秋葉原の新名物だというラーメンがまるでタピオカドリンク! その名も「ふるふる麺」を食べてみた / 『百年本舗』

東京・秋葉原──電気街やオタクの街と言われることの多い街だが、人が集まる故かグルメの街でもある。そんな秋葉原に、食べ歩ける「新名物」を自称する、少し不思議なラーメン「ふるふる麺」が登場した。

一見するとブームが過ぎ去ったタピオカドリンクに見える自称「新名物」。どうやらラーメンなのに容赦なく振って食べるものらしい。大惨事になるのでは……? そんな謎の「ふるふる麺」を、さっそく食べてみたよ。

・お箸の取り扱いにはご注意を

「ふるふる麺(税込650円)」を販売しているのは、末広町駅のそばにあるラーメン屋さん「百年本舗」。

注文は、入店せずともテイクアウト用の窓口からできるようになっている。そんな窓口の横では「ふるふる麺」を秋葉原の新名物としてバッチリアピール中。

どう見てもタピオカドリンクな上、「振って楽しい♪」の一文が不安を誘う。ラーメンを……振る……?

どんなものが出てくるのか不安に思いながら、窓口で注文する。味のベースを醤油、旨辛、カレーの3種類から選べるほか、麺の温かさ、14種類のトッピングの中から2種類までを追加料金なしで選択出来た。筆者は醤油味を温かい麺で、半味玉とローストポークをトッピングしたよ。

のんびり待つこと5分ほど。ついに謎の「ふるふる麺」が来た〜! うん、完全にタピオカドリンク。タピオカドリンクのカップに麺と具材がみっちり。しかもストローの代わりにお箸がブッ刺さっている。これは……「映え」なのか……?

ちなみに、「ふるふる麺」はスープではなくタレと絡めていただく「まぜそば」スタイルだった。それでも、このまま振るとこぼれてしまわないか不安なのだが……お店の方に伺ったところ、思いっきり振ってよく混ぜてから食べるのがオススメらしい。

ということで、

Let’s!

ふるふる!!

片手でお箸、フタ、そして本体を押さえながら上下に激しく振るのはなかなか難しかったが、思いっきり振っても全然こぼれなかった。底に溜まったソースが完全に混ざり切るまで振ってみたよ〜! しかしこのとき、筆者は過ちを犯していた……

お箸を刺したまま振ると、お箸がフタの穴を塞いでいるからこぼれない! と思いそのまま振ったのだが、お箸がソースまみれになってしまった……。ウェットティッシュを持っていたから拭えたものの、なかったら手がベットベトになっていただろう。

よくよく見てみると、カップのフタについていたハート型のパーツが、お箸の刺さっていた穴にジャストフィットした。可愛らしいハートよ、ただの飾りではなかったのか……。筆者のような失敗をしたくない方は、お箸を抜いてハートで穴をふさいでから「ふるふる」することをオススメする。

さて、肝心の「ふるふる麺」のお味はというと。太めのしっかりとした麺に、濃厚ながらどこかまろやかな醤油味ベースのソースがたっぷりと絡んでいて美味しい! モヤシや九条ネギ、ローストポークなどの具材もしっかりと入っており、正直に言うと小さいカップで少しだけ、ではなく、大きなお皿でたっぷりと食べたくなってしまう。

しかし、「ふるふる」したおかげでトッピングした半味玉がこま切れになって麺に絡んだ状態でいただけるのは、まぜそばではなく「ふるふる麺」だからこその特権だろう。黄身とソースが絡んだ麺、めちゃくちゃ美味しい。

・タピオカのように

ちなみにこの「ふるふる麺」、元はタピオカドリンクを提供しようと思って用意した容器が余ったことで誕生したようだ。新型コロナ騒動の影響もありテイクアウトの人気が高まる中、「タピオカのようにラーメンも食べ歩いてもらえたら」と生まれたらしい。

ラーメン激戦区とも言われる秋葉原だが、新スタイルの「ふるふる麺」は秋葉原の「新名物」になれるのだろうか。もしかしたら、お買い物で荷物が増えてしまう前の腹ごしらえに、と「ふるふる麺」を食べ歩く人がたくさん見られる日は近いかもしれない。

・今回訪問した店舗の情報

店名 百年本舗
住所 東京都千代田区外神田3-8-9 昌徳ビル1F
営業時間 11:00〜22:00
定休日 年中無休

Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ → シリーズ「タピオカ行脚」

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

静岡『三島スカイウォーク』で夢を叶える!大人だって空を飛びたい!

その長さは日本一!そこから広がる絶景パノラマ。

三島スカイウォーク展示パネル

写真・施設内展示パネルより

空を歩いているかのよう・・・
そんな気分になれる吊橋『三島スカイウォーク』は、全長400m、高さ70m、日本一長い歩行者専用吊橋です。広大な森には桜、紅葉など箱根山の7種類の木々が自生していて、お天気のよい日には富士山も顔を出し、午前中、昼間、夕刻で、違った表情を魅せてくれます。

体が2つほしいくらいのアクティビティと穏やかな森林散歩

三島スカイウォークフォレスト

『三島スカイウォーク』さんのアクティビティは子どもから大人まで楽しめます。子どもも参加できる〈フォレストアドベンチャー〉や、〈セグウェイ〉〈バギー〉〈ロングジップスライド〉など、大人が子ども心に戻って思いきり体を動かすのにもってこい!

おそらく誰でも一度は「鳥になりたいなぁ。空を飛べたらなぁ。」と思ったことがあると思います。そんな夢を〈ロングジップスライド〉は叶えてくれます。誰かが付き添って飛ぶのではなく、自分1人、しかもスタートを決めるのも自分の心と足のタイミング。

怖さのドキドキは、一歩勇気を踏み出すだけで吹き飛び、スライド中に目を開けると駿河湾、富士山、伊豆の山が広がり、風を切る。その疾走感はまさに「私は鳥になっている!」と夢が叶う瞬間です。

三島スカイウォーク橋の上2

もちろん、フォレストアドベンチャーに参加しなくても、日本一長い歩行者専用吊橋を歩き渡るだけでも、素晴らしい絶景と少し揺れる吊橋のスリルを体験できます。吊橋を渡っている途中で空を仰ぐと、橋を支えている安心安全な設計の鉄骨とワイヤーの姿に〈技と誇り〉をもつ職人の方々の姿を重ねて、凄味を感じざるを得ません。

三島スカイウォークkicoroの森

吊橋を渡った先の「Kicoroの森」は、森のキャラクター〈Kicoro〉が迎えてくれる森の散歩道。足取り軽くお散歩ワンちゃんも。Kicoroは一人一人表情が違って、その愛らしさは森林浴とともに私たちを癒してくれます。

カフェ、レストラン、地域のおいしいが集まった充実な施設!

三島スカイウォークソフトクリーム

施設内には、美しい花いっぱいのスカイガーデン、おしゃれなトイレなど素敵空間のほかに、地域の特産物、お土産、レストラン、カフェなど“おいしい”が集まっています。富士山麓の牧場の生乳を使用したミルクソフトクリームや、みしまコロッケを片手に青空ピクニックも。地域の方も一体となり力をいれていてるのが伝わってきます!

未来を見据えて。自然にみんなが環境作りの仲間入り。

三島スカイウォークフラワードロップ

~願いをこめて橋の上からまくと希望の花が咲く~間伐材に花の種がついた木製チャーム〈flower drop〉というがありました。この〈flower drop〉には希望の言葉(雲~常に変化を~など)が添えられ、きっとあなたの背中を押してくれます。その言葉と花の種を、未来の自分と森に蒔きましょう。あなたへの言葉はなんでしょうね。

三島スカイウォーク橋の上

「自然を守ろう」という漠然としたテーマを、自分の五感と体をもって楽しく学び、訪れた人が地元に生きる方々と直接ふれあうことで、人と自然の共存をより身近に味わうことができます。

私たちには、森も海も空も必要不可欠。人も自然も想いやる。『三島スカイウォーク』は、自然との共存に前向きな意識を持てる希望が満ちあふれています。

[all photos by kurisencho]
 

『三島スカイウォーク』
住所・〒411-0012静岡県三島市笹原新田313
TEL:055-972-0084
開園時間:9時~17時
定休日:年中無休
交通:JR「三島駅」からバス・タクシー約20分
入場料(往復渡橋/税込):大人1000円、中高生500円、小学生200円、幼児無料
ホームページ
http://mishima-skywalk.jp/

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

富士そば広報に聞いた裏メニュー「肉富士カレー」が激しくウマイ! 券売機にもないメニューの正体は……? 立ち食いそば放浪記:第238回

メニュー表には載ってないけれど、知る人ぞ知る裏メニュー。私(中澤)はそういった事情に疎いのだが、中の人なら裏メニューを誰よりも知っているんじゃないだろうか

そこで富士そばの広報である工藤さんに聞いてみたところ、「肉富士カレー」というメニューを教えてくれた。券売機には見つけることができないこのメニュー。もちろん、店舗限定でもない。その正体やいかに?

・肉富士カレーとは

富士そばファンであれば、「肉富士」と聞くと、そばに豚肉、温泉卵、海苔がトッピングされた『肉富士そば(税込530円)』を真っ先に思い浮かべるのではないだろうか? 富士そばの代表的なそばである。実を言うとその肉富士で正解だ

工藤さん「肉富士をカレーにトッピングして『肉富士カレー』です」

「そもそも、肉富士をトッピングできることを知りませんでした」

工藤さん「確かに対応していない店舗もあります。また、対応していても店舗によって値段が違ったりする場合もあるので、そこは裏メニューとしてご了承いただければと思うのですが」

──というわけで、さっそく秋葉原電気街店に行って試してみることに。

・券売機にはないが

この店の券売機にも肉富士トッピングのボタンは見当たらないが、カレーライスの食券を購入した後、カウンターで聞いてみたところ「良いですよ!」との回答が得られた。そんなこんなで肉富士カレー登場!

富士そばのカレーって何でもない味なんだけど、なんか良い。トロッとしたソースには、こだわりのカレー専門店とは違う肩の力の抜けた懐かしいウマさがある。

そんなカレーに豚肉と温泉卵がよく馴染んでいる。特に、温泉卵をつぶした時の富士そばのカレールーと黄身のトロけるハーモニーは癖になりそうだ。くぅ~、しみるぜ……。

肉富士カレーは、庶民のちょっとした贅沢という感じの味だった。これは専門店では味わえない味。明日からカレー屋として利用してしまいそうだ。

View this post on Instagram

富士そば裏メニュー。詳細は記事で

A post shared by 中澤星児 (@seiji_nakazawa) on Jul 7, 2020 at 2:35am PDT

ちなみに、秋葉原電気街店だと肉富士トッピングは230円だったので、カレーライス(税込450円)と合わせて、肉富士カレーは680円だった。前述の通り、価格も場所によって違うし、対応していない店舗もあるかもしれないので、味わってみたい方は1度店員さんに聞いてみるのが良いかもしれない。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

« 前回へ | 第1回から読む

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。