めし』は十分ウマかった。もっと自信を持つべきなのだ。

何度でも繰り返すが、我らが元祖『ごろチキ』は絶対にして唯一の神。ちょっとやそっとのごろチキ方では、未来永劫追い付けないだろう神聖なる存在である。もしアレに少しでも比肩したいというなら、松屋は宇宙を創造せんとする気迫と覚悟で臨む必要があるだろう。我々人類は、『ごろチキ』に試されているのかもしれない……。

参考リンク:松屋「ごろチキコンボ牛めし」
執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

バゲット連日完売のhotel koe tokyoから食パンの新メニュー発売!



バゲットが連日完売して話題の、ホテル併設型店舗「hotel koe tokyo」から、自家製食パンが4月より販売開始。この食パンを使用したサンドイッチが新登場です!GWやレジャーシーズンにぴったりなサンドイッチ。どれにしようか迷ってしまいそうです。

一度食べたら忘れられない!自慢の自家製食パン

「hotel koe tokyo」1Fにある、bread&dinning「koe lobby」の自家製食パンは、大豆クリームの使用し、短時間焼成にこだわった、しっとりソフトな口どけ。ほんのり甘くて一度食べたら忘れられない美味しさに仕上がりました。



数量限定の自家製食パン「hotel koe bread」は3種類。やさしい味わいが楽しめる「プレーン」に加え、新たに香ばしい香りが楽しめる「くるみ」、カカオとココアに加えチョコチップをふんだんに使用した、苦味と甘味の絶妙なバランスの「チョコ」が登場!モーニングからディナーまで、毎日食べても飽きない食パンをお楽しみください。

新メニューのこだわり絶品サンドイッチ

自家製食パンを使用した、サンドイッチメニューが新たに登場。見た目も鮮やかなフルーツサンドをはじめ、定番のハムとたまごのサンドイッチには隠し味にはちみつを使い、「プルーンとライムのサンド」には北海道産クリームチーズを挟むなど、どの味もこだわりの絶品サンドイッチに仕上がりました!


パンに隠し味のはちみつを塗ることで、コーンたまごサラダとの相性も風味もアップ!大きく口を開けて、ハムとたまごを一緒に召し上がってください。
「ハムたまサンド」280円+tax


照り焼きチキンとたまごに、大きめの甘い焼きねぎをサンドしました。風味豊かな和風サンドを堪能してください。
「てりたま焼きねぎサンド」380円+tax


主役のツナの旨味をじっくり堪能できるように、シンプルな味付けで仕上げたサンドイッチです。
「ツナサンド」380円+tax


たっぷりのマスカルポーネクリームと一緒に、4種のフレッシュフルーツを挟んだ、SNS映えバッチリなフルーツサンド。ティータイムのお供にもどうぞ。
「フレッシュフルーツサンド」450円+tax


プルーンのまろやかな甘さが、ライムと北海道産クリームチーズの爽やかさ、香ばしいナッツの食感にもぴったり。初夏を感じるようなサンドイッチです。
「プルーンとライムのサンド」280円+tax


ほのかな酸味のブルーベリーとクリームチーズで爽やかに仕上げました。くるみ入りの食感もお楽しみください。
「ブルーベリー&クリームチーズサンド」380円+tax

hotel koe 公式Instagram(@hotelkoetokyo)
koe公式Twitter(@_koeofficial)
hotel koe tokyo公式Facebook(@hotelkoeofficial)
hotel koe bread (食パン)/サンドイッチ
発売日時:食パン 販売中
     サンドイッチ 4月15日(月)~
販売場所:hotel koe tokyo 1F bread&dinning「koe lobby」
     東京都渋谷区宇田川町3-7
販売時間:7:30~23:00(焼き上がりから順次販売予定)
メニュー:hotel koe bread(hotel koe bread / hotel koe bread walnuts / hotel koe bread chocolate)、PULLMAN BREAD、サンドイッチ7種、その他バケット新メニューも登場予定

[PR TIMES]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【朗報】てんやに天丼より安い “ワンコイン以下丼” が出現! テイクアウト限定『ちくわ磯辺揚げ天丼弁当』は天丼を超えるのか?

「てんや」というと今年5月、一度は税込540円に値上げした『天丼』を、再び税込500円に値下げしたことで話題になった。やはりワンコイン天丼こそ「てんや」の真髄。俺たちの「てんや」が帰ってきた! と歓喜したものである。ところが……。

その『天丼』に勝るとも劣らない強力な新商品が、こっそり出現していたのだ。その名も『ちくわ磯辺揚げ天丼弁当』。名前の通りこちらはテイクアウト・デリバリー限定メニューとなっているのだが、特に注目したいのは価格である。聞いて驚け。なんと、まさかの……

税込480円なり……!

ぐ、ぐっはァァァァァァアアア! 何ということだ……。揺るぎない最安メニューと思われた『天丼』より、さらに20円も安い新商品が現れてしまうとは。

・ワンコイン以下

2020年7月9日より、一部店舗を除くすべての「てんや」にて販売が始まった『ちくわ磯辺揚げ天丼弁当』。テイクアウト限定とは言え、天丼なのにワンコインを下回るとは尋常ではない。そこでさっそくお持ち帰りしてみたところ、まず目に入るのは やはりメインのちくわである。

縦に半分に切った形で、大きなちくわの磯辺揚げが中央に2個鎮座しておられる。安価なイメージのちくわだが、何にかけてもウマい天丼のタレと濃厚接触することによって、完全無欠の最強おかずへと進化を遂げているのは流石だ。ほのかに香る青のりもまた良きかな。

・サイドも充実

脇を固めるのは茄子、舞茸、いんげんという実力派の面々。通常の『天丼』には入っていない茄子と舞茸が選出されているのが何ともニクいではないか。個人的には野菜天ぷらのツートップなだけに、これは嬉しい。魚介ネタが不在でも特に火力不足は感じなかったぞ。

とは言え、いざ『天丼』と並べてみると、華やかさという点において両者の間には20円以上の差が存在しているのも事実。やはりエビの圧倒的なカリスマ性の前では、ちくわ磯辺揚げは少々霞んでしまうようだ。味は負けてないんですけどねぇ。

さらに横で構えるイカの、“本当はボスより強い組織のナンバー2” 感もまた強力である。エビ、イカ、そして白身魚のオフェンス力は、『ちくわ磯辺揚げ天丼』を大きく上回っていると言えよう。ただしその分、野菜はいんげんとカボチャだけなのでかなり脆弱。そこを上手く突けば十分に勝機アリだ!

・どっちにする?

コスパ・味ともに「てんや」の絶対エースとして君臨する『天丼』。その有能さゆえ、お店に行くと大体いつも『天丼』で固定されてしまっている人は多いんじゃないかと思う。しかし『ちくわ磯辺揚げ天丼弁当』が加わったことにより、今後は選択を迷うことになりそうだ。期間限定となっているので、終了する前にぜひ試してみて欲しい。

参考リンク:天丼てんや
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。