【ほぼ半額】カプリチョーザの『トマトとニンニクのスパゲティ』が500円になると聞いてダッシュで行ってみた結果 → 大切なことを教わった

マジで!? カプリチョーザの『トマトとニンニクのスパゲティ(税抜き970円)』が500円になるの!? ほぼ半額やん! 行くしかねェェェエエエエ!! しかも7月15日からやん! こうしちゃいられねェェェーーーーー!!

2020年7月15日から3日間カプリチョーザで大創業祭が開催されるという情報をキャッチした私(中澤)は、その瞬間走り出していた。なにしろ、『トマトとニンニクのスパゲティ』と言えばカプリチョーザを代表する激ウマパスタ。一刻も早く食べたい。

この時は想像だにしていなかったまさか注文できないなんて──。

・本当に500円だ!

どれだけダッシュしても心が前を走っていく。一刻も早くカプリチョーザに。もどかしい体を捨てて魂で飛んでいきたいくらいだ。

カプリチョーザに着いたのは昼の12時前。ちょうどダッシュでお腹も空いてきた頃合いだった。そして、カプリチョーザの店頭には、確かに「トマトとニンニクのスパゲティ500円」のポスターが! ぬおおおおお!! たのもー!!!!

・衝撃の事実

入店すると席に案内されたため、座ると同時に離れようとする店員さんを引き留め注文した! 創業祭ですよね? 『トマトとニンニクのスパゲティ』くださーーーーーい!!

店員さん「今はランチタイムなので、ランチメニューのみになります

──え? 創業祭は?

店員さん「ディナータイムのみですね」

──ディナータイムって何時からですか?

店員さん「17時からです

──や・ら・か・し・たァァァーーーー! あまりの衝撃に放心状態のままカプリチョーザの創業祭のページを見るともなく見たところ……

17時からって1番上に書いてるゥゥゥウウウ

さらに、店頭のポスターの画像を落ち着いて見てみると……

ばっちり書いてるゥゥゥーーーー!!

とは言え、めちゃんこ勢いよく入店してしまったため何も食べずに出るのは恥ずかしい。そこで、ランチタイムメニューのカルボナーラセットを注文したところ税抜き1000円だった。ナポリピッツァ、サラダ、ドリンクがお替わり自由らしい。

・どうしよう?

想定の2倍か……放心しつつも、サラダバーコーナーに行くと、ドレッシングが6種類もあって、ポテトとかも用意されている。おまけに各種飲み物の中には野菜ジュースまであるじゃないか。

でもどうしよう? 勢いよく編集部を飛び出してきたから、「時間間違いました」なんて恥ずかしくて言えない。サラダを食べてみると新鮮な味わいにドレッシングが爽やかだ。なかなかやるじゃん。

編集部のみんなは、私が今まさに取材してると思っているわけだけど、記事どうしようかな? 運ばれて来たカルボナーラを食べてみると、口の中に広がる濃厚なチーズの風味にピリッとアクセントを加えるブラックペッパー。ヤダ美味しい

・身に染みて思った大切なこと

1000円だったけど、めちゃんこ満足した。カルボナーラも美味しいしサラダバーだけじゃなくナポリピッツァも食べ放題って最高じゃん? 軽く得した気分だなあ。うん。得した得した。

仕事どうしよう……!

みんな! 記事はちゃんと中身まで確認しような!!

ちなみに、17時からもう1回行ってみたところ、確かに『トマトとニンニクのスパゲティ』は税抜き500円でした。ウマウマ。

<完>

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【新感覚】ジャマイカ風ラーメン恐るべし! 最高にソウルフルな「ジャークチキンラーメン」は食べて損なしの一杯 / 京都市左京区「いっちゃんラーメン」

知っているようで知らない国、ジャマイカ。筆者のような学のない人間にとっては「カリブ海の島国」「なんとなく陽気な感じの国」くらいのイメージしかない。しかし、まさかラーメン1杯で見方が変わってしまうとは。

事のきっかけはジャマイカの郷土料理とコラボしたラーメン屋に出会ったから。エスニックとラーメンが見事に融合した一杯は、初めての体験だった。ジャマイカ風ラーメン、恐るべしです!

・ジャマイカ名物をトッピング

訪れたのは京都市左京区にある「いっちゃんラーメン」。店名からも外観からも、ジャマイカっぽさは特に伝わってこない。しかしメニューに目を向けてみると……。

今回のお目当ては、これである。ジャークチキンラーメン(800円)。ジャークチキンとはジャマイカの郷土料理の一つで、鶏肉をスパイスとハーブに漬け込んでグリルしたものである。元々は保存料理として生まれたものらしい。それをラーメンにトッピングしているということですな。

麺は4種類から選ぶことができる。お店の人によるとジャークチキンラーメンに合うのは細麺とのことだったので、そちらをチョイスした。サンダー麺というのも気になるが……。

・ラーメンなのかヌードルなのか

出てきたのは、何ともエキゾチックな見た目のラーメン。透明度の高いスープが光を反射する様は、まるで太陽光を受けて輝くカリブ海のようである(行ったことないけど)。そしてパプリカやライムなどの色彩鮮やかなトッピング。このストレートすぎる色使い、まさにラテンのノリである。

鶏と野菜からとったというスープは、女性にも喜ばれそうなアッサリ味。そのテイストは間違いなく日本のラーメンのそれで、スープを一口飲んだ印象はあくまで「ラーメン」

しかし、刻みトマトやパプリカといった普通のラーメンには乗らないであろう具材と一緒に麺をすすると、印象は一変する。その独特な食感から感じる印象は「ヌードル」。外国の屋台で名もなき麺料理を食べているような、そんなワクワク感というか異国情緒が口の中に広がる。

麺を食べてジャマイカへ飛び、スープを飲んで日本に戻る。完食するまでに太平洋を何往復もしてしまう、新感覚の一杯である。

・ジャークチキンが美味すぎる

さて、遅くなってしまったが、目玉・ジャークチキンの紹介にいこう。大ぶりにカットされたジャークチキンが5切れほどトッピングされており、これが結論からいうとバリウマである。

スパイスとハーブに漬け込んだ効果なのか? 鶏肉は驚くほど柔らかく、しっとりとした食感。そして芯まで染みこんだ香辛料の旨味がたまらない。

単品での注文もしておけば良かったかな~と後悔するくらい、これはマジでウマイ(ジャークチキン単品もあり)。普通のラーメンもあるが、ここに来たら一度はジャークチキンを食べるべし!

修学旅行生の姿もチラホラ見られた、いっちゃんラーメン。祇園まで歩いていける距離で、京都観光のお供にも悪くないアクセスだ。定番の京料理では飽き足りないという人は、観光のついでに訪れてみてはいかがだろうか。最高にエスニックでソウルフルな一杯を味わえるぞ!

・今回紹介したお店の情報

店名 いっちゃんラーメン
住所 京都市左京区南門前町542-1
時間 火~土:11時30分~14時、19時~23時 日祝:11時30分~14時
休日 月曜日

Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ → シリーズ「京都ラーメン巡り

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

水茄子は無加工で食べても甘くて美味いらしい → 丸かじりしてみた → 思っていた以上にフルーツで脳がバグった

皆さんは水茄子をご存じだろうか。まあ、その辺のスーパーで普通に売られている茄子の品種の一つである。よく漬物にされており、過去にはスシローで提供されていたこともあるようで、きっとどこかで食べていると思われる。全くレアな存在ではない

筆者も水茄子は知っていたし、恐らくどこかで食べたこともある……とは思うが、「つまりは茄子でしょ?」的な感想しか抱かず、特別な関心を抱いたことは無かった。

しかし、先日ふと「水茄子は普通の茄子とどう違うんだろう」と疑問に思い、Wikipediaを閲覧。そこで「水分を多量に含んでおり、ほのかな甘みもあって生食が可能である」との記述を発見した。えっ、それってほぼフルーツじゃん? マジなのか? 急速に気になりだしたので、生で丸かじりしてみることに

・アメリカにおけるリンゴのように

もしWikipediaの記述の通りなら、水茄子はそれこそリンゴやプラムのように丸かじりされたりしてもいい存在と言える。例えばアメリカでは、ポケットや鞄にリンゴをむき出しのまま入れておいて、腹が減ったらおもむろに丸かじりするのは一般的だ。

それこそ学会や企業の説明会のようなお堅いイベントのケータリングでも、ブリトー等とセットでリンゴが丸ごと1個出てくるレベル。アメリカにおけるリンゴのように、日本では人々が談笑しながら水茄子を丸かじりする未来もあるかもしれない。もしも本当に無加工な水茄子が甘くてウマいのであれば。

しかし、そのまま食べて美味い茄子など正直に言って半信半疑だ。Wikipedia自体参考にはなるが、高確率で誤情報が含まれているため信用するには要検証……という印象もある。かつて焼いたジャイアントコーンについて記事にした際にも、Wikipediaの記述には怪しい点があったし。

・そのまま齧ってみる

検証にあたり、近所のスーパーで水茄子をゲット。探し回る必要がないほど普通に売られている。ちなみに大阪産。外見上の特徴は、どことなく丸っこいかなという感じ。でも普通の茄子でも時折丸いのはあるし、割と普通に茄子である

触った感じも普通の茄子だ。ハリがあってやや固い。検証のためとはいえ、これを生で食べるのは抵抗がある。マズかったらその時はその時だ。とりあえずかじってみよう……

おや?

えっ、ウソやろ……?

イケるでこれ! うめぇ!!! 

・想定外のフルーツ感

予想外の事態に脳が追い付かず、気づいたら固いヘタ周辺以外は全て食べてしまっていた。手の中にあったのはまごうこと無き茄子。見た目も茄子。皮部分の食感も茄子。中身の色も茄子。

しかし中身はマジに超ジューシー! さすがにガチなフルーツ並の甘さは無かったが、ほのかに甘いのも本当だった……! 実の生食が一般的な野菜と言えばトマトやキュウリがあるが、水茄子もそれらと同じレベルで無加工のままイケる。歯ごたえはシャクシャクしていてリンゴと似たような感じ。

また、筆者はリンゴや桃を食べると口の中がほんの少し痒くなるタイプなのだが、水茄子でも同様の感覚があった。アレルギーの類なので喜ばしいことではないが、フルーツを食べた時特有の症状が出るという事態が、余計に水茄子のフルーツ感を加速させる。

繰り返すが、見た目は果てしなくTHE 生の茄子。従来の生の茄子に対するイメージとは程遠いジューシーさと甘さに、脳がバグって現実を受け入れるのに時間を要してしまった。しかし水茄子は本当にそのまま食べてもジューシーで甘くて美味い。カットして茄子感を無くした状態で、そういうフルーツと言って出されたら信じてしまうだろう

これはダイスカットにしてパフェなどに入っていてもいいレベル。むしろ控えめな甘さが良い感じに機能する可能性すら感じる。水茄子パフェ、水茄子ムース、水茄子ゼリーなど、スイーツ界への水茄子の参入も不可能ではないかもしれない。皆さんも一度、水茄子を生で食べてみてはいかがだろう。きっと驚くはずだ。

参照元:Wikipedia
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。