絶品生おろしわさびアイスやここでしか買えない希少なお土産も!【丸岩安藤わさび店本店|中伊豆】

創業100年の老舗わさび専門店「丸岩安藤わさび店」

「丸岩安藤わさび店」は、伊豆・天城の創業100年の老舗わさび専門店です。中伊豆観光のお土産を探すなら、決して素通りできないお店。なぜなら・・・

丸岩安藤わさび店では、ここでしか買うことができない自家品種の生わさびやその加工品があるのです。筆者が訪れた「丸岩安藤わさび店 浄蓮の滝売店」は目の前に自園のわさび沢があり、毎日新鮮なわさびを収穫しています。

その自家品種は、内閣総理大臣賞、農林水産大臣賞を受賞したこともあります。それにしても立派なわさびです!根茎が太くて長く、香りや甘味が強いのが特徴の品種だそうですよ。
※値段は栽培年数等に関わらず長さや太さ、重さで決まります。

ちなみに、わさびには種類があり、大きく真妻(まづま)と実生(みしょう)の2系列に分けられるのだとか。丸岩安藤わさび店の自家品種は、真妻を素材として、長年の研究により生み出されたもの。一体どんなお味なのでしょうか!?

生わさびトッピング!「わさびラムネ」180円

お店の名物でもある生わさびトッピングサービスで「わさびラムネ」をいただいてみます。まずはラムネを少し飲んで生わさびを入れるスペースをつくります。そしてお店の方にトッピングを頼むと・・・

すり下ろした生わさびを、マドラーでラムネの中に入れて混ぜてくれます。え?そんなに入れちゃうの?と不安になっていると「大丈夫大丈夫、想像より全然辛くないから!」とお店の方が笑います。

まだ口の部分に結構なわさびが残っています。このまま飲んで、大丈夫なのかしら?恐る恐るいただいてみると・・・ん?全然辛くない!

身悶えして鼻をつまむ辛さを想像していたのですが、爽やかな辛味とわさびの風味を感じるものの、普通に甘くておいしいラムネです。

試しにわさびの部分だけ舐めてみても、辛味の奥に甘みを感じる、今まで食べたことのない清涼感たっぷりの味わい。まさに、浄蓮の滝のマイナスイオンを感じているときのような心地よさです。こんなわさび、初めて食べた!

お店の方によると、わさびの辛さは、季節・収穫時期により異なり、部分的によっても違うそうです(茎に近いほど甘みがある)。そして何より、品種によっても変わります。

「わさびじょうゆだんご」180円

お次に参ります。新潟から取り寄せているというだんごに、天城の生わさび。最高、最強の組み合わせだと店頭のポップには書いてありました。その言葉通り、甘じょっぱい醤油の風味とわさびの爽やかさがベストマッチ。そして驚くべきはおだんごがふっくら柔らかくて温かく、これまたおいしいこと。このおいしさは、お土産屋の1メニューというより、もうおだんご屋のレベル。思わず唸ります。

生わさびトッピング!「わさびアイス」300円

さてどんどんいきましょう。次は真打ち、わさびアイスです。伊豆ではあちこちですりおろした生わさびをトッピングしたアイスを食べることができます。筆者らも、すでに別の場所でそれを食しており、「名物としてのワクワク感はあるけれど、どうしても必要かと言われればそうではない」というのが筆者の感想でした(すみません、個人の感想です)。

だから最初はもう帰ろうと思っていたのです。しかしお店の方に「自信作だからぜひ食べてみて」とおすすめされ、いただくことに。

浄蓮の滝をバックに記念撮影。映えます。言われなければ、この緑色の物体はわさびではなくピスタチオクリームとかずんだペーストだと思う人が多いのではないでしょうか。それほどこんもり。

蔵王から取り寄せているというアイスは、いろいろなアイスを試す中、これがわさびに一番合う!と見つけた一品だそう。そこに生わさびのすりおろしと、「わさびのおいしいお塩」(お店でも378円で売っていました)をトッピング。

よく混ぜて食べて、とのお店の方のアドバイス通り、よく混ぜます。あ〜アイスが溶けてきてしまった!急げ〜!!

さあ、待ちに待った一口。

アイスのまろやかさとわさびの爽やかさを、わさび塩がうまくつないでくれています。この塩がポイントだったんですね。そしてこのわさびの品種だからこそ実現するわさびアイスと言える味わい。これはたしかに、試す価値ありですね。

さて、おまけのお楽しみ。実は伊豆でわさびアイスを堪能するために持ってきたマイ醤油。こっそりかけてみたいと思います。

ポトリと落として・・・いただきます!が、これは正直やらなくてもよかったかなーと反省。余計なチャレンジでした。すみません。

希少な生わさびからわさびスイーツ、パロディTシャツまで

丸岩安藤わさび店には、このほかにも、お土産にぴったりなわさびのお菓子やパロディTシャツなど、思わずあれもこれもと買いたくなってしまう品が並んでいました。わさび漬やわさびのしょうゆ漬、わさびの三杯酢漬なども絶妙な味付けでおいしかったですよ!

お土産として購入した、お気に入りのトートバッグ「wasabides」1,100円

※価格は全て税込です。

丸岩安藤わさび店 浄蓮の滝売店
住所:静岡県伊豆市湯ケ島892-2(滝下)
電話番号:0558-85-0016
営業時間:8:30〜16:30
定休日:月1回不定火曜日、1月1日
https://maruiwa.jp
通信販売あり
[amazon][Yahoo!ショッピング]

[All Photos by Chika & Aya Yamaguchi]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

函館駅の駅弁ならコレ!函館駅でおすすめの人気駅弁5選

駅弁は、列車で旅する楽しみのひとつですね!車窓を眺めながら食べる駅弁は、美味しさも格別!函館駅には、函館の美味しいものや北海道の特産品を盛り込んだバラエティ豊かな駅弁が揃っています。今回は、函館駅でおすすめの人気駅弁を5個、ご紹介します。

1. 函館みかど 「鰊みがき弁当」

photo by ekiben.or.jp

「函館みかど」は、昭和11年(1936年)に創業し、函館を拠点にする老舗のお弁当屋さん。「鰊みがき弁当」は、甘じょっぱく煮付けたみがきニシンと肉厚な数の子をご飯の上に盛りつけた名物駅弁。身欠きにしんを1度天日干しにし、骨まで余すことなく食べられるように炊いています。昭和41年から変わらぬ製法で作られている伝統の味わいは、多くの駅弁ファンから、親しまれています。

取扱店 函館みかど JR函館駅店(JR函館構内 改札外)
電話 0138-22-2690
営業時間 6:00~20:00
商品 鰊みがき弁当: (税込)980円
お品書き 白飯、鰊(みがき)、味付数の子、茎わかめ醤油漬、たくわん、など
HP 函館みかど

 

2. 函館みかど 「べこ辨」

photo by ekiben.or.jp

インパクト抜群のネーミングが印象的な「べこ辨」。蓋を開けると、錦糸卵で仕切られ、北海道和牛のしぐれ煮とそぼろ煮が、ご飯の上に、ぎっしり敷かれています。玉ねぎ、ごぼう、しらたきを加え、醤油ベースで甘辛く煮つけたしぐれ煮は、牛肉の甘み・旨味がたっぷり!柔らかく、クセのない赤身は、生姜を効かせて牛そぼろに仕立て、さっぱりといただけるように味付けています。北海道産の和牛を2種類の味わいで食べ尽くせる人気の駅弁です。

取扱店 函館みかど JR函館駅店(JR函館構内 改札外)
電話 0138-22-2690
営業時間 6:00~20:00
商品 べこ辨: (税込)1,200円
お品書き 白飯、和牛そぼろ、しぐれ煮、錦糸卵、会席漬けなど
HP 函館みかど

 

3. 函館みかど 「北の家族弁当」

photo by ekiben.or.jp

「北の家族弁当」は、1973年に放映されたNHK朝の連続テレビ小説「北の家族」にちなんで作られた駅弁です。北海道産米の美味しいご飯のかたわらには、焼鮭、ホタテ煮、味付け数の子など、北海道の海の幸を中心とした多彩なおかずが詰められています。北海道の雄大な車窓を眺めながら、旅のお供にいかがでしょうか?

取扱店 函館みかど JR函館駅店(JR函館構内 改札外)
電話 0138-22-2690
営業時間 6:00~20:00
商品 北の家族弁当: (税込)1,100円
お品書き 白米、鰊甘露煮、味付数の子、紅鮭焼き、ほたて煮、イカしゅうまい、厚焼き玉子、昆布巻、いかしゅうまい、花人参煮など
HP 函館みかど

 

4. 函館みかど 「豚わっぱ飯」

photo by ekiben.or.jp

「森町産のSPF豚」は、北海道のブランド豚で、きめの細かい柔らかな肉質が特徴で、冷めても美味しくいただけると評判です。「豚わっぱ飯」は、この「森町産のSPF豚」を使用したわっぱ飯。厚めにカットした豚肉を焼き、特製の甘辛タレで煮付けたもをご飯にのせた食べごたえのある一品です。別添えの山椒をかけると、ピリリとした味わいに。がっつり食べたい方に、おススメのお弁当です。

取扱店 函館みかど JR函館駅店(JR函館構内 改札外)
電話 0138-22-2690
営業時間 6:00~20:00
商品 豚わっぱ飯: (税込)1,000円
お品書き 白飯、焼き豚肉、ごぼう天揚げ、花人参煮、柴漬け、山椒など
HP 函館みかど

The post 函館駅の駅弁ならコレ!函館駅でおすすめの人気駅弁5選 appeared first on 旅時間 – 旅のようなステキなひとときを。.

旅時間は、「旅のようなステキなひとときを」をコンセプトとした旅のウェブマガジンです。世界の絶景や世界遺産、人気のリゾートホテルや温泉旅館、定番の観光名所や季節のイベント、地域の絶品グルメや定番のお土産など、思わず旅に行きたくなるような情報をお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

3千円台の「コンパクト燻製器」で作る“燻製風おつまみ”。絶品だったのは?

 ビールがおいしい季節になってきました。ビアガーデンや居酒屋でパーッと一杯!もいいですが、今年は巣ごもり生活が続いたこともあって、家飲みの楽しさに目覚めた人も少なくないのでは? 私もそんな1人ですが、おつまみがワンパター […]