【凶悪】ペヤング「超超超大盛GIGAMAXガーリックパワー」を食べるとき絶対に注意すべき3つのこと

2020年7月13日、全国のファミリーマートでペヤングの最新作『超超超大盛GIGAMAXガーリックパワー』が先行発売となった。これは「ペヤング」「激辛」「マヨネーズ」に続く「超超超大盛GIGAMAX」シリーズ第4弾で、ズバリ過去最高レベルで凶悪なペヤングである。

もし商品名だけを聞いて「食べてみようかな?」とお思いの方がいたら、ちょっと待って欲しい。『超超超大盛GIGAMAXガーリックパワー』を食べる前にこの記事を熟読し、少なくとも3つの注意点を守ってから食べ始めることをオススメする。

・シリーズ第4弾

全国のファミリーマートで先行発売中のペヤング「超超超大盛GIGAMAXガーリックパワー」は、メーカー希望小売価格税別408円。今回も超大盛りが可愛く見える「超超超大盛GIGAMAX」サイズでの販売となっている。

1食分のカロリーは「1872kcal」だから、いずれも2000kcalオーバーだった前3作と比べるとカロリー的にはやや低い。とはいえ、1食で成人男性のカロリー摂取基準量をほぼ満たす数値なので、1つ目の注意点は「カロリーに気を付けよう」を挙げておく。

・熱湯は1.3リットル

さて、作り方は歴代の「超超超大盛GIGAMAX」シリーズと同様に、熱湯1.3リットルが必要だ。あとはサイズこそ大きいものの、湯切りをしてソースを絡めるのはいつものペヤングと同じ。時間としては3分あれば完成する。

……と言いたいところだが。

『超超超大盛GIGAMAXガーリックパワー』が完成したその瞬間から、周囲には尋常ではない気配がただよい始める。……いや、実は湯切りの段階から “ヤツ” の猛アピールが始まっていた。そう、にんにくである。かやくに入ったフライドガーリックだけでも、なかなかのパンチ力だ。

・香りだけでもヤバい

そこに「ガーリックパワー」のソースを絡めると、もはやちょっとした事件と言っていい。“にんにく臭” などという軽い言葉では済まされない “にんにく爆裂臭” が部屋の隅々まで一気に広がるから、注意点その2「密室で1人で食べる」を厳守しよう。特にオフィスや公共の場では絶対にNG。下手したら職質される可能性すらある……と思う。

で、最大の注意点はここからだ。商品名の「ガーリックパワー」に偽りはなく、味はどの角度から何回食べてみても強烈なにんにく味である。スゴイのは数口食べて「そろそろ舌と鼻が慣れてきたかな?」と思いきや、全ッ然慣れていないこと。それくらい圧倒的にガーリックパワーが炸裂している。

・歴代最凶

個人的にはかなりにんにくに強い方だと自負しているが、それでも食べ切るのはボリューム的にもにんにく的にもキツかった。こんな言葉があるのかは知らないが、食べ続けていると軽く “にんにく酔い” してくるから、注意点その3は「最後までにんにくがヤバいから気を付けろ」だ。

冒頭でお伝えした通り「超超超大盛GIGAMAX」シリーズはこれまで3商品が発売されているが、最後まで食べにくい味付けとしては「ガーリックパワー」が突出しているのではなかろうか? 味自体はとにかくにんにくが効いているのでウマいのはウマいが、量を食べるにはかなりキツイ

というわけで、ペヤング『超超超大盛GIGAMAXガーリックパワー』を食べる際は、上述した3つの注意点と、何よりも強い覚悟を持ってお召し上がりいただきたい。生半可な覚悟ではヤケド……どころか大怪我するぜ? それほど凶悪なペヤングの誕生だ。

参考リンク:ペヤング「超超超大盛GIGAMAXガーリックパワー」
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【丸の内ランチ】旅行に行けないとき海外旅行気分を味わえる「CITACITA」


(C)Mia

ランチ激戦区の東京丸の内でアジアン料理を食べるなら、ここ「CITACITA」がオススメです。多くの野菜とスパイスを使用して作るアジア料理は、美容や健康にも良く、お店のエキゾチックな雰囲気に、ちょっとした海外旅行気分を味わえますよ。

美容や健康に良いアジア料理

アジアンテイストの多くは西欧料理に比べて、見たこと、食べたことがないものが多く、食材の珍しさが知的好奇心を刺激してくれます。「旅行になかなか行けない。だけどちょっとした刺激が欲しい」そんな欲求を満たしてくれる要素が、アジア料理に詰まっているんですよ。

CITA・CITAとは

CITACITA外観
(C)Mia

本場のシェフが創る本格的なアジアンテイストが楽しめるレストラン「CITA・CITA 丸の内店」は、東京駅の丸の内口のすぐ目の前。丸の内ビルディングの5階にあります。

メニュー

メニューには、ヘルシーで見た目も鮮やかなアジア料理が並んでいます。ランチタイムには、よりリーズナブルに本場の味を楽しむことができ、丸の内で勤務する方は、さらにお得な「丸の内ワーカー」料金が適用される嬉しいサービスまであります。

非日常なアジアンリゾートを感じる店内

CITACITA内装
(C)Mia

店内は、アジア料理の美味しさを引き立たせるような雰囲気。アジア諸国を彷彿とさせる照明や、絵画が飾られ、天井にはシーリングファンが回っています。

窓からの景色
(C)Mia

実際にお料理をいただく席からは、赤レンガが美しい東京駅駅舎が望めます。天気がいい日には澄み渡る青空に伸びる高層ビルも楽しめ、開放感抜群。優雅な時間を過ごすことができます。

やわらか鶏もも肉と野菜のグリーンカレー 1400円(税込)

グリーンカレー
(C)Mia

タイ料理でお馴染みのグリーンカレー。柔らかな鶏とココナッツミルクが優しく溶け込んだカレーの風味に、思わず気持ちはタイへ・・・。鶏とライスの量がしっかりあるので、お腹を満たして午後の予定に備えることができます。

豚肉と野菜のパッタイ スープ+サラダ付き 1200円(税込)

パッタイ
(C)Mia

こちらもタイで有名な料理のひとつ、パッタイです。乾麺のライスヌードルと一緒に、野菜やナッツ、香辛料などを加えて炒められています。味付けが絶妙で、今までパッタイを食べたことがある人でも「CITACITA」のパッタイは一味違うことに気づきます。

サラダ
(C)Mia

また、ランチセットにはサラダとスープがついてくるんです。これは、嬉しいサービスですよね。

スープ
(C)Mia

スープは、優しい玉子の風味。ここが、東京のど真ん中だということを忘れて、ほっと一息ついてしまいます。

開放感溢れる非日常なひとときを

仕事や打ち合わせの合間に、ミニ旅行したような気分が味わえる「CITACITA」のアジアンテイストは、きっとあなたを開放的な気持ちにさせてくれるはず。もちろん、東京観光のついでにも利用できますよ。今度のランチは、非日常な空間で味わってみてはいかがですか。

CITACITA
https://citacita.owst.jp
住所 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング5F
電話 03-5220-2011
定休日 無し(丸ビル休館日に準ずる)
営業時間 
月~土、祝前日
11:00~16:59 (料理L.O. 15:30)
17:00~23:30 (料理L.O. 22:30 ドリンクL.O. 23:00)

日、祝日: 11:00~16:59 (料理L.O. 15:30)
17:00~22:00 (料理L.O. 21:00 ドリンクL.O. 21:30)

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

韓国冷麺のスープは凍らせるとウマい!

あれは何時のことだったか。もう忘れてしまったが、韓国に行った際、友人に連れられて入った店でのこと。記者は韓国冷麺を注文したのだが、出て来た冷麺を見て軽く衝撃を受けた。

一見するとよくある美味しそうな冷麺だったが……スープがシャリシャリしてる! 食べてみると、全体がキンキンに冷えていてめちゃウマ。「こりゃあ良い♪」ってことでそれ以降、我が家でも韓国冷麺スープは凍らせることにした次第である。

・麺もキュっと締まる

記者が韓国で食べた店に限らず、スープ部分を凍らせている食べものは世にあふれている。阪急そば若菜の「かき氷そば」までいくとやり過ぎだが、丸亀製麺の「氷うどん」などもそのひとつ。

いずれもメリットは食べ終えるまで、冷えているところだろうか。スープ部分だけでなく、麺もキュっと締まるので、夏にはぴったりだ。そばやうどん、冷麺に限らず、なんにでも適応できそうな技である。

・食べ終えるころには液状に

実際に「スープが凍った韓国冷麺」を作ってみるとしよう……とかしこまるまでもなく、とっても簡単。付属のスープを冷凍庫に入れるだけだ。好みもあると思うが、記者はちょっとシャリシャリするくらいが好みだ。

常温のものを1時間~2時間ほど入れておくと、シャバシャバな部分も残りつつ半分ほどシャリっとした、程よい感じになるので参考にしてほしい。あとは麺を茹でて好きな具材を乗せ、そのシャリシャリスープをかければ完成だ! 

口に入れると背筋がシャキッとする冷たさで、美味しい~。スープ効果で食べている最中に、麺が冷えていくのも良い。食べ終えるころにはシャリシャリ部分はなくなり液状になっているところも、すべてにおいてちょうど良い!! 

やっぱり夏はこれですわ。記者はこの1週間で、もう2度はこの方法で冷麺を食べただろうか。もう少し暑くなってきたら、シャリシャリ部分を増やしても良いかもなあなどと思っている。なにはさておき、だまされたと思ってやってみてほしい。マジでウマいから。

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。