もうこれレギュラーで! 八天堂とコラボした「かすたーどももロール」がローソン史上最高に美味しいと思う!!

去る7月28日、Uchi Café(ウチカフェ)スウィーツに新たなラインナップが加わった。広島の老舗「八天堂」とコラボした「かすたーどももロール」「かすたーどもも大福」なのだが、個人的に「かすたーどももロール」がドストライク!

ウチカフェのロールケーキといえば、過去記事でも報じたように「厚さ2倍」とか「いちごのせ」とか派生バージョンがいろいろある。が、もう今後はこれがレギュラーでいいんじゃないの!? というくらい美味しかったのだ。

・「かすたーどももロール」(税込220円)

その名のとおり、メインキャストは桃だ!

中央にお月様のように、あるいは卵の黄身のように黄金色の「白桃ソース」が輝いている。

スプーンを入れるとトロリとこぼれるような柔らかいソースで、果実のようなみずみずしさが感じられる。が、感動したのはそこではない。

なにが違うのかというとクリームだ。白桃ソースはもちろん美味しいのだが、その周囲の「ももカスタードクリーム」のおかげでいつもと印象がまったく違う! 甘すぎず、くどくなく、ほんのり爽やかなフルーツ感があり……。

なんだかスポンジまでいつもより美味しく感じる。これは筆者が「生クリームよりもカスタードクリーム派」だから起きる現象なのか!? 全国の生クリーム派の皆さんにも意見を聞きたい。

ずっと東日本在住の筆者は知らなかったのだけれど、広島生まれの「八天堂」は和菓子店から洋菓子店の歴史を経て、現在ではスウィーツパン専門店だという。創業は昭和8年! 戦前から続く老舗だ。

看板商品は「くりーむパン」で、カスタードやチョコレートなどの定番商品のほか、季節限定商品も並ぶ。初夏の限定商品として「もものくりーむパン」も!

三原市の実店舗はパンが完売すれば閉店なのだが「連日、お昼ごろの完売が続いております」とのこと。そんな名店とのコラボなのだから、そりゃクリーム美味しいはずだよ。

今回の「かすたーどももロール」も、率直にいって「コンビニの割には美味しい」という域を超えて、洋菓子店と比べても遜色なく美味しかった。ショートケーキを食べたような満足感だ。

・「かすたーどもも大福」(税込160円)

あまりにロールケーキ推しで後回しになってしまったが、同時発売の「かすたーどもも大福」も普通に美味しい。これ単体で食べていれば「なんて美味しい大福だ!」となったと思うのだが、いかんせん「かすたーどももロール」に比べるとかすんでしまった。

こちらも中央に入っているのは「白桃ソース」で、中からトロッとソースが出てくる。ジューシー!

甘すぎず、爽やかで食べやすいのはこちらも同じ。筆者もロールケーキと大福を1度に食べたがぺろりといける。可能なら両方買って、先に大福、次にロールケーキ、と食べてみて欲しい! あなたの好みはどちらだろうか。

・見かけたらぜひ

「店舗、地域によりお取扱いのない場合がございます」とのことで、特に「かすたーどもも大福」は沖縄地域では販売していない。また「地域により予告なく販売終了になる場合があります」とのことなので、見かけたら迷わずゲットだ!

参考リンク:ローソン八天堂
Report:冨樫さや
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

ロンドンのお土産探しに。リバティプリントの聖地、老舗デパート「リバティ」現地ルポ



ロンドンには、ハロッズ、フォートナム&メイソンなど、いくつもの老舗デパートがありますが、その中でも独特のポジションを維持する老舗デパートがリバティです。リバティは、木造建築の建物が一際華麗。一見の価値があります。そして、リバティプリントだけでなく、オリジナルの雑貨商品も多く、お土産探しには理想的な場所。そんな老舗デパートリバティをリポートします。

豪華な建築物


1924年に建てられたリバティの木造建築は、ロンドンの中でも異色。イギリスというよりは大陸ヨーロッパの建築物を彷彿させます。


デパート内に足を踏み入れると、木造建築の美しさに思わず、息を飲みます。リバティの持つ歴史の息吹きが感じられるよう。


最上階に上がると、このような豪華なシャンゼリアが目に入ります。リバティという空間に華を添えています。

リバティは細部にまでこだわりを持って建設されています。買い物の最中に、ふと建物内部に視線を移すと、木造の彫刻や窓の小さなステンドグラスなどが目に入ります。このようなこだわりが、リバティ独特の世界観を作りあげているように感じられました。

リバティファブリック


リバティを訪れて、印象的だった一つのことは、リバティファブリックの豊富さ。リバティファブリックって種類の多さには驚きの連続でした。リバティファブリックは、測り売りだけでなく、カットクロスも販売されているので、お土産にも購入しやすくなっています。

リバティの雑貨


リバティにはリバティ雑貨もあります。ステーショナリーアイテムからキッチン雑貨まで、オリジナル商品が展開されています。これらの商品は基本的にリバティファブリックをモチーフとしたもので、リバティファンなら喜ぶものばかりです。




一階にある雑貨コーナーは、可愛らしい紙雑貨の宝庫です。雑貨好きならじっくりと見てみたくなるほど、セレクトが素晴らしいのです。リバティオリジナルのノートなども販売されています。




キッチン雑貨は、リバティプリントのモチーフの食器やお盆、ティータオル、水筒などがありました。どれも目を惹く可愛らしさです。

リバティの食品




リバティはクッキーやチョコレート、紅茶、コーヒーなどのオリジナルの食品も展開しています。どの食品も、パッケージが可愛らしいのが特徴。お菓子の箱もキュートなので、インテリアの一部として飾っておきたくなるほどです。

リバティオリジナルの鞄やスカーフも!




リバティには、リバティオリジナルの鞄やスカーフも販売されています。大胆なデザインが印象的でした。

リバティは、リバティファブリックが好きな人は勿論、そうでない人で一度は訪れてみる価値のあるデパートです。日本ではなかなか購入することのできない、リバティオリジナルの雑貨も豊富に取り揃えてあるので、お土産探しにもぴったりの場所です。

[All photos by Nanako KITAGAWA]

ロンドンのお土産については、以下の記事も要チェックです!
『可愛くて、美味しい。ロンドンのお土産クッキー5選』
『【現地ルポ】大英博物館で見つけた、気になるお土産20』

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【関東限定】ローソンの新商品「山賊揚げサンド」が激ウマ! デカ唐揚げとニンニク醤油のレンチンでの蘇り方が半端じゃねェェェエエエ!!

自宅でのリモートワークでコンビニを使う機会が明らかに増えた。仕事中にガッツリ料理をする時間も取れず、近所のコンビニで昼食を買って済ますのである。そんな感じで本日2020年7月29日もコンビニをウロついていたところ、ローソンで「山賊揚げサンド」なるものが発売されているのを見つけた

パンいっぱいのデカイ鳥の唐揚げが挟まれたこのサンドイッチ。どうやら、関東限定のようである。税抜き304円とボリュームにしては安い気がしたので買ってみた!

・ロマン

山賊焼きと言えば長野県の郷土料理。子供の頃、父の仕事の関係で年1~2回は長野県に行っていた私(中澤)は「山賊焼き」と聞いただけでテンションが上がる。「大きい唐揚げ」くらいの認識しかないのだが、唐揚げは大きいだけで十分ロマンなのだ。山賊焼きにはロマンがあった。

それを参考に開発された「山賊揚げサンド」にも、もちろんロマンは受け継がれている。ドカンとした唐揚げは自身を挟むパンを逆に圧迫するようではないか。2枚ごときでオレをどうにかできると思ったか! そんな勇猛な雄叫びが聞こえてきそうである。

・実食

ならば私も心してお前に向かい合おう。パッケージを見ると「開封し温めて下さい 1500w15秒 500w45秒」と温めることを推奨しているようなのでレンチンして食べてみることにした。我が名は中澤星児。いざ尋常に……勝負

食べた瞬間、ジューシーな鶏肉の食感。そしてふわっと広がるニンニク醤油の風味。驚くほどに鶏と漬け込まれたニンニク醤油の味がレンチンで蘇っている。まるで口の中を生き生きと羽ばたくようではないか

しかし、なんだろう? この滑らかな舌触りは。何かペースト状のものが山賊揚げのパンチある辛さにまろやかな風味をプラスしている。そこで、行儀は悪いが、もう1つのサンドイッチを開いて中を確認してみたところ、その味の正体は……

ポテトサラダ! 少しだけだがポテトサラダが入っており、そのまろやかさがコントラストとなって山賊焼きのインパクトがより鮮烈になっている!! お見事ッ……!

・レンチンした時1番ウマイコンビニサンドイッチかも

切り捨てられて悔いはなし。その一太刀にローソンの矜持を見た気がした。侮れない工夫がされた味である。もちろん食べごたえも十分。ひょっとしたら、コンビニでレンチンした時1番ウマイサンドイッチはこれかもしれない。

コンビニサンドイッチという戦場を駆る不死鳥「山賊揚げサンド」。新商品とは言え、実力は一騎当千である。どこかで相まみえたならばそれは宿命。レンチンで蘇るウマさに酔いしれろ!

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。