【京都】抹茶スイーツづくしのパフェを風情あふれる甘味処「ぎをん小森」で

祇園にある元お茶屋を生かした甘味処

ぎをん小森1

祇園新橋のたもとにある「ぎをん小森」。白川沿いのお茶屋だった建物を1998年に改装した甘味処です。瓦屋根にすだれの掛かる様子に京都らしさが色濃く感じられます。

ぎをん小森2

白川のせせらぎとみずみずしい青もみじが目にさわやかな、抜群のロケーションです。

ぎをん小森3

7月いっぱいは祇園祭期間なので、京都中心部の至る所に提灯が掲げられています。暖簾をくぐるとどんな空間が待っているのでしょう。

坪庭の緑がみずみずしい座敷席

小森 廊下

お店の方が「おいでやす」と京ことばで迎え入れてくれます。細長い廊下の先には・・・

ぎをん小森5

京都の日本家屋ならではの坪庭です。陽光を取り入れる工夫として所々に配されています。

ぎをん小森6

そして案内していただいたのが、美しいお庭を臨める座敷席。長い歴史を歩んできた、独特の味わい深い雰囲気を醸し出しています。

名物を生かした「わらびもちパフェ」

わらびもちパフェ1

まずは味わいたいのが名物の「わらびもち」を生かした「わらびもちパフェ」(1,630円・税込)。抹茶アイスにはじまり、バニラアイス、その奥には香ばしいきな粉をまぶしたわらびもち、栗、抹茶ゼリー、小豆、抹茶スポンジ・・・。食べても食べても新しい味が出てくるので飽きることがありません。最後は抹茶ゼリーと寒天で、さっぱりとした後味になるよう工夫が凝らされています。

わらびもちパフェ2

全体的に甘さ控えめ、あっさりとした上品な和風パフェです。わらびもちは伸びがよく、その独特の食感が箸休めのような存在になっています。次から次へと遭遇するスイーツを一生懸命味わっているうちに、一つペロリと食べ終えてしまいました。パフェ一つ完食できるか不安・・・という人にもおすすめです。黒蜜付きなので、好みでかけるとコクが増しておいしいですよ。

青もみじを眺め、白川のせせらぎを聴きながら・・・

ぎをん小森7

ふと外に目をやると、すだれ越しの白川のせせらぎと青もみじが涼しげです。窓を開けられる季節なら川の音も心地よく、時がゆったりと流れていきます。秋には紅葉を楽しめる特等席。2階には桜を臨める座敷席もあります。季節ごとに異なる表情を楽しめるのも魅力です。

ぎをん小森8

「抹茶ババロアパフェ」で抹茶ざんまい

抹茶ババロアパフェ1

そしてもう一つは「抹茶ババロアパフェ」(1,500円・税込)。こちらは上記のわらびもちの代わりにババロア入りです。ババロアは口の中で溶けていくような、はかない食感がクセになりそうです。アイス、ババロア、ゼリー、スポンジに至るまで全て抹茶味!抹茶好きにはたまりません!甘さと苦みがほどよくマッチしています。

抹茶ババロアパフェ2

抹茶は京都の名店「柳桜園」の「綾の森」を使用し、わらびもちはわらび粉100%で毎朝練った練りたてです。小豆は一日使う分だけの十勝産大納言を毎朝炊いているそう。「こだわり」というよりは「あたりまえ」を大切にしているという姿勢に信頼が置けます。

ほかにもパフェは「あずきババロアパフェ」「抹茶プリンパフェ」「白玉パフェ」がそろいます。「あんみつ」や「ぜんざい」、季節限定のかき氷「宇治金時」「甘夏」も魅力的で、どれにするか迷ってしまいます。京都に来る度に訪れる価値は大いにありそうです。

わらびもち

名物の「わらびもち」(賞味期限は当日中)、「抹茶バウムクーヘン」「抹茶パウンドケーキ」は店頭で購入できます。お土産におすすめです。

界隈は国の重要伝統的建造物群保存地域に指定

辰巳大明神

パフェを満喫してほっこりした後は、近所を散策。お店の目の前にある「辰巳大明神」は地域の守り神であり、祇園の芸舞妓さんから信仰を集められているそうです。

巽橋2

向かいには祇園の中でも最も風情あふれる巽橋があります。紅柄(べんがら)格子、瓦屋根とすだれの連なる家並みが印象的。春には桜の名所です。祇園新橋界隈は、国の重要伝統的建造物群保存地域に指定されています。

巽橋3

白川沿いをそぞろ歩いて祇園界隈を散歩するもよし、東に向かえば知恩院や円山公園にたどり着きます。祇園祭の舞台である八坂神社もすぐ近くです。思い思いに京都観光に繰り出してくださいね。

巽橋1
[All photos by ロザンベール葉]
Do not use images without permission.

ぎをん小森
住所:京都府京都市東山区新橋通大和大路東入元吉町61
営業時間:11:00~20:00(L.O.19:30)
定休日:水曜日(祝日の場合は営業)
URL:http://www.giwon-komori.com/
※新型コロナウイルスの影響で営業時間の変更、臨時休業の場合があります。詳しくは店舗Twitterでご確認下さい。
Twitter:https://twitter.com/giwon_komori

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

禁断の裏メニュー「背脂100%ラーメン」が “本当の背脂の味” を教えてくれた / 東京・板橋「下頭橋ラーメン」

背脂。この2文字を見ただけで、どうしようもなく心が躍る。背脂という言葉を記すために漢字が生まれたのではないかと思うほどだ。苦手な人もいるだろうが、こってり好きの界隈においては、死ぬほど愛されてやまない食材である。

そんな背脂がたっぷりとスープに浮かぶ……どころか、背脂100%のラーメンを提供するお店があるという情報を入手した。嘘だろ……? それってもうスープじゃなくて背脂そのものなのでは? どんなラーメンなんだ? 気になりすぎて狂いそうなので現地に向かった。

・果たして実在するのか

ときわ台駅と上板橋駅のはざま辺りに目当ての店、『下頭橋(げとばし)ラーメン』はある。

年季の入った引き戸、店名入りの暖簾(のれん)がどこか懐かしさを誘う。このクラシックな店構えの奥に、特殊なラーメンが待っているとは連想しにくい。

背脂100%……まるで果汁のようなノリで言ってのけるが、本当に実在するのか。

店に入って目についたメニュー表は、ラーメン(750円)とチャーシューメン(1100円)のみという潔さ。そこに背脂100%ラーメンの文字はない。

あらかじめ知っていなければ注文できない裏メニューだとは聞いていたので、店主に「背脂100%のラーメンって頼めますか?」と尋ねてみる。これでもし「は? 何言ってんの?」と言われたら、一生「背脂ピエロ」の名を背負わねばならないが……「できますよ」と返ってきた。

ほっと胸をなで下ろし、席に着く。それから10分もしないうちに丼がやってきた。

・果たしてこれはラーメンなのか

ついに現れたその姿を見て、思わず自分の目を疑う。

め、麺が見えねぇ…!

丼になみなみと満ちる背脂で、麺が見えないのである。動揺のあまり、「あれあれ~? 麺さんはどこかにかくれんぼしちゃったのかなぁ?」と心の中で保育士のように丼に話しかけてしまう。

目の前でひしめき合う大量の背脂。「スープじゃなくて背脂そのものなのでは?」と思っていた過去の自分に言いたい。「正解」と。

まるで背脂の海だ。こんな光景は見たことがない。しかし同時に、「こんなの美味いに決まってる」という確信も湧いていた。興奮を覚えつつ箸を差し入れ、麺の感触を探り当てる。持ち上げようとしたが……重い背脂が重い。お前こんなに重かったっけ? 

やや力を入れると、海面を引き裂いてズボボボボと麺が登場。沈没船の引き上げ作業めいたその様子は、一種のアトラクションのようでもあった。

麺はとろみのある背脂をたっぷりとまとっていて、底の方からタレも引き連れてきている。ラーメンというより油そば……いや、もはや比率的にそば油に近いが、お味の方はどうか。

・どうしてこんなに美味いのか

口に入れた瞬間、細かいことなど吹き飛ぶような衝撃を食らった。甘いそして美味い。背脂の口溶けとともに爆発的に広がる豊潤な甘さ、むせ返るような香り、それらをコクのあるタレがさらに推し進めて脳天まで届けてくる。

濃密な味わいでありながら、丼全体の統一感のおかげか不思議とあっさりもしている。太すぎず細すぎずツルツルとした麺を夢中になってすするうちに、心はすっかり背脂の海の中。快くクラクラするような風味がたまらない。

これがラーメンかどうかよりも、どうしてこんなに美味いのかを考えるべきだ……そう思っていた私は、まもなくその理由に気付いた。

ここのお店の背脂は、ほかのお店とは違ってスープによって薄められていない。つまり限りなく純度が高いのだ。それが美味さの核だろう。今までに味わったことのない、いわば背脂の真の姿本当の味に触れられたわけである。

こんなに付加価値が高いのに、通常のラーメンと同じ750円であるから驚きだ。知る人ぞ知る、常識を壊す一品……まさしく禁断の裏メニューと言えよう。

ただし、それゆえ提供できる数には限りがあるようなので、興味を持たれた方は気をつけて足を運んでほしい。裏メニューとはいえ、多くの人に味わってもらいたい衝撃がここにはある。

・今回紹介した店舗の情報

店名 下頭橋ラーメン
住所 東京都板橋区常盤台3-10-3
営業時間 18:00~翌4:00
定休日 水曜

Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

サーティワンのサブスク「31日間毎日サーティワンチャレンジ」をガチでやってみることにした

2020年7月21日から、サーティーワンが定額サービス「サーティワンサブスク」を開始している。7月21日スタートの5980円で31日間毎日レギュラーシングルサイズのアイスを1つ食べられるものと、8月4日スタートの359円で「Flavor of The Month」に指定されたアイスのレギュラーシングルサイズを毎月1つ食べられるものだ。

気になるのは、やはり前者だろう。毎日食べれば最大で6000円お得になるという。まあ、サーティワンのアイスは美味い。毎日食べ続けたいくらいの美味さはあると思う。とはいえ、ガチに31日間毎日食べるとなったら、苦行になりそうな気がしなくもない。実際その辺どうなんだ? ということで、本気で31日間毎日食べ続けてみることに。

・クレカ必須

本題に入る前に、先にサブスクの購入方法について軽く説明しておこう。まずは専用のHPにアクセスし、そこでアカウントを作成。アカウント作成後にログインして、希望のサブスクを選択(記事執筆時点ではまだ1つしかない)すればいい。

特に難しいことは無いが、一つ注意が必要な点を挙げるとすれば、クレジットカードが必須ということだろうか。まだ学生などでクレジットカードを持っていない場合は、残念ながら利用できない。

サーティワンの顧客層がどんなものか詳細は知らないが、でも中高生のヤングたちにも人気な感じはするし、この決済方法はいささか間口を狭めている気がしなくもない。話はそれるが、この機にクレカが無くて色々不自由を感じるヤングのためにちょっとした情報を提供しよう。

基本的に18歳未満ではクレジット機能(ざっくり言うと借金機能)付きの、ガチなクレジットカードは持てないと思うが、銀行口座に紐づけられたクレジット機能の無いデビットカードなら持てるはずだ。

デビットカードは自分の銀行口座に入っている分しか使えず、使ったらその分だけ口座から引き落とされる仕組み。クレジットカードのように借金につながる仕組みはほぼ無いため、審査も基本的に無い。ゆうちょのVisaデビットは12歳から作れるレベル。他社も15歳とか16歳とかからある。

日本では未だに自ら申請しないと入手できないところが多いが、海外では最初から銀行のキャッシュカードにデビット機能が付与されているくらい一般的だ。店頭ではクレジットカードと遜色(そんしょく)なく使えて便利である。Amazon等のネット通販でももちろん利用可能。詳しくはお父さんお母さんに聞いていただきたい。

・チャレンジ

話をサーティワンに戻そう。誤解の無いよう述べておくが、サブスクの仕組みとしては別に毎日食べる必要はない。31日間、毎日1つだけレギュラーシングルサイズを食べる権利が得られるというだけで、食べても食べなくてもいい。

レギュラーシングルサイズは400円なので、サブスクの値段を6000円(正確には5980円)で計算するなら、1カ月で15日間食べればプラスマイナスゼロ。ぶっちゃけ平日だけ食べるとかでも、それなりにお得になるはずだ。が、どうせなら毎日食べ続けて最大限に得をしたいというもの。

そのためには31日間、何があってもサーティワンにたどり着き、アイスを1つ食べねばならない。「さすがに31日間継続するのはキツいんじゃないか?」と思うのは、きっと筆者だけではないだろう。

しかし実際のところどうなのかというのは、やってみなければわからないものだ。三日坊主で早くも苦行と化す可能性がある反面、もしかしたら食べれば食べるほど虜(とりこ)になり、毎日どころか毎秒食べ続けないと情緒不安定になるくらいハマる可能性だってゼロではない。

まあサーティワン自身、このサブスクを「31日間毎日サーティワンチャレンジ」と名付けている……つまり、チャレンジとみなしているようだし、きっと何かしら困難が待ち受けているのだろう。その辺りの現実を、筆者が身を挺して明らかにしようというものである。

筆者がサブスクを購入したのは7月29日なので、有効期限は8月29日まで。もちろん29日のノルマは達成済みだ。

証拠兼記録として感想をインスタにアップしてある。有効期限が切れるまでは、こうしてその日の素直な感想を進捗として公開し続ける予定。そして最終日を迎えたところで、31日間サーティワンを食べ続けるのは実際にどんな感じだったのかをまとめてみようと考えている。

ちなみに初日の時点では全然余裕な気がしている。アイスはもちろんウマかったし、明日はどの味にしようかなどと考えたりしているレベルで割と楽しみ。今日の分もこれから食べに行こうと思っている。ちなみに筆者は継続が苦手だ。今までの人生で、何一つ継続したことが無い。サーティワンチャレンジの結末はいかに。

参照元:サーティワンサブスク
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。