日本にいながらベルギーの朝を迎える!世界の朝食を味わえるカフェを発見

世界の朝食を味わえるカフェ

WORLD BREAKFAST ALLDAY外観
外苑前の駅から、徒歩で5分程度。通り沿いにヒョコッと現れるのが今回の主役「WORLD BREAKFAST ALLDAY」です。
WORLD BREAKFAST ALLDAY 店内
外観はもちろん、一歩中へ踏み入れると店内は海外の雰囲気一色。海外のラジオが流れていて、壁の色合いやアンティーク調のテーブルや椅子など、まるで映画に出てくるような風情。路地に入ったときに見つけた一軒のカフェ・・・といった隠れ家的な空気が流れています。

ベルギーの朝食を味わえる!

ベルギーメニュー
この「WORLD BREAKFAST ALLDAY」では、その名のとおり世界の朝食を味わうことができ、2020年8月2日(日)まではベルギーの朝食を楽しめます。その後は、また違う国のメニューに切り変わるという楽しい仕組み。さらにうれしいのが、ランチやディナーの時間でも、この朝食メニューを味わえるというところ。モーニングしたくても、なかなか実行できない「まずは早起き」という高い壁も難なくクリアです!

目にも楽しいベルギーの朝食


香ばしい香りとともに目の前に運ばれたベルギーの朝食は、絵本のようなかわいらしさ。ベルギーでは、バターやクリームを料理に多用し、スライスしたパンの上に、スプレッドを塗ったり、ハムやチーズをのせたりする「タルティーヌ」と呼ばれる料理が定番の朝食とのこと。このプレートにもおいしそうな2種類のパンが目立っています。まずは一番の存在感を放つ「フロマージュブランのタルティーヌ」からいただきます!

風味が豊かで食べごたえもアリ!

フィロマージュブランのタルティーヌ
パンの上には、フロマージュブランというチーズがこんもりと塗られ、ラディッシュもたっぷり。
たまねぎもたっぷり
真っ白なフロマージュブランの中には、細かくカットされた玉ねぎも入っています。思いっきりガブリと食べると、口の中にほどよい酸味が広がり、ミルキーなコクを感じながらも後味はサッパリ。たまねぎとチーズ、そしてシャキシャキ食感のラディッシュが、パンとの相性抜群です。食べごたえもバッチリ!

バターのおいしさが際立つ!

クラミック
それでは、もうひとつのパンも食べちゃいましょう。こちらは、ブリオッシュ生地にレーズンを混ぜ込み、パウンド型に焼いた「クラミック」というパン。そこにバターをドカンとのせています。

サクッと軽いクラミックは、ほんのりとした甘みを感じ、どこか懐かしい味わいです。そして驚くのは、このバターのおいしさ。「Pur Natur 発酵バター(食塩不使用)」を使用しているそうで、ミルクの風味をしっかりと感じコクもあるのですが、くどさを一切感じません。ベルギーでは酪農が盛んで、乳製品は食生活に欠かせないものなのだとか。パンとバターという王道の組み合わせなのに、日本とは全く違う味わいを楽しませてくれる、とても不思議な体験ができました。

ハムとチーズも異国感!

ハム&チーズ
こちらも一見、普通のハムとチーズに見えますが、普段口にしているものとは全く違う味わいでした。チーズは甘みを感じてマイルド。スモーキーな風味が広がるハムと合わせて食べるとおいしさが光ります。ベルギーでは、ハムとチーズは毎日の食事に欠かせない食材で、朝昼晩問わず食卓に並ぶそうです。

ヨーグルトもベルギー式!

ピュアナチュール
パンとバター、チーズにハム・・・日本でもおなじみの食材なのに、こんなにも国によって素材の味わいが違うのか・・・と衝撃を受けつつも、最後にまた驚きが隠されていました。そうです、ヨーグルトです。

ベルギーでは、朝食はもちろん、おやつやデザートとして日常的にヨーグルトが親しまれていて、砂糖漬けにした果実と煮詰めた果汁を合わせてつくる「コンフィチュール」と一緒に食べるのが定番だとか。今回は「ルバーブ」という独特な酸味を感じる野菜のコンフィチュールと合わせていただきます。真ん中に見える緑色のジャムのようなものが、ルバーブのコンフィチュールです。
ピュアナチュール02
ヨーグルトは、スプーンを持ち上げた瞬間から、なめらかさが伝わってきます。トロッとしたミルキーな味わいと程よい酸味が口いっぱいに広がると、その後は濃厚なコクの余韻がじんわりと残ります。コンフィチュールの酸味と甘さがよく合うので、しっかりと混ぜて食べるのがポイント。なんと、一番最初に食べた「フィロマージュブランのタルティーヌ」のチーズの中にもヨーグルトを混ぜて使用しているそうです。
ピュアナチュールカップ
ちなみに、このヨーグルトは「ベルギーヨーグルトピュアナチュール」という名前で日本でも市販されているとか!味はプレーンとブルーベリーの2種類あるので、ブルーベリーのコンフィチュールとベルギーヨーグルトのハーモニーも味わえますよ。「ベルギーヨーグルトを自宅でも楽しみたい・・・」なんてときには、コンビニやスーパーをチェックしてはいかが?

スイーツはやっぱりベルギーワッフル!

ブリュッセルワッフル
メニューは朝食だけではなく、スイーツやドリンクなどもあります。ベルギーのスイーツといえば、やっぱり「ベルギーワッフル」を食べずには帰れません!

丸い形のイメージが強いベルギーワッフルですが、こちらは「ブリュッセルワッフル」といって、四角い形をしています。サクッとした食感と軽い生地で、意外にもペロリ。ふんわりとしたクリームは、濃厚ながらもミルクのやさしい風味が広がり、甘酸っぱいイチゴとの相性も抜群です。こちらのクリームの中にも、ヨーグルトがミックスされているとか!

ベルギーの朝食は、パンにバター、チーズやヨーグルト・・・といった、いわば日本人の日常ともあまり違いはありませんでしたが、食材ひとつひとつに「日本にはない味」が散りばめてあり、まさに海外で体験するような感動がしっかりと味わえました。これからもさまざまな国の朝食が楽しめる「WORLD BREAKFAST ALLDAY」で、好きな時間に異国の朝を迎えるという“ご褒美”を楽しんでみてはいかがでしょうか?

WORLD BREAKFAST ALLDAY(外苑前店)
住所:東京都渋谷区神宮前3-1-23-1F
電話:03-3401-0815
ベルギーの朝ごはん:1,500円(税込)
ブリュッセルワッフル:680円(税込)
※お店ではベルギーの朝ごはんのほか、アメリカの朝ごはん、台湾の朝ごはん、イギリスの朝ごはん「ケジャリー」なども取り揃えています。
HP:https://www.world-breakfast-allday.com/

[All Photos by koume]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

深谷野菜のカレーやスムージーを召し上がれ。埼玉・深谷の道の駅に新カフェ



新一万円札の渋沢栄一の出身地として注目の、埼玉県深谷市。市内にある「道の駅はなぞの」に“深谷野菜”をコンセプトとしたカフェ「FARMY CAFE ~Curry stand~」がにオープン。長ネギで有名な深谷には、おいしい野菜がたくさんあります!

『深谷の野菜を召し上がれ。』がコンセプト


深谷は、柔らかくて甘い“深谷ネギ”が有名ですが、それ以外にもおいしい野菜がたくさんあるんです!「FARMY CAFE ~Curry stand~」は、うま味がぎゅっと詰まった真っ赤なトマト、丹精込めてつくられた豆腐、もやし、そしてもちろん長ネギなど、魅力あふれる深谷産の素材にこだわった『深谷の野菜を召し上がれ。』をコンセプトにしたお店です。

深谷野菜を使ったココロとカラダが喜ぶメニュー


深谷の野菜をふんだんに使ったメニューが並びます!メインのカレーはごはんにも、深谷市産の自然農法で作られたお米「彩のかがやき」を使用。その他、スープ、サラダ、スムージーなど、季節の野菜がたっぷり摂れるココロとカラダが喜ぶメニューを提供します。

■カレー (サラダ or スープ付き)
季節の深谷野菜カレー             840円
坂本ファームの武州豚と深谷もやしのカレー   800円
深谷産親鶏と花園産借金なし大豆のキーマカレー 780円

■サイドディッシュ
季節の深谷野菜のスープ&パン 450円
季節の深谷野菜のサラダ&パン 450円
フライドねぎポテト      320円

■デザート
フレンチトースト   450円
田中農場の宝玉プリン 500円



■ドリンク
季節野菜を使ったスムージー 520円
オリジナルチャイ      480円
ブレンドコーヒー      340円

※コーヒー豆は深谷市にあるLOTUS Cafeの焙煎師がブレンドした、まろやかで香り高い焙煎したての豆を使用



※すべて税込価格です。

FARMY CAFE ~Curry stand~
営業時間:9:00~18:00
定 休 日:「道の駅はなぞの」に準ずる
所 在 地:埼玉県深谷市小前田458-1
TEL   :048-598-4879
URL   :https://www.michinoeki-hanazono.jp/farmy-cafe/

アクセス:
<お車でお越しの方>関越自動車道花園インターチェンジより2分(1.5km)
<電車でお越しの方>秩父鉄道小前田駅下車 徒歩約15分

[@Press]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

ラーメン屋の店名、なぜポエム?「雨は、やさしく」「バカみたいに愛してた」店主に聞く

 もはや国民食であるラーメン。その店舗数は3万軒にのぼるとも言われていて、現代では「使われていない食材はない」とまでされるほど裾野は広がっている。その中で、味やサービスで差別化を図るのは当然だが、「店名」で差別化をはかっ […]