サーティワンのサブスク「31日間毎日サーティワンチャレンジ」をガチでやってみることにした

2020年7月21日から、サーティーワンが定額サービス「サーティワンサブスク」を開始している。7月21日スタートの5980円で31日間毎日レギュラーシングルサイズのアイスを1つ食べられるものと、8月4日スタートの359円で「Flavor of The Month」に指定されたアイスのレギュラーシングルサイズを毎月1つ食べられるものだ。

気になるのは、やはり前者だろう。毎日食べれば最大で6000円お得になるという。まあ、サーティワンのアイスは美味い。毎日食べ続けたいくらいの美味さはあると思う。とはいえ、ガチに31日間毎日食べるとなったら、苦行になりそうな気がしなくもない。実際その辺どうなんだ? ということで、本気で31日間毎日食べ続けてみることに。

・クレカ必須

本題に入る前に、先にサブスクの購入方法について軽く説明しておこう。まずは専用のHPにアクセスし、そこでアカウントを作成。アカウント作成後にログインして、希望のサブスクを選択(記事執筆時点ではまだ1つしかない)すればいい。

特に難しいことは無いが、一つ注意が必要な点を挙げるとすれば、クレジットカードが必須ということだろうか。まだ学生などでクレジットカードを持っていない場合は、残念ながら利用できない。

サーティワンの顧客層がどんなものか詳細は知らないが、でも中高生のヤングたちにも人気な感じはするし、この決済方法はいささか間口を狭めている気がしなくもない。話はそれるが、この機にクレカが無くて色々不自由を感じるヤングのためにちょっとした情報を提供しよう。

基本的に18歳未満ではクレジット機能(ざっくり言うと借金機能)付きの、ガチなクレジットカードは持てないと思うが、銀行口座に紐づけられたクレジット機能の無いデビットカードなら持てるはずだ。

デビットカードは自分の銀行口座に入っている分しか使えず、使ったらその分だけ口座から引き落とされる仕組み。クレジットカードのように借金につながる仕組みはほぼ無いため、審査も基本的に無い。ゆうちょのVisaデビットは12歳から作れるレベル。他社も15歳とか16歳とかからある。

日本では未だに自ら申請しないと入手できないところが多いが、海外では最初から銀行のキャッシュカードにデビット機能が付与されているくらい一般的だ。店頭ではクレジットカードと遜色(そんしょく)なく使えて便利である。Amazon等のネット通販でももちろん利用可能。詳しくはお父さんお母さんに聞いていただきたい。

・チャレンジ

話をサーティワンに戻そう。誤解の無いよう述べておくが、サブスクの仕組みとしては別に毎日食べる必要はない。31日間、毎日1つだけレギュラーシングルサイズを食べる権利が得られるというだけで、食べても食べなくてもいい。

レギュラーシングルサイズは400円なので、サブスクの値段を6000円(正確には5980円)で計算するなら、1カ月で15日間食べればプラスマイナスゼロ。ぶっちゃけ平日だけ食べるとかでも、それなりにお得になるはずだ。が、どうせなら毎日食べ続けて最大限に得をしたいというもの。

そのためには31日間、何があってもサーティワンにたどり着き、アイスを1つ食べねばならない。「さすがに31日間継続するのはキツいんじゃないか?」と思うのは、きっと筆者だけではないだろう。

しかし実際のところどうなのかというのは、やってみなければわからないものだ。三日坊主で早くも苦行と化す可能性がある反面、もしかしたら食べれば食べるほど虜(とりこ)になり、毎日どころか毎秒食べ続けないと情緒不安定になるくらいハマる可能性だってゼロではない。

まあサーティワン自身、このサブスクを「31日間毎日サーティワンチャレンジ」と名付けている……つまり、チャレンジとみなしているようだし、きっと何かしら困難が待ち受けているのだろう。その辺りの現実を、筆者が身を挺して明らかにしようというものである。

筆者がサブスクを購入したのは7月29日なので、有効期限は8月29日まで。もちろん29日のノルマは達成済みだ。

証拠兼記録として感想をインスタにアップしてある。有効期限が切れるまでは、こうしてその日の素直な感想を進捗として公開し続ける予定。そして最終日を迎えたところで、31日間サーティワンを食べ続けるのは実際にどんな感じだったのかをまとめてみようと考えている。

ちなみに初日の時点では全然余裕な気がしている。アイスはもちろんウマかったし、明日はどの味にしようかなどと考えたりしているレベルで割と楽しみ。今日の分もこれから食べに行こうと思っている。ちなみに筆者は継続が苦手だ。今までの人生で、何一つ継続したことが無い。サーティワンチャレンジの結末はいかに。

参照元:サーティワンサブスク
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

熱海駅の駅弁ならコレ!熱海駅でおすすめの人気駅弁5選

駅弁は、列車で旅する楽しみのひとつですね!車窓を眺めながら食べる駅弁は、美味しさも格別!熱海駅には、熱海の美味しいものや伊豆の特産品を盛り込んだバラエティ豊かな駅弁が揃っています。今回は、熱海駅でおすすめの人気駅弁を5個、ご紹介します。

1. 東華軒 「うなぎ、金目鯛と銀鮭のあいのせ御膳」

photo by toukaken.co.jp

「東華軒」は、明治21年創業の老舗のお弁当屋さん。「うなぎ、金目鯛と銀鮭のあいのせ御膳」は、うなぎ、金目鯛煮付け、銀鮭西京焼きの3種類の魚が1度に楽しめる大満足のお弁当。それぞれの魚に合うように、ご飯の種類や付け合わせを変え、冷めても美味しくいただけるように工夫されています。「惣菜・べんとうグランプリ2016」の駅弁・空弁部門で優秀賞を受賞した人気のお弁当です。

取扱店 熱海中央売店(1番線【伊東線】ホーム下)、駅弁屋 熱海ラスカ店(JR熱海駅(改札外)ラスカ熱海1F)
営業時間 (熱海中央売店)7:00~20:00 (駅弁屋 熱海ラスカ店)9:00~20:00
商品 うなぎ、金目鯛と銀鮭のあいのせ御膳: (税込)1,100円
お品書き ご飯(白飯/茶飯)、うなぎ、金目鯛煮付け、銀鮭西京焼き、錦糸玉子、広島菜漬け、蓮根金平、金目鯛フレーク、つぼ桜、タレ、など
HP 東華軒

 

2. 大船軒 「伝承鯵の押寿し」

photo by ofunaken.co.jp

「大船軒」は、明治31年(1898年)に創業した駅弁の老舗。「伝承鯵(あじ)の押寿し」は、大正2年(1913年)に販売され、現在も伝統の製法で作られている人気の駅弁です。小鯵(あじ)からわずか2切れしかとれない希少な身を、特製の合わせ酢で〆め、押し寿司にしています。発売から100年以上もの間、幅広い層に支持されている人気のお弁当です。

取扱店 熱海中央売店(1番線【伊東線】ホーム下)、駅弁屋 熱海ラスカ店(JR熱海駅(改札外)ラスカ熱海1F)
営業時間 (熱海中央売店)7:00~20:00 (駅弁屋 熱海ラスカ店)9:00~20:00
商品 伝承鯵の押寿し: (税込)1,280円
お品書き 小鯵の押し寿司、など
HP 大船軒

 

3. 東海軒 「天城峠の釜飯」

photo by toukaken.co.jp

「天城峠の釜飯」は、伊豆・天城峠をイメージした釜めし風のお弁当。鶏のスープで炊き込んだ鶏ご飯の上に、椎茸やキノコ、栗などの山の幸が彩り鮮やかに盛り込まれています。伊豆・天城名産の自家製わさび味噌が添えられいて、食欲をそそる味の良いアクセントになっています。

取扱店 熱海中央売店(1番線【伊東線】ホーム下)、駅弁屋 熱海ラスカ店(JR熱海駅(改札外)ラスカ熱海1F)
営業時間 (熱海中央売店)7:00~20:00 (駅弁屋 熱海ラスカ店)9:00~20:00
商品 天城峠の釜飯: (税込)980円
お品書き 鶏ごはん、うずらの卵、鶏肉のうま煮、丸こんにゃく・人参・椎茸・筍賽の目切り、きのこの炒め煮、わさび味噌、栗甘露煮、など
HP 東華軒

 

4. 東華軒 「金目鯛炙り寿司」

photo by toukaken.co.jp

伊豆半島を代表する海の幸といえば、金目鯛ですね!「金目鯛炙り寿司」は、脂ののった新鮮な金目鯛の皮を炙り、芳ばしく仕上げた押し寿司。金目鯛を塩で〆め、特製の合わせ酢に漬け込んだ後、皮を炙って仕上げています。東華軒特製の「梅ちり千枚寿司」入り。伊豆・熱海の名物を旅のお供にいかがでしょうか?

取扱店 熱海中央売店(1番線【伊東線】ホーム下)、駅弁屋 熱海ラスカ店(JR熱海駅(改札外)ラスカ熱海1F)
営業時間 (熱海中央売店)7:00~20:00 (駅弁屋 熱海ラスカ店)9:00~20:00
商品 金目鯛炙り寿司: (税込)1,250円
お品書き 金目鯛炙り寿司、梅ちり千枚寿司、ガリ、など
HP 東華軒

The post 熱海駅の駅弁ならコレ!熱海駅でおすすめの人気駅弁5選 appeared first on 旅時間 – 旅のようなステキなひとときを。.

旅時間は、「旅のようなステキなひとときを」をコンセプトとした旅のウェブマガジンです。世界の絶景や世界遺産、人気のリゾートホテルや温泉旅館、定番の観光名所や季節のイベント、地域の絶品グルメや定番のお土産など、思わず旅に行きたくなるような情報をお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

新・ワイン大国!世界最古のブドウの木がなぜココに?【知ればオーストラリア雑学王7】

60を超えるワイン産地!

オーストラリアのワイン産地

ワイン生産量は世界6位、輸出量では世界4位のオーストラリア。初めてヨーロッパからワイン造りが伝わったのは大航海時代、1788年とされています。現在ではなんと60を超えるワイン産地があり、100品種以上のぶどうを栽培。ワイナリーの数にいたっては2,400以上にも及びます。先進的技術を取り入れた高品質なワインたちは、数々の受賞歴を持つ実力派揃い。ニューワールド・ワイン界の王者として、確固たる地位を築き上げているんです。

世界最古のブドウの木、なぜオーストラリアに!?

ぶどうの木

国内最大のワイン産地「南オーストラリア」には、世界最古のブドウの木が残っています。「ヨーロッパよりワイン造りの歴史が浅いオーストラリアに、なぜ世界最古のブドウの木があるの?」と、疑問に持たれる方も多いかもしれません。その背景には、ブドウ栽培の天敵「フィロキセラ」というアブラ虫の存在があります。北米やヨーロッパ、オーストラリア東部など・・・19世紀に世界中のワインを襲ったこの恐るべき害虫。多くの歴史あるワイナリーがブドウ畑を失いました。しかし南オーストラリアは、徹底した検疫によりその被害を未然に防ぐことに成功。1843年に植樹されたラングメイル・ワイナリーのシラーズは、現存する世界最古のシラーズの木だといわれています。

世界初!ボトルのラベルに⚪⚪︎を表示

ワインボトル

ワイン選びの際、自分好みを選ぶため手かがりとなるワインラベル。オーストラリアは、「世界で初めて、ボトルのラベルにブドウの品種を表示」することを義務付けた国。例えば赤ワインの品種でいえば、「シラーズ」「カベルネ・ソーヴィニヨン」「メローズ」、白ワインなら「シャルドネ」「ソーヴィニヨン・ブラン」「リースリング」など・・・品種が書かれていると、どんな味かある程度イメージしやすいもの。あまりワインに詳しくないビギナーでも、選びやすいのがうれしいですね。またコルクよりも、開けやすく便利なスクリューキャップが主流なオーストラリア。こうした消費者を重視する姿勢が、多くのファンに支持される理由なのかもしれません。

国民の年間ワイン消費量もハンパない!

昼間からワイン片手にオージーステーキを喰らう、オーストラリアでよく見られる光景です。まるで水代わりのように飲むオージーたち、年間ワイン消費量は国民一人あたり平均29.6リットルにも及ぶと言われているから驚き!

「高品質」「リーズナブル」「消費者ファースト」・・・その親しみやすから、多くの人に愛されるオージーワイン。オーストラリアを訪れた際は、ワイナリーホッピングをぜひ楽しんでみて下さい。あなた好みの一杯が、きっと見つかるはずです。

【情報提供:オーストラリア政府観光局

【参照】
10 FACTS ABOUT AUSTRALIAN WINE:
https://www.wineselectors.com.au/selector-magazine/wine/10-facts-about-australian-wine

The South Australian Wine Story:
https://www.pir.sa.gov.au/__data/assets/pdf_file/0006/274065/South_Australian_Wine_Story.pdf

Langmeil Winery:
https://www.langmeilwinery.com.au/About-Us/History

Australia’s wine screwcap revolution:
https://www.smh.com.au/business/australias-wine-screwcap-revolution-20170628-gx0e3l.html

[All photos by Shutterstock.com]
Please do not use the photos without permission.

~人生に旅心を~