全然イケる!「ロッテリアのサーモンバーガー」を定食にしてホカホカご飯と一緒に食べてみたらウマかった

寿司ネタやおにぎりなどで老若男女問わず人気のサーモン。2018年11月1日、ロッテリアがそんなサーモンを使用した商品『シェフ仕立てのサーモングリルバーガー』を発売した。

ホームページで詳細をチェックしてみたところ、サーモンと玉ねぎを混ぜ合わせたフィッシュパティを採用しているとのこと。う〜ん、でもやっぱり日本人ならサーモンはご飯と食べたくなるよね〜。ということで、定食にしてホカホカご飯と一緒に食べてみた!

・2種類のバーガーを購入

『シェフ仕立てのサーモングリルバーガー』の味は2種類。バターと卵黄にレモン果汁や黒こしょうで味付けし、甘く爽やかな香りのハーブ「タラゴン」を加えた『オランディーズ風ソース』と、信州味噌に西洋わさびと本わさびを合わせ、仕上げに国産の刻みゆずをトッピングした和風仕立ての『ゆず香るわさび味噌』とのことだ。

最寄りにあるロッテリアの店舗を訪れると、気合の入った巨大なポスターを発見。さっそく2種類の『シェフ仕立てのサーモングリルバーガー』を購入し、持ち帰ってじっくり味わうことにした。ちなみに価格はいずれも税込420円だ

包みを開ければ……おっ!! 2種類共にバンズの間にはレタスと玉ねぎ、そしてパッと見たところまるでカマボコのような薄ピンク色のパティが挟まっている。なるほど、これがサーモンと玉ねぎを混ぜ合わせたフィッシュパティというやつか。

バンズを剥がして中身を見てみると『オランディーズ風ソース』の方はクリーミーなソースが入っていて、『ゆず香るわさび味噌』の方は文字通り、味噌の混ざったソースが入っているのが確認できた。

・まずはバーガーのままで味わってみる

定食にして食べる前に、まずはバーガーのままで味わってみよう。2種類のバーガーをそれぞれパクッといただいてみたら、パティがまるで本物の切り身のようだ。しっかりとサーモンの旨味が詰まっていてこりゃウマい

『オランディーズ風ソース』はマヨネーズっぽい仕上がりで、クリーミーかつレモンの風味と酸味が爽やか。『ゆず香るわさび味噌』は味噌のコク深い塩分に、わさびの辛味とゆずの香りが効いている。いずれもバーガーにしては上品な味わいだ

・定食にしてホカホカご飯と一緒に

よし、フィッシュバーガーとしてウマいのは十分わかった。しかし、今回の真の目的は定食にしてホカホカご飯と一緒に食べることだ。みそ汁、お新香、味付け海苔、ご飯を用意して、皿に『シェフ仕立てのサーモングリルバーガー』のパティーを盛りつければ……

よしっ!

定食の出来あがり〜!!

パティとホカホカご飯を一緒に食べると……うぉっ!

ウメェェェエエエエエーーーーー!!

パティがサーモンらしい味で塩加減も程良く、ご飯のおかずとしても全然イケるぞ。また、ソースが2種類ともに上品な仕上がりなので、みそ汁やお新香に違和感なく馴染むところも好印象だ。

・気づけば満腹

しかもパティを抜いた、サーモン無しのサーモングリルバーガーもコレはコレでウマいから困ったものだ。気づけばバーガー2個と定食1セットをペロリと平らげてしまった。

『シェフ仕立てのサーモングリルバーガー』は、そのまま食べても良し、定食にしても良し、パティー抜きバーガーにするも良しの三拍子揃った商品だった。ふぅ……お腹いっぱい、ごちそうさまでした。

参考リンク:ロッテリア「新商品」
Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

石川名物のまんじゅうを勝手に揚げてみた。どうなる?/カレー沢薫の「ひきこもりグルメ紀行」

 今回のテーマは石川県輪島市朝市通りの「えがらまんじゅう」だ。

 えがらまんじゅうとは、餅でこし餡をつつみ、さらにくちなしで黄色く色をつけたもち米をまぶして蒸したまんじゅうである。
 見た目が栗の「いが」に似ており、それがなまって「えがら」になったのが名前の由来だが、それだけでは弱いので「縁賀良まんじゅう」というこれ以上縁起を良くするのは無理な当て字も施(ほどこ)されている。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【スタバ新作】『クリスマス ストロベリー ケーキ フラペチーノ』を飲んでみた! まるで超高級な「いちごみるく」やで~

毎年同じことを言っているのは重々承知だが、敢えて言わせてもらおう。1年早くない……? 地球が間違えて早く回っているのではないかと心配になるレベルだ。中でも群を抜いて気が早いのが、スターバックスだ。2018年11月1日から『クリスマス ストロベリー ケーキ フラペチーノ』を発売し、クリスマス商戦に取り掛かる始末である。

飲んでみたところ、ミルクのなめらかな舌触りと甘酸っぱいストロベリーソースが混ざりあって、文句なしのウマさだったぞ。イメージとしては大人向けの高級な「いちごみるく」だ。詳細は以下をご覧いただきたい。

・見た目も可愛いフラぺ

スタバのストロベリーといえば、毎年大人気フレーバーであることは言うまでもない。これまで初夏に売り出すイメージだったが、冬にも販売するとはスタバのクリスマスにかける気合を感じる。カップもこの時期限定のデザインで、見ているだけでテンションが上がること請け合いだ。

「クリスマス ストロベリー ケーキ フラペチーノ(税別590円)」はその名の通り、見た目もまるでストロベリーケーキで可愛い。冒頭に書いたようにベースはミルクで、果肉たっぷりのストロベリーソースが組み合わさっている。間にビスケットが入っており、ザクザクっとした食感も楽しい。

口に入れると、それらすべてが混ざり合って程よい甘みと、ほんの少しの酸味が広がる。ストロベリー果肉がしっかりしているので、ジューシーさも堪能できるぞ。これはまた、老若男女に好かれそうな味だな。

・冬の定番ジンジャーブレッド ラテも登場

スチームミルクにストロベリーソースをブレンドした「クリスマス ストロベリー ケーキ ミルク(450円~)」も見逃せないが、個人的には「ジンジャーブレッド ラテ(420円~)」の登場が嬉しい。毎年この時期になると販売される、季節限定のドリンクだ。

ジンジャーブレッドクッキー風味のシロップを加えたラテに、ホイップクリームとナツメグをトッピングされているスパイシーな一品。体も温まるので、オススメだ。飲んだことがないという人は、今年は試しに飲んでみてはいかがだろうか。

さて例によって「クリスマス ストロベリー ケーキ フラペチーノ」と「クリスマス ストロベリー ケーキ ミルク」は、12月4日までの期間限定となっている。もちろん資材がなくなり次第、期間内であっても販売が終了してしまうので気を付けてほしい。スタバの、冬ならではのストロベリーも見逃すな! 

参考リンク:スターバックス
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。