【戦争】俺たちの「かつや」、何を思ったか丸亀製麺にケンカを売ってしまう! 想定外の新商品『ささみカツ冷やしぶっかけうどん』発売ッ!!

圧倒的な茶色おかず率で話題になった漢(おとこ)のお子様ランチ『全力大人飯』の衝撃も冷めやらぬまま、俺たちの「かつや」が本日2020年7月13日、新たな期間限定メニューを国内店舗にて発売した。今度は一体どんな壮絶なウェポンをブチ込んでくるのだろうか?

ところが、明らかになったその新商品は、我々 “かつや者” が想像していたものとは少々方向性が異なっていたのだ。発表しよう、まさかの『ささみカツ冷やしぶっかけうどん』である。う、うどん? 「かつや」が? これはもう「丸亀製麺」への宣戦布告と考えていいのではないか。戦争が今、始まる……!

・うどんへの執着

カツ丼チェーンであるにもかかわらず、なぜかやたらと うどんに手を出したがる俺たちの「かつや」。その最たるものが昨年発売された『カレーうどんカツ丼』だ。ご飯の上にカレーうどんとチキンカツを盛り付けるというハイパー意味不明なこの丼は、私(あひるねこ)を含め多くの “かつや者” たちを激しく困惑させた。

そして今回、満を持してうどんがメインの新商品『ささみカツ冷やしぶっかけうどん(税抜590円)』が爆誕してしまった次第である。 とろろをたっぷりトッピングした冷やしぶっかけうどんに、ささみカツがドドンと2枚のった食べ応えのある一皿だ。他にもネギ、海苔、かつお節、白ごまがかかっている。

・対丸亀決戦兵器

「かつや」のことだから、一緒にご飯でも入ってるんじゃないかと軽く探してみるも、奇跡的にまさかのうどんオンリー。「丸亀、潰す、絶対」という「かつや」側の強い意志を勝手に感じざるを得ない。

で、肝心のうどんだが、とろろとの絡みも良く意外にも(?)サッパリおいしいぞ。『カレーうどんカツ丼』の時と同様、あまりコシが強くないタイプなので、「丸亀絶対潰す麺」を期待すると肩透かしを食らう可能性もあるが、この素朴な食べ心地は、これはこれでアリアリのアリである。

・よく合うカツ

そして、冷たいうどんからの熱々ささみカツがまた素晴らしく激ウマ! 柔らかで脂っぽくなく、それでいてサクサク感が持続するカツのクオリティは、さすが俺たちの「かつや」だ。天ぷらのウマさは定評のある丸亀だが、こと揚げ物に関しては「かつや」の圧勝ではなかろうか。

これがもしロースカツやチキンカツだったら、もう少し印象も変わっていたかもしれない。それくらい、ささみカツと冷たいうどんの相性はバッチリだった。「かつや」は、どれだけ丸亀を潰したいというのか? サッパリとした後味とは裏腹に、燃え盛る執念がそこかしこから漂ってくるようである。

……ただ、総合して考えると、個人的には今回のうどん戦争はドロー。引き分けという判断を下したい。うどんは丸亀の勝利。カツは「かつや」の勝利という当たり前すぎる結果となったことは逆に予想外だったが、やはり一つの道を究めた者は強い。「かつや」よ、丸亀を潰すのは容易ではないぞ。

・今後に期待

まさかの冷たいぶっかけうどんによって、従来のイメージを覆す新路線を打ち立てた俺たちの「かつや」。次はどんな商品で丸亀にケンカを売ってくれるのか、今から楽しみでならない。カツ丼屋かと思いきや、気付いたらうどん屋になっていた的な超展開が起きる日も近い……かもしれない。

参考リンク:かつや
Report:かつや者・あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【大正時代から】北九州ではチンピラを食べる / そのまま食べても炙っても美味い!

いきなりだが、福岡県北九州市の名物「ちんぴら」はご存知だろうか? いわゆる「中途半端な悪党」のことではない。食べ物の話だ。いまいち何を言っているのか分からないかもしれないが、ちんぴらとは北九州市民が愛する大ヒット & ロングセラー商品のことである。

──という話を、つい先日、北九州市在住の方に教えてもらった。なんなら「1度食べたらヤミツキ必至で、たまに無性に食べたくなる」らしい。マジかよちんぴら……というわけで今回は、北九州市民を虜にするちんぴら、実際に買って食べてみました!

・珍比良

北九州市といえば、迫力があり過ぎる成人式が有名だ。毎年ド派手な祭典を取材している記者としては胸騒ぎが止まらない。たまに無性に摂取したくなるちんぴらって、まさか違法なやつだったりして……とか一瞬思ってしまったが、スーパーで普通に買うことができた。

スーパーでの購入価格は399円。どうやら「ひと口サイズの天ぷら」らしい。ってか、なぜ「ひと口サイズの天ぷら」がチンピラなのだろうか。と思ったので、購入後に製造元の老舗かまぼこ店「山吹(やまぶき)」に問い合わせてみたところ……

「珍しく比べようが無いほど、良い品なので “珍比良(ちんぴら)” です」

とのこと。まるで「夜露死苦(ヨロシク)」みたいなノリである……まあそれはさておき、そのままでも美味しく食べられるとのことなので、さっそくパクッと食べてみよう。開封した瞬間にフワ~ッと漂う上質な練り物の良い香り。うむ、ビールが必要だ。

言われたとおり、まずはそのまま……って、ウメェなおい。ほんのり甘めで、噛めば噛むほど魚の旨味がじわ~っと口に広がる。こーゆー系のおつまみはだいたい美味いけど、さすがは大正時代から販売されている人気商品だ。深みのある味わいがたまらん。

食感は柔らかくて弾力も豊か。マジで一瞬でハマってしまった。んで、ちんぴらが、袋の中にたくさん入っているのも良い。表面を炙って食べてみても……まあ美味いに決まってる。マヨネーズと一味唐辛子とビール、美味いに決まっている。北九州のチンピラ、ぜんぜん中途半端ではない!

・2~3袋は一気にイケる

賞味期限は3日程度なので「購入したらお早めに」ではあるが、おそらく買った日に買った分を全部食べてしまう方がほとんどだろう。というわけで、そのままでも良し・炙っても良しのチンピラ、機会があればぜひ食べてみてほしい。マジで、ひと口でハマる美味しさだぞ!

参考リンク:山吹「ちんぴら」
Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【コンポタ超えか】『うまい棒』5年ぶり新レギュラー『のり塩味』はモー娘。にゴマキが加入した時くらい衝撃的

「あたしゃうまい棒といえばコンポタ派だね!」と公言していたのだが、全14種類の “レギュラー味” の中でコーンポタージュ味がダントツ1番人気だと知ってからは「たこ焼き味だね!」と言うようにしている。だってそのほうが “ツウ” っぽいでしょ?

ただでさえ種類の多い『うまい棒』は限定の味やコラボ商品なども発売されているため、「レギュラー味に関しては長い間変動がなかった」と言われて驚く人も多いだろう。つまり、よほどの逸材でなければ “うまい棒レギュラー” の座を勝ち取れないということだ。

今回約5年ぶりに “レギュラーの新味” が発売とあって、私は都内のスーパーや駄菓子屋を探し歩いていたのだが……なかなか簡単には見つからない……!

・上野で発見!

そしてようやく本日(7月12日)、上野駅近くで『うまい棒 のり塩味』を発見するに至ったのでありました。ただし店頭のバラ売りではなく、業者が利用する菓子問屋に30本入り(税抜239円)が積まれていた状態。どこででも買えるようになるのはもう少し先かも?

ドン・キホーテ等でも購入できる30本入りは、業者でなければお気に入りの味をまとめて購入するためのものだ。未知の味を30本買うのは勇気がいるなぁ……。

黄色いパッケージの『のり塩味』は、イメージキャラクター “うまえもん” が微笑むおなじみのデザインだ。ただひとつ気になるのは、そこに書かれた「じゃがじゃがだぜ!!」というメッセージ。ご存知の通り、うまい棒の原材料は主にコーンのはずである。

仮にじゃがいもでうまい棒を作ったとしたら、それ『うまい棒』って言えるのだろうか? よく分からんが包装紙を破くと、確かに “のり塩” っぽい風味が……しかも、やっぱりジャガイモっぽい匂いもするぞ!?

・じゃがじゃがだった

あぁ、信じられないことだが……ありのままを話そう。『うまい棒 のり塩味』を一口食べた瞬間、ホクホクとしたジャガイモの味が口いっぱいに広がったのである!! それもそのはず、パッケージ裏面を見ると……

原材料名:乾燥ポテト

ポテト入ってたァァァァ!!!!! なんと今回の新味は “コーンとポテトのフュージョン(融合)” だったのだ。ってかポテトに気を取られてて言うの遅くなったけど……

メッチャウマい。

ポテトが確かな存在感を放ちつつも、うまい棒の基本である “コーンスナック” の土台は全く揺らいでおらず、これが今までにない食感を生んでいる。さらに10円で買えることが申し訳なく思えるほど贅沢に使用された海苔の風味……これは “うまい棒の新境地” と言っていいだろう。

しかし割と新しいものに飛びつきがちな性分だが、新製品がここまでウマいって滅多にないことな気がする。5年越しのレギュラー入りも超納得だ。「 “モー娘。” に後藤真希が加入したときくらい圧倒的」と表現すれば、この衝撃を少しはお分かりいただけるであろうか。

・別れはつらいよ

さて、のり塩味の登場をスタンディングオベーションで歓迎すると同時に、悲しいニュースもお伝えしておかねばならない。2000年発売のレギュラー商品『チキンカレー味』が今回、のり塩と交代するカタチで生産終了となったのだ。

幸いこちらも同じ店にまだ在庫があったため購入しておいた。私は正直、チキンカレー味を食べたことがあったかどうか記憶にない。記憶にないってことはその程度の味ということだろうが、最後と言われると少し悲しいね。せっかくだからいただきます……

ウンマァァァァ!!!!!!!!!

えっ、これ販売終了すんの!? 嘘でしょ!? もったいなさすぎじゃない!? と、少し挙動不審になるくらい『チキンカレー味』は見事にカレー味だった。あれだけホメておいてなんだが、のり塩味と人気投票を行えばそれなりに票が割れるように思う。

ここでフト気づいたのだ。私が “コンポタとたこ焼き” を推すと決めたのは20年以上前のことである。あれから新たに発売された味も多いし、大人になれば味覚だって変わるのだ。読者の皆さんも改めて今、全種類を食べ比べてみたら推しが入れ替わるかも?

……それにしてもチキンカレー味がなくなるのは寂しい。まるでモー娘。から中澤裕子が卒業すると聞いた時の気持ちだ。失って初めて、その大きさに気づくこともある……今ならまだチキンカレー味が買える店舗も多いから、気になる人は探してみてくれ。

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。