【半沢直樹】7年前に即日完売した「倍返し饅頭」が「100倍返し饅頭」になって帰ってきた! TBSストアで販売中!!



「やられたらやり返す、倍返しだ!」
でお馴染みの人気ドラマ『半沢直樹』が帰ってきた! 2020年7月19日より、半沢の出向先である東京セントラル証券を舞台にした新シリーズがスタートし、早くも注目を浴びている。

そんな半沢にちなんだ和菓子の販売が始まっていることを確認した。それは「100倍返し饅頭」だ。お世話になったアノ人へ、お中元代わりに100倍返し! 喜んでもらえるに違いない。TBSストアで販売しているぞ!

・倍返し饅頭は即日完売だった

2013年の前シリーズ放送時にも「倍返し饅頭」が売られていた。当時番組は人気絶頂の時期で、倍返し饅頭は都内のTBSストア3店舗で即日完売。今回の100倍返し饅頭は、その存在をあまり知られていないのか、東京駅のTBSストア店内には十分在庫があるようだ(2020年7月21日時点)。販売価格は1箱税別1000円。オンラインでも購入できる(送料別)。

・部長の名刺!

持ち帰って箱を開けると、あの半沢部長の名刺がステッカーとして同梱されている! これは地味にうれしい。家宝にしよう。倍返し饅頭には東京中央銀行の名刺が入っていたはず。7年越しで揃えたかったなあ……。

饅頭は9個入り。そのすべてに「100倍返し」の焼印が押されている。

「100倍返し」と言うくらいだから、饅頭の中身はもしや通常の餡子ではないのか? もしかして、めちゃくちゃ苦々しい味がしたりして……。激辛餡だったらどうしよう? そんな心配が頭をよぎりそうだが、ご安心を。普通の饅頭である。こしあんがぎっしり詰まっていて、結構甘い。牛乳を飲みながら食べるのにふさわしいタイプの饅頭だ。

さて、ドラマの新シリーズは始まったばかり。前シリーズの仇敵だった大和田常務(取締役)も出演しており、1話目から早くも「施されたら、施し返す。恩返しです!」との名台詞を炸裂させている。できれば、その大和田常務の「恩返し饅頭」も商品化して欲しい! 発売されたら絶対買う!

参考リンク:TBSオンラインストア「半沢直樹 100倍返し饅頭」
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【最強缶詰5選】最安99円から! 缶詰マニアが感動するくらいウマかった缶詰がコレだ!!

缶詰はただの保存食ではない。そこにはそれぞれの物語が詰まっている。世界に散らばる缶詰を愛とともにご紹介する連載が『缶詰マニア』だ。

コンビニで売られているものから、知る人ぞ知るこだわりの一品、果ては海外の製品まで、様々な缶詰を開けてきたこの連載。本記事では、中でも感動するくらいウマかった「最強缶詰5選」をお伝えしよう!

高木商店『寒さば』税込310円

缶詰の王者であるサバ缶だが、高木商店『寒さば』はそんな中でもトップクラスと言っても過言ではない。味噌煮と水煮という基本中の基本の味付けでありながら、なめらかにトロける身のウマさは桁違いだ

コクのある甘みがサバの味を引き立てる味噌煮はもちろん、サバの旨みが全面に押し寄せる水煮も最強。あまりのウマさに編集部が揺れた。

高木商店『焼きいわしのアヒージョ』税込249円

高木商店と言えば、『焼きいわしのアヒージョ』も素晴らしい。ニンニク香るパンチのあるタレは、米があったらぶっかけたいレベル。

サバ缶の時は素材の味を見せつけた高木商店だが、『焼きいわしのアヒージョ』は味付けにおいても実力の違いを見せつけるような出来だ。これが税込249円は安すぎる。もし、缶詰ミシュランがあれば5つ星を取るに違いない。さすが高木商店、略して「さすたか」。

マルユウ『限定さんま缶』税込498円

サバ、イワシと来ればサンマに触れないわけにはいかないだろう。そして、サンマと言えば「幻のサンマ缶」がある。マルユウの『限定さんま缶詰』だ。

北海道根室で水揚げされる「トロさんま」の腹身のみを使用したこの缶詰は、不漁の年だと製造中止になることもある幻の逸品である。トロけ落ちるように柔らかいジューシーな身はさんま缶詰の完成形。一度食べると、普通のさんま缶詰では満足できなくなる禁断の箱だ。

アール・シー・フードパック『江戸ッ子煮』税込378円

これまでひたすら力の入ったハイクオリティーな缶詰を紹介してきたが、ここらでひと息入れようじゃないか。そんな気分にぴったりなのがアール・シー・フードパックの『江戸ッ子煮』。

豆、糸こんにゃく、昆布巻きなど素朴の具材に溶け込むような優しいカレー風味の味付けは、都会に疲れた心に染みわたる。瞳を閉じればそこには、まぶしかった幼き日の光景が広がっているはずだ

いなば『タイカレー(グリーン)』税込99円

様々な缶詰をご紹介してきたが、正直コスパにおいて、いなば『タイカレー(グリーン)』に勝てる缶詰はないと思う

開けた瞬間、強烈な香りがあふれ出すこの缶詰は原産国タイのガチもの。スパイシーかつオリエンタルな香りと風味は、とても99円と思えないウマさだ。店でこの缶詰をぶっかけただけのグリーンカレーが出てきたとしても、まず見分けられないだろう

──ウマさだけではなく安さもポイントの缶詰。最安99円から498円まで5つをご紹介したが、いかがだっただろうか。くしくも本日10月10日は缶詰の日。もし、気になるものがあった人は、ぜひこの機会に食べてみてくれ。

執筆:缶詰評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

「ラーメン二郎を超えた」と噂のインスパイア店。本家より旨いってホント?

 東京・東十条で行列を作っていた人気ラーメン店「麺処 ほん田」がメニューを一新して秋葉原に移転、麺類の最低価格1100円という高級ラーメンを提供することで話題を集めている。  そんな中、閉店(移転)したはずの東十条の店が […]