コメダ珈琲店の『まっしろノワール』が甘さに全振りで美味い! ソフトクリーム+練乳+粉糖+蜂蜜で無限の甘さの彼方へ

2020年7月15日から、全国のコメダ珈琲店にて新作シロノワール『まっしろノワール』が登場。お値段は通常サイズが750円~770円。期間限定で8月下旬までの販売だ。名前の通り白い見た目のシロノワールだが、白さの秘訣は上からぶっかけられた練乳と粉糖。

もちろん上にはいつも通りにソフトクリームが乗っており、そしてデニッシュパンの間には蜂蜜が塗られている。……って、上から下まで甘さに全振りじゃねーか! 酸味や苦みをアクセントで入れる的な迷いを一切感じさせない、脳筋ならぬ脳糖じみたムーヴ!! 甘さは正義と言わんばかりである。さっそく食べてきたぞ!

・白さ

白さの具合には割と個体差があり、また提供からの時間経過で変化するもよう。練乳と粉糖は間違いなくそれなりの量がぶっかけられているのだが、時間が経つと粉糖が練乳に溶けて、半透明の膜になった。まるでグレーズドーナツみたいな感じ。

いろいろ眺め回したりしているうちに、白さを演出していた粉糖が練乳に溶けてしまったが、甘さ的には全く問題はない。むしろ表面が微妙にシャリシャリして美味い。

・暴走機関車のごとく

そして、デニッシュパンの間に塗られた蜂蜜である。練乳と蜂蜜の組み合わせは意外と無かった気がする。まあデフォルトで上にソフトクリームがあって、さらに甘さの権化的な練乳を使った時点で、普通は追加で甘い材料をブチ込もうとは思わないだろうしな。

しかしそこはコメダ。やってしまったわけである。デニッシュパンを開いてみると、生地がひったひたになるまで塗り込まれた蜂蜜が! まるでブレーキが壊れた機関車のようである。いいぞもっとやれ。

・蜂蜜という采配

そして食べている間にソフトクリームは溶けだし、全体に染み込んでいく。もはやデニッシュパンの練乳と蜂蜜とソフトクリーム漬けの砂糖和え。しかしこれが美味い! 

練乳と蜂蜜はどちらもひたすら甘いが、微妙に方向性の違う甘さが良い感じに噛み合っている。安易に酸味のあるベリー系のソースなどではなく、蜂蜜をチョイスした采配は天才的だと思う。もしかしたら紙一重で狂気だったのかもしれないが。

何にせよこの二つを混ぜるとマジで美味い。きっと『まっしろノワール』を体験した人は、家でもトーストに蜂蜜と練乳をぶっかけるようになるだろう。もしかしたら「甘ったるそう」「クドそう」と思うかもしれないが、その心配は無用だ

蜂蜜の清涼感ある甘さが練乳のこってりした甘さを抑え、甘さを増しつつもなぜか甘ったるくもクドくもないというミラクルが発生。甘いものを足して甘さをコントロールするというよくわからない状況だが、その試みはガチに上手く機能している。

全てのリミッターが外れて甘さの彼方に突き進む『まっしろノワール』。上から下まで甘い物づくしで、食べれば脳は甘味で麻痺! ハッピーになれること待ったなしだ! 心が疲れ気味な人には特にお勧め。

参照元:コメダ珈琲店
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

春爛漫スイーツ!桜を閉じ込めたババロアに、桜や苺を巻いたロールケーキ発売



桜の花びらとエディブルフラワーを閉じ込めた華やかなフラワーババロアに、桜あんとクリームを巻いた桜の香りをまとったロールケーキと、苺クリームを巻いたもちもちロールケーキ。春の訪れを祝う限定スイーツが、3月15日(金)より期間限定で販売中です!

桜の花びらを閉じ込めた、食べられる花のババロア

“エディブルフラワー(食べられる花)”をつかったフラワーババロア専門店「花のババロアhavaro」から、春の香りを運ぶエディブルフラワーと桜の花びらが華やかに踊る、季節限定のスペシャルブーケが登場です。



土台となる淡い桜色のババロアは、桜のリキュールとシロップで風味付けし、その上に甘酸っぱい苺をちりばめて、爽やかなレモンと桜の風味の2層のゼリーで、満開のエディブルフラワーと桜の花びらを閉じ込めました。

~春限定ババロア~ さくら
価  格:ブーケ 2,800円(税別)※写真左は フルール 400円(税別)
販売時期:3月15日(金)~4月14日(日)予定 
     ※事前ご予約は3月13日(水)まで承ります。
販売店舗:PARADIS小石川本店・PARADISトウキョウミタス店・PARADISイクスピアリ店 ※営業時間は各店舗により異なります。
PATISSERIE PARADIS: http://www.patisserie-paradis.com/concept/

「花のババロアhavaro」
https://www.hana-no-babaroa.com/concept/



パティシエ独自の感性で仕上げたフラワーババロアを提供するお店。季節や入荷する花の開花具合によって、同一の商品が並ぶことがないため、毎日「オンリーワンスイーツ」が楽しめます。

ロールケーキ専門店からの春のたより

ARINCO 桜ロール

桜あんと甘さを抑えたクリームを、米粉を使ったキメ細かでふわっと口当たりの良い食感の生地で巻きました。ロール全体に桜の葉の塩漬けをのせ、ほんのり桜の香りをまとった限定ロールが仕上がりました。


価  格:1,286円(税別)
販売時期:3月15日(金)~4月上旬(予定)
販売店舗:ARINCO 京都嵐山本店・ARINCO小石川工場前店・ARINCO TOKYO STATION・ARINCO イクスピアリ店 ※営業時間は各店舗により異なります。

ARINCO シーズンロール「春」

甘酸っぱい苺クリームと、ほんのり甘い小豆とモチモチの求肥を、真っ白いスポンジケーキで包んだ、春限定のロールケーキ。それぞれ異なる食感もお楽しみください。


価  格:1,429円(税別)
販売時期:販売中~4月中旬(予定)
販売店舗:ARINCO 京都嵐山本店・ARINCO小石川工場前店・ARINCO TOKYO STATION・ARINCO イクスピアリ店 ※営業時間は各店舗により異なります。

「ARINCO」
http://www.arincoroll.jp/



卵白で作られた真っ白い生地にフワフワのクリームが特徴のロールケーキ専門店「ARINCO」。生地を焼くところからロールを巻くところまで、全ての工程をひとつひとつ職人の手作業で行っている、本物の美味しさを嗅ぎ分ける、ありさん好みのロールケーキです。

[PR TIMES]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

鳥取名物『とうふちくわ』を手軽に自作する方法を発見! 今夜のおかずは「セルフとうふちくわ」で決まりだぜっ!!

練りものが、好きだ。かまぼこ、ちくわ、つみれ……なんでも好きだ。おでんなんかに入れても美味しいし、そのままでもウマい。1品でこれほど有能な食材というのも、なかなか珍しいのではないか。

さて、鳥取の名物に『とうふちくわ』というものがある。その名の通り、豆腐とちくわが合体した食べものだ。その響きだけでもヘルシーそうだし、なにより美味しいので近場で購入できるならばリピ必至である。しかし現実は、そうもいかない。ということで、自作してみることにしたぞ。

・鳥取県民のちくわ愛

今一度『とうふちくわ』について説明しておこう。木綿豆腐と白身魚のすり身を混ぜて蒸し上げた、鳥取県中東部に見られる加工食品だ。かつて鳥取藩主が魚の代わりに豆腐を食べるようお触れを出したことにはじまるとか、貴重な魚の代替品として生まれたものであるなどと言われているらしい。

鳥取県出身の亀沢記者に聞いてみたところ

「鳥取の人は、かなりちくわを食べるよ。でも普通のちくわはあまりなくて “とうふちくわ”と “あごちくわ” の一騎打ちって感じかな」

と教えてくれた。

総務省統計局のサイトを見てみると、確かに鳥取市はちくわの支出金額が全国トップ(2017年~2019年平均)だ。鳥取の人が「ちくわをかなり食べる」というのは、本当らしい。亀沢記者の言葉に従えば、この数字をたたき出している背景には “とうふちくわ”と “あごちくわ” の存在があるということだろうか。

・作るしかない

記者もその『とうふちくわ』を手に入れる機会に恵まれたため、さっそく食べてみた。なるほどこれは、不思議な食感と味だ。なにかと問われれば「ちくわ」と答えるが、豆腐らしさも存分にある面白い食べものだ。豆腐もちくわも大好きなので、これは良い。ウマい! 

しかし、そのへんのスーパーで気軽に購入……といかないのが、困ったところだ。もちろん、ネットで取り寄せることはできるが「今食べたい!」となった時が問題である。こうなったら残された手段はひとつ。そう、自分で作るしかない。

・そこそこ「とうふちくわ」

用意するものは、スーパーで売っているちくわと木綿豆腐──以上だ。豆腐を細長く切って、ちくわの穴に詰めるだけ。めっちゃ簡単!! 美味しいものと美味しいものを組み合わせているので、どうしたって美味しく仕上がるはずだが、問題は『とうふちくわ』の味に近づけるかどうか。

実はそれほど期待していなかったのだが、食べてみるとそこそこ『とうふちくわ』の味だった。食感はやや異なるが、どうしても食べたい時にその気持ちを抑えるくらいにはアリの味である。

まさかこんな、ちょっとしたことで『とうふちくわ』に近い味を楽しめようとは。我ながら、割とグッドアイディアだったと思う。非常に手軽でもあるので、今晩のおかずの1品に『セルフとうふちくわ』はいかがだろう。わさび醤油なんかで食べれば、酒のアテにもなって良いぞ! 

参照元:食のみやこ鳥取県「とうふちくわ」、総務省統計局
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。