【食戟のソーマ飯】ワイン煮込み『鰻のマトロート』に挑戦してみた “なんちゃって版” は蒲焼をブチ込むだけでOK / 土用の丑の日

みなさんは、ウナギをどのようにして食べるのが好きだろうか。蒲焼や白焼、丼にせいろ蒸し。変化球として、うざくや八幡巻なんかも良いよな。何をやっても美味しいが、身近にあふれるのは和風な味付けである。たまには、全く違ったジャンルのウナギを味わってみたい。

そんなこんなで『食戟(しょくげき)のソーマ』に登場する「鰻のマトロート」にチャレンジだ! しかしちょい難しいのでこの場では “なんちゃって”版をお届けすることを、お許しいただきたい。こちらは簡単で、市販のウナギ蒲焼をソースにぶち込むだけだぞ。それではやってみようー!! 

・網脂なんてどこに売ってるの

『食戟のソーマ』はタイトル通り、料理バトルがテーマの漫画だ。「鰻のマトロート」も、ある食戟で登場するメニューである。作中で「鰻のマトロート」と言えば、ウナギにスモモを巻き込み網脂(クレピーヌ)で包むという凝った料理。

しかし網脂なんて、田舎のスーパーには置いていないので断念だ。単行本では網脂などを使用せずとも、ウナギの蒲焼で代用可能である旨が書かれていた。そこで漫画の料理シーンを観察しながら、蒲焼で何とか作ってみた次第である。

【材料】
ウナギの蒲焼:1本
玉ねぎ:1玉
ワイン:適量
バター:適量
ブリオッシュ(またはパン):適量
マッシュポテト:適量

【作り方】

1.玉ねぎをみじん切りにし、バターで炒める。

2.玉ねぎがしんなりしてきたら、玉ねぎが隠れるくらいにワインを入れる。

3.アルコールが飛んできたところで、ウナギの蒲焼を入れる。

4.ウナギが温まったかなというところでウナギを取り出し、ソースに塩コショウ、シナモンなどで味付けする。

5.煮詰まったソースをウナギにかけて完成。最後にブリオッシュ(またはパン)やマッシュポテトをそえる。

・パンとポテトはマスト

正直、ウナギとワインが合うのか甚だ疑問だった。もとは淡白な魚ではあるのでイケるかもしれないが、とんとイメージができない。作りながらも「大丈夫なのかコレ……美味しいって言ったって、漫画の中だけの話なのでは」と不安はぬぐえなかった。

仕上がりはオシャレな感じではあるが、相変わらず味の想像が全くつかない。こうなれば、ごちゃごちゃ考えていてもしゃーない。食べてみるしかない! いざままよと口の中に入れたところ、なんということでしょう。ウマい。

ウナギの脂が溶け込んだソースが思いのほかまろやかで、口の中に優しい香りがフワッと広がるのだ。漫画の中では、登場人物が「付け合わせのブリオッシュとマッシュポテトにソースを絡め、ウナギの身も一緒くたにしてほお張れ」と言っている。

その言葉に従いすべてをまとめて食べると、これがめちゃめちゃ美味しい!! ウナギとポテトの相性がこれほど良いとは知らなかった。ソースが絡んだウナギの旨味が、じわっとポテトに染み込む感じがタマラナイではないか。

なるほど、これはブリオッシュ(記者の場合はパン)とマッシュポテトはマストで用意すべきだ。この一体感を味わってはじめて、このメニューは完成すると言えるだろう。

いやはや、ウナギも奥が深い。この他にもいろいろな料理に活用できそうな、可能性を感じさせる魚である。奇しくも2020年7月21日は土用の丑の日だ。今年はあなたも、いつもと一味違うウナギ料理に挑戦してみてはいかが? 

参考リンク:週刊少年ジャンプ『食戟のソーマ』
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【横浜】ガッツリ過ぎる「スタミナカレー」は1度食べたらヤミツキ必至! 生姜焼きと卵がドーンと乗って激烈ウマい!


美しく盛り付けられた料理と出会うとテンションが上がる。決して “芸術的に” という意味ではなく、パッと見ただけで “食欲をそそる” ナイスコンビネーション的な料理がたまらないのだ。たとえば、横浜のB級ソウルフード『バーグ』の「スタミナカレー」なんか最高である。

ということで今回は、見た目も味も最強と名高い「スタミナカレー」を紹介したい。1度食べればヤミツキ必至で、空腹時に高確率で脳裏に浮かぶメニューとなるだろう。ひさしぶりに食べてみたら……ああ~やっぱりやられちゃいました。

・バーグ 弥生町店

やって来たのは、横浜市中区。市営地下鉄ブルーライン「伊勢佐木長者町駅」6B出口から歩いて数分、大通り公園沿いに『バーグ 弥生町店』はある。目印は黄色い看板。デカデカと “スタミナカレーの店” と書いてあってインパクト抜群だ。もう食欲がそそられる。早く食べたい。

・スタミナカレー

同店名物「スタミナカレー」は、カレーの上に厚切り豚の生姜焼きと卵(生卵or玉子焼き)をドーン! と乗せて820円。注文時に「スタミナ生」「スタミナ焼き」と伝えるのが常連なんて言われているが、筆者はいまだに “常連です” 的な空気を出すことができず……「スタミナカレーの生卵入りお願いします」とフルで伝えるようにしている。

それはさておき、注文してからあまり待たずに「スタミナ生」が運ばれてきた。なんというか、さすが「空腹時に脳裏に浮かぶメニュー」である。ビジュアルは間違いなく100点、相変わらず、欲望をむき出しにしてガツガツ食べたくなるカレーです。

・スプーンが止まらん

ここはもちろんガッツリ大口を開けて食らうのが正解! 粘土の高いドロリとした濃厚なカレーに生卵がまろやかに絡み、パンチ力抜群の豚バラ肉と合わせて食べれば……最強レベルでご飯がススムくんである。おいおいマジで美味すぎるだろーーー!

生卵をかき回してスタミナ肉とカレーをガツガツ。やはり……スプーンが止まらん。余計なことを考えずにスピード感MAXでひたすら食べ続ける。食べ応えがあるだけでなく、しっかり美味しいからすぐに思い出すのだろう。ああ、大満足でごちそうさまでした。

ちなみにだが『バーグ 弥生町店』は、横浜スタジアムから徒歩15分圏内にあるから野球観戦の前に行くのもオススメだ。スタミナカレーからの球場でビールはマジで最強だぞ。機会があればぜひ試してみてくれ!

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 バーグ 弥生町店
住所 神奈川県横浜市中区弥生町2-18-1
時間 11:00~15:00 / 17:00~21:30
休日 月曜日

参考リンク:スタミナカレーの店 バーグ
Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

3千円台の「コンパクト燻製器」で作る“燻製風おつまみ”。絶品だったのは?

 ビールがおいしい季節になってきました。ビアガーデンや居酒屋でパーッと一杯!もいいですが、今年は巣ごもり生活が続いたこともあって、家飲みの楽しさに目覚めた人も少なくないのでは? 私もそんな1人ですが、おつまみがワンパター […]