【世界ひとり飯22】北欧ストックホルムでオススメの肉料理、味の決め手はあのソース!

ストックホルム中央駅から歩いて北の住宅街へ

ストックホルムは14の島からなる都市です。見どころは、ストックホルム中央駅から南側に広がります。今回のお店「Cafe Tranan(カフェ・トラナン)」があるのは北側のVasastan(ヴァーサスタン)という地域。住宅街で公園も多く、ゆっくり散歩するのにいい街並みです。

ストックホルム

ストックホルム中央駅から歩いても30分ほどですが、地下鉄を使うならOdenplan(オーデンプラン)駅が便利です。夕方にはサインが灯って、駅の入り口さえ北欧感が出ています。

ストックホルム

さて、世界で最も美しい図書館の一つ「ストックホルム市立図書館」もこの地区にあります。吹き抜けの空間に、壁を埋め尽くす本。圧巻です。食事の前に覗いてみました。

創業1929年の人気のCafe Tranan

Cafe Tranan

「Cafe Tranan」がここにオープンしたのは1929年ですから、もう90年以上も前のこと。ニシンのフライといった、当時からのメニューも残っています。古いというと、なにか取っつきにくい印象もあるかもしれませんが、ここはそんなことはありません。地下にはライブスペースもあって、トム・ウェイツや最近ならクレイグ・デイヴィッドなども演奏したそう。お店の人たちもフレンドリーで寛げます。

Cafe Tranan

さて大事な食事ですが、Cafeとはいえ本格的なスウェーデン料理を楽しめるレストランで、地元料理を食べるならここ、とすすめる人も多い人気店です。

ブルックリン・ビールが旨い秘密

cafe tranan

ところで、ヨーロッパの多くの国と同様に、スウェーデンの人たちもビール好き。ウェイターにおすすめの一杯を聞くと「ブルックリン・ビールがいいよ」とのこと。「あれ、ブルックリンってアメリカじゃないの?」と聞くと「そうだよ。おいしいからスウェーデンでも人気で、醸造所もできたんだよ」とのこと。Brooklyn Summer Ale(ブルックリン サマーエール)は380mlで84クローナ(約1,000円)です。

もともとはアメリカからボトル詰めしたものを輸入していたそうですが、その後北欧のカールスバーグと一緒に醸造所をオープン。よりおいしいブルックリンビールを楽しめるようになって、ますます人気だそう。

柔らかいタコの素揚げを前菜に!

前菜に選んだのは、「揚げたタコ」。メニューの「スナック」のセクションにあって110クローナ(約1,300円)です。「欧米人はタコは悪魔の生き物だから食べない」という人もいますが、実際にはよく食べられてます。スペインやポルトガルでも、そしてスウェーデンでも。ユダヤ教では食べてはいけないものの一つになっているので、ユダヤ教徒は食べないようです。

このタコは素揚げで、ちょうどいい柔らかさに。オイルと香辛料、パセリ、それにプチトマトの酸味もよく合います。

スウェーデンに来たらこれ!生タマゴも食べます

Cafe Tranan

メインのセクションから選んだのは「ビフ・ライドバーグ」。ウェイターに、せっかくストックホルムに来たら何がいいかな、と聞いたら即答してくれたのがこれ。ビフはビーフ、そしてライドバーグは昔あったホテルの名前です。そのレストランで考案されたこのメニューが人気になって、料理名にもなったそうです。195クローナ(約2,500円)です。

じゃがいもと玉ねぎをフライパンで柔らかくなるまで焼き、牛肉は塩・胡椒で下味をつけて焼いて、仕上げになんと、ほんのちょっとウスターソースをかけます。マスタードベースのソースで食べます。

Cafe Tranan

卵黄を添えて一緒に食べるのですが、これがまたビックリ。たまごを生食するのは日本人くらいだと思っていたからです。そして、これがまたまたよく合います。

合理的な調理法がやっぱり北欧風?

Cafe Tranan

店内の壁から天井には、こんなアートが施されていて自由な雰囲気です。うまくまとまっていてさすが北欧。

それにしてもウスターソースを使うとは。でも、北欧の人たちは合理的と言いますから、なるほどとうなずけます。ゼロから作らなくても、おいしく使える調味料を使ってできれば、それでいいですよね。

Tranan
住所:Karlbergsvägen 14, 113 27 Stockholm, スウェーデン
電話:+46 8 527 281 00
営業時間:火曜日〜日曜日 17:00〜22:00
HP:http://tranan.se/

[All photos by Atsushi Ishiguro]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

”FLIPPER’S”×京都”吉祥菓寮”が織りなす和フレーバーのパンケーキが登場



日本国内のほかアジアに進出する人気のスフレパンケーキ店「FLIPPER’S」から、きな粉や抹茶を使った和フレーバーのメニューが登場。さらにスタッフの声から生まれた期間限定メニューも展開中です。同店こだわりの期間限定メニューを紹介します。

奇跡のパンケーキ 深煎りきな粉と宇治抹茶

FLIPPER'S「奇跡のパンケーキ 深煎りきな粉と宇治抹茶」

日本国内に12店舗を展開するスフレパンケーキの専門店「FLIPPER’S」の5月シーズナルメニューは、「奇跡のパンケーキ 深煎りきな粉と宇治抹茶」です。同ブランド人気のやわらかなスフレパンケーキに、京都・祇園「吉祥菓寮」の深煎りきな粉を贅沢にまぶし、宇治抹茶のアイスクリームと自家製生チョコレート、北海道産あずきをトッピングした豪華な和の一皿です。「きな粉ソース」と黒蜜が別に添えられるので、濃厚なソースを加えながらお好みの味を楽しめます。

価格: 1,300円
展開店舗:FLIPPER’S 全店

奇跡のスフレパンケーキプリン 深煎りきな粉と宇治抹茶

FLIPPER'S「奇跡のスフレパンケーキプリン 深煎りきな粉と宇治抹茶」

同ブランドが都内に3店舗展開するテイクアウト専門店「FLIPPER’S STAND」では、「奇跡のスフレパンケーキプリン 深煎りきな粉と宇治抹茶」を販売。プリンの上には、濃厚な「きな粉ソース」と北海道産あずきを使用したクリームをのせ、さらにその上に宇治抹茶クリームをフィリングしたスフレパンケーキを合わせた、和の素材が集まった贅沢なプリンです。

価格: 600円
展開店舗:FLIPPER’S STAND全3店舗

パンケーキパイ 宇治抹茶とあんバター

FLIPPER'S「パンケーキパイ 宇治抹茶とあんバター」

限定店舗で販売しているもう一つの新作が「パンケーキパイ 宇治抹茶とあんバター」です。宇治抹茶を練りこんで焼き上げたパイ生地に北海道産の粒あんとバターをサンドした和テイストパンケーキパイです。

価格: 440円
展開店舗:FLIPPER‘S 表参道、自由が丘、FLIPPER’S STAND 新宿NEWoManを除く2店舗

奇跡のパンケーキ チーズチーズチーズ

FLIPPER'S「奇跡のパンケーキ チーズチーズチーズ」

さらに、「FLIPPER’S」で働くスタッフの声から生まれた待望の一皿も期間限定で販売中です。ふわふわに仕上げた同店人気のスフレパンケーキに、ゴーダ・チェダー・サムソー・グリュイエールの4種のチーズを使用したソースをたっぷりとかけた、食事としても楽しめる新メニュー。塩味の効いた熟成ベーコンや彩り豊かな野菜に、熱々のチーズソースが絡み合うチーズ好きには特におすすめの一品です。

価格: 1,400円
期間: 2019年5月8日(水)~6月30日(日)
展開店舗:FLIPPER’S 全店

【FLIPPER’S】

ジャーナルスタンダードやイエナなどのブランドを展開するベイクルーズグループの株式会社フレーバーワークスが運営する「FLIPPER’S」。現在、日本国内に12店舗とアジアに3店舗展開する人気のスフレパンケーキ専門店です。

公式サイト: http://flippers-pancake.jp
Instagram

[PR Times]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

SNSで話題の“美しすぎるホットプレート”。見た目◎だけど使い心地は?

 最近、妙に気になる調理家電があります。それは、オランダの家電メーカー「PRINCESS(プリンセス)」が作るホットプレート。“美しすぎるホットプレート”と称され、芸能人のインスタグラムにも登場するなどして話題になっています。