祇園祭で販売される『しみだれ豚まん』が家でも食べられる!? → 取り寄せてみたところ、新たな発見の連続だった

「コンコンチキチン」の音を聞くと、夏の訪れを感じるという人は少なくないだろう。祇園祭真っただ中の7月に京都を歩くと、あちこちからこの祇園囃子(ばやし)の音が聞こえる。しかし2020年は新型コロナウイルス感染拡大予防のため、祭りの様々な行事が中止になった。

もちろん、山鉾が街を彩る “宵山” も実施されず。残念だが、こればかりはどうしようもない。とは言え、どうにかして雰囲気だけでも味わえないものか……そんな時ネットでアレを取り寄せられることを知る。そう、宵山で必ず見かけるあの豚まんだ! さっそくポチったことは言うまでもないよな!! 

・祭りでは行列ができるぞ

関西で暮らす人間にとってみれば、7月は京都の祇園祭月間だろう。もちろん身近な祇園社でも祭りが行われるだろうが、やはり京都のソレは別格である。記者もここ最近は行けていないが、学生のころはよく見に行ったものだ。

祭りは1カ月を通じて、細々とした取り組みがあるが中でも「宵山(前祭 さきまつり)」の楽しさは異常だ。なんだろうな。行事そのものがどうというよりは、個性豊かな山鉾が夜を照らす、あの雰囲気。街全体が祭りに飲み込まれていく感じに、ゾクッとしちゃうよな。

来年は無事開催されると良いなと思っているぞ。さて、そんな宵山に行ったことがある人は、おそらく見かけたことがあるだろう。暑いにもかかわらず必ず行列ができている、肉まん売り場を。

その肉まんの正体は、前祭でのみ販売される「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」の『しみだれ豚まん』だ。これまでネット販売はしていなかったが、祭りの中止を受けてのことだろうか。1個につき税込500円(送料別)で取り寄せることができるという。これは嬉しい! 

・落ち着いて味わえた

記者も祭りにて、何度か購入したことがある。冷静に考えれば全身汗まみれなのに、よくもまあアツアツの肉まんを食べようと思うものだ。しかしそうさせてしまう何かが、あの空間にはある。祭りの時の雰囲気を思い出しつつ、取り寄せた豚まんをレンチンだ。

ちなみに祭りの時は周りが暗いわ、人混みでそれどころではないわで、ちゃんと豚まんを見つめたことがなかった。温まった豚まんを目にして、なるほどこんなビジュアルをしていたんだなあと感心してしまった。新たな発見だ。

せっかくなので同封されていた袋に入れて、食べてみるとしよう。ひとくちほお張ると……コレコレ! 異常なほどに具が詰まった、この感じ!! 上からかかっているタレがまた、甘じょっぱくて美味しいじゃないか。手が汚れても、祭りの時と違って気にしなくていいところも良い。

なんというか、あの場で食べるよりも、こうして取り寄せたほうが落ち着いて味わえる気もする。とにもかくにも、祇園祭宵山(前祭)の空気に一瞬だけでも包まれたことは間違いない。今年は祇園祭ロスだという人も、そうでない人も試してみる価値大ありだぞ。

参考リンク:キワネットショップ
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【実食ルポ】茨城県水戸市「銘菓の老舗 あさ川」の「のし梅」がおいしい


(C)TOSHI

美味なお菓子を発見しました!創業1872年(明治5年)である、茨城の「銘菓の老舗 あさ川」の、「のし梅」がおいしかったので、実食ルポします。どんなお菓子でしょう? おいしいものを探している人、必見です。

「のし梅」ってどんなお菓子?

shutterstock_1348853048
(C)Shutterstock

「のし梅」ってどんなお菓子なのでしょう?

梅肉と黒砂糖を混ぜて暑気除けとして食べたのが始まりでしたが、現在は竹皮にのしたゼリー風の菓子で、酸味のあるさっぱりとした味が特徴だそうです。

もとは暑気除けだったなんて、これから暑くなる季節ですし、興味がそそられますね。

「銘菓の老舗 あさ川」の「のし梅」を現地、茨城県で実際に食べてみた

のし梅2
(C)TOSHI

最近、茨城県に行ったのですが、イベントで「銘菓の老舗 あさ川」の「のし梅」が食べられる機会があったので、実際に食べてみました。「銘菓の老舗 あさ川」は、創業1872年(明治5年)、「茨城が誇る和洋菓子創造企業」です。

そして、「のし梅」は梅肉ゼリーを竹皮にのした、酸味のあるさっぱりとした味が特徴の銘菓、とのことですが、きれいな色味ですね。ゼリーも梅のお菓子も好きなので、楽しみです。

食べてみると・・・おいしい! 梅の甘みと、後で鼻に抜ける、かぐわしい香りがたまりません!

もっと甘酸っぱいお菓子かと思ったんですが、いい意味で違いましたよ。思わずふたつ目を手に取っていました。なんだか止まらない。不思議な感じです。

このイベントでは職人さんの実演販売もあって、筆者の行ったときにはもう終了していたのですが、味のある職人さんが筆者たちに黙ってお菓子をくれて、言葉を交わしたわけではないのに、なぜか「おもしろい方なんだな」と印象に残りました。

後で公式サイトの企業案内を見たら、他にもおいしそうなお菓子がいっぱい。また、企業案内にはこう書いてありました。

「あさ川では原材料からお菓子作りを考えています。自社敷地内から汲み上げた地下水を利用し、餡作りから全ての行程を熟練の職人達がまごころ込めて作り、お届けしています」

「銘菓の老舗 あさ川 企業案内」より引用)

オンラインショップもあるそうです。

参考
[銘菓の老舗 あさ川]
[水戸観光コンベンション協会 土産・特産品 のし梅]

「銘菓の老舗 あさ川」
https://www.kashi.co.jp/
「銘菓の老舗 あさ川 オンラインショップ」
https://www.kashi.co.jp/shop/

※店舗については、下記の案内などをご覧下さい。
「銘菓の老舗 あさ川 店舗のご案内」
https://www.kashi.co.jp/shop_guid.html 

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

鬼滅の刃がたい焼きになった! 激レア仕様の『鬼滅の刃焼き』を食べてみた

惜しまれながら2020年5月に最終回を迎えた『鬼滅の刃』。しかし、連載が終わったからと言って人気はとどまることを知らず。次から次へとコラボが展開されており、まだまだ鬼滅人気は続きそうな気配しかしない。

お次は何が来るのだろう──そう思っていたら、なんと7月17日から期間限定でたい焼きが登場。その名も『鬼滅の刃焼き』が売られていた。ただし……

・激レアな『鬼滅の刃焼き』

激レア仕様となっているのが『鬼滅の刃焼き』である。というのも販売しているのは、東京・秋葉原と池袋にあるセガのたい焼き2店舗のみで全国どこでも食べられるものではないのだ。

ちなみに『鬼滅の刃焼き』は炭治郎・禰豆子・善逸・伊之助の4種類。1回の会計で1種につき1個(最大4個)まで購入することができる。値段は500円とちょっと高い……

と思うかもだが、たい焼き1個につきオリジナルコースターが1枚もらえるからプライスレス。こちらは13種類と豊富で、ファンならば “推し” が出るまでたい焼き漬けの日々も辞さないはず!

奇跡的に被りゼロでもコンプするのに6500円か……というゲスい気持ちになったのはさておき、池袋のサンシャイン通りにある店舗へやってくるとすでにお客さんがチラホラ。見た感じほとんどが『鬼滅の刃焼き』目的のようだ。注文に耳をすますと「鬼滅を全部」の注文も入っていて、改めてその人気の高さがうかがえる。

・2種類買ってみた

ここは全部いくか……とも思ったが、さすがに食べきれないため迷いに迷って炭治郎・禰豆子の兄弟2つを購入。さっそく、袋から取り出すと……

かわええ……!

しかしながら、かわいいだけで終わりではないのが『鬼滅の刃焼き』。裏返すと仕掛けがあって、なんと……!!

><

といったように表情が変わる焼き方なのだ。もちろん、禰豆子も……

くわえている竹も再現されていてキュート。そして裏返せば……

「><」である

なんだか食べるのがもったいない気がしてきたが、せっかくなのでいただこう。ごめんな禰豆子……

パカッと割ったらカスタードクリームがたっぷり入っていて、あらいいですねぇ。そして味の方を一言で表すならば……

><

といったところで、甘いカスタードクリームそのままで「カスタードのたい焼き」以外なにものでもない。まぁ同商品は食べる前とオリジナルコースターを楽しむもの。それ以上求めることもあるまい。

・オリジナルコースター

オリジナルコースターは伊之助と煉獄さんをゲット。ツルッとした手触りで思っていた以上にしっかりしているため、お茶の場などで活躍してくれそうだ。なお、『鬼滅の刃焼き』の販売は8月31日までとまだまだ時間はある。コースターを欲しいファンは、ゆるりとコンプしていくといいだろう。

参考リンク:セガのたい焼き
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。