ローソン名店シリーズから“汁なし”新商品 「えびそば 一幻」「六厘舎」とコラボ

ローソンは、名店ラーメン屋の味がローソンで手軽に楽しめる「ローソン名店シリーズ」から夏場に好適な“汁なし”新商品2品を投入する。

担当する加食・菓子部マーチャンダイザーの鋤田優一郎氏は「汁なし商品は夏場の暑い時期に好まれ、ローソンの販売実績ベースでも年間平均比で7月と8月は約3割ほど伸長する」と語る。

近く新発売される「日清食品 一幻 濃厚えびみそ まぜそば」(税込278円)は、札幌市に総本店を構える「えびそば 一幻」とのコラボ商品。

その特徴については「夏場の限定商品として、お店のメニューにはないカップ麺オリジナルメニューとして汁なしのまぜそば[…]

ローソン名店シリーズから“汁なし”新商品 「えびそば 一幻」「六厘舎」とコラボ食品新聞社で公開された投稿です。

時代が求める斬新な食品業界総合情報紙

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

大量出現中の「かわいすぎる○○」 そこまでじゃない…の声多数

(miya227/iStock/Thinkstock) 近年、メディアには「かわいすぎる○○」が多数登場。議員・海女・巫女・ラーメン店店員など、そのジャンルは多岐にわたる。 総じて特定の業界で頑張る人が「かわいすぎる」と […]

小学館が運営する総合ニュースサイト。『週刊ポスト』『女性セブン』の最新号記事を中心に、政治・経済から芸能・スポーツまで、スクープ満載でお届け。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

ニンニクマシマシ「二郎系冷やし中華」をお取り寄せで食べてみたら…冷やし中華の概念が吹っ飛んだ / 通販サイト『宅マシSHOP』

お店の味を自宅で楽しみたいときのサービスといえば、真っ先に思い浮かぶのがUber Eatsだろう。ラーメンのような出前の定番はもとより、カフェチェーンのドリンクやコンビニ商品まで配達してくれると聞く。

しかしご存じの通りUber Eatsのサービス圏は一定の人口を有する都市部に限られている。日本の多くの地域では、その恩恵を受けられないという事実があるのだ。

Uber Eatsなんてないわ……という地方在住の筆者にとっては、まだまだ「お取り寄せ」の存在感が大きい。特に最近では半調理済みの食材セット、いわゆるミールキットを愛用している。今回は地方では珍しい二郎系ラーメン……ならぬ「二郎系冷やし中華」をお取り寄せで食べてみた。

・二郎系ラーメン通販サイト『宅マシSHOP』

利用したのは『七輪炭火焼肉ホルモンすず』(東京都多摩市)が運営する二郎系ラーメン通販サイト『宅マシSHOP』。2020年5月にオープンしたばかりの新サイトだ。「すずでる」と名付けられた主力のラーメンに加え、6月からは夏メニューとして冷やし中華がスタート。

そもそも○○系ラーメンのような新勢力は地方にはあまり根付かないのか、筆者の生活圏で「二郎系」と呼べるラーメン屋は1店舗くらい。「二郎系の冷やし中華」というものが想像できなかったので、ほぼ好奇心で注文してみた。

ちなみに筆者は「ラーメン二郎」はもちろん、その直系店にも行ったことはなく、かろうじて上記の近隣「インスパイア」をたまに食べる程度の初心者であることをお断りしておく。

・すず冷やし中華(税抜990円 / 別途送料がかかる)

食材は冷凍便で届けられる。日付指定はできず、指折り数えて届くのを待つのみなのだが、賞味期限は1カ月と余裕がある。場合によっては商品代金と同じくらいの送料がかかってしまうので、まとめて注文したり誰かとシェアしたりするといいかもしれない。

冷やし中華の場合、トッピングとして「スタミナひき肉」と「辛揚げ」がついてくる。それ以外のトッピング、例えばヤサイは自分で用意する。公式おすすめは「トマト、大根、にんじん、水菜等」となっていて、ポイントは「シャキシャキ食べられる生野菜」と見た。なので筆者はコンビニの大根サラダの袋を用意したぞ。

作り方は簡単。麺を茹で、同時にスタミナひき肉を湯せんする。同梱のタレ、かえし、アブラは自然解凍するだけでよい。公式サイトに作り方動画もある。

麺は見るからに極太で、茹で時間も7〜8分と長め。浅草開化楼の「手もみ太ちぢれ麺」とのこと。

茹であがった麺を冷水で締めたら、あとは豪快に器に盛り付けるだけ。さっとタレを混ぜ、具材をトッピングする。かえしのタレやアブラはお好みで……なのだが、初心者なので後で食べながら足すことにする。

・食べてみよう

完成だ。トッピングは大根サラダ、プチトマト、スタミナひき肉、辛揚げ、マヨネーズと、サラダのように彩り豊かな1皿が誕生! では、いただきます。

タレは濃厚! 少しの量でしっかり味がつくので、かえしのタレは筆者にはまったく必要なかった。

冷やし中華といえば、普通はキュウリやトマトなどの夏野菜に酸味のあるタレで、夏でもスルッと喉を通る「さっぱりした食べ物」だと思う。酸っぱい感じが苦手で、実は筆者はあまり好まない。しかしこれはまったく違う食べ物だ。

麺はうどんのような太さで、もっちもちの歯ごたえと弾力がある。伸びにくいのもいい!

そこに甘じょっぱくてホクホクの「スタミナひき肉」がなじむ。オプションでチャーシューがつくセットもあるが、同店の冷やし中華のデフォルトはひき肉なのだそう。少し冷やすのが正解かもしれないが、筆者には湯せん鍋から出した直後の、熱々のひき肉が美味しかった。

ユニークだと思ったのが、味つきの天かすである「辛揚げ」。カリカリと歯ざわりがよく、食感にアクセントを加えてくれる。

ガリマヨはお好みで。マヨネーズとニンニクを8:2の割合で混ぜるだけなのだが、これが旨い!

野菜はもとがサラダ用なのでシャキシャキで、麺と一緒でもいいし、ガリマヨであえてもいい。たぶん野菜はいくらあっても多過ぎるということはない。もっとたくさん、倍くらい使ってもよかった。

全部をいっしょくたに混ぜて食べると激うま。これは自分では作れない味だ。美味しい!

食後は誰とも会えないくらいの、ものすごいニンニク臭だー! でも大丈夫。自宅デスカラ。

・お取り寄せ最高

感染症予防に外食を控えたいとき、あるいは地方に住んでいて飲食店が近くにないとき、お取り寄せサービスは最高だ。特に、お土産や通販用に工場で大量生産したものでなく、お店で調理したものをそのまま急速冷凍して送ってくれるミールキットがいい。

大手ショッピングサイトと違って注文方法がこなれていなかったり調理手順書が不完全だったりと「試行錯誤感」もあるのだが、お店を身近に感じられる。

「すず冷やし中華」は、もはや筆者の知っている冷やし中華にあらず。二郎にインスパイアされるとラーメンじゃなくてもここまで大変身するのかと驚いた。この夏おすすめ「進化形」冷やし中華のキットだ!

参考リンク:宅マシSHOP七輪炭火焼肉ホルモンすず
Report:冨樫さや
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。