台北駅近くでシンガポールチキンライスを!お手頃価格がうれしい「欣園」

台北駅とMRT台大醫院駅から徒歩圏内「欣園 海南雞飯・椒麻雞飯」

欣園 海南雞飯・椒麻雞飯

台北駅とMRT台大醫院駅の二つの駅から徒歩圏内の「欣園 海南雞飯・椒麻雞飯」は、シンガポールチキンライス「海南雞飯」と、鶏の唐揚げにピリ辛ソースを絡めた定食「椒麻雞飯」の人気店です。どちらも台湾料理ではありませんが、多国籍料理として地元民にも人気の高いメニューです。

お店は「こんなところにお店があるの?」と思ってしまいそうな、細い路地裏にあります。お客さんはほとんど地元民というローカル感たっぷりな雰囲気でありながらも、清潔感のある店内で利用しやすいです。

手頃な価格がうれしい!

メニュー

壁に掲げられているメニューを見てみると、シンガポールチキンライスが80元(約290円)、椒麻雞飯が90元(約330円)とお手頃価格。台北駅近くという立地を考えると、この価格帯で食事ができるお店は穴場かもしれません。あたたかいスープも、セルフサービスでいただくことができます。

お肉つやつや!シンガポールチキンライスのお味は?

こちらがシンガポールチキンライス・海南雞飯です。白いご飯の上にはつやつやの鶏肉がたっぷり!そして上には緑色の特製ソースがかかっています。辛みのあるソースも入り口横の調味料コーナーに置かれており、自由に持ってくることができます。

お肉がつやつや

まずは、なんといってもこのつやつやの鶏肉がとってもおいしそう!柔らかくてくさみがなく、旨味がぎゅっと詰まっています。にんにく風味の特製ソースとも相性がよく、ご飯がすすみます。

副菜もたくさん

プレートには他にも、日替わりで3種類の副菜がのせられています。簡単なランチやディナーにぴったりな内容です。

台北駅近くという便利な立地でありながらも、鶏肉つやつやなシンガポールチキンライスが300円以内でいただけるというのは穴場だと感じます。いつか台北駅周辺を訪れる機会があれば、ぜひランチやディナーで味わってみてくださいね。

欣園 海南雞飯・椒麻雞飯
住所:台北市中正區南陽街17巷5號
定休日:土曜日、日曜日

[All photos by Yui Imai]
Do not use images without permission.

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

犬猫の耳が可愛いご当地プリン「丹波篠山黒豆プリン・クロちゃんマメちゃん」

丹波篠山市の中でも恵まれた場所にある和み工房

丹波篠山市の中でも寒暖差が大きい地域として知られる川北地区で採れる黒大豆は、ブランドであり、道を1本挟むだけで味が違うと言われています。今回登場するプリンには、そんな恵まれた立地で採れた黒大豆が入っており、ホクホクとした味わいと食感が楽しめます。

丹波篠山黒豆プリン・クロちゃんとマメちゃん

丹波篠山黒豆豆乳プリン・クロちゃん

黒柴をモチーフにしたプリン「クロちゃん」は黒大豆の豆乳を使った豆乳プリン。竹炭の色合いも加わって、大人の味わいです。大粒の丹波黒煮豆入り。

丹波篠山黒豆カスタードプリン・マメちゃん

ぶち猫をモチーフにした「マメちゃん」は、牛乳を使ったスタンダードなプリン。王道のカスタードの味わいが楽しめます。大粒の丹波黒煮豆入り。

発売日:2020年2月4日(火)
価格 :(1)クロちゃんマメちゃんセット(各3個・計6個入)税別3,000円
    (2)クロちゃんセット(6個入)税別3,000円
    (3)マメちゃんセット(6個入)税別3,000円
    ※オンラインショップからのご購入は各商品送料別途必要になります。

和み工房
所在地 :兵庫県丹波篠山市川北503
営業日 :火曜~土曜日
営業時間:11:00~17:00

オンラインショップ
丹波篠山黒豆プリン公式サイト: https://www.kuromame-purin.com

[@Press]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【コンポタ超えか】『うまい棒』5年ぶり新レギュラー『のり塩味』はモー娘。にゴマキが加入した時くらい衝撃的

「あたしゃうまい棒といえばコンポタ派だね!」と公言していたのだが、全14種類の “レギュラー味” の中でコーンポタージュ味がダントツ1番人気だと知ってからは「たこ焼き味だね!」と言うようにしている。だってそのほうが “ツウ” っぽいでしょ?

ただでさえ種類の多い『うまい棒』は限定の味やコラボ商品なども発売されているため、「レギュラー味に関しては長い間変動がなかった」と言われて驚く人も多いだろう。つまり、よほどの逸材でなければ “うまい棒レギュラー” の座を勝ち取れないということだ。

今回約5年ぶりに “レギュラーの新味” が発売とあって、私は都内のスーパーや駄菓子屋を探し歩いていたのだが……なかなか簡単には見つからない……!

・上野で発見!

そしてようやく本日(7月12日)、上野駅近くで『うまい棒 のり塩味』を発見するに至ったのでありました。ただし店頭のバラ売りではなく、業者が利用する菓子問屋に30本入り(税抜239円)が積まれていた状態。どこででも買えるようになるのはもう少し先かも?

ドン・キホーテ等でも購入できる30本入りは、業者でなければお気に入りの味をまとめて購入するためのものだ。未知の味を30本買うのは勇気がいるなぁ……。

黄色いパッケージの『のり塩味』は、イメージキャラクター “うまえもん” が微笑むおなじみのデザインだ。ただひとつ気になるのは、そこに書かれた「じゃがじゃがだぜ!!」というメッセージ。ご存知の通り、うまい棒の原材料は主にコーンのはずである。

仮にじゃがいもでうまい棒を作ったとしたら、それ『うまい棒』って言えるのだろうか? よく分からんが包装紙を破くと、確かに “のり塩” っぽい風味が……しかも、やっぱりジャガイモっぽい匂いもするぞ!?

・じゃがじゃがだった

あぁ、信じられないことだが……ありのままを話そう。『うまい棒 のり塩味』を一口食べた瞬間、ホクホクとしたジャガイモの味が口いっぱいに広がったのである!! それもそのはず、パッケージ裏面を見ると……

原材料名:乾燥ポテト

ポテト入ってたァァァァ!!!!! なんと今回の新味は “コーンとポテトのフュージョン(融合)” だったのだ。ってかポテトに気を取られてて言うの遅くなったけど……

メッチャウマい。

ポテトが確かな存在感を放ちつつも、うまい棒の基本である “コーンスナック” の土台は全く揺らいでおらず、これが今までにない食感を生んでいる。さらに10円で買えることが申し訳なく思えるほど贅沢に使用された海苔の風味……これは “うまい棒の新境地” と言っていいだろう。

しかし割と新しいものに飛びつきがちな性分だが、新製品がここまでウマいって滅多にないことな気がする。5年越しのレギュラー入りも超納得だ。「 “モー娘。” に後藤真希が加入したときくらい圧倒的」と表現すれば、この衝撃を少しはお分かりいただけるであろうか。

・別れはつらいよ

さて、のり塩味の登場をスタンディングオベーションで歓迎すると同時に、悲しいニュースもお伝えしておかねばならない。2000年発売のレギュラー商品『チキンカレー味』が今回、のり塩と交代するカタチで生産終了となったのだ。

幸いこちらも同じ店にまだ在庫があったため購入しておいた。私は正直、チキンカレー味を食べたことがあったかどうか記憶にない。記憶にないってことはその程度の味ということだろうが、最後と言われると少し悲しいね。せっかくだからいただきます……

ウンマァァァァ!!!!!!!!!

えっ、これ販売終了すんの!? 嘘でしょ!? もったいなさすぎじゃない!? と、少し挙動不審になるくらい『チキンカレー味』は見事にカレー味だった。あれだけホメておいてなんだが、のり塩味と人気投票を行えばそれなりに票が割れるように思う。

ここでフト気づいたのだ。私が “コンポタとたこ焼き” を推すと決めたのは20年以上前のことである。あれから新たに発売された味も多いし、大人になれば味覚だって変わるのだ。読者の皆さんも改めて今、全種類を食べ比べてみたら推しが入れ替わるかも?

……それにしてもチキンカレー味がなくなるのは寂しい。まるでモー娘。から中澤裕子が卒業すると聞いた時の気持ちだ。失って初めて、その大きさに気づくこともある……今ならまだチキンカレー味が買える店舗も多いから、気になる人は探してみてくれ。

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。