海老名SA(下り)のみの特別感!「東京ばな奈」がソフトクリームになりました

販売店は海老名サービスエリア(下り)だけ

東京ばな奈ソフト02
2020年7月22日(水)から、「海老名SA(下り)」が「EXPASA海老名(下り)」としてグランドオープンします。その記念として生まれたのが、この「東京ばな奈ソフトクリーム」。ソフトクリーム版「東京ばな奈」を味わえるのは、ここだけとなります。

東京ばな奈のやさしい味わいを再現

チョコがけばな奈味
この「東京ばな奈ソフトクリーム」は、東京ばな奈の美味しさを目指して、中に入っているバナナカスタードのようなこっくりなめらかなソフトクリームとなっています。完熟バナナのピューレを使い、東京ばな奈のやさしい味わいをしっかりと再現。また、大きな丸い口金でふわもこソフトクリームに仕上げ、ふわふわのスポンジをイメージできるようになっています。

さらに、食べたい気分に合わせてフレーバーは2種類。東京ばな奈のバナナカスタードをそのままソフトクリームにしたような「ばな奈味」と、お祭りのチョコバナナのようにチョコがけした「チョコがけばな奈味」があります。「チョコがけばな奈味」はパリッとしたチョコから、とろりとソフトクリームがとろける、これまでにないリッチな味わいが楽しめます。この夏、「EXPASA海老名(下り)」で、特別感あふれる「東京ばな奈」に出会う旅をしてみては!?

◇東京ばな奈ソフトクリーム
価格:ばな奈味:450円(税込)/チョコがけばな奈味:490円(税込)
発売日:2020年7月22日(水)
販売店:EXPASA海老名(下り) SASTAR 2 (サスター ツー)
住所:神奈川県海老名市大谷南5丁目2−1
販売時間:9:00~20:00

■東京ばな奈ワールドとは
https://www.tokyobanana.jp/
■公式Instagram
https://www.instagram.com/tokyobanana_jp/

[PR TIMES]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

好きなお刺身を好きなだけ!道の駅日立おさかなセンターの「味勝手丼」が幸せすぎる【日立】


新鮮なお刺身にふっくらご飯。ご当地ならではの海の幸がふんだんに盛られた海鮮丼は国内旅の醍醐味のひとつ。一方、決められた“デフォルト”ではなく、好きなお刺身を好きなだけ食べたい!という人も実は少なくないのでは?

そんなあなたにオススメしたいのが、茨城県日立市の代表的名物に君臨する「味勝手丼(みがってどん)」。今回は好きなお刺身を欲望のままに食せる極上の丼をご紹介しましょう!

東京からは車で2時間ほど


日立市南部、久慈漁港のほど近くにある「道の駅日立おさかなセンター」。東京からは車で約2時間と日帰りで訪れられるのも魅力。地元で水揚げされた採れたて魚介類や、野菜や果物、加工品などあらゆる食材が揃います。


名物「味勝手丼」は館内にある「あかつ水産」にて提供。こちらからトレーを受け取り進みます。


ショーケースにズラリと並ぶのは新鮮な海の幸。その種類の多さに圧巻!


お刺身はそれぞれパックに入れられているので衛生面も安心。


地元日立で採れた本平目も。イクラやウニ、明太子なども充実。会計時にご飯とスープをいただきます。


各テーブルにはグリルが設置され、海鮮浜焼きをいただくことも可能です。

迷うことさえ楽しめるバリエーション豊かな海の幸


筆者がセレクトしたお刺身たち。欲望の赴くままに選んでいたらかなりの量に!しかしながら好きなものを好きなだけ思う存分チョイスできるのは幸せすぎます。


そしてご飯に盛ってみました。これだけの種類のお刺身を丼にのせる機会もそうそうないので、なんとも楽しい作業に!魚介類はどれもぷりっぷりで鮮度の良さがわかります。生牡蠣も大振りで食べ応え抜群。スープも海鮮系出汁が濃く絶品でした。

必食したい海鮮浜焼き

276797-09jpeg
センター内にある鮮魚店で海鮮類を購入し、店内で焼いて食べることも可能。地元産を中心としたホタテやエビ、アワビ、はまぐりなどが揃います。ぜひ味勝手丼と一緒にいただきたいところ。

東京からわざわざ行く価値大の「味勝手丼」。ぜひ一度、好きなお刺身を好きなだけ食す楽しさを味わってみてはいかがでしょうか?

道の駅日立おさかなセンター
住所:茨城県日立市みなと町5779-24
電話番号:0294-54-0833
http://hitachi-osakana-center.com

[All photos by Nao]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【独占取材】もはやそば屋ではない「富士そばメニュー」はどのように生まれているのか? 試作会に参加してみた / 立ち食いそば放浪記:第239回

関東でお馴染みのそばチェーン・富士そば。東京だと、街を歩くと富士そばに当たるくらいの勢いである。どこにでもあってコスパ良いそば屋──数年前までの私(中澤)の認識はそんなものだった。しかし、この富士そば、ただのそば屋だと思っていたら大間違いである

パクチーそば、丸ごとトマトそば、タピオカ漬け丼などなど、よく見たらぶっ飛んでるような狂気のメニューがたまに登場するのだ。そう、富士そばと言えば、玉石混交・魑魅魍魎うずまく店舗限定メニュー。そんな百鬼夜行はどうやって生まれてくるのか? 調査のため富士そばメニューを考案する試作会に参加してみた

・試作会とは

試作会とは平たく言えば、メニュー化の最初の第1歩。まずは形にして実際に食べてみる段階だ。富士そばもこういうことやってるんだな。荒ぶってるとは言え、やはり130店舗を超えるチェーンだし、試作会専用の場所で各店の店長が集まってブレストするに違いない……

と思いきや、呼び出されたのは富士そばの代々木八幡店だった。店の奥に入っていくと……

参加者2名……!

私を含めて3名だ。そのひっそり具合から、見せるためのものではなくガチ中のガチの開発現場であることが伝わってくる。よそ行きではなく普段の顔だ。

また、普通の店舗で営業時間中にメニュー開発が行われていることにも驚いた。ひょっとしたら、私が食べている奥でメニューが開発されていたこともあったかもしれない。そう考えると、軽く秘密結社のような雰囲気を感じるのは気のせいか

・マイナーチェンジの試作会

さて置き、今回の試作会は冷やし肉骨茶そば(バクテーそば)。すでに14店舗限定で販売開始されているものだが、味をマイナーチェンジしようとしているのだとか。従来のものと新味の冷やしバクテーそばを食べ比べてみたところ……

変わらねェェェエエエ

私ごときでは味の違いがほぼ分からなかった。何度も食べ比べてやっと「新味の方がちょっとだけ味が濃いかも?」と自信なく思う程度の微妙すぎる変化である。

なんでも、新味はニンニクを2~3%アップしているのだとか。客の声にも耳を傾けつつ、こういったマイナーチェンジをたまに行いピントを合わせているという。荒ぶったメニューから受けるイメージからは想像できないほど繊細かつストイックだ。結局、今回の試作会ではニンニクが増量される方向となった。

・新商品開発の試作会

そして、翌日は高円寺店で試作会。こちらは現在開発中の新商品で、フグをトッピングしたそばとフグの丼だ。高級食材のフグが富士そばのメニューにあるというのは想像がつかない。どうせちょびっとだろうなと思いきや……

丼にもそばにも、身の厚いフグがなかなか豪勢に使われているではないか。丼は卵とじになっており、そばのフグは揚げられている。食べてみたところ……

激・ウ・マ

フグと言えば透けるくらい薄いヤツしか食べたことがない私にとって、「これがフグの味か」という肉の旨みがした。しかし、これいくらなんだろうか?

広報・工藤さん「シンプルに足し算をすると、大体790円くらいかと思うのですが、中澤さんは富士そばに来てこの商品が売っていたとして、いくらくらいだったら食べますか?」

──逆に意見を聞かれてしまった。確かに、この身の厚さと味は感動ものである。ただ、ガチで自分に正直に言うと、富士そばの価格帯の中、790円でこれが出てきたら、ボリューム的に満足度があるかどうかは疑問だ。それなら、カレーとかかつ丼に流れるかもしれない。そう考えると……

私「590円っすね」

──フグで590円は今から考えるとありえない価格だが、咄嗟のことだったためご容赦いただければと思う。もしも、本当に590円になってしまったらめっちゃ食って恩返しするので許してください

・プロを感じる

上記の話でも少し見えるように、この試作会では値段や味付け、そして切り方などを検討していた。例えば、丼はフグを大きく3つに切ったものと、サイコロ状に切ったものの2つが用意されている。見え方の満足度も含め、どちらを取るかという話だ。コスパの感覚はこういった部分からも作られているのかもしれない。

また、フグの揚げ方にも2種類あり、タレに漬け込んで揚げたものと、シンプルな塩味が用意されている。個人的にはタレが分かりやすくウマかったが、工藤さん的には「フグの素材の旨みがより感じられる」という点で塩推しなようだ。

とは言え、試作会は30分くらいでサッと終わった。結論がすぐに出たのである。大体こんな感じでサクッと終わるらしい。結果が気になる方はメニュー化を乞うご期待。

相変わらず検討しているメニューはトんでるんだけど、2つの試作会に参加して伝わってきたのはガチだということ。特に、普通では分からないだろうレベルのマイナーチェンジや、素材の味を重視した考え、切り方への着眼点などはプロを感じた。魑魅魍魎とか百鬼夜行とか言ってすみません。しかしながら、これからも未知との遭遇を期待してます!

Report:立ち食いそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.

« 前回へ | 第1回から読む

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。