安倍文殊院の参拝後におすすめ!森のケーキ屋さん「旬作菓子工房 木風」【奈良・桜井】

 

木の街・桜井のログハウスのケーキ屋さん「木風」

フィンランドから取り寄せたという本物のログハウスのケーキ屋さん「旬作菓子工房 木風」。その外観に子どもに戻ったようにワクワクして、扉を開けました。お店の中も木のぬくもりに包まれて、目の前のショーケースには宝物のようにケーキがずらりと並んでいます。

旬作菓子工房木風 ケーキ
「かぼちゃとキャラメルのすてきデザート」(390円・税抜)、「ホワイトチョコケーキ」(320円・税抜)、「レアチーズケーキ」(350円・税抜)など、チョコレート系、季節のケーキ、シュークリーム、バウムクーヘンと、大きくて見た目もかわいらしいデコレーションのケーキばかり!時季に応じて旬のケーキも変わるようで、季節ごとの楽しみがありますね!

旬作菓子工房木風 お母さんの牛乳プリン
「卵不使用お母さんの牛乳プリン」(220円・税抜)は、卵アレルギーのお子さんにもうれしいスイーツ。大人向けなコーヒー味もありますね。

旬作菓子工房木風 焼き菓子の棚
ショーケースの向かい側には、パイ、サブレ、フィナンシェ、パウンドケーキ、クッキーといった焼き菓子も所狭しと並んでいました。洋風だけでなく、抹茶、さつまいも、黒ごまなどの和素材のスイーツも。

旬作菓子工房木風 抹茶フィナンシェ
ふんわり優しい味わいの焼き菓子たち。「抹茶フィナンシェ」を購入しましたが、こちらには小豆もしのばせてありました。

旬作菓子工房木風 ラッピング焼き菓子
プレゼント用の包装も手作りの温かみがあって、小さな子から大人まで地元の方に愛されていることにも納得です。

日当たり抜群の喫茶スペースでケーキ休憩

旬作菓子工房木風 喫茶スペース
お店の奥は喫茶スペースになっていて、先にケーキを注文してから席へ向かうというスタイルです。

旬作菓子工房木風 プリンケーキ
今回、旅の疲れを癒やしてくれた「プリンケーキ」(350円・税抜)。プリンとケーキというハイブリッドな組み合わせです!

旬作菓子工房木風 プリンケーキ
上には、ゼリーのような光沢のコーティング。その下には、たっぷりの生クリームとプリンが重なっています。

旬作菓子工房木風 プリンケーキ後ろ側
ケーキの後ろの方に細かな焼き菓子がくっついて、パイのようにサクサク!やわらかな生クリーム、ビターなカラメルソース、濃厚なのに優しいプリン。普通のプリンにはない贅沢なバランスを楽しめる一品でした。

朝から行きたい木風のカフェメニュー

喫茶スペースでは、ケーキだけでない魅力的なメニューもあったので紹介します。それが、厚み約5cmのトーストです!

旬作菓子工房木風 トーストメニュー
飛騨酪農のはちみつバターの「はちみつバタートースト」(600円・税抜)、生クリームとラムレーズンのお酒がきいた「木風な生レーズンサンド」(650円・税抜)、山盛り生クリームが写真映えする「木風流小倉トースト」(650円・税抜)と、トーストもケーキ並みのボリューム!

旬作菓子工房木風 ドリンクメニュー
「紀州のみかんジュース」、関西の喫茶店の味「自家製みっくすじゅーす」などドリンクも。

旬作菓子工房木風 モーニングトースト
しかも、モーニング(9:30〜12:30)は、「ドリンク代+100円」で、トースト・ゆで卵・クッキー付きと、朝から行きたくなりますね!

旬作菓子工房木風 みっくすじゅーす
やわらかなタッチのイラストが置いてあり、壁にはフォークギターが飾られて、ピアノもありました。穏やかな空間に自然光も差し込んで、ピクニック気分を味わえます。“ログハウス×音楽×ケーキ”に包まれた木の街のケーキ屋さんへ、安倍文殊院の参拝後の休憩にお土産の買い物に、ぜひ立ち寄ってみてください。

旬作菓子工房 木風
住所:奈良県桜井市安倍木材団地2-7-24
電話:0744-43-5254
営業時間:9:30~20:00
定休日:月曜
*新型コロナウイルスの影響で月曜が臨時休業です
交通:近鉄大阪線「大橋駅」・JR桜井線「香久山駅」から徒歩約25分、JR桜井線「桜井駅」から徒歩約30分、「安倍文殊院」から徒歩約10分
HP:http://www.cake-kofu.com/
Instagram:@kofu__shunsaku

[all photos by kurisencho]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

カジュアルな南仏リゾート「アルジェレス=シュル=メール」を現地ルポ


(C)Irina Papoyan / Shutterstock.com

アルジェレス=シュル=メールって?


(C)Irina Papoyan / Shutterstock.com

フランス南部のオクシタニー地方に位置する「アルジェレス=シュル=メール(Argelès-sur-Mer)」。スペインの国境近くにあり、スペインとフランスを結ぶ高速列車「Renfe-SNCF」で、バルセロナより3時間程度の距離感です。

地中海を臨む、フランス南部のアルジェレス・プラージュ
(C)sweetsholic / dobrok

全長7kmの砂浜ビーチ「アルジェレス・プラージュ(Argelès plage)」がとりわけ有名で、19世紀後半には、すでにリゾート地として人気を集めていたのだとか。今でもその人気は健在で、夏のバカンス期間には周辺のキャンプ場を始め、宿泊施設で過ごす人で賑わいを見せます。

リゾート気分が楽しめる、アルジェレス・プラージュ

レストランが軒を連ねるプロムナード
(C)sweetsholic

ビーチといったら、やっぱり海! 泳ぐのも、砂浜にブランケットを敷いてのんびり過ごしても。訪れた9月中旬の海水温度は20℃と冷たかったので、砂浜でゆったり過ごし、ビーチ沿いの歩道でウォーキングを楽しみました。

ウォーキングやサイクリングも楽しい
(C)sweetsholic

ビーチエリアには、レストランやカフェなどの飲食店、雑貨屋、プチプラのビーチウエアを扱うブティックなどが軒を連ねます。タイやマレーシアのビーチリゾートを彷彿とさせる、とてもカジュアルな雰囲気。

プチプラ雑貨を扱うショップも多数
(C)sweetsholic

夏に訪れたら外せないのが、ナイトマーケット! 多くのフランス人が長期休暇を取る、ハイシーズンの6〜9月にかけては、さまざまな手作り雑貨や食品のマーケットが立ち並ぶ“マルシェ・アーティザーナル(Marché Artisanal)”が開かれます。

また、6月〜9月の月・水・金曜には、野菜やフルーツ、シャルキュトリーに地域の特産品などが並ぶ、朝のマルシェも。マーケットの詳細は、英語またはフランス語になりますが、こちらのサイトから確認できますよ。

新鮮なシーフードにタパス!

魚介類が豊富なアジアンビュッフェのレストラン
(C)sweetsholic

地中海沿いのリゾートということもあり、シーフードレストランを始め、フランスで人気を集めているグルメバーガー推しのカフェなどが目立ちます。お腹が空いていたので、魚介類にタイやベトナム風の料理が食べられるアジアンビュッフェのレストラン「Royal D’angkor」をチョイス。

タパスやパエリアなども
(C)sweetsholic

当地はスペインにほど近いため、タパス(小皿料理)やパエリアを提供するレストランも多数見かけました。

お土産を買いたかったけれど・・・

風景画を買う予定だった雑貨店
(C)sweetsholic

筆者が訪れたのは、バカンスシーズンが終わったばかりの9月半ば。午前中に雑貨屋をいくつかまわって欲しいものを決め、昼食後に購入しようと思っていました。

ゆっくり昼食を楽しみ、15時半に戻ってみると、ほとんどの店が閉まってる・・・! フランスの地方都市はランチタイムの12:00〜14:00の時間帯に閉まる店は珍しくないのですが、15時半になっても閉まっているとは驚きました。あぁ、ショック・・・!

オフシーズンにフランスのリゾート地を訪れた際は、店の営業時間の確認もしっかりしておこう、と心に決めた出来事です。

アルジェレス=シュル=メールを訪れることがあれば、南仏らしい雰囲気のリゾート地「ポール・ヴァンドル(Port Vendres)/絶景に海の幸!ヨーロッパの人気リゾート地、南仏ポール ヴァンドルへ」や「コリウール(Collioure)ピカソも愛した南仏の色鮮やかな港町コリウール」もぜひ。

[argeles-sur-mer.com]
[france-voyage.com]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

鳥取名物『とうふちくわ』を手軽に自作する方法を発見! 今夜のおかずは「セルフとうふちくわ」で決まりだぜっ!!

練りものが、好きだ。かまぼこ、ちくわ、つみれ……なんでも好きだ。おでんなんかに入れても美味しいし、そのままでもウマい。1品でこれほど有能な食材というのも、なかなか珍しいのではないか。

さて、鳥取の名物に『とうふちくわ』というものがある。その名の通り、豆腐とちくわが合体した食べものだ。その響きだけでもヘルシーそうだし、なにより美味しいので近場で購入できるならばリピ必至である。しかし現実は、そうもいかない。ということで、自作してみることにしたぞ。

・鳥取県民のちくわ愛

今一度『とうふちくわ』について説明しておこう。木綿豆腐と白身魚のすり身を混ぜて蒸し上げた、鳥取県中東部に見られる加工食品だ。かつて鳥取藩主が魚の代わりに豆腐を食べるようお触れを出したことにはじまるとか、貴重な魚の代替品として生まれたものであるなどと言われているらしい。

鳥取県出身の亀沢記者に聞いてみたところ

「鳥取の人は、かなりちくわを食べるよ。でも普通のちくわはあまりなくて “とうふちくわ”と “あごちくわ” の一騎打ちって感じかな」

と教えてくれた。

総務省統計局のサイトを見てみると、確かに鳥取市はちくわの支出金額が全国トップ(2017年~2019年平均)だ。鳥取の人が「ちくわをかなり食べる」というのは、本当らしい。亀沢記者の言葉に従えば、この数字をたたき出している背景には “とうふちくわ”と “あごちくわ” の存在があるということだろうか。

・作るしかない

記者もその『とうふちくわ』を手に入れる機会に恵まれたため、さっそく食べてみた。なるほどこれは、不思議な食感と味だ。なにかと問われれば「ちくわ」と答えるが、豆腐らしさも存分にある面白い食べものだ。豆腐もちくわも大好きなので、これは良い。ウマい! 

しかし、そのへんのスーパーで気軽に購入……といかないのが、困ったところだ。もちろん、ネットで取り寄せることはできるが「今食べたい!」となった時が問題である。こうなったら残された手段はひとつ。そう、自分で作るしかない。

・そこそこ「とうふちくわ」

用意するものは、スーパーで売っているちくわと木綿豆腐──以上だ。豆腐を細長く切って、ちくわの穴に詰めるだけ。めっちゃ簡単!! 美味しいものと美味しいものを組み合わせているので、どうしたって美味しく仕上がるはずだが、問題は『とうふちくわ』の味に近づけるかどうか。

実はそれほど期待していなかったのだが、食べてみるとそこそこ『とうふちくわ』の味だった。食感はやや異なるが、どうしても食べたい時にその気持ちを抑えるくらいにはアリの味である。

まさかこんな、ちょっとしたことで『とうふちくわ』に近い味を楽しめようとは。我ながら、割とグッドアイディアだったと思う。非常に手軽でもあるので、今晩のおかずの1品に『セルフとうふちくわ』はいかがだろう。わさび醤油なんかで食べれば、酒のアテにもなって良いぞ! 

参照元:食のみやこ鳥取県「とうふちくわ」、総務省統計局
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。