「サイゼリヤで好きなメニュー」女性が選ぶベスト10。300円〜の定番がズラリ

 新型コロナウイルスの影響で、外食産業が軒並みダメージを受ける中、庶民の味方であるサイゼリヤが2020年7月1日から価格改定に踏み切りました。  やはり売上の減少が……と思ったら、税込価格の末尾を50円または0円に統一す […]

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

世界一のオリーブオイルを食べてみた! → これが油!? フレッシュジュースのような味わいに1瓶飲み干しそうになった / 史上最高点を獲得したピクアル種のオイル


オリーブオイルはひと昔前は「ちょっと珍しい調味料」というイメージだったが、2019年のいま日本ではすっかり定番化したように感じる。ありがとう、速水もこみち。

さて日本では珍しさもなくなったオリーブオイルだが、本当に私たちはオリーブオイルのことを知っているのだろうか。先日、あるドキュメンタリー映画を試写して、私は初めて「世界一のオリーブオイル」の存在を知った。さっそくサンプルを取り寄せて食べてみたところ衝撃どころの話ではなかった!

一口食べた瞬間、「今までの食べていたオリーブオイルは何だったのか!? 別の液体か!?」と思うほど全くの別物。美味しすぎてグビグビと飲めるレベルだったのだ。

・世界一のオリーブオイル『ピクアル種』のエキストラバージン

今回、試食してみたのはスペインのアンダルシア州ハエン県にある「カスティージョ・デ・カネナ社」のエキストラバージン・オリーブオイル『ファミリーレゼルブ・ピクアル』。ピクアル種と呼ばれるオリーブを搾ったオイルだ。こちらはオリーブオイルのミシュランと呼ばれる『FLOS OLEI(フロスオレイ) 2020』で史上初の100点満点を獲得! 名実ともに「世界一」となったのだ。

期待しながら開封した瞬間……思わず「うわぁ!」と声をあげてしまった! 新鮮な生の果実のような香りがしたのだ。目を閉じれば青空の下の青々としたオリーブの木が思い浮かぶほど。油っぽい香りはない、そこには果実があった。

キラキラと輝くオイルはまるで黄金のようだ。ひとくち飲んでみると……

これがオイル!? サラッとして喉ごしがよく、何より野性的な香りがすばらしい。風や草原の匂いだ。食べ物にたとえるなら酸味がないトマトジュースである。 

・他のオリーブオイルと全然違う

比較のためにスーパーで売っていた「エキストラ・バージン」を飲んでみたが、う~ん……本当に同じ“オリーブオイル”? サラダ油に香りづけをした液体のように感じてしまった。

高いグレードのオリーブオイルを知る人から「日本で売っているオリーブオイルは本物とは言えない」と聞いたことがある。そのときは「何煽ってるんだよ」と冷ややかな目で見ていたが、たしかにそう言いたくなるほど鮮度が違う。これが世界一のチカラなのか!

・おいしい秘密 / ソコソコの品質を大量生産 → 品質重視への大革命!

どうやったらこんなに美味しいオリーブオイルが作れるのだろうか? 12月6日から公開の映画『エキストラ・バージン〜世界一のオリーブオイル〜』によると、カネナ社を含むハエン県の生産者たちの間である「大革命」が起きたからだという。それは「時期を限定した早摘み」だ。従来より1~2カ月早く、そして実が若い数日の間に一気収穫することでこの極上のオリーブオイルが誕生したのだそうだ。

詳しくは映画でご覧いただけるが、昔からオリーブの収穫は12月以降という習わしがあり、その慣習を打ち砕くのは並大抵のことではなかったという。今の形になるまで10年20年と長い時間がかかったそうだ。従来の大量生産から品質重視へ。これまでのやり方に甘んじず、オリーブのポテンシャルを信じた生産者たちの努力が「世界一」への鍵だった。

過渡期の苦労を思うと泣けてくる……でも、諦めずによく作ってくださった! あまりの美味しさに生産者に感謝を伝えたいくらいである。

・日本でも買えるよ!

さてそんな世界一のオリーブオイルだが、日本でもお店やネットで買えるぞ! 

こんな重厚な裏話を知ったあとでは「さぞお高いんでしょ~?」と思ったが調べたところ、カネナ社の『ファミリーレゼルブ・ピクアル』は250ml入りが2160円(税込)、500mlで3888円(税込)と、スーパーなどで見かけるオリーブオイルより高値ではあるが、手の届かないものではない。正直、万単位かと思っていたので拍子抜けした。

もしあなたが、この世界一のオリーブオイルが気になったならぜひ映画もご覧いただきたい。背景を知ることで、より美味しさを噛みしめることができるだろう。

参考リンク:映画『エキストラ・バージン〜世界一のオリーブオイル〜』公式サイト、オリーブオイルソムリエの店 GRANCHER
Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【限界突破】そうめんの本当にウマい茹で時間が知りたい → 45秒から最短5秒まで試してみた結果…

イエーーーーイ! 好き好きそうめん大好きィィィイイイ!! 夏と言えば、ビール? かき氷? 冷やし中華? どれもウマいに違いないが、やっぱり夏と言えば「そうめん」っしょ! 日本の夏、キンチョーの夏、そうめんの夏!! NOそうめん、NOサマーだよネ☆

それはさておき、私、P.K.サンジュンはシャッキリ硬めのそうめんが好みなので、いつも表示時間よりマイナス30秒の通称「フミヤスタイル」でそうめんを茹でている……のだが! 本当にそうめんの美味しい茹で時間はマイナス30秒なのだろうか? もしかしたら……。

・もっと美味しいそうめんを求めて

「フミヤスタイル」とは、芸能界きってのそうめん好きとして知られる藤井フミヤさんが提唱した、そうめんの茹で方のことである。詳しくはこちらの記事をご覧いただきたいが、表示時間より30秒短く茹でることで そうめん本来のコシを楽しめる調理方法だ。

私の実家では「フミヤスタイル」の存在を知る前からフミヤスタイルを実践していたから、おそらく同様のご家庭は多いことだろう。とはいえ、例えば1分半の茹で時間を半分にまでする勇気はなかなかないハズ。そんな無謀なことして食べられなかったときのリスクを考えれば致し方あるまい。

だがしかし、だからこそ「実はもっと茹で時間が短い方が美味しい可能性」が残されているのではなかろうか? 全ては大好きなそうめんをもっともっと美味しく食べるため──。というわけで、45秒から5秒まで6パターンの茹で方を試してみることにした。

使用するそうめんは、ご存じ揖保乃糸(いぼのいと)。パッケージに茹で時間は「1分半~2分」と書かれているので、1分ジャストがフミヤスタイルということになる。

今回は揖保乃糸1束(50グラム)をぐらぐらの熱湯の中に放り込み、それぞれ「45秒」「30秒」「20秒」「15秒」「10秒」「5秒」で茹でてから水で締めて食べてみることにした。さっそく以下で結果を発表しよう。

・その1: 45秒

ハッキリ言って激ウマの一言。なんなら「フミヤスタイル」を超えているかもしれない。プツプツと歯切れはよく、しゃっきりとしたコシも十分に堪能できる。言うなれば、そうめん版のアルデンテ。なめらかさにはやや欠けるものの、総合力ではフミヤスタイルにヒケを取らない。

・その2: 30秒

トータル的には悪くない。当然ながら歯ごたえはかなりのもので、例えるならば博多ラーメンで言うところの「硬め」に相当する。食べていると奥の方に「乾麺だった頃の記憶」を感じさせる味わい。超硬め派の人ならば、これくらいでもいいのかも。

・その3: 20秒

人によっては「食べられない」という人も出てきそう。これくらいになると塩分が抜けきっておらず、ややしょっぱい。とはいえ、個人的には食べられないことはなく、人によってはハマる可能性もある。博多ラーメンなら「バリカタ」くらいかな?

・その4: 15秒

硬めが好きな私でも、これくらいになってくると流石に硬い。食べられないことはないが、美味しいとは思えなかった。いわゆる「針金」級なのだろうが、ラーメンとは違ってスープが温かくないので結構きついかもしれない。

・その5: 10秒

ギリギリ食べられる……が、食べられない人もいるハズ。ここまで来ると「冷静と情熱のあいだ」ならぬ「小麦粉と麺のあいだ」という感じで、粉っぽさもかなり強め。博多ラーメンでいうところの「粉落とし」だろうか。

・その6: 5秒

普通の人には食べられない。その後、お腹が痛くなったりはしていないが、おそらくお腹が弱い人だと危険。「湯気通し」と言えば聞こえはいいが、基本的には生である。先述のようにラーメンとは違って「温かいスープ補正」がないので、食べない方がヨロシ。

というわけで、個人的には「45秒」がかなりオススメだ。ただし、今回はたっぷりのお湯に50グラムのそうめんしか投入していないので、これが4~5束一気に茹でるとなると、茹で時間は気持ち長い方がいいのかもしれない。

また、上述の通り「5秒」は食べられなかったが、逆に言うと「10秒」からはギリ食べられたことになる。もちろん推奨するワケではないが、個人的には揖保乃糸の限界は「10秒」と判断したい。言うまでもないが、もしお試しになる場合は自己責任で頼むゾ☆

蒸し暑い日が続き、いよいよそうめんの美味しい季節に入った日本列島。「そうめん美味しいんだけど飽きちゃったな~」なんてときは、ぜひ1度「茹で時間45秒」を試していただきたい。好き好きそうめん大好きィィィイイイ!

参考リンク:揖保乃糸
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。