巨人、選手プロデュースグルメのラインアップ発表

巨人は22日、東京ドームの巨人戦で販売する「監督・選手プロデュース弁当&グルメ」の今季のラインアップを発表した。「監督・選手プロデュース弁当」は28日のDeNA戦から発売。「選手プロデュースグルメ」は発売日が決まり次第発表する。 「プロ…

ニッカンスポーツ・コム 巨人最新ニュース

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

静岡茶を使ったかき氷「茶氷」を30店舗が提案!【vol.20:真茶園】

聞き茶の全国大会で優勝経験を持つ茶匠が8代目を務める創業200年の製茶問屋、「真茶園」は、茶氷プロジェクトで「茶匠かき氷4種味比べ」を提供しています。桜ほうじ茶、抹茶のシロップに加え、北海道餡シロップ、生クリーム入り濃厚練乳の4種が集う茶氷です。

お茶の生産量が国内で4割を占め、日本一のお茶処である静岡。そんな静岡茶の美味しさをかき氷を通して伝えていく「茶氷プロジェクト」が昨年始動し、12店舗で3か月の間に30,000杯以上が販売される盛況ぶりでした。2年目の今年は、静岡県下の5市2町+東京都内の30店舗がオリジナルの茶氷メニューを提供します。2019年9月30日まで実施中。

真茶園の「茶匠かき氷4種味比べ」

真茶園 茶氷

今回ご紹介する「真茶園」は、藤枝市に店を構える創業200年の製茶問屋です。八代目茶匠は、第41回全国茶審査技術競技大会優勝を持ち、農林大臣賞を受賞したという凄腕。

真茶園 茶氷

そんな茶匠と菓匠が妥協を許さずに作り出した「抹茶どら焼き」(5個入り、1,512円・税込)」は抹茶が強く香るしっとり生地に、フレッシュバターで作った抹茶バタークリームと甘さ控えめな北海道産の小豆を挟んだもの。30万個以上売り上げたという怪物商品です。

茶氷プロジェクトのために真茶園が用意したのは、「茶匠かき氷4種味比べ」。西伊豆の桜葉の釜炒り茶とほうじ茶をブレンドした桜ほうじ茶シロップ、1kg8万円の高級抹茶を使用した濃厚抹茶シロップ、どら焼きの北海道産餡をアレンジしたシロップ、生クリーム入り濃厚練乳ミルクの4種が一時に楽しめる、贅沢カルテットな茶氷です。

美味しさの秘密をお店にインタビュー

真茶園 茶氷

Q. 「茶氷」に参加した理由はなんですか?
A. シンプルですが、良質な抹茶をたっぷり使った抹茶かき氷を多くの方に楽しんで頂きたいため。

Q. コラボしたお茶の銘柄と、選んだ理由を教えてください。
A. 宇治抹茶使用。創業二百余年の当店の八代目である松田真彦(利き茶日本一の茶匠)が修業した宇治の抹茶屋の上質な抹茶です。

Q. 他と違うと自負するこだわりなど、商品の特徴を教えてください。
A. 末端価格キロ8万円程の高級抹茶をたっぷり使用しています。上質な抹茶程、苦味が少なく、旨味と甘味が強くなります。

Q. 出来上がるまでのエピソードを教えてください。
A. キロ8万円もする抹茶を使用しての試作の繰り返し。自家製の抹茶シロップ完成までには、濃さや氷の削り方の苦労がありました。とにかくたくさん試作を食べ、多くの有名店をまわり研究しました。

Q. どんな人に食べて欲しいですか?
A. お茶好きな方にはもちろん、抹茶の苦味が苦手という人にもおすすめしたいです。本当に良い抹茶は、苦味が少ないです。

Q. 実際の客層を教えてください。
A. 老若男女年齢も幅広く来店下さっていますが、40代~50代の女性が多いです。

Q. 1日に何杯でますか?
A. 100杯程。

Q. 並ばずに入れますか?
A. 土曜は1時間程の待ち時間が多いです。金曜午前中が比較的空いています。

Q. 来年も参加しますか?
A. その予定です。

本当によい抹茶の風味を味わう絶好のチャンスです。

真茶園 茶氷

■商品詳細
メニューの正式名称:茶匠かき氷4種味比べ
税抜き価格:880円(950円・税込)
展開時期:7月~8月(金曜・土曜限定)

■展開するお店の詳細
店舗名:真茶園
住所:静岡県藤枝市茶町1-10-29
TEL:054-641-6228
営業時間:10:00-18:00(日曜定休)
HP:http://www.shinchaen.com/
アクセス方法(最寄り駅など):藤枝駅

[All photos by真茶園]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【朗報】やよい軒、ほぼ居酒屋になる / ハイボール&レモンサワーがまさかの190円に! 本日16時スタート!!

やよい軒って何の店? と聞かれたら、おそらくほとんどの人が「定食屋」と答えるだろう。まあ「ご飯をおかわりする店」と答える剛の者もある程度いるとは思うが、基本的には食事がメインの店と考えて間違いないはず。しかし……今日からしばらくの間は、ほぼ居酒屋として認識されることになるのではないか。

やよい軒は本日2020年7月21日の16時より、全店舗にて「アルコールディスカウントキャンペーン」を実施する。期間中は生ビールやハイボール、レモンサワーといったアルコール類が超お得な価格で提供されるぞ。特にハイボールとレモンサワーの安さときたら驚きだ。なななんと……

1杯190円である!!!!

・激安

ほんげェェェェェェエエエエ! 安すぎィィィィィィィィイイイイ!! しかもこれ、税抜ではなく税込価格である。マ、マジかよ……! 通常だと税込360円の両アルコールが、200円を切ってしまうというのは酒飲みとして相当にアツイ。

もちろんビールも安くなっており、税込390円の生ビール(小ジョッキ)が税込290円に。税込490円の生ビール(中ジョッキ)が税込390円に値下げされるとのことだ。生ビールとハイボールとレモンサワーがこの価格で揃っていたら、そこはもう居酒屋だろう。

・ほぼ居酒屋

ずいぶん前にもお伝えしたように、実はやよい軒は「ちょい飲み」に向いていたりする。普段は定食の陰に隠れがちなサイドメニューが、いざ “飲みモード” になった瞬間、コスパに優れた激安つまみとして実力を発揮するからだ。

そう、意外と知られていないが、やよい軒では冷奴、玉子焼き、フライドポテト、イカのから揚げといった定番おつまみ類が、なんと200円以下で注文できてしまうのである。え、そんなメニューあったっけ!? と思った人。ラインナップは少々地味だが、無視できない戦力が揃っているのだよ。

当然、お通しや席代などは存在しないし、その気になれば卓上に置かれた漬物で戦うことだって十分可能。アルコールが安くなることで、やよい軒は定食屋から完全無欠の居酒屋へと一気にメタモルフォーゼを遂げるのだ。隙がねぇ……! 隙がねぇよ、やよい軒……!!

とは言え、やよい軒は決してバカ騒ぎをするような場所ではない。時期的にもそういった利用は極力控えるべきだろう。一人、あるいはできる限り少人数で静かに静かに楽しんだ結果、最終的に定食まで注文してしまうというのが正しい酒飲みの在り方ではないか。

・来月末まで

この素晴らしいキャンペーンは8月31日、14時までの実施となっている。ちょうどお酒がおいしい季節でもあるので、各自よきタイミングで大いに、それでいて慎ましく活用していただきたい。

参照元:やよい軒
執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。