【真理】かつやの新商品『黒胡椒から揚げとチキンカツの合い盛り丼』を “丼” で頼んではいけない / 頼むなら “単品” 一択!

先週末より「かつや」の新メニュー『黒胡椒から揚げとチキンカツの合い盛り丼(税抜590円)』が期間限定で発売されている。しかし今回、私(あひるねこ)はこの商品をスルーしようと思っていた。「かつや」新作としては真っ当すぎるというか、そこまで目新しさを感じなかったからだ。ところが……。

どうやら読者はこの商品が気になって気になって仕方がないらしく、私の個人SNS宛てに「早く書け」と記事を催促してくる輩まで現れる始末。どんだけ読みたいねん。でもまあ、そこまで言うんなら……と本日お店まで行ってきたところ、結果的に非常に大事なことに気付いたためお伝えしたい。

・かつや新商品

2020年7月17日より、一部店舗を除く国内の「かつや」にて販売が始まった同商品。内容は名前のまんま、黒胡椒から揚げとチキンカツの合い盛りとのことである。

さっそくチキンがダブっとるがなと思いつつ、間違いない実力を秘めた両者の共演だ。意外性はないものの、安定感は抜群であることが予想されるが……

うわデカッッ!

・いきなりデカイ

さすが「かつや」、丼からのはみ出し方がさっそく尋常ではない。というよりも、「最初から収まる気なんて1ミリもあらへんで」的な佇まいである。未来の大物か、あるいはタダの馬鹿かのどっちかであろう。個人的にはおそらく後者。

商品名を正しく言えず、後半完全にごまかしていった店員のおばちゃんに軽く癒されつつ、まずはどこから切り崩せばいいのか考えあぐねる。選択を間違えばジェンガの如く崩壊すること必至。ていうか……え? ちょっと待って。この上にのってるヤツ。

これ……

から揚げか?

・誰やねん

それは、明らかに我々が知るから揚げのサイズではなかった。どうやら1枚の鶏肉を丸ッと揚げて、食べやすくカットしたものらしい。結果的にから揚げを超えたナニカになっているではないか。が、これが何とも言えずスパイシーだ。

ついでに食感の方もから揚げ離れしており、“サクッ” かと思いきや、まさかの “バリッ”。バリバリした衣で中身はジューシー。たまり醤油で味付けされているものの、圧倒的に黒胡椒の刺激の方が強い印象である。

そこへ添えられたマヨを付ければ、ギルティメーターはさらにさらに上昇していくぞ。激しくウマし!

・しくじり

だがここで、私は自分が選択を大きく間違えたことを確信してしまった。私が注文したのは『黒胡椒から揚げとチキンカツの合い盛り丼』であり、言うまでもなくダブルチキンの下にはご飯が待機している。しかし……! このメニューの真の相棒は、実はご飯ではなかったのだ。

そう、こいつの真の相棒は……! 相棒はァァァァァァアアア!!

完全にビールです。
ありがとうございました。

・真理

たしかにソースをかけたチキンカツにはご飯の方が合うかもしれない。だが黒胡椒から揚げのバリバリかつスパイシーな味付けの前では、どうやったってビール一択。今日みたいなクソ暑い日には持ってこいの最強コンビではないか。

よってこのメニューの本当の正解は、丼でもなく定食(税抜690円)でもなく、「単品をテイクアウト」ということになる(税抜490円)。一緒にビールをしこたま買い込み、こいつをつまみにグビリと一杯。くぅーーーーッ! これよ。

・単品を攻めろ

もちろんすべての人には当てはまらないだろうが、「ビールが好き」という気持ちが少しでもあなたの中にあるなら、この合い盛りは単品で注文することを強くオススメしたい。黒胡椒から揚げを一口でも食べてもらえば、きっとその意味が分かるはずだ。

参考リンク:かつや
Report:かつや者・あひるねこ
Photo:RocketNews24.

★「かつや」関連の記事はこちら → シリーズ「かつや激闘集」

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【大接戦】いつも混んでいる大人気洋菓子店のマドレーヌは「コンビニで買ったもの」と全然違うのか? 何も知らない人に食べ比べてもらった / 行列検証第2回

「いつも混んでいる店 = 絶対に美味い」 ──そのように思い込んでいる人は、どれだけいるのだろうか。おそらく、大多数がそうだろう。行列を見ると、脳が自動で「美味い店認定」を出してしまっている人がほとんどに違いない。

かく言う私自身、人のことを言えないのだが、それではイカン。食べたことなかったら、何も言ったらイカン。という気持ちからはじまったのが、本企画「行列検証」である。第二回となる今回、私が向かったお店は……

「noix de beurre(ノワ・ドゥ・ブール)」

伊勢丹新宿店の地下1Fに入っており、私が知る限りいつも行列が出来ているお店だ。……と書くと、第1回の記事をご覧いただいた方なら「それ前もやった店」と思うことだろう。

そう、こちら前回にバリバリ取り上げたお店なのだが、その検証中に初めて食べたフィナンシェがあまりにも美味かったので、私は誘惑に耐えきれず……。後日プライベートで行列に並んでいたのである。

その際、「ついでにフィナンシェ以外も検証してみよう」という気になり、目をつけたのが、同店のマドレーヌ(216円)だった。

店員さんによると、1番人気はフィナンシェとのことなので、マドレーヌは絶対エースではない。しかし、それでもノワ・ドゥ・ブールのマドレーヌならば圧倒的なのではないか?

そんな期待を抱きながら行列に並ぶこと1時間強! ようやく手に入れたマドレーヌを頬張ったら……

文句なしに美味い。100人食べたら100人が美味いと言うだろうが、なんだろう。個人的には、前回のフィナンシェほど圧倒的ではない気がする。フィナンシェは私の舌を完全にKOしたが、マドレーヌは判定勝ちって感じ。

──というのが、私個人の感想なのだが、何も知らない人はどう思うのだろう? そこで、前回同様に私が行列に並んでいることなど知らない編集部のメンバーに食べてもらった。

なお、今回もまたコンビニ(ファミマ)で買ったマドレーヌ(130円)と一緒に試食し、「どっちが美味しいのか?」を聞いてみたぞ。もちろん、どっちがノワ・ドゥ・ブールでどっちがコンビニかは伏せた状態での試食。その結果……なかなかの接戦になったのだ。

・ブラインドテストの結果

原田たかし → (悩んで)セブンイレブンの方が美味い

「あーーーーーーーー! 難しい。う〜ん、こっち(コンビニ)で。後味が違うかなと」

佐藤英典 → (即決で)ノワ・ドゥ・ブールの方が美味い

「断然こっちの方がうまい」

P.K.サンジュン → (即答で)コンビニの方が美味い

「口溶けがこっち(コンビニ)の方がいい。ホロホロっとしている。ただ人によっては、この食感を “パサついている” と感じる人もいるだろうけど、個人的にはこっち(コンビニ)の方が好き」

Yoshio → (悩んで)ノワ・ドゥ・ブールの方が美味い

「う〜ん、難しいなコレ。でも、こっち(ノワ・ドゥ・ブール)が美味しいと思いました」

御花畑マリコ → (即答で)ノワ・ドゥ・ブールの方が美味しい

「こっち(ノワ・ドゥ・ブール)の方が美味しい。なんか、風味が違う」

GO羽鳥 → (悩んで)ノワ・ドゥ・ブールの方が美味い

「正直、よく分かんねぇ。マジで分かんねぇ。う〜ん、こっち(ノワ・ドゥ・ブール)」

あひるねこ → (長考の末に)コンビニの方が美味い

「う〜ん、う〜ん……。こっち(こっち)の方が美味いかな? こっち(こっち)の方が美味いっすね」

以上!

結果をまとめると……

……

……

4対3!

かろうじて……

かろうじて……!

ノワ・ドゥ・ブールの勝利!!

・食感で好みが別れたか

誤解がないよう言っておくと、ノワ・ドゥ・ブールのマドレーヌが決して美味しくないわけじゃない。むしろ、めちゃくちゃ美味い。ただ、ノワ・ドゥ・ブールのマドレーヌはコンビニよりも食感がしっかりしており、そこで好みが分かれたと思われる。

なにより、今回はコンビニの凄さを褒めるべきだろう。薄々気づいてたけど、最近のコンビニ商品はすごいわ。ちなみに、今回購入したファミマのマドレーヌは、東京ルージュブランシュ監修のヤツだ。

・電話で問い合わせたら思わぬ事実発覚

ここで、東京ルージュブランシュ監修のマドレーヌについてファミリーマートに問い合わせたところ……思わぬ事実が発覚した。なんと! こちらは期間限定商品で、8月以降は店舗に入荷されないとのこと。

つまるところ、ノワ・ドゥ・ブールのマドレーヌよりも、ファミマの方が現時点で入手難易度が高いかもしれないのだ。なお、電話対応してくれた人によると、店舗によってはまだ商品棚に残っている可能性もあるが、それはお店次第らしい。どちらにせよ、今あるぶんが無くなったら終わり。

したがって、もしファミマで東京ルージュ・ブラン監修マドレーヌを見つけたら、即買いをオススメする。そのマドレーヌは、もう2度とファミマで買えないかもしれないぞ。

参考リンク:ノワ・ドゥ・ブール(公式)
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ → 「行列検証

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

”高級だし食パン”を使用!だし巻揚げサンド専門店が大阪・なんばCITYにオープン

新ブランド「だし巻揚げサンド専門店 まいてあげる」

だし巻揚げ

新ブランド「だし巻揚げサンド専門店 まいてあげる」は、だしをしっかりきかせた高級食パンと、揚げることでおいしさを閉じ込めた、だし巻きたまごを使ったこれまでにない新感覚の高級だし巻揚げサンドの専門店です。
調理の工程である「たまごを、巻いて×揚げる」作業と、1本1本丁寧に「巻いてあげる」という2つの意味を掛け合わせたブランド。心を込めて1つずつ作り上げた今までにないおいしさの「だし巻揚げサンド」が堪能できます。

だし巻揚げサンドのこだわり

専用に開発されただし巻揚げサンド専用食パン

「だし巻揚げサンド専門店 まいてあげる」で使われている食パンは、話題の高級食パン専門店「明日が楽しみすぎて」が、専用に開発した一品。このサンドのためだけに開発した食パンには、高級料亭で使用されているかつお節ならぬ「まぐろ節」がふんだんに練りこまれており、口に入れるとふんわりと和風のだしがいっぱいに広がります。日本初のだし香る専用食パンは、だし巻き揚げとの相性抜群です。

だし巻へのこだわり

だし巻

北海道南地方の「最高級天日干し昆布:と、「まぐろ節」をつかって丁寧にひいた一番だしのみを使用しているから、風味豊かな味わい。毎日ひきたての出汁と新鮮な卵を1本ずつ丁寧に巻き、揚げてからサンドしています。巻きたて・揚げたてのだし巻きは、食べるとじゅわっとだしが感じられます。

まいてあげる謹製 だし巻揚げサンド
・フルサイズ (6貫)
価格 税抜800円
・ハーフサイズ (3貫)
価格 税抜450円

だし巻揚げサンド専門店 まいてあげる なんばCITY店
住所:〒542-0076 大阪市中央区難波5丁目1-60 なんばシティ本館1F SIGN OF THE FOOD内
TEL:06-6631-7888
定休日:なんばCITYに準ずる
営業時間:11:00~21:00
最寄駅:地下鉄御堂筋線・地下鉄千日前線・南海電鉄 各線「なんば駅」
Instagram:https://www.instagram.com/maiteageru_of/

PR TIMES

~人生に旅心を~