韓国で人気のタルゴナミルクティーのお店「Cha aoyama」がオープン!

「ㅊa(CHA)」の看板が目印!

「ㅊa(CHA)」の看板が目印!

「Cha aoyama」は、渋谷駅宮益坂方面に出て、青山方面に向かうこと徒歩10分程度で到着します。少しわかりにくいですが、「ㅊa」と書かれた白い看板が目印です。

店内はこじんまり

店内は縦に長くこじんまりしています。到着すると先客がいらっしゃってたので、少し外で待つことにしました。

メニューは豊富

お店に入ったらカウンターで注文します。メニューはこちら。現在はアッサムティーを使ったストレートティー(500円・税抜)やミルクティー(550円・税抜)、そしてお店の看板であるタルゴナミルクティー(600円・税抜)をなどを提供しています。

持ち帰り用のボトルも

お持ち帰り用に濃いめに入れたボトルミルクティー(900円・税抜)もあります。マグカップ2杯分の大容量で、タルゴナも付けてくれるので、おうちでタルゴナミルクティーが作れちゃいます!ボトルは四角くてとてもかわいいですね。

タルゴナがかかったスコーン

また、タルゴナをたっぷりかけた「タルゴナスコーン」(プレーン250円、紅茶280円・税抜)も。甘さ控えめのスコーンにあっま〜〜〜いタルゴナがぴったりなんですよ。

エスプレッソマシーンで抽出した濃厚なミルクティー

紅茶はここで作られます

エスプレッソマシーンで抽出された紅茶

お店の紅茶は、このエスプレッソマシーンで抽出しているそう。コーヒーで使っているエスプレッソマシーンとほぼ同じです。淹れている様子もほぼコーヒーの時と同じでした。

濃厚なミルクティーが作られます

注文を受けてから紅茶を抽出しています。手間をかけて濃厚なミルクティーが仕上がっていくのです。

こちらがタルゴナミルクティー!

そして、できあがったのが看板メニューの「タルゴナミルクティー」です!

タルゴナを少しずつ溶かしながら・・・

ミルクティーの上にタルゴナがたっぷり

ミルクティーの上に、タルゴナがたっぷりかかっています。お店の方から「少しずつ溶かしながら飲んでください」とアドバイスをいただいたので、クルクルとカップを動かして溶かしていくことにします。

サクサクしたタルゴナを溶かしながら飲みます

タルゴナは前述しましたが、韓国のカルメラ焼きのこと。細かく砕いたサクサクとしたタルゴナを溶かすと、まるでキャラメルミルクティーのような味わいになります。ミルクティー自体は無糖なので、タルゴナが溶けるといい塩梅に。そして、何よりもミルクティーが濃厚なのが相性ぴったりです!

東京で韓国で人気の味を楽しもう!

東京で韓国で人気の味を楽しもう!

テイクアウトのみでの提供ですが、歩きながら飲むのにも、持ち帰りにもぴったりです。UberEatsや通販も行っているそう。

韓国で人気の味を試しに、ぜひ訪れてみてください。きっと、濃厚なミルクティーと甘いタルゴナの組み合わせにハマってしまいますよ。

Cha Aoyama
住所:東京都渋谷区渋谷2-1-11
営業時間:11:00〜19:00(状況により変動する場合があります)
HP:https://www.instagram.com/cha_aoyama/

[All Photos by Kaori Simon]
Do not use images without permission.

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【波乱】商品名からしてヤバそうな「納豆ごはんクレープ」を食べたら納豆の新たな可能性を発見した

世の中には、ありとあらゆる食べ物の組み合わせがある。「それ絶対ウマいやつやん!」となるものから、思わず「えぇ……」と閉口してしまうものまで、それこそ組み合わせは無限大。

今回は、京都の繁華街で発見した「納豆ごはんクレープ」なるグルメを紹介しよう。ブッ飛んだ商品名だけ聞くとズバリまずそうだが、実際どうなのか食べてみた!

・定番メニューのなかに……

納豆ごはんクレープを食べられるのは、京都市にあるクレープ店・さんじや。お店は阪急電鉄の河原町駅から少し北に上がったところ、新京極商店街の入口付近にある。

メニューには美味しそうなデザート系のクレープがこれでもかと並ぶ。こいつらの誘惑を振り切って納豆ごはんを注文するのは、相当な勇気がいるといえよう。定番のクレープを食べたい衝動を何とかおさえ、納豆ごはんクレープ(450円)を注文した。

・意外にイケる

確かに納豆ごはんが入っている。クレープの中に。

店員さんによると、まかないで食べる人も多いのだとか。わざわざ店員さんがまかないで食べるということは、もしかして美味しいのか? 期待と不安を胸にかぶりついてみると……。

イケる……だと!?

にわかに信じられない人も多いと思うので、詳しく説明しよう。

このクレープ、納豆ごはんの他にマヨネーズとネギがトッピングされており、さらに食べ進めていくと海苔の佃煮が仕込まれている。この「納豆+マヨネーズ+ネギ+海苔佃煮」というありそうでない組み合わせが、悪くないのだ。悪くないどころか、良い。納豆を上手く使ったジャンクな味わいというか。

そしてクレープに包まれていることは、プラスにもマイナスにもなっていない。しかしこれはマイナスになっていないだけで御の字というべきだろう。

おそらく「納豆ごはんクレープ」という商品名だけ聞くと、多くの人は美味しくなさそうと思うはずだ。それは「甘いもの」であるクレープと納豆が合うわけない、というイメージから起因するものではないだろうか。

しかし、よくよく考えてみると、クレープが甘いのは中にクリームやらチョコやらがモリモリ入っているからであって、別にクレープの皮自体がそんなに甘いわけではない。

したがって納豆をクレープに合わせても、そこまでぶっ飛んだ味にはならないのだ。かといってクレープの皮が納豆の美味しさを引き立てているとか、そういうこともない……。

いずれにせよ、ポイントは「納豆+マヨネーズ+ネギ+海苔佃煮」という組み合わせだ。これが美味しいということが、今回の最大の発見だった。今度、茶碗の上で再現してみようかな。

・今回紹介したお店の情報

店名 さんじや
住所 京都府京都市中京区蛸薬師通新京極東入裏寺町595-3
時間 13時~22時
休日 無休

Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

九州ラーメン総選挙で1位を獲得した「暖暮」のスーパーカップが登場 → 福岡出身者が食べた感想

とんこつラーメン王国の福岡県にはいろんなお店があるが、有名どころでいうと筑紫野市の人気店「ラーメン暖暮(だんぼ)」は外せない。それもそのはず、同店は九州ラーメン総選挙で1位の実績あり。さらに県内はもちろんのこと、九州や関東、何なら海外まで進出しているからである。

その特徴の1つが辛味だれでいわゆる “味変” を楽しめるのだが、なんと2020年7月20日から全国区で味わえるようになった。そう、エースコックから「スーパーカップ1.5倍 ラーメン暖暮監修 辛ダレ豚骨ラーメン」が発売されたのだ。

・替え玉無料券つきのカップ麺

暖暮のスーパーカップは全国のスーパーやコンビニなどで購入することができる。希望小売価格は税抜220円とのことだが、私はスーパーにて178円で買えた。んで、なんと言っても目を引くのはデカデカと書かれた「暖暮」の文字……ではなく……

パッケージについている「替え玉無料券」だろう。なにせ、通常なら税込150円の替え玉がタダになるし、カップ麺の値段を考えるとなかなかお得なのだ。店舗に行けるかどうかが問題となるも、使用期間は2021年7月19日までとどこかで使うかもしれない。

・どこまで再現されている?

こういうサービスって意外と嬉しいものがあるんだよなぁ〜というのはさておき、本題へ入っていこう。先述したように暖暮の特徴といったら辛味だれだが、はたしてどこまで再現されているのだろうか。

開封すると、中にはかやく入り粉末スープと特製ペースト。このあたりはよくあるカップ麺といった感じだ。まずはかやく入り粉末スープを入れ、お湯を注いで3分待つ。そっから特製ペーストを加えたら……

ほい、完成! いかにも辛そうな見た目だが、結論からいうとエッジが効いていてヨロシであった。というのも、口の中に残る辛さが心地よく、汗を吹き出しつつもつい食べちゃう&飲んでしまう。なんというか絶妙な辛さで箸が進む!!

ピリッとした刺激、そしてコクのある豚骨スープは、お店の味に寄せているなと感じるもの。辛いもの好きには物足りなさがあるかもしれない一方、苦手な人は特製ペーストを調整しながら食べ進めていけるので誰にでも食べやすいカップ麺と言っていいだろう。

・余裕があるなら工夫しよう

麺はいつものスーパーカップって感じではあるが、細いタイプがスープと合っていてスルスルと胃に入っていく。また、風味もよく、時折コリコリっとキクラゲが顔を出してくるのもグッジョブ。きれいな一杯にまとめてあるなという印象を受けた。

強いていうならば……カップ麺にいうのは酷かもだが、ドカンとチャーシューが入っていればワンランク上のものになったような気がする。とはいえ、値段を考えると十分。店舗に行けない人にとって、片鱗(へんりん)を知ることができるカップ麺だった。

福岡県出身の私からすると、ネギを増して煮卵を入れるなど自分で工夫して高みを目指すのをオススメしたい。繰り返しになるが、肝は特製ペースト。自分の好みを確かめつつ、調整して食べるといいだろう。

参照元:PR TIMES
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。