【修善寺】また食べたくなる駅弁!舞寿しの「あじ寿司」は必ず食べるべし

修善寺駅で買いたい「舞寿し」の駅弁

1泊旅行で修善寺駅に降り立ったこの日。帰りの新幹線内で舞寿しのあじ寿司を食べると決めていました。でも人気の駅弁にあるあるなのが、帰りに買おうと思ったら売り切れていてガッカリするということ。今回はなんとしてもそれは避けたかったので、お店の人に確認することにしました。

舞寿し

店内には気さくなご主人と奥さん。翌日買いたいのですが、と伝えると、予約できますよと言われ、ほっと安心。目当てのあじ寿司以外にも、魅力的なお弁当がたくさんありました。

舞寿し
せっかくなので、あじ寿司に加え、土日限定という「わさびシャモ飯」も予約することにしました。翌日の午後以降に来る予定と伝え、お店を後にしました。

舞寿し 店内
ご主人と奥さんとお話している間にも、地元の人と思しき人たちがあじ寿司やお弁当を購入していきます。地元の人にも愛されているお店なんですね。

いざ、「武士(たけし)のあじ寿司」を実食!

舞寿し 駅弁
翌日、楽しみにしていたお弁当の引き取りに。予約していた武士のあじ寿司(税抜1,200円)、武士のわさびシャモ飯(税抜1,400円)を購入しました。

舞寿し あじ寿司
三島駅から新幹線に乗車し、いよいよお弁当を開封。あじ寿司は箱も素敵。テンションが上がります。


ぎっしりとあじが詰まったあじ寿司が出現!おいしそうだし、美しい・・・。

舞寿し あじ寿司
あじの上にはわさび、しょうが、レモン、ガリがのっています。それではいただいてみます。

これは・・・とてもおいしい。こういうお弁当のお寿司って、たまにすし飯のお酢がすごくすっぱく感じられたり、お魚の生臭さが気になったりするのですが、それがまったくありません。

むしろ爽やかな味わい。酢で軽く〆たあじと、すし飯のバランスが絶妙なのです。暑い時期にもピッタリで、どんどんお箸が進みます。

あじ寿司
あじはこんな感じ。肉厚です。

添えられていたレモンを絞っていただくと、これまた爽やかさがさらにプラスされておいしい!

あまりにおいしくて、あっという間に完食。

土日限定!武士(たけし)のわさびシャモ飯

武士のわさびシャモ飯もいただいてみました。
舞寿し わさびシャモ飯
舞寿し わさびシャモ飯
ビジュアルも食欲をそそります。

舞寿し わさびシャモ飯 お品書き
お品書きがついていました。

わさびの葉を食べて育ったという、地鶏「天城軍鶏(あまぎしゃも)」がボリューム満点。軍鶏のがらスープで炊き込んだというご飯は、やさしいお味で癒やされます。

舞寿し わさびシャモ飯
添えられた煮物もちょうどよい塩梅の味付けで、ほっこりと顔もほころびます。わさび茎の三杯酢漬けもとってもおいしかった!

「あじ寿司」がもうすぐお取り寄せ可能に

久しぶりにおいしい駅弁をいただいて、大満足。そして、食べ終わった後にはあじ寿司をもう一つ買わなかったことを激しく後悔。自宅に帰ってもう一度食べたかったなあ。

でも、そんな人にも朗報。このコロナ禍のなかで、ネット販売の試作品を作っていたそう。8月ごろには販売が開始できるように、現在準備をしているのだそうです。

修善寺駅で売っているあじ寿司をそのまま販売する形ではなく、なんと自宅であじ寿司を作って楽しめるキットを考案中なんだとか。あじ寿司作りも楽しめて、その上おいしくいただけるなんて、想像しただけでワクワクしてしまいます。最新情報は、HPで確認してくださいね。

ネット販売も楽しみですが、また修善寺を訪れた折には、必ず足を運びたいお店です。

舞寿し
住所:静岡県伊豆市修善寺駅前625-6
電話:0558-72-2416
営業時間:9:00~16:00
定休日:水曜日
HP:http://www.maizushi.jp/

[All Photos by Aya Yamaguchi & Chika]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【台湾】活気みなぎる若者の街!台南「浅草新天地」エリアをぶらり散歩



台湾のグルメ天国こと「台南」、中でも若者に人気のエリア「浅草新天地」をご紹介。若きクリエイターが出店する週末マーケットを始め、近隣には昔ながらの老舗かき氷店、絶品食べ歩きグルメストリートなど・・・見どころ盛りだくさんの”台南の浅草”をお届けします!

「浅草新天地」は週末が楽しい!クリエイターズマーケットで宝探し

浅草新天地_マーケット_01

元々は1993年、日本人によって西門市場の周りに商店が建てられ「浅草商場」と呼ばれたのがはじまりと言われています。一時は寂れてしまったこのエリアですが、西門市場のリフォーム後、若者をターゲットにフリーマーケットやイベントを開催。多くの人が集まるようになり活気を取り戻すことに成功。今では正興街・国華街エリアになくてはならない、目玉観光地となりました。

浅草新天地_マーケット02

地名こそ日本の”浅草”から来ていますが、東京のそれとはガラッと雰囲気が違います。訪れるなら週末、マーケットが開催されている時を狙いましょう。若手クリエイターたちが数多く出店、アクセサリーや雑貨など・・・素敵な掘り出し物が見つかるカモしれません。

名物・台湾唐揚げを屋台で

浅草新天地_炸鶏洋行01

黄色いニワトリがトレードマークの「炸鶏洋行」は、行列必須の人気店。ここ「浅草新天地」に屋台が出ていました。唐揚げ・手羽先・骨付き肉など数種類から選べます。

浅草新天地_炸鶏洋行02

ペーパーパッケージに入れてくれるので、食べ歩きに便利。

浅草新天地_炸鶏洋行03

一口サイズで食べやすい!小腹が減った時のおやつに最適です。

路地裏さんぽで秘密基地探し

浅草新天地_路地裏01

「浅草新天地」エリアは、たくさんの裏路地であふれていてまるで迷路のよう。ウォールアートが描かれていたり、お洒落なリノベーションカフェがあったり・・・。歩いているだけでワクワク感が止まりません。

浅草新天地_路地裏02

レトロなレンガ造り、廃墟感が魅力的なシークレットスペースを発見。好奇心を抑えきれず進んでみることに。

浅草新天地_路地裏03

恐る恐る覗いてみると・・・「どうぞ、見てって下さい!どうぞどうぞ!!」と日本語で話しかけてくださる地元の方々。聞けばプライベートの敷地を無料で開放されていて、誰でも気軽に入ることができるそう。

浅草新天地_路地裏04

歴史を感じる建物に囲まれた小さな中庭には、南国台南を感じさせるような草花が。青々と咲き誇り、手入れが行き届いているのがわかります。

浅草新天地_路地裏05

ストーンアートや、味のあるランプも飾られています。

浅草新天地_路地裏06

”かまど”で焼いた焼き芋をおすそ分けしてくれる親切な皆さん。ほがらかで優しい台南っ子と異文化交流、素敵な旅の思い出ができました。

休日を楽しむ若者で賑わう「浅草新天地」エリア、台南で街歩きを楽しむならぜひ訪れてみて下さい!
 

「浅草新天地」
Tel:+886 6 225 1702
住所:700 台湾台南國華街三段26號

[All Photos by Ai Kaneko]
Do not use images without permission.

台南情報、以下の記事も要チェックです!
『次に行きたい台湾の街、今大注目の台南7つの魅力。実はアクセス便利!』
『【台湾】台南1日観光はこれだ!歴史とグルメを満喫できる欲張りモデルプラン』
『台湾のなつかしい街並みをめぐる旅。台湾の伝統を感じる台北・台南の老街4選』

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【クソデカ】ファミマが新発売した焼きそばパンがデカすぎて距離感狂うレベル! でも名前はただの「焼そばロール」で惚れそう

それは昼食を買いにファミリーマートに立ち寄った時のこと。パンコーナーに差し掛かった時、異常な圧力を感じた。なんだこの気配は。

振り返ると、棚にはサンドイッチと焼きそばパンが置いてある。だが、サンドイッチがやけに遠い。昼時だし忙しくて前陳できていないのだろうか……いや、違う

サンドイッチが遠いんちゃう! 焼きそばパンがデカイんや!! 距離感がおかしくなるレベルでクソデケェェェエエエ!!!

・ファミマ、またやらかす

ファミリーマートは定期的にアホになる。白飯の上に唐揚げが10個乗った『唐揚10個ドーン!』など、たまに知性を感じさせない商品を発売するのである。そんなファミマがまたやらかしていた。その名も「焼そばロール(税込298円)」。

いや、マジメか。これだけデカくてよく「焼そばロール」とだけ名乗れたものである。私ならウケを狙って「クソデカ焼きそばパン」とかにしてしまいそうなところだ。思わず名前に突っ込んでしまうほどデカイ焼きそばパンを持ってレジに直行した。

・家の中だとさらにデカイ

自転車のカゴを我が物顔で占拠するくらいデカイ焼そばロール。道行く人に注目されていないかちょっと恥ずかしさすら感じる。だが、そんなの気にしないのが男だ。そうだろ? 焼そばロール。

家の中で改めて見るとさらにデカイ。まるで机は自分のものと言わんばかりにクッッッソデカイ。試しに普通サイズの「焼きそばドッグ(税込138円)」と並べてみたところ……

※遠近法ではありません

──そんな注釈が必要なほどに焼そばロールが近く見える。距離感の狂い方が山みたいだ

・不器用な男

もちろん、食べるのも並みではない。アゴもはずれよとばかりにかぶりつくと、永遠に続いていくパンの大地から海のようにあふれ出す焼きそばとマヨネーズ

宇宙誕生以来これほどデカイ焼きそばパンがあっただろうか? 1つ食べるだけでお腹いっぱいである。クッッッッッソデケェェェエエエ

もう嫌になるくらいデカイ「焼そばロール」。しかしながら、そのクソデカさに反するシンプルな名前には、多くを語らない男の背中のようなものが垣間見えた気がした。不器用な男なのかもしれない。ヤダ、惚れそう

参考リンク:ファミリーマート「焼そばロール」
Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。