【地方の美味を自宅で】秋田県のお取り寄せグルメ4選


(C)出端屋

秋田の郷土料理「きりたんぽ鍋」/佐田商店


(C)佐田商店
秋田名物の一つ、「きりたんぽ鍋」。半づき(おもちになる前の段階)のご飯を秋田杉の串に巻き付けて、こんがりと焼いたきりたんぽを、季節の野菜や比内地鶏でとった出汁と一緒に鍋料理にしたものです。その特徴的な形と食感、スープの味わいが絶妙なおいしさを生み出し、地元の人のみならず広く親しまれています。出汁や野菜も入ったセットなら秋田でしか味わえない伝統の味を簡単に自宅で楽しめます。

佐田商店
きりたんぽ鍋セット 3人前 6,480円(税込)※送料別
URL:https://www.satanokiritanpo.com/konyu/

クセになるおいしさ「いぶりがっこ」/雄勝野きむらや


(C)雄勝野きむらや
焚き火の熱と煙で大根を干し上げて、米ぬかと塩に漬け込む「いぶりがっこ」は風味豊かな味わいが特徴です。雄勝野きむらやのいぶりがっこは、昔ながらの製法でひとつひとつ手作り。こりっとした食感と、スモーキーな香りがクセになります。クリームチーズと一緒に食べるのも人気ですよね。晩酌のお共にぜひ。

雄勝野きむらや
いぶりがっこスライス 626円(税込)
URL:https://akita-zurali.jp/shopdetail/012008000008/order/

B級グルメの代表格「横手やきそば」/出端屋


(C)出端屋
秋田B級グルメの定番ともいえる「横手やきそば」。上に半熟の目玉焼きがのっているのが特徴で、黄身を崩して麺にからめて食べます。横手やきそば初代グランプリ受賞の出端屋は、こだわりの自家製ソースとふっくら柔らかい麺が絡み合い、どんどん食べたくなるような魅惑のおいしさ。その本格横手やきそばを自宅で再現できます。

出端屋
四天王 出端屋の横手やきそば 8人前 2,160円(税込)
URL:https://akita-zurali.jp/shopdetail/007001000002/ct185/page1/order/

山ぶどう本来の味を「さなづらゼリー」/菓子舗榮太楼


(C)菓子舗榮太楼
秋田の代表銘菓「さなづら」がゼリーとなって登場。“さなづら”とは、山野に多く自生するぶどうの一種の方言であり、古くから健康にもよいとされ、人々に親しまれてきました。県内の山奥に実る野趣あふれる芳醇な山ぶどうから、一つひとつ手作業で果汁を搾った自然派のゼリーで、山ぶどう本来のほどよい甘さと酸味を楽しめます。

菓子舗榮太楼
さなづらゼリー (6個) 1,570円(税込)
URL:https://shop.eitaro.net/products/detail.php?product_id=55

※価格は全て税込表記です。
※新型コロナウイルスの影響で臨時休業の場合もあります。公式サイトなどで最新情報をご確認ください。

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【独占取材】ラーメン二郎 “前橋店” が開店間近!「初日限定100食」を食べるには何時から並べばいい? 三田本店に聞いた!

いよいよ、である。熱狂的ファンを全国に抱える「ラーメン二郎」が10月27日(日)、ついに群馬県に初進出するのだ! 新店のオープン初日には暖簾(のれん)分けされた多くの店主が集結し、お祭りムードに包まれる……らしいですよ、どうやら。噂によると。

というのも実は私、ジロリアンを自負しておきながら新店の初日を訪問したことがないので、そのお祭りに立ち会ったことがないのだ。今回こそは絶対に行きたい! でも初日は行列がパねぇと聞くし、しかも100食限定ときたもんだ。一体、何時から並べばいいんだ……。

ハッ、そうだ! 三田本店に聞こう!

・「前橋二郎」初日の詳細は当日発表?

このたび群馬県にオープンするラーメン二郎は、正式には「ラーメン二郎 前橋千代田町店」という店舗名になるようだ。(※以下「前橋店」)すでに公式のTwitterアカウントが開設されており、10月20日にはコメントを記した画像を投稿している。そのコメントでは……

「10月27日オープン日の開店時間などは当日状況を判断してツイッターで告知いたします。ご不便をおかけしますがよろしくお願いします」

──と、つづっている。ちなみにこの投稿以降、10月25日現在までに他の情報は全く発信していない。本当に文字通り、オープン当日まで詳細を明らかにしないのだろうか。それにしても開店時間すらわからないとなると、並び始める時間帯の目安もわからない……。

そこで何か有益な情報を得ることはできないものかと、東京・三田にある本店を訪ねたわけである。100メートル先までニンニク臭をただよわせるその店に1歩、足を踏み入れると……

前橋店の告知ポスターが張られており、黒帯の白抜き文字で「初日限定100食」とある。これはラーメン二郎の慣例で、新店のオープン日は100~200食のみ提供されることが多いようだ。その “限定食” は、先着順式の場合もあれば抽選式のこともあるようだが、前橋店がどちらの方式をとるのかまでは明記されていない。

ちなみにこの告知の右下にある「詳細はこちら」と示しているQRコードは、先に紹介した前橋店のTwitterアカウントへのリンクである。しかし前述のように当該アカウントはオープン当日まで情報を発信しないかと思われるので、ここはもう思い切って店主に聞いてしまおう!

 

・まずは三田二郎を食す

……と、その前に。ここまで来てラーメンを食べないのも無粋だろう。ということで小ラーメン(600円)を注文。

これ、これ! ラーメン二郎を食べたことがない人からすると「なんだ、これ」と、たじろいでしまうビジュアルだが、1度その味を知ると「これ、これ~♪」と胸が躍らずにはいられない。アブラ少なめって頼んだのにアブラがどちゃくそ浮いているが想定の範囲内だ。

三田二郎は相変わらず麺がウマイ! 太め & 柔らかめで、スープがよくからむ。ヤサイもたっぷりと入っていて、ゆで具合もこれ以上ないぐらいバッチリである。

 

・前橋店について三田本店の総帥に聞きました

さて、久しぶりの三田二郎も早々に食べ終わり、いよいよ本題である。 “総帥” こと三田本店の店主が休憩中だったので、謎に包まれた前橋店について聞いてみた。

──あの~前橋店の初日に行きたいのですが、限定の100食を食べるには朝の何時ごろから並べばいいのですかね?

総帥「あぁ~そうね~。う~ん、8時かなぁ? うん、8時だろうな」

──あ、そのぐらいですか! ちなみに、もうオープン時間って決まっていたりしますか?

総帥「いや、まだ。大体10時30分ごろだけどね~いつもなら! 今回はまだわからないけど」

──なるほど……。ちなみに先着順ですか、それとも抽選方式ですか?

総帥「いや、それもまだ決まっていないみたいだね」

 

前橋店のオープン時間や限定100食の提供方式はまだ未定ながらも、8時に行けば多分食べられそうという貴重な情報を総帥から得ることができたゾ! な~んだ8時か。東京から前橋へは片道2時間ほどなので、6時ぐらいに東京を出れば なんとかなりそうだ!

 

──と、安堵(あんど)した、その時である。

 

近くにいた助手さんが会話にカットインしてきたのだ!

 

助手さん「いやいや、ちょっと待ってください。8時じゃ無理ですね。というか、東京から行くのでしたら始発でも無理だと思いますよ」

──えっ! 始発でも無理ですか!?

助手さん「今までの傾向からいくと無理でしょうね。群馬の近県の方もいらっしゃいますし、もちろん前橋市民も来店されるかと……あと、前の晩から徹夜で並ぶ方も結構いるんですよ」

──噂には聞いていましたが、徹夜で並ぶ人まで……。

助手さん「はい(笑)」

総帥「いるんだよネ~、ヘンな人(たぶん誉め言葉)が~。い~ひっひっひっひ!」

 

いひひ笑いで有名な総帥だが、この日も安定の “いひっぷり” だった。それはともかく、三田本店によると東京勢が前橋店の初日限定100食にありつくのは無理ゲー……とまでは言わないが、相当に気合を入れていかないとムズかしいらしい。まぁなんとなくわかっていたが……。

 

最後にお礼を言って店をあとにしようと私に、総帥がこう優しく語りかけてくれた。

総帥「まぁ~悪いこと言わないから、確実に食べたいなら2日目以降においで! い~ひっひっひっひ!」

 

そうします。

【完】

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 ラーメン二郎 三田本店
住所 東京都港区三田2-16-4
時間 8:30~15:00 / 17:00~20:00
休日 日・祝

参考リンク:Twitter @SnBZt6eRCdz7lQw
Report:ショーン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

インスタ映えも!レトロ可愛いアート村!台湾台中「光復新村」|台湾|LINEトラベルjp 旅行ガイド

台中の中心部から車で30分ほど走った場所にある「光復新村」。レトロな建物と緑豊かな自然に囲まれた村には、クリエイティブな空間が広がる近年注目のスポットです。ここでは、ユニークアートやスイーツ、グルメ、雑貨店に注目!インスタ映え写真が撮れること間違いなし!新たな芸術文化を発信する「光復新村」の魅力をお届け致します。

旅の専門家がお届けする観光情報 LINEトラベルjp 旅行ガイド。様々な旅行や観光・地域・歴史・文化・アクティビティの専門家=「ナビゲーター」が集まり、新たな旅先を提案する旅行ガイドメディア。関連パックツアーや宿泊施設の比較も。