【知ってた?】生協の『コープヌードル』が『カップヌードル』とほぼ同じ味! しかも安い! もはや間違い探しレベル!

みんな大好き日清『カップヌードル』の、あえて欠点を探すとすれば「ほんの少しだけ値段が高い」ことだろうか。コンビニでの通常価格は198円(税込)。スーパーだと平均150円前後だから、たまに128円のセールがあれば個人的には即買いである。

もちろん弁当と比較すれば文句なしの安さなのだが、やや量が少ないため日頃より「もう少し安ければなァ……」と感じていた。そんな折、なんだかカップヌードルによ〜〜〜く似たヌードルを発見したのだ。その名も『コープヌードル』って、完全に狙ってるじゃ〜ん(笑)!

ところが……この案件、狙うとか狙わないとか、そういう次元の話じゃなかったのである。

・コープヌードル

コープ(生協)オリジナル商品といえば、昔は「組合員だけが買えるもの」という印象が強かった。しかし近年では全国に直売店が増えるなど、組合員以外でも入手しやすくなっている。

そんなコープオリジナルの『コープヌードル』は、『カップヌードル』とパッケージの色合い・ロゴ等にかなりの類似点が見られるようだ。ちょっと “偶然” では片付けられない雰囲気である。メインのバリエーションが『しょうゆ』『シーフード』『カレー』である点も同じ。

フタを開けると “例のニオイ” が……

おおぉ……………

こ、これは両者完全に一致…………

いや違う! 『コープヌードル』のほうは「具に “赤いヤツ” が混入している」ぞ! 原材料と照らしたところ赤いヤツの正体は『にんじん』だ。ただし、その他おなじみの『謎肉』『たまご』『えび』『ネギ』については、両者ほぼ見分けがつかないほど酷似している。

内容量は『コープヌードル』のほうが7グラム少なく(しょうゆ味の場合)、並べてみると確かに少ないような気もする。しかしどちらか一方だけを見せられた場合は、まず気づかないと断言していいはずだ。そして恐るべきことに……

コイツら、味もほとんど一緒なのである!!!

別商品だと知った上で食べ比べてみると「少し違う」と感じるが……見た目と同様、よほどのカップラーメン好きでないなら、言われなければ違いが分からないだろう。当然どちらがウマいとかも、もはや分からん。

・間違い探しの領域に

『コープヌードル』が「実はほぼカップヌードル」だったという衝撃の事実。事態がよく飲み込めないが、人気の『シーフード味』も比較してみることにしよう。

見た目・香りともに一致……

じゃない! 今度は「カニカマの切り方が違う」

それ以外の点はやはりしょうゆ味同様「言われなければ分からない」といった感じだ。だんだん間違い探しゲームになってきた。

つづく『カレー味』にも違いを発見!

「ジャガイモのサイズが違う」

しかしそれが味と関係するわけもなく、3種類の中でも濃厚な『カレー味』の違いを見極めるのは至難の業だ。嘘だと思うなら試しにやってみてほしい……。

・衝撃の事実が発覚

失礼ながら当初、私は『コープヌードル』を “カップヌードルのプチパクリ商品” と思い込んでいた。ところが実際に食べてみるとプチどころか “ガチパクリ商品” じゃないか。いいのかコレ? 心配になって生協の公式サイトをのぞいてみると……そこにはあっけらかんと衝撃の真実が記載されていたのである。

コープ「1971年に誕生した日清食品のカップ麺。その爆発的なヒットを受け、コープでもその味を組合員に提供したいという思いから、日清食品と共同開発を行い、『コープヌードル』が生まれました」

……話を整理しよう。「カップヌードルを組合員に提供したいな」と考えたコープは、正直にその想いを日清に伝えた。日清側も快くそれに応じた結果、 “カップヌードルの味がする別のカップ麺” として誕生したのが『コープヌードル』……!

つまり『コープヌードル』はパクリどころか、本家・日清お墨付きの商品だったワケだ。「そんな話アリだったのかよ」という気もするが、本人達がアリだと言っているのだからアリなのだろう。ちなみに『コープヌードル』の店頭価格は税込108円

内容量が少ないとはいえ、『カップヌードル』と比較するとその安さは歴然である。あまり知られていないことを不思議に思うほど、個人的にはお得なだけの案件だと感じるのだが……気になる人はもちろん、気にならない人もぜひこの衝撃を体験してみてほしい。

参照元:コープ公式サイト
Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

1人前で1059円と高いけど、高級冷食ピカールの「ポルチーニ茸のリゾット」がリピ買いありなワケ

イタリアといえば、サッカーや世界遺産にファッション、さらに男が秒速でナンパする文化などといったイメージがあるが、忘れちゃいけないのが「グルメ」だ。何しろ、イタリアには美味しいものが盛りだくさん。ピザにパスタ、ティラミスなど、もはや日本でもおなじみのものだって少なくない。

米料理だと「リゾット」があるが、今の時代はわざわざイタリア料理店に行かなくても本格的なものを食べられる。しかも、冷凍食品でありながら質の高い商品だってあるのだ。そう、例えば今回ご紹介する「ポルチーニ茸のリゾット」のように。

・ピカールのリゾット

購入したのは、フランスの冷凍食品専門スーパーマーケット「Picard(ピカール)」のもの。一般的な商品より価格の高い商品が多いが、同店のものはその分ウマくて都心を中心に店舗増加中。これまでいくつか商品を試してきたが、高いだけに実力も兼ね備えたものがほとんどだった。

そして今回の「ポルチーニ茸のリゾット」も例外でなく、1059円となかなかの値段だ。心なしか袋もオシャレで、すでにウマいオーラが出ているのは気のせいじゃない。なんとなくだが、食べなくてもウマいのは分かるっ……!

・高いだけにモノがいい

といいつつ、しっかり食べて味を確かめるのだが、結論からお伝えするとベリグ(ベリーグッド)である。まず内容量が500gと申し分ないこと。それに加えて、調理方法もフライパン、レンジ、鍋と3つ選べた。より美味しく作るチョイスができるだけでなく、ササッと食べたい人のニーズにも応えている。

ちなみに、料理が苦手で手っ取り早く食べたい記者はレンチンを選択。袋から中身を取り出すと、ゴロンゴロンと灰色の物体がいくつも出てきた。ポルチーニ茸かなとも思ったが、加熱したら溶けてルーシー(汁)になっていた。なるほど、これらを混ぜたらリゾットの完成というわけか!

ルーシーが固形だから量も調節できそうだし、これまでありそうでなかった感じが海外の商品らしくてまたグッド。実際に混ぜるとポルチーニの匂いがしっかり漂ってきたし、あとは味がよければ……てことで一口食べてみたら……

濃いめの味つけがドンピシャで美味しいのなんの。香りよければ味もよし。とてもレンチンだけで作っているとは思えず、イタリアのシェフと称して店を出してもイケるんじゃないかとさえ錯覚するようだった。これはお金があればリピ買いあり!

・贅沢したいときに

他にもポルチーニ茸がしっかり入っているし、きちんとイタリア米を使用しているあたりも抜かりなかった。正直、冷凍食品に1000円以上なんて……と思っていたが、値段の分は価値あるなという印象だった。贅沢なイタリアンを自宅で食べたい人にオススメだ。

参考リンク:ピカール「ポルチーニ茸のリゾット」
Report:冷凍食品研究家・レンチン原田
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「冷凍食品検証」

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

インスタ映えも!レトロ可愛いアート村!台湾台中「光復新村」|台湾|LINEトラベルjp 旅行ガイド

台中の中心部から車で30分ほど走った場所にある「光復新村」。レトロな建物と緑豊かな自然に囲まれた村には、クリエイティブな空間が広がる近年注目のスポットです。ここでは、ユニークアートやスイーツ、グルメ、雑貨店に注目!インスタ映え写真が撮れること間違いなし!新たな芸術文化を発信する「光復新村」の魅力をお届け致します。

旅の専門家がお届けする観光情報 LINEトラベルjp 旅行ガイド。様々な旅行や観光・地域・歴史・文化・アクティビティの専門家=「ナビゲーター」が集まり、新たな旅先を提案する旅行ガイドメディア。関連パックツアーや宿泊施設の比較も。