”高級だし食パン”を使用!だし巻揚げサンド専門店が大阪・なんばCITYにオープン

新ブランド「だし巻揚げサンド専門店 まいてあげる」

だし巻揚げ

新ブランド「だし巻揚げサンド専門店 まいてあげる」は、だしをしっかりきかせた高級食パンと、揚げることでおいしさを閉じ込めた、だし巻きたまごを使ったこれまでにない新感覚の高級だし巻揚げサンドの専門店です。
調理の工程である「たまごを、巻いて×揚げる」作業と、1本1本丁寧に「巻いてあげる」という2つの意味を掛け合わせたブランド。心を込めて1つずつ作り上げた今までにないおいしさの「だし巻揚げサンド」が堪能できます。

だし巻揚げサンドのこだわり

専用に開発されただし巻揚げサンド専用食パン

「だし巻揚げサンド専門店 まいてあげる」で使われている食パンは、話題の高級食パン専門店「明日が楽しみすぎて」が、専用に開発した一品。このサンドのためだけに開発した食パンには、高級料亭で使用されているかつお節ならぬ「まぐろ節」がふんだんに練りこまれており、口に入れるとふんわりと和風のだしがいっぱいに広がります。日本初のだし香る専用食パンは、だし巻き揚げとの相性抜群です。

だし巻へのこだわり

だし巻

北海道南地方の「最高級天日干し昆布:と、「まぐろ節」をつかって丁寧にひいた一番だしのみを使用しているから、風味豊かな味わい。毎日ひきたての出汁と新鮮な卵を1本ずつ丁寧に巻き、揚げてからサンドしています。巻きたて・揚げたてのだし巻きは、食べるとじゅわっとだしが感じられます。

まいてあげる謹製 だし巻揚げサンド
・フルサイズ (6貫)
価格 税抜800円
・ハーフサイズ (3貫)
価格 税抜450円

だし巻揚げサンド専門店 まいてあげる なんばCITY店
住所:〒542-0076 大阪市中央区難波5丁目1-60 なんばシティ本館1F SIGN OF THE FOOD内
TEL:06-6631-7888
定休日:なんばCITYに準ずる
営業時間:11:00~21:00
最寄駅:地下鉄御堂筋線・地下鉄千日前線・南海電鉄 各線「なんば駅」
Instagram:https://www.instagram.com/maiteageru_of/

PR TIMES

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【東京OL】肉派 vs 魚貝派! この冬食べたいグルメ尽くしの女子会プラン12選

冬は女子会が盛り上がる季節。新年会や忘年会という名目で、友達や会社仲間で女子会を開催するケースが多いですよね。そこでこだわりたいのは、やはり「グルメ」!肉派と魚貝派に分けて、この冬に食べたいグルメな女子会プランをご紹介していきます。今年の冬の女子会は、美味しいグルメを楽しみながら、盛り上がりましょう。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトにて事前確認することをおすすめします。)

RETRIP(リトリップ)は旅行・おでかけメディアです!インターネット上で見つけた、あらゆる旅行・おでかけ情報を自由に組み合わせ、保存、紹介することが出来ます。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【超強力】ドムドムバーガーには他のチェーンを凌ぐ圧倒的な商品がある! それは「かりんとう饅頭」だ!!

日本を代表するハンバーガーチェーンといえば「ドムドムバーガー」だ。日本初のハンバーガーチェーンにして、独自の商品開発路線を走るドムドムは、日本のファストフードの原点といっても良いくらいだ。とはいえ、存在感はやや薄い。どちらかといえばマイナーなイメージがある感も否めないだろう。

そんなドムドムには、他のチェーンを凌ぐスゲエ商品があることをご存じだろうか? 絶対に他のチェーンには真似できないその商品とは、「かりんとう饅頭」である! この超強力な商品を武器にすれば、業界内の地位をグンッ! とアップできるかもしれないぞ、マジで!!

・メニューにちゃんとある

そんなメニューあったか? そもそもハンバーガーチェーンだろ? そう考えるのも無理はない。洋菓子を提供するならわかる。和菓子でも最近流行りの抹茶を使ったものならまだわかる。だが、そこがドムドムのすごいところ。庶民に愛される所以(ゆえん)だ。「饅頭がある」、それだけでお店への親しみがグッと湧いてくるから不思議だ。

それでもまだかりんとう饅頭の存在を信じられない人は、ドムドムの公式ページを見てみろ! 画像付きで載ってるぞ!!

一部店舗での販売にも関わらず、公式ページに饅頭を載せてしまうところがイイ!

・洋菓子好きも納得する

私(佐藤)が最近訪ねたのは、東京・小平店だ。ここにはもちろん、かりんとう饅頭がある! テイクアウトの場合5個で税別537円。1個単位(税別112円)での購入も可能だ。私はイートイン(5個税別528円)で利用した。

注文すると、揚げたてを提供するとのことで5~6分待つことになる。それでもいい。揚げ立てのかりんとう饅頭が食えるなんて夢のようだから。出来上がりを伝えるブザーを持って席で待っていると、所定の時間でブザーがけたたましく鳴った! できたぞ、俺のかりんとう饅頭。

どんな形で出てくるのかな? と思っていたら、饅頭は個包装だった。まるでナゲットでも入っているように見える。だが中身は茶色い塊。黒糖の皮で包まれた粒あん、饅頭。そう、かりんとう饅頭だ。

どちらかといえば私は、和菓子よりも洋菓子。餡子よりもクリームを好むタイプの甘党だ。普段、和菓子を食べる習慣がない。そんな私があえて言おう。「コレ、めっちゃ美味いやんけ……」。購入時には「5個も食えるかな?」と不安だったが、10個食っても平気なくらいペロリといけてしまう。表面の皮は薄くてサクサク。中からほんのり温まった餡子がトロリと出てくる。くどさのないサッパリとした甘さで1個、また1個と手が伸びて、あっという間に5個を食べ切ってしまった。

ドムドムには他のチェーンにはない、お好み焼きバーガーや手作り厚焼き玉子バーガーがある。それらと同じように、このかりんとう饅頭を前面に出して売り出して欲しい。なんなら原宿あたりにかりんとう饅頭だけのテイクアウト店舗を出しても良いくらいだ。それくらい強力な武器のはずである。もっと自信をもってくれ、ドムドムよ! このかりんとう饅頭はマジで強いぞ!!

・今回訪問した店舗の情報

店名 ドムドムバーガー小平店
住所 東京都小平市小川東町2-12-1 イオンフードスタイル小平店1F
営業時間 10:00~21:00
定休日 なし(施設に準ずる)

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。