【関東限定】ローソンの新商品「山賊揚げサンド」が激ウマ! デカ唐揚げとニンニク醤油のレンチンでの蘇り方が半端じゃねェェェエエエ!!

自宅でのリモートワークでコンビニを使う機会が明らかに増えた。仕事中にガッツリ料理をする時間も取れず、近所のコンビニで昼食を買って済ますのである。そんな感じで本日2020年7月29日もコンビニをウロついていたところ、ローソンで「山賊揚げサンド」なるものが発売されているのを見つけた

パンいっぱいのデカイ鳥の唐揚げが挟まれたこのサンドイッチ。どうやら、関東限定のようである。税抜き304円とボリュームにしては安い気がしたので買ってみた!

・ロマン

山賊焼きと言えば長野県の郷土料理。子供の頃、父の仕事の関係で年1~2回は長野県に行っていた私(中澤)は「山賊焼き」と聞いただけでテンションが上がる。「大きい唐揚げ」くらいの認識しかないのだが、唐揚げは大きいだけで十分ロマンなのだ。山賊焼きにはロマンがあった。

それを参考に開発された「山賊揚げサンド」にも、もちろんロマンは受け継がれている。ドカンとした唐揚げは自身を挟むパンを逆に圧迫するようではないか。2枚ごときでオレをどうにかできると思ったか! そんな勇猛な雄叫びが聞こえてきそうである。

・実食

ならば私も心してお前に向かい合おう。パッケージを見ると「開封し温めて下さい 1500w15秒 500w45秒」と温めることを推奨しているようなのでレンチンして食べてみることにした。我が名は中澤星児。いざ尋常に……勝負

食べた瞬間、ジューシーな鶏肉の食感。そしてふわっと広がるニンニク醤油の風味。驚くほどに鶏と漬け込まれたニンニク醤油の味がレンチンで蘇っている。まるで口の中を生き生きと羽ばたくようではないか

しかし、なんだろう? この滑らかな舌触りは。何かペースト状のものが山賊揚げのパンチある辛さにまろやかな風味をプラスしている。そこで、行儀は悪いが、もう1つのサンドイッチを開いて中を確認してみたところ、その味の正体は……

ポテトサラダ! 少しだけだがポテトサラダが入っており、そのまろやかさがコントラストとなって山賊焼きのインパクトがより鮮烈になっている!! お見事ッ……!

・レンチンした時1番ウマイコンビニサンドイッチかも

切り捨てられて悔いはなし。その一太刀にローソンの矜持を見た気がした。侮れない工夫がされた味である。もちろん食べごたえも十分。ひょっとしたら、コンビニでレンチンした時1番ウマイサンドイッチはこれかもしれない。

コンビニサンドイッチという戦場を駆る不死鳥「山賊揚げサンド」。新商品とは言え、実力は一騎当千である。どこかで相まみえたならばそれは宿命。レンチンで蘇るウマさに酔いしれろ!

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

バーミヤンの餃子を食べた直後、あまりの衝撃と感動に、謝りたい気持ちでいっぱいになった

今年いちばんの衝撃かも知れない。こんなことがあるから人生は面白い。そして、もしもタイムマシンがあるのならば、数時間前の自分をブン殴っておきたいとさえ思っている。

人生の分岐点。それが、つい先ほど食べたバーミヤンの餃子である。

それはまさしくビッグバン。もしも人生を大別するならば、「バーミヤン餃子前」と「バーミヤン餃子後」に分かれるくらいの衝撃だった。

もったいぶらずに、先に結論から述べておきたい。

激ウマである。

もしもバーミヤンの餃子を食べたことがない人がいるのであれば、すべての予定をキャンセルし、今すぐにでもバーミヤンに向かった方が良い……と真顔で言うほどの美味さである。

ある意味、私は改心した。悟ったとでも言おうか。

毎日の日課である餃子めぐり。数えてみると、今日でちょうど20日目。いつ飽きるか、いつ飽きるか……と思いながら毎回違う店の餃子を食べているのだが、いまだ飽きないのだから餃子という食べ物は恐ろしい。いや、今日という日があるからこそ、飽きずに続けていられるのだ。

話を戻そう。

私と、同僚の原田たかしは、シトシトと雨が降る中、餃子難民になっていた。目星をつけていた店に行ってみるも、ラストオーダー後でNGサイン。ならばとばかりに向かった次の店は準備中で、頭の中にある別の店も、営業開始まで1時間以上もある “魔の刻” だった。

そんなとき──。

目の前に見慣れた桃がプリッと出現。言わずと知れたバーミヤンだ。

バーミヤンといえば中華である。

餃子くらいあるだろと。

当然あるだろと。

並ばないでも入れるだろと。

だってバーミヤンだしと。

バーミヤンでいっか、と。

つまり、仕方ないからバミったのである。

席につくなりメニューを見ると、やったら安い。思わず「(笑)」となるほど安かった。イマ風のネットスラング風に表現するなら「www」であり、実際、我々は「やっすwww」などとヘラヘラ笑いながら、6個入りの「本格焼き餃子(税抜239円)」が2枚(12個)付いてくる「W焼餃子(税抜449円)」を注文した。

てゆうか安すぎwww

お持ち帰り(12個で299円)にしたらさらに安いwww

てゆーか水もおしぼりもセルフサービスwww

ナメていた。もう、悪い意味での草(www)が絶えなかった。完全にバカにしてた。上から目線の嫌な奴らだったと今では思う。

そうこうしているうちにwの餃子が登場したのだが……

これまた「www」な見た目だった。

「はいはい」みたいな。

いわゆる「あーゆー味ね……」みたいな。

すべてが想像つく見た目だった。

ところが、口に入れた次の瞬間……

ど、ど、どういうこと……⁉

私と原田はお互いに目を見合わせ、しばしの間、動けなかった。予想に反して美味かった……どころの話ではない。一撃で脚に来るパンチを食らったボクサーとでも言おうか、バットに当たった瞬間にホームランとわかる大谷の一撃を食らったピッチャーとでも言おうか。

うま “すぎる” のである。

毎日飽きずに餃子を食べ続けて20日目に突入中、絶対音感ならぬ「絶対餃子感」があるならば、ビンビンに研ぎ澄まされているコンディション、いわば「餃子ゾーン」に突入中の我々が、真顔で硬直するほどの味だったのである。

具体的に何がどう美味いのかを早口でまとめるならば、

モッタリしない軽やかな薄皮! そして口に入れた瞬間にドバっと広がる肉汁! いいや、肉汁なんて生易しいものじゃない……これはもう、肉スープだ! そして多すぎず、少なすぎず、絶妙な量の肉餡!! 皮と肉の間に感じる絶妙な「遊び」っ!! 具材の味も実に良しっ……!! 何個食べても飽きない……。なんだこれ……なんなんだこれ〜っ!!

──てな具合。

実際、原田は、3つくらい食べ終えた時、真剣な顔で「ぼく、これなら、毎日3食でも大丈夫です」と言っていた。実は私も同感である。おそろしいことに、見た目に反して、いつまでもいつまでも食べていたい……と思うほどの軽やかさなのだ。

「いったいこれはどういうことか?」と、あらためてメニューを確認してみると……

無添加! 合成着色料不使用! 合成保存料不使用! 人工甘味料不使用! 安定剤不使用!……と、健康面でも完璧すぎる存在だったことまで判明的! 無敵的! アイヤーッ!!

よく「人は見た目で判断してはいけない」と言うが、餃子も同じであることを今日学んだ。そして何より、店で判断してもいけないのである。

チェーン店だから。

バーミヤンだから。

何を偉そうに。印象だけで。そんな色眼鏡で世界を見ていた自分が恥ずかしくてしょうがない。バーミヤンに謝りたい。心から謝りたい。今までバカにしてゴメンナサイと。

あわせて自分を殴りたい。「バーミヤン(笑)」なんて思っていた数時間前の私を殴りたい。バーミヤン(笑)ではなく、正しくはバーミヤン(神)である。こんなに美味い餃子を239円で提供するなんて正気の沙汰とは思えないが、神だと考えると合点もいく。

もしもバーミヤンをバカにする人がいたとしたら、私は率先して身を投げ出す覚悟ができている。全身全霊でバーミヤンを擁護(ようご)することだろう。そこまで思わせる魅力とパワーが、バーミヤンの餃子には宿っている。

──帰り道、興奮した様子で原田が言った。「こんなことがあるから餃子めぐりはやめられない」と。まさに、である。こんなことがあるから人生は面白い。そして2人で誓いあった。「また絶対リピしよう」と。

参考リンク:バーミヤン「W焼餃子」
Report:GO羽鳥
イラスト:マミヤ狂四郎
Photo:RocketNews24

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

銚子のキンメダイの塩焼き。トラベルライターが旅先で忘れられない「あの味」

銚子は暖流と寒流がぶつかり合う場所


犬吠埼 (C)一般社団法人銚子市観光協会

千葉県の銚子と言われたら、地図上でどこだかすぐに指差しできますか?少し詳しい人は、犬吠埼を思い浮かべるかもしれません。犬吠埼は千葉県の東端にある、太平洋に突き出した銚子半島の先端ですね。

仮に千葉県を手に持ったソフトクリームのコーンのような形だとすれば、向かって右端の出っ張りに、銚子の自治体があります。

群馬、栃木、埼玉、東京、茨城、千葉の1都5県にまたがる、長さ322kmの利根川が太平洋に流れ出る、まさにその河口に位置する港町とも言えます。北は鹿島灘に面した海岸線が続き、南は九十九里浜が続きます。

その南北の長大な浜の分岐点であり、利根川の河口であり、沖合では北上する暖流の黒潮と、南下する寒流の親潮がぶつかり合う場所こそが、銚子です。

銚子は日本屈指の水揚げ量を誇る漁港


(C)一般社団法人銚子市観光協会

関東でも東端に位置する銚子には、同じ関東に生まれ育ちながら、筆者は社会人になるまで訪れた経験がありませんでした。当時はテレビ番組の制作の仕事をしていて、そのロケ撮影で使用した大道具を戻しに、2トントラックに乗って同僚とドライブした日が初めての銚子です。

都心部を出発し、佐原香取インターチェンジで一般道路に下りて、利根川沿いの国道356号線を走りました。窓を開き、車内に流れ込んでくる空気を感じながら、空の色、川の広さを思う存分、眺めた思い出があります。

同僚は、北国で育った魚に詳しい人でした。銚子港が近づくと、ロードサイドに定食屋が目立ち始めます。その景色の変化を眺めながら、実は銚子が日本屈指の水揚げ量を誇る漁港で、特にアジ、サバ、イワシのような浮き魚(うきうお)がおいしいと、彼から教わりました。

キンメダイの塩焼きの定食


(C)一般社団法人銚子市観光協会

あらためて調べてみると、浮き魚とは海水の上層に住む魚で、反対に深い海にすむ魚を底魚(そこうお)と言うそうです。ちょうど銚子に着いた時間が昼過ぎだったので、

「せっかくなら、定食屋に入ろうか」

と、2人は自然と定食屋を物色し始めました。当時iPhoneは世の中に存在せず、外出先で気軽にインターネット検索をできる時代でもありません。

なんとなく直感で、雰囲気のある海辺の定食屋を選びました。護岸が目の前にあって、少し曇ったガラス窓から、店内が見える定食屋だったと記憶しています。残念ながら、お店の名前は覚えていません。お昼時のピークを過ぎていたので、店内もそれほど混雑していませんでした。

銚子のキンメダイは有名

千葉県・銚子
銚子を空から眺めた様子 (C)shutterstock

友人がキンメダイの塩焼き定食をとったので、筆者も同じメニューを頼みました。今思えば、友人は知っていたのかもしれません。あらためて調べてみると、銚子で捕れるキンメダイ(金目鯛)は「銚金」と呼ばれ、ある種のブランドにもなっているとの話。

銚子は太平洋に突き出した半島の先端にあり、大陸棚が沖合まで続いていて、そこに利根川が流れ込んでいます。キンメダイにとって日本での生息可能な北限にありながら、プランクトンや小魚が豊富な環境が整っているため、四季を通じて魚に脂がのると言われています。

さらに漁港周辺では、それぞれの定食屋が、競いながら新鮮なキンメダイを料理してくれる環境が整っています。おいしいわけですよね。塩焼きのキンメダイを口に含んだ際の舌に感じたうま味は、今でも鮮明に覚えています。

キンメダイの目玉を食べる


外川漁港 (C)一般社団法人銚子市観光協会

友人の食べ方は、見事でした。たくみに箸を動かして、可食部を残さず口に運び、最後は奇麗に骨だけを皿に残していました。しかも、

「おいしいんだよ」

といって、キンメダイの目玉を口にし、柔らかい部分だけしゃぶりとって、硬い球体を口から出します。自分の皿に残されたキンメダイの無残な姿と、目玉まで食べる友人の皿の上を見比べて、恥ずかしくなった記憶もあります。

会計の際に、

「若いのに、上手に食べるね」

と、店主に言われても、友人は平気な顔して「ごちそうさまです」と口にするだけでした。筆者は申し訳なく、友人を追いかけて店を出ました。

見知らぬ土地を理解したいなら土地の生き物を口にしてみる


(C)一般社団法人銚子市観光協会

店を出ると、あらためて海が目に入りました。たかが、1匹の魚かもしれません。決して上手に食べられたわけでもありませんが、1匹の魚の命をいただいただけで、目の前の海と距離が近くなった気がしました。

見知らぬ土地を理解するためには、土地の食材を口にする行為が、最も手っ取り早く、確実な方法なのかもしれないと、その時に学んだ気がしました。

今まで国内外の旅先でいろいろな食べ物を口にしてきましたが、「忘れられない味」というテーマで真っ先に思い浮かぶ料理は、銚子の空と海の景色と分かちがたく結び付いたキンメダイの塩焼きになります。

その時以来、15年近くが経っても、銚子には再訪できていません。それでも、今でも思い出します。

~人生に旅心を~