【世界ひとり飯21】ワルシャワのトランジットでカラフルなポーランド餃子

ワルシャワのトランジットがおすすめな理由

ヨーロッパの都市に向かう飛行機は、直行便よりも経由便が安いということがよくあります。ポーランドの首都ワルシャワの「ワルシャワ・フレデリック・ショパン空港」は、LOTポーランド航空の本拠地。ここがおすすめなんです。

ワルシャワまで、成田から11時間ほどのフライト。そこからヨーロッパ各地への便に乗り継げます。この空港は規模が小さくて、利用者も比較的少ないので、乗り継ぎ時間が45分でも大丈夫なんです。乗り換えが便利というのがおすすめポイント1です。

ウィーンからワルシャワ経由で成田に帰る際には、選択したフライトの都合で、ワルシャワで4時間30分のトランジット時間がありました。それもまたOK。空港はワルシャワ市街からたったの10㎞。数時間あれば軽く観光もできるんです。これがおすすめポイント2です。

ワルシャワの旧市街の古い町並みを歩く

ワルシャワ

ワルシャワは第2次世界大戦の戦火でその古い景観を失ってしまいましたが、その後復興が進んで、今では昔のかわいらしい町並みが戻りました。その中心ともいえる王宮前の広場を聖アンナ教会の鐘楼から見下ろすと、まるでミニチュアの世界です。

この辺りまで、空港からタクシーなら15分ほどで到着です。

コペルニクス像

空港にはポーランド出身のショパンの名前が付けられていますが、こちらは地動説のコペルニクスの像で、やはりポーランド出身。旧市街をちょっと歩くだけでも、見どころをいくつも楽しめます。

お目当てはピエロギ!迷わずこの店へ

ピエロギ

この日はトランジットまで4時間30分。わざわざ市街地まで行こうと決めた理由は、ポーランドの餃子のような食べ物「ピエロギ」を食べたかったから。「Zapiecek(ザピエチェク)」はピエロギの専門店で市内にいくつかの店舗がありますが、今回は空港へのバス停が目の前のお店へ。ここからならバスでも40分ほどで空港に戻れるので安心です。

ポーランドらしい料理をゆっくりいただく

このお店のおすすめポイントの一つは、メニューが写真付きでわかりやすいことと、ポーランドの伝統衣装を着ている店員さんがきびきびと手際のいいこと。キッチンのオペレーションもスムーズなようで、待たされることもなくささっと料理が運ばれてきます。

まずは伝統的なポーランドのスープとソーセージを

スープ

旅の途中でなんとなくせわしないとはいえ、食事はなるべくゆっくりとりたいもの。こちらは「木のボードにのった、本格的伝統の酸っぱいライ麦のスープ、新鮮な森のマッシュルーム入りと、グリルした白ソーセージ、西洋わさびとチャイブのせゆでたまごにパン」で、18.99ズウォティ(約510円)です。

スープが酸っぱいのはライ麦を発酵させた「ZAKWAS(ザクファス)」を使うから。すっきりとした飲み口で、しっかりと栄養素が体に届くといった感じがします。ソーセージはしっかりとした豚肉がハーブと塩・胡椒、にんにくで調味されていて、焼き目も香ばしく、ボリュームもあります。

お目当てのカラフルなピエロギをオーダーするなら

ピエロギの種類はなんと16。それぞれ1皿が9個からなんですが、できればいろんな味を楽しみたい。そこで、おすすめその1は「伝統的ピエロギプレート」。豚肉入り(2個)、チーズが入った基本のもの、基本のものにベーコン入り、以下同じく森のキノコ入り、肉とキャベツ、レンティル、キャベツと森のキノコジャガイモ、ロースとオニオンとパセリの9個が楽しめます。これで25.99ズウォティ(約700円)です。

でも、自分で16種類から選んでみたいなら、1個ずつのオーダーも可能です。最低9個からになります。写真は、基本のチーズのピエロギに、豚肉入り、ほうれん草とフェタチーズ、マッシュルームにクリームとパセリ、ターキーの胸肉とニンジン、サーモンとカマンベールチーズ、ザワークラウトと森のきのこの9つを選んだもの。この場合はどれでも1個2.95ズウォティ(約80円)で、9個で26.55ズウォティ(約720円)です。

グレービー

ソースは4種類で、グレービー(スモークしたベーコン、豚肉、玉ねぎ)、バター、サワークリーム、冷たいチーズソース、クランベリーの中から一つを選びます。店員さんに聞くと絶対グレービーだと推されたので、それにしました。

一つずつ味が異なるので、飽きることなく楽しめます。グレービーは、それだけでもおいしくて、どの味にも合いました。皮はベーキングパウダーを使うようで、モッチリしつつもふわっと膨らんだ感じ。見た目より軽く、おなかにたまらなそうですが、そこは粉もの、すっかり満腹になりました。

一人旅とトランジットとおいしいもの

しっかりと食べてから、まだ時間に余裕があったのでバスで空港に戻りました。

数時間の待ち時間があったら、空港から街まで出るのも選択肢の一つ。一人旅なら身軽に動けるので、短時間でも有効に使えます。でも、飛行機に乗り遅れたら大変なので、空港の職員に所要時間や戻る時間の目安、交通手段などを確認しておきましょう。もし食べたいものが決まっていたら、お店を事前に探しておいたほうが楽です。

ちなみに、同じくヨーロッパのハブ空港であるフランクフルト空港は、市街まで地下鉄で15分。ルフトハンザ航空を利用してトランジットに時間があるなら、本場のソーセージとビールを楽しみに街まで出るのもいいと思います。

では、旅行にもう一カ国プラス!トランジットでひとり飯を楽しんでくださいね。

Zapiecek
住所:Nowy Świat 64, 00-357 Warszawa, ポーランド
電話:+48 22 692 41 35
営業時間:日〜木 11:00〜23:00 金・土 11:00〜24:00
HP: http://www.zapiecek.eu/main.html[All photos by Atsushi Ishiguro]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【ディープな大阪】裏なんばのアンダーグランドな世界



大阪のなんば駅周辺は多くの商業施設やお店が軒を連ね、グリコのマークで有名な道頓堀やアメ村が近くに位置するため、多くの観光客で賑わっています。でも「裏なんば」は、ツウな人間しか訪れないディープなスポット。今回は、観光客もまだ少ない「裏なんば」の魅力をお伝えします。

裏なんばの象徴「味園ビル」

味園ビル

各線なんば駅から徒歩10分の距離にあるのが「味園ビル」です。赤と青のネオンが妖艶に光り、裏なんば界隈を照らしています。商店街と裏路地が交差する味園ビル周辺は、多くの飲み屋やグルメなお店がひしめき合い、観光客よりも地元民が行き交うエリアです。

昭和サブカルチャーの殿堂

味園ビル外観

怪しげな雰囲気と昭和の匂いがプンプンする「味園ビル」は1956年に大型娯楽施設として誕生し、バブル経済期までミナミを代表する存在でした。当時は、キャバレー、スナック、ダンスホール、宴会場、サウナまで一処に堪能できる場所で、ダンスホールの専属歌手にデビュー前の和田アキ子やピンク・レディーなどを抱えていました。

2004年頃からは若いオーナーが中心のバーや飲食店が増え、「昭和サブカルチャーの殿堂」という名の通り個性的なお店が揃っています。

「味園ビル」は地下1階から地上5階建て。2階フロアにサブカル感満載のバーや、ゲテモノ料理が堪能できるお店が集い、4階に「ホテル味園」、5階には「宴会場味園」があります。

宴会天国味園

味園ビル 宴会場

同ビルの5階にあるのが、創業50年、昭和モダンな宴会場「宴会天国味園」です。なんと最大500名が一度に宴会することができるほどのスペース。2名から利用できる個室もあるので、気軽に利用することができます。

また、4階の「ホテル味園」は大変リーズナブルな値段で宿泊できるため、夜に宴会場でコース料理をいただいても、市内のビジネスホテルに宿泊するのと変わらないお値段なんです。贅沢な旅が裏なんばで味わえるんですよ。

宴会天国味園
https://universe-misono.co.jp/
住所 〒542-0074 大阪市中央区千日前2-3-9
電話 06-6641-7777
営業時間
月~金 16:00~22:00
土日祝 12:00~22:00
定休日 年末年始

地下空間に広がるユニバース

ユニバース

「味園ビル」の地下に広がるのは貸ホール「ユニバース」です。もともとは、キャバレーとして利用されていましたが、現在は多くのアーティストが夜な夜なライブを行う場所へと変化しました。

ユニバース2

今もキャバレーの面影が残る室内では、スタンディングエリアのほか、バーカウンターで作られたお酒をいただきながら、ライブをゆっくり鑑賞できるソファ席があります。

内装

また、宇宙を彷彿とさせるオブジェが天井から顔を覗かせており、訪れた人々を哀愁漂う空間へと誘っています。

ユニバース入り口

入り口には、ローマ字で「Universe」のネオン文字が光り、昭和の匂いと現代の味園カルチャーが混ざり合っています。年季の入った外壁に、乱雑に貼られたポスター広告。それすら、どこか昭和を感じるような雰囲気に包まれています。「ユニバース」へは、イベント時のみ入場することができるので、事前にイベントスケジュールをチェックして行くことをおすすめします。

ユニバース
http://universe.osaka/
住所 〒542-0074 大阪府大阪市中央区千日前2丁目3−9
電話 06-6641-8733

ミシュランに3年連続掲載!たこ焼き「わなか」

たこ焼きわなか

2016年〜2018年“ミシュラン 京都・大阪 ビブグルマン部門”に3年連続掲載されているたこ焼き店が、「味園ビル」から歩いてすぐの場所にあるんです。「たこ焼道楽わなか 千日前本店」は、連日美味しそうなソースの香りに引き寄せられた人々が列を成しています。

生地の味はダシと塩味で絶妙!外はカリっとしているのに中はとろける食感で、仕上げの特製ソースがアクセントになっています。たこ焼き以外にも、たこせんや明石焼風たこ焼きも楽しめますよ。

たこ焼は8個入り(450円)・12個入り・15個入りの3種類。ネギ・チーズ(各50円)のトッピングもできちゃいます。ソースは選べる4種類「定番ソース」「釜炊き塩」「醤油」「どろソース」と、どれも悶える美味しさです。

たこ焼き道楽 わなか
http://takoyaki-wanaka.com/
住所 大阪府大阪市中央区難波千日前11-19
電話 06-6631-0127
営業時間
(月~金) 10:00~23:00
(土・日・祝) 8:30~23:00
【店舗へのアクセス】
地下鉄御堂筋線 なんば駅3番出口より徒歩5分
南海本線 難波駅より徒歩5分

[All photos by Mia]
Do not use images without permission.

大阪観光では以下の記事も要チェックです!
『大阪限定のお土産探しに「阪急うめだ」が最強すぎる!おすすめ土産6選』
『安くてボリューム満点!「心斎橋ミツヤ」の洋食がすごすぎる【大阪グルメ】』
『老舗お好み焼き「味乃家」がおいしかった!【大阪 難波 道頓堀グルメ】』

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【超強力】ドムドムバーガーには他のチェーンを凌ぐ圧倒的な商品がある! それは「かりんとう饅頭」だ!!

日本を代表するハンバーガーチェーンといえば「ドムドムバーガー」だ。日本初のハンバーガーチェーンにして、独自の商品開発路線を走るドムドムは、日本のファストフードの原点といっても良いくらいだ。とはいえ、存在感はやや薄い。どちらかといえばマイナーなイメージがある感も否めないだろう。

そんなドムドムには、他のチェーンを凌ぐスゲエ商品があることをご存じだろうか? 絶対に他のチェーンには真似できないその商品とは、「かりんとう饅頭」である! この超強力な商品を武器にすれば、業界内の地位をグンッ! とアップできるかもしれないぞ、マジで!!

・メニューにちゃんとある

そんなメニューあったか? そもそもハンバーガーチェーンだろ? そう考えるのも無理はない。洋菓子を提供するならわかる。和菓子でも最近流行りの抹茶を使ったものならまだわかる。だが、そこがドムドムのすごいところ。庶民に愛される所以(ゆえん)だ。「饅頭がある」、それだけでお店への親しみがグッと湧いてくるから不思議だ。

それでもまだかりんとう饅頭の存在を信じられない人は、ドムドムの公式ページを見てみろ! 画像付きで載ってるぞ!!

一部店舗での販売にも関わらず、公式ページに饅頭を載せてしまうところがイイ!

・洋菓子好きも納得する

私(佐藤)が最近訪ねたのは、東京・小平店だ。ここにはもちろん、かりんとう饅頭がある! テイクアウトの場合5個で税別537円。1個単位(税別112円)での購入も可能だ。私はイートイン(5個税別528円)で利用した。

注文すると、揚げたてを提供するとのことで5~6分待つことになる。それでもいい。揚げ立てのかりんとう饅頭が食えるなんて夢のようだから。出来上がりを伝えるブザーを持って席で待っていると、所定の時間でブザーがけたたましく鳴った! できたぞ、俺のかりんとう饅頭。

どんな形で出てくるのかな? と思っていたら、饅頭は個包装だった。まるでナゲットでも入っているように見える。だが中身は茶色い塊。黒糖の皮で包まれた粒あん、饅頭。そう、かりんとう饅頭だ。

どちらかといえば私は、和菓子よりも洋菓子。餡子よりもクリームを好むタイプの甘党だ。普段、和菓子を食べる習慣がない。そんな私があえて言おう。「コレ、めっちゃ美味いやんけ……」。購入時には「5個も食えるかな?」と不安だったが、10個食っても平気なくらいペロリといけてしまう。表面の皮は薄くてサクサク。中からほんのり温まった餡子がトロリと出てくる。くどさのないサッパリとした甘さで1個、また1個と手が伸びて、あっという間に5個を食べ切ってしまった。

ドムドムには他のチェーンにはない、お好み焼きバーガーや手作り厚焼き玉子バーガーがある。それらと同じように、このかりんとう饅頭を前面に出して売り出して欲しい。なんなら原宿あたりにかりんとう饅頭だけのテイクアウト店舗を出しても良いくらいだ。それくらい強力な武器のはずである。もっと自信をもってくれ、ドムドムよ! このかりんとう饅頭はマジで強いぞ!!

・今回訪問した店舗の情報

店名 ドムドムバーガー小平店
住所 東京都小平市小川東町2-12-1 イオンフードスタイル小平店1F
営業時間 10:00~21:00
定休日 なし(施設に準ずる)

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。