【みちのくグルメ】すべてが大きいご当地ベーカリーで、手からはみ出すジャンボシュークリームに挑戦 / 青森県「道の駅つるた」

古今東西、デカ盛りを愛する文化は全国共通だ。ここ青森県にも、メロンパンやらあんパンやら焼きそばパンやら、売っているモノがとにかくデカい名物ベーカリーがある。

パンも捨てがたいが、巨大化してうれしい食べ物といえばやはりお菓子だろう。店内では洋菓子の代表格、シュークリームまでメガサイズで販売。

手に持つとずっしり重く、テーブルに置いては紙パック飲料ほどの高さ。中にはクリームがこれでもかと詰まり、ボディブローのように身体の自由を奪っていく……そんなジャンボな商品をご紹介したい。

・「道の駅つるた 鶴の里あるじゃ」

青森県北津軽郡「道の駅つるた 鶴の里あるじゃ」。農産物直売所やレストランを備えた複合施設の一角に「あるあん」というベーカリーカフェがある。町の大豆米加工施設なのだそうだ。

なんの変哲もない、よくあるローカルなパン屋さんに見えるのだが……掲げられた「名物ビックリパンシリーズ」という文字。

このお店の商品というのが、1人前の焼きそばをそのまま挟んだ「びっくり焼きそばパン」や、ハンバーグ2枚入りの「びっくりバーガー」、小型のバケツに詰まった「バケツ豆腐」とどれもが規格外のサイズで、しかも価格は400〜500円程度とリーズナブル! 

商品は持ち帰ってもいいし、併設のイートインスペースで食べることもできる。後者の場合はコーヒーやカトラリーのサービスがある。

・「でっかいシュークリーム」(税込1200円)

見たところ、おそらく店内でもっとも高額な商品が「でっかいシュークリーム」だ。それでも1200円。

並べてみると200mlの紙パックに届くくらい背が高い。ちなみにシュークリームにまったく合わないと思われる「1日分の野菜」を選んだのは、少しでも罪悪感を軽くするためである。カロリーは100gあたり348kcalとあるが、総重量が記載されていなかった。深くは考えないでおこう。

いざ、袋から出してみる。

手のひらから軽くはみ出すサイズ。牛丼のどんぶりよりも遥かに大きい。人間の帽子くらい、あるいは小型の鍋くらい、というのが近いだろうか。

シューのあいだからは、きれいに絞られたクリームがのぞいている。こんな極太の絞り袋あるの?

切り分けると、中にはぎっしりとクリーム! クリーム! クリーム! 正確には生クリームとモアロクリーム。ケーキだってこんなには使わないだろうから、人生で出会う最大量の生クリームかもしれない。

それでは食べてみよう。フォークに山盛りクリームをすくっても、まだ「ちょっと味見」レベルだ。

生クリームは素朴な美味しさ。まったく奇をてらったところのない、シンプルでスタンダードなクリームといえる。昔からある町の洋菓子店の味のような、どこか懐かしい感じ。

普通のシュークリームを食べるときも、フタ部分を外してクリームを盛り、少しずつ食べていくのがテーブルマナーらしい。生地は少し塩気があり、そのままだと味気ないが、甘いクリームと合っている。

さて、その後も……

せっせと食べるが……

早々に結論をいってしまうが、1人では食べきれない! 複数人で食べるか、あるいは残った部分を持ち帰ろう。

はっきりいって皮の部分はなんてことない。全部集めてもパン1個分くらいだろうから、恐るるに足らず。が、クリームが胃にたまってくる。く、苦しい……。

今回はとても胃に入らないが、パンのシリーズも気になる。どれも通常サイズの3~5倍だそう。家族の少人数化で小分けの商品が好まれる今日、時代に逆行するようだが話題性は抜群。2007年の販売開始以来、道の駅の名物となっているそうだ。青森にお越しの際はぜひ!

・今回ご紹介した店舗の詳細データ

名称 道の駅つるた 鶴の里あるじゃ
住所 青森県北津軽郡鶴田町大字境字里見176-1
時間 10:00~18:00(大豆米加工施設)

参考リンク:メデタイ・ツルタ(青森県鶴田町観光ウェブマガジン)
Report :冨樫さや
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

海鮮丼に静岡茶スイーツまで!静岡を味わいつくそう「静岡ごちそうマルシェ」

池袋で静岡を満喫する

静岡ごちそうマルシェ2

静岡の素材の味がたっぷりと詰まった「第3回静岡ごちそうマルシェ」が、12月12日(木)から18日(水)の期間、西武池袋本店で開催されます。

静岡県といえば、日本有数のお茶生産地や浜名湖産のうなぎなど食の魅力が詰まった場所。普段、なかなか静岡まで足を運ぶことができない人でも、池袋で「美味しさのいいとこ取り」ができます。

また「しずおか・地酒研究会」主宰の鈴木真弓氏とともに、日替わりで各蔵の蔵元によるトークショーなどのイベントも実施される予定。今まで気づかなかった静岡の魅力に、きっと引き込まれます。

名物を食すなら「静岡ごちそう食堂」へ

静岡を代表するグルメを地酒と一緒に堪能できる期間限定の食堂(イートイン)が登場します。海に面した静岡県ならではの新鮮な海の幸を使用した海鮮丼。浜名湖の温暖な気候とミネラルに育まれたうなぎ。そして、日本が誇る御茶所。

「静岡ごちそう食堂」には、そんな静岡県の様々な素材の旨味を凝縮したメニューが並んでいます。

静岡海鮮ごちそう丼

・河津町
拓味亭 市山/静岡海鮮ごちそう丼
価格:(1人前)2,200円〈西武池袋本店限定〉

生桜えび、生しらす、鯵、金目鯛の鮮やかな四色丼です。特に、生桜えびは静岡の名物のひとつで、静岡の駿河湾でのみ獲れたもの。宝石のように輝く桜えびは、新鮮でプリプリ食感。

〆は70年以上、地元静岡の人々に愛され続けている「いしだ茶屋」の緑茶を使った、特製だしをかけていただきます。

桜えびとお茶っ葉かきあげ丼

・清水由比
ごはん屋さくら/桜えびとお茶っ葉かきあげ丼
価格:(1人前)1,980円〈西武池袋本店限定〉

名産の桜えびの香ばしさと、お茶の風味のハーモニーが堪らないかき揚げ丼です。どちらも静岡を代表する素材を使用しています。西武池袋本店でしか味わえない、限定の味をこの機会に。

・河津町
拓味亭 市山/静岡海鮮富士山丼
価格:(1人前)2,200円〈西武池袋本店限定〉

まぐろや鯵、金目鯛と富士山の恵みを受けて育った「富士山サーモン」を合わせた海鮮丼。金目鯛は河津名物のひとつでもあります。

清水まぐろとしらすの3色丼

・清水由比
ごはん屋さくら/清水まぐろとしらすの3色丼
価格:(1人前)2,530円〈西武池袋本店限定〉

静岡県にある清水港は、日本で消費されるまぐろの約半分を水揚げしている、日本一まぐろが水揚げされる港。そんな、清水港のまぐろの赤身と中とろを惜しみなく乗せ、由比産しらすまで加えた豪華な3色丼。

うな重・松

・浜松
竹泉/うな重・松
価格:(1人前、肝吸い付)3,520円

浜名湖の温暖な気候と豊富なミネラルで育った鰻を、優しい甘さのタレで香ばしく焼き上げた一品。ふっくらとした肉厚の鰻が、幸せな気持ちにしてくれます。

静岡おでん6種 茶飯セット

・富士
駿河屋賀兵衛/静岡おでん6種 茶飯セット
(牛すじ・大根・黒はんぺん・玉子・こんにゃく・栃尾揚げ、茶飯付)
価格:(1人前)1,501円〈西武池袋本店限定〉

繊細な味わいのスープに、仕上げのだし粉がアクセントの静岡おでん。静岡緑茶の茶飯が付いた絶品です。

山葵で食べる塩つけ麺

・伊豆
伊豆あまからや/山葵で食べる塩つけ麺
価格:(1人前)1,100円〈初登場〉

喉越しの良い細麺に、伊豆の本わさびの爽やかな刺激を添えていただきます。

うなぎパイが人気の春華堂が作る絶品スイーツ

静岡土産で有名な「うなぎパイ」を販売している春華堂から、静岡の美味しさをぎゅっと閉じ込めたパフェが登場。静岡茶を使った濃厚抹茶のくちどけと、静岡いちごの紅ほっぺを使用したアールグレイパフェ。どちらも食べたくなってしまう美味しさです。

春華堂

・浜松
春華堂 〈イートイン〉
(左)抹茶好きのための抹茶づくしパフェ
価格:(1人前)1,650円〈西武池袋本店限定〉

抹茶のアイスとゼリーに、粒あんや白玉を添えたパフェです。

(右)アールグレイ香る紅ほっぺパフェ
価格:(1人前)1,650円〈西武池袋本店限定〉

甘みと酸味のバランスが絶妙な静岡産紅ほっぺ。いちごとバニラの華やかな風味に紅茶ゼリーが爽やかにマッチしています。

食欲そそるB級グルメやスイーツ

静岡の豊かな自然に育まれた山海の素材が光る、ご当地お土産も多数登場。「わさび漬け」や「生しらすの沖漬け」、ソウルフードである「浜松餃子」などもあり食欲をそそります。

遠州浜松餃子

・浜松
うまいもん空海/遠州浜松餃子
価格:(1パック、5個入)540円〈実演〉

遠州ブランド豚「とこ豚」を使用した具だくさんの名物餃子です。タレをつけなくても十分美味しいですが、珍しい緑茶入りのタレでいただけば旨味がさらに引き立ち、さっぱりとした後味にまとまります。

メロンアップ

・掛川
パンの郷/メロンアップ
価格:(1個)191円

静岡産のクラウンメロンの果汁をパン生地とクリームに練りこみ、メロンの甘みたっぷりのメロンパンです。

イタリアンロール

・沼津
冨久家/イタリアンロール
価格:(1本、長さ約24cm)1,651円

シューとカステラ、生クリームが絶妙な手づくりロール。
*12月12日(木)~14日(土)、17日(火)各日午後3時から販売
*各日限定100本、お一人さま2本限り

静岡で愛される7蔵によるトークショー

20年以上、静岡の地酒を県内外に発信し続ける「しずおか地酒研究会」がおすすめする7蔵が登場。研究会主宰の鈴木真弓氏とともに、日替わりで各蔵の蔵元が地酒の魅力を語るトークショーも開催します。

蔵元来店トークショー
日時:12月12日(木)から17日(火)各日午後3時、午後6時、18日(水)午後2時 (各回約20分)

蔵元来店トークショー

写真左から
・藤枝
高嶋酒造/白隠正宗純米吟醸
・沼津町
神沢川酒造場/正雪 純米大吟醸
・由比町
英君酒造/特別純米 誉富士
・静岡
花の舞酒造/花の舞アピス

蔵元来店トークショー2

写真左から
・富士宮
富士錦酒造/シルキースノータイム富士錦 吟醸
・藤枝
杉井酒造/杉錦 生酛純米大吟醸
・富士宮
富士正酒造/純米げんこつ生原酒

「第3回静岡ごちそうマルシェ」
会期:12月12日(木)~18日(水)
(最終日は午後4時閉場)
会場:西武池袋本店7階、催事場
出店店舗:38店舗

西武池袋本店
住所:東京都豊島区南池袋1-28-1
電話:03-3981-0111(大代表)
営業時間:10:00~21:00
※日・祝休日は~20:00(不定休)
公式ホームぺージ:https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/c

[PR TIMES]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【クソデカ】ファミマが新発売した焼きそばパンがデカすぎて距離感狂うレベル! でも名前はただの「焼そばロール」で惚れそう

それは昼食を買いにファミリーマートに立ち寄った時のこと。パンコーナーに差し掛かった時、異常な圧力を感じた。なんだこの気配は。

振り返ると、棚にはサンドイッチと焼きそばパンが置いてある。だが、サンドイッチがやけに遠い。昼時だし忙しくて前陳できていないのだろうか……いや、違う

サンドイッチが遠いんちゃう! 焼きそばパンがデカイんや!! 距離感がおかしくなるレベルでクソデケェェェエエエ!!!

・ファミマ、またやらかす

ファミリーマートは定期的にアホになる。白飯の上に唐揚げが10個乗った『唐揚10個ドーン!』など、たまに知性を感じさせない商品を発売するのである。そんなファミマがまたやらかしていた。その名も「焼そばロール(税込298円)」。

いや、マジメか。これだけデカくてよく「焼そばロール」とだけ名乗れたものである。私ならウケを狙って「クソデカ焼きそばパン」とかにしてしまいそうなところだ。思わず名前に突っ込んでしまうほどデカイ焼きそばパンを持ってレジに直行した。

・家の中だとさらにデカイ

自転車のカゴを我が物顔で占拠するくらいデカイ焼そばロール。道行く人に注目されていないかちょっと恥ずかしさすら感じる。だが、そんなの気にしないのが男だ。そうだろ? 焼そばロール。

家の中で改めて見るとさらにデカイ。まるで机は自分のものと言わんばかりにクッッッソデカイ。試しに普通サイズの「焼きそばドッグ(税込138円)」と並べてみたところ……

※遠近法ではありません

──そんな注釈が必要なほどに焼そばロールが近く見える。距離感の狂い方が山みたいだ

・不器用な男

もちろん、食べるのも並みではない。アゴもはずれよとばかりにかぶりつくと、永遠に続いていくパンの大地から海のようにあふれ出す焼きそばとマヨネーズ

宇宙誕生以来これほどデカイ焼きそばパンがあっただろうか? 1つ食べるだけでお腹いっぱいである。クッッッッッソデケェェェエエエ

もう嫌になるくらいデカイ「焼そばロール」。しかしながら、そのクソデカさに反するシンプルな名前には、多くを語らない男の背中のようなものが垣間見えた気がした。不器用な男なのかもしれない。ヤダ、惚れそう

参考リンク:ファミリーマート「焼そばロール」
Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。