【真の贅沢】伊勢丹で『日の丸弁当(648円)』が売られる時代になりました / 食べてみたら「梅干しのパワー」がエグいです

伊勢丹のショーケースに、日の丸弁当。それは私にとって違和感を覚える光景でした。伊勢丹に対して高級なイメージを抱いていた一方で、「日の丸弁当」はお金がない時に食べるもの……と思っていたからです。

しかし、「日の丸弁当」に対するその思い込み自体が、大きな誤りでした。おかずの量を判断基準にしてはいけないのです。大事なのは量ではなく質。それを知らず、ややナメた気持ちで「日の丸弁当」を購入したために、若干の後悔をする羽目になりました。おそらく、同じような過ちを犯す人も多いかと思いますので、紹介したいと思います。

その「日の丸弁当」は、伊勢丹新宿の地下1階に入っている『米屋(めしや)』で発見しました。どうやら伊勢丹新宿店の限定品らしく、価格は税込648円。正直、値札を見たときは「高い」と思いました。なんなら、ふざけた価格だとさえ思いました。

しかし、だからこそ気になってしまったのです。そこで店員さんに聞いてみると、

「日の丸弁当にはリピーターが多いんですよ」

とのこと。伊勢丹に来て「日の丸弁当」を買って帰る? 想像すると妙な気もしますが、だからこそ通(つう)好みな弁当な気もします。そして、その行為自体、どこか “粋” な気がしなくもありません。

・レンチンご飯と比較

興味が湧いた私は、「日の丸弁当」を持ち帰ることにしました。ついでに、セブンイレブンのレンチンご飯(一膳ごはん / 3パック税込286円)も購入し、比べてみると……

見た目はそこまで変わりません。なんなら、レンチンご飯の方が光沢の関係で美味しそうにさえ見えます。しかしながら、味は「日の丸弁当」の圧勝です。なんとなく予想はついていましたが、勝負になりません。ワンパンKOと言っていいでしょう。

比較すること自体、間違いでした。「日の丸弁当」のお米は、メチャクチャ美味しいです。一粒一粒がはっきりしていて、それでいて適度にもっちりしています。これを口に出来たことで満足したのですが……冒頭で述べた通り、若干の後悔もありました。

・後悔について

原因を簡単に言うなら、貧乏根性が働きすぎたのです。というのも、「日の丸弁当」にはごま塩が付属しています。

「日の丸弁当」は基本的に梅干しとご飯だけですから、ごま塩は貴重なおかず……と考えた私は、その全てをご飯にふりかけました。そしてしばらくご飯を食べ進めたとき、気づいてしまったのです。

添えられている梅干しがめっちゃ良いヤツだということに。つまるところ、良いヤツにありがちな “ハンパないしょっぱさ” を誇る梅干しだったのです。これ1つで、あとご飯3箱くらい食べられそうなほどのパワーを秘めています。

なのに、私のご飯は残りわずか。しかも、ごま塩が一面にふりかけられていて、ご飯自体がしょっぱくなっています。

「なぜ、何も考えず最初にごま塩を全部かけたのか? なぜ、「日の丸弁当」の梅干しのパンチ力(りょく)を、いつも買っている15個入りで298円くらいの物と同等だと思っていたのか? そのミスのせいで、ご飯と梅干しのマリアージュを楽しもうにも、もうご飯が残り少ないじゃないか……」

……と思いながら、梅干しの残りを流し込む羽目になった次第です。みなさんは、私と同じような失敗をしないように気をつけて下さいね。

・梅干しの日

ちなみにですが、本日7月30日は「梅干しの日」らしいですよ。Webサイト『今日は何の日』によると、「梅干しを食べると難が去ると昔から言われてきたことから、なん(7)がさ(3)る(0)」で、制定されたようです。

「梅干しを食べると難が去る」にどこまで科学的根拠があるのかは知りませんが、昔から「病は気から」と言います。難が去ると思って梅干しを食べたら、多少の違いはある……のかもしれませんね。

参考リンク:三越伊勢丹「米屋(めしや)」、今日は何の日
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

クリスピー・クリームのあま〜いドーナツでサンドイッチを作ると美味い / あるいは変化を受け入れる爽快感について

歳をとれば味覚も変わり、胃腸だって衰える。筆者も最近、クリスピー・クリーム・ドーナツの「オリジナル・グレーズド」(以下、オリグレ)を、以前のように食べられなくなってきた。薄くコーティングされたシュガーのサクサクと、ドーナツのフワフワを併せ持つオリグレ。以前は何個でもいけたのに、今では1個食べるので精一杯。正直言って、この甘さがちとキツくなってきたのだ……。切ない。

が、変化にこそ大きなチャンスが隠れているもの。私もこの切なさの中、新たな発見があった。それがオリグレでサンドイッチを作るとうまいということだ! あっま〜いドーナツで、ハムやらチーズやらを挟んじゃう、そんな甘い&しょっぱいのコンビネーションが美味しくないわけがない。しかも公式発表のレシピなんだから試してみるっきゃないだろう!!

参考にしたのは、クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパンのウェブサイトに掲載されているドーナツアレンジレシピだ。料理創作ユニットGomaさんが手がけたとのことで、以下のように説明されている。

「半分に切ったオリグレにハムや野菜、サラダ類を思い切り挟んで、見た目も味も楽しい3種類のレシピを作りました! ふわふわで甘〜いドーナツに、具材の塩気と生野菜のシャキシャキとした食感が意外に好相性! 野菜をたくさん食べられる新しいドーナツの楽しみ方です」

レシピではポテトサラダやツナスプレッド、ハム、キュウリ、アスパラガスなどを挟んだサンドイッチが紹介されている。「水分の少ない食材を選べば、具材の組み合わせの可能性はまだまだ広がりそう」とのこと。

そうだよね、サンドイッチって自由だよね! ということで公式レシピを参考にしつつ……

1:オリグレを半分に切り、塗りたかったらマヨネーズを塗る
2:具材を適当に切って適当にのせる

……といった感じで、筆者も自分の好みに合わせた3つのサンドイッチを作ってみた。

その1:ハム&レタス&チーズサンド

具材:レタス、ハム、きゅうり、マヨネーズ、スライスチーズ
感想:まずは公式レシピを参考にして作ってみた。指示通りに、薄切りハムを贅沢に5枚使ったので、食べ応えがあった。普段のサンドイッチには2枚ほどしか使わないので少しためらったが、ケチケチしてはいけないことを痛感。プロが考案したレシピだけあって安定感のある美味しさ。

その2:ハム&カツ&タマゴサンド

具材:千切りキャベツ、ハムカツ、ソース、千切りニンジン、マヨネーズ、スライスしたゆで卵、クレイジーソルト
感想:少しジャンクなものが食べたかったので、スーパーの惣菜のハムカツをのせてみた。オリグレの砂糖の甘み&ハムカツのソースのしょっぱさがとてもあっている。彩りも美しい。このままでは千切りニンジンなどがこぼれまくるので、ラップに包んで半分に切ると食べやすかった。

その3:BLT&アボカドサンド

具材:レタス、厚切りベーコン、トマト、アボカド、マヨネーズ
感想:サンドイッチといえばBLTサンドだが、甘いオリグレで作るとどうなるか? これがなかなか美味しかった。こんがり焼いた厚切りベーコンが存在感あってグッドだし、見た目もおしゃれ。まったりとしたアボカドとオリグレの相性も良かった。

てな具合で、どれも美味い美味いと食べてしまい……っは! オリグレ単体では1度に1個が限界だったが、サンドイッチの場合はそれぞれ半分(=オリグレ1個半)をペロリしていたことに後から気がついた。個人的にはハムカツサンドが一番美味しかった。

見た目は可愛いし、半分に切った断面が色鮮やかで映える。持ち寄りのパーティーなどでも、とりあえずの話題作りにはもってこいだ!

……とは言っても、サンドイッチにしては甘すぎる気もするし、オリグレ1個がやっとの人間が毎日食べられるようなものではない。それでも、ちょっと変わったサンドイッチが食べたい人にはうってつけだし、私は作っていて、そして食べていて楽しかった! なによりも自分に起こった変化を受け入れ、そこから新たな何かを見つけようとすることの爽快感を、大げさでなく感じたのだった。

参照元:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン アレンジレシピ
Report:小千谷サチ
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【アホ】伝説のすた丼屋『大とろホルモン “アホ盛り” 焼肉丼』が名前に偽りなくアホで最高 / どんな数字の倍数でもアホになれるレベル

人間、時にはすべてを忘れて “アホ” になることも必要なのかもしれない。そうすることで思考がクリアになり、新たなアイデアが浮かんだりなんてことも……。しかし「伝説のすた丼屋」よ、お前はちょっとアホすぎだ。もう少ししっかりしろ。

「すた丼」が昨日2020年7月29日より新商品『大とろホルモン焼肉丼』を期間限定で販売している。これだけ聞くと「何がアホ?」と思うかもしれないが、注目は肉を約2倍に増量したという『大とろホルモン “アホ盛り” 焼肉丼』だ。自分でアホと言ってしまっているあたり、3周くらい回って結局アホである。

・アホな新商品

大阪名物ホルモンを使用した『大とろホルモン焼肉丼』。素朴な疑問だが、どうして大阪なんだろうか? その理由について「すた丼」は以下のように説明している。

「(前略)東京都では感染者数の増加を受けて外出自粛要請が発令されました。(中略)移動自粛下においても、全国で東京に次ぎ累計感染者数が2番目に多い『大阪府』のご当地グルメが味わえるよう当商品の発売を決定しました」

いまいち答えになっていない気がするが、つまりそういうことらしい。さて、注文するのは当然『大とろホルモン “アホ盛り” 焼肉丼(税込1280円)』だ。今回は初めてデリバリーでお願いしてみたぞ(価格は変わります)。お店で頼むのとは少々雰囲気が異なるものの、容器から溢れんばかりの盛りの良さは相変わらず健在。

だた一点、シールに「アホ盛り」ではなく「W盛り」と書かれていたのは残念と言えば残念だが、同時にアホを必死に隠そうとしているようにも見えて逆にアホである。さっそくフタを開けてみると……うおお!

部屋中にブワッと漂うニンニクの香り!!

・オーラがすごい

特にニンニク推しの商品ではないにもかかわらず、この威力。さすが「すた丼」だ。待機中の空気清浄機がやや出力を上げたのは決して偶然ではあるまい。丼の上へと目を移すと、そこには小腸の部位を使用した大量のホルモンと……

これまた大量の牛カルビ。約2倍だけあってアホみたいな量だ。野菜はキャベツに玉ネギ、そしてなんとニラ。そう、ニンニクに加えてスメル大王のニラまで電撃参戦である。テレワーク専用かよ。さながら食べる外出自粛要請。しかし。

そこに玉子をのっけると……

絶対ウマい!

・確信

ニンニクが効いた甘辛濃厚なタレ、ウマい! タレが絡んだ柔らか牛カルビ、ウマい! 小ぶりながらプリっとしたホルモン、ウマい! ニラもよく合うぞ、ウマい! タレ染み染みのご飯、多くてウマい! 結論、みんなウマーーーーーい!!

『アホ盛り』に引っ張られたせいで偏差値2みたいな感じになってしまったが、それでも上に書いたことはすべて本当だ。「すた丼」特有の野郎度が高い濃い~味付けではあるものの、おいしくない部分が一つもないというか、どこから食べてもめちゃウマで最高である。ただ……

食っても食っても景色が変わらねぇ。

・超ボリューム

そう、この「肉とご飯、時々ヤサイ」みたいな状態が最後まで続くのだ。さすが『アホ盛り』。その名に偽りなくアホのように詰め込まれているではないか。3の倍数どころか、すべての倍数と数字でアホになれるレベルである。もう1から1000まで終始アホ。さすがのナベアツもハードすぎるだろう。

・こうありたい

しかし、こんなアホは嫌いではないぞ。むしろ大好きだ! 冒頭でも書いたように、時にはすべてを忘れてアホになることも必要である。だからアホになりたい時は『アホ盛り』を食べよう。『アホ盛り』を食べてアホになろう。アホ最高。アホ万歳。すべてのアホに幸あれ。

参考リンク:伝説のすた丼屋
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。