くだもの王国・岡山県の最高品質フルーツを都内で!「おかやま果物時間 in Tokyo」

透き通るような白さと、とろける味わい「岡山の白桃」

岡山の白桃は、小さな実のひとつひとつに丁寧に袋をかけて栽培するため、太陽光を直接浴びず、透き通った白色になるそうです。なめらかな果実と芳醇な香りが特徴。

宝石のような美しさを持つみずみずしい果実「岡山のぶどう」

岡山のぶどうは土づくりに始まり、つぼみの時から収穫するまで、房の姿をイメージしながら何度も間引いて良い粒だけを残すそうです。その結果、宝石のように美しい果実、みずみずしい食味となります。

岡山の白桃を使ったスイーツを実食!

新宿高野本店内のタカノフルーツパーラーで販売される「岡山県産桃のパフェ」(1,980円・税込)を実際にいただいてきました。

見てください!このあふれんばかりに乗せられた白桃!これを崩さずに食べるのはなかなか至難の業、ちょっとしたパズルのようです。

まずは白桃をいただきます。フォークを刺しただけで果汁があふれてきます!もうみずみずしい!食べてみると白桃の固すぎず、でも柔らかすぎない、ちょうどいい食感と、優しい甘みの果汁が口の中に広がります。とってもジューシー!

グラスには白桃のほかにピーチゼリーやピーチシャーベット、バニラアイスなど、さまざまなトッピングがあり、どれも白桃との相性もバツグンな大満足の一品でした。

新宿高野本店
「おかやま白桃フェア」
期間:7/31(金)~8/2(日)
内容:白桃の生果やスイーツのPR販売、パフェの提供
住所:東京都新宿区新宿3-26-11 B2F(パフェの提供は5Fタカノフルーツパーラーにて)
https://takano.jp/takano/

「おかやま果物時間 in Tokyo」実施店舗

とっとり・おかやま新橋館


「岡山県産白桃・ぶどうフェア」
期間:7/3(金)~10/25(日)
内容:1階ショップ/白桃・ぶどうの販売 2階ももてなし家/岡山白桃パフェの販売
住所:東京都港区新橋1-11-7 新橋センタープレイス
URL:https://www.torioka.com/

サン・フルーツ東京ミッドタウン店

「おかやまフルーツ・ギャラリー」
期間:7/22(水)~9/30(水)
内容:白桃、ぶどうの生果やスイーツの販売
住所:東京都港区赤坂9-7-4 D-B107(東京ミッドタウン ガレリアB1F)
URL:http://www.sunfruits.co.jp/shop/tenpo/?s=a1tokyomidtownshop

伊勢丹新宿店

「岡山フェア」
期間:7/29(水)~8/4(火)
内容:白桃、ぶどうを中心とした県産農産物のPR販売
住所:東京都新宿区新宿3-14-1伊勢丹新宿本館地下1階フレッシュマーケット(生鮮食料品売り場)
URL:https://www.isetan.mistore.jp/shinjuku.html

サン・フルーツ日本橋三越店

「岡山フェア」
期間:8/19(水)~8/25(火)
内容:ぶどうの販売
住所:東京都中央区日本橋室町1-4-1日本橋三越本店新館B2F、本館B1F
URL:http://www.sunfruits.co.jp/shop/tenpo/?s=b2nihonbashi

サン・フルーツ銀座三越店

「岡山フェア」
期間:8/26(水)~9/1(火)
内容:ぶどうの販売
住所:東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越B3F
URL:http://www.sunfruits.co.jp/shop/tenpo/?s=c3ginza

銀座千疋屋 銀座本店


※写真はイメージです

「岡山県産シャインマスカット・ピオーネフェア」
期間:9/12(土)~9/13(日)
内容:シャインマスカット、ピオーネの生果やスイーツの販売
住所:東京都中央区銀座5-5-1
URL:https://ginza-sembikiya.jp/f/brand

千疋屋総本店 日本橋本店

「岡山ぶどうフェア」
フェア期間:9/12(土)~9/30(水)
内容:ぶどうの生果やスイーツの販売
住所:東京都中央区日本橋室町2-1-2 日本橋三井タワー1F
URL:https://www.sembikiya.co.jp/

岡山県産フルーツ購入者にはデニムマスクもプレゼント!

国産ジーンズ発祥の地でもある岡山県は、倉敷市児島や井原市を中心に国内屈指の一大産地で、確かな品質と技術は世界でも高く評価されています。高い技術力を生かしてデニムマスクの製造にも取り組んでいます。

「おかやま果物時間 in Tokyo」実施期間中、キャンペーン実施店舗にて岡山県産フルーツを5,000円(税込)以上購入した方合計1,000名に岡山デニムマスクをプレゼント!

※デニムマスク配布期間に関しては、それぞれの店舗によって異なりますので確認ください。また、店舗ごとにマスクの在庫がなくなり次第終了します。

公式サイト:http://momotaros.com/event.html

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

肉の誘惑がすごい!京都センチュリーホテルで肉の祭典



京都センチュリーホテルのレストラン「オールデイダイニング ラジョウ」では、2019年5月10日(金)~7月9日(火)の期間中、バラエティ豊かな肉料理が楽しめる「MEAT FESTIVAL at La Jyho」を開催!昨年も好評だったイベントがパワーアップして復活です!

開放感溢れる空間でバラエティ豊かな肉料理が味わう



6階まで吹き抜けが広がる開放的な空間で、ビュッフェスタイルで楽しめる「オールデイダイニング ラジョウ」。5月10日(金)からは、昨年好評を期した「MEAT FESTIVAL at La Jyho」がパワーアップして復活します!

肉好きにはたまらないラインナップ



ジューシーな肉料理がバラエティ豊かにそろうこのイベントでは、シェフが目の前でカッティングする“ローストビーフ”やお好みのソースで味わう“サーロインステーキ”、“スペアリブ”など、人気の肉料理をランチ・ディナーともに楽しめます。ディナータイムには、“シュラスコ”やトリュフ風味のリゾットに牛肉、フォアグラパウダーをあわせたシェフのスペシャリテなども登場!まさに肉好きにはたまらないメニューが揃っていますよ。




肉料理以外にも、食後のスイーツや15種以上のアイスクリームなど、デザートも大充実です。


ビュッフェ「MEAT FESTIVAL at La Jyho」概要
期間  : 2019年5月10日(金)~7月9日(火)
場所  : 京都センチュリーホテル2F「オールデイダイニング ラジョウ」
時間  : 【ランチ】
      平日     11:30~14:30(時間内無制限)
      土・日・祝日 [1部]11:30~13:00 [2部]13:30~15:00(各回90分制)
      【ディナー】
      平日     17:30~21:00 (時間内無制限)
      土・日・祝日 [1部]17:30~19:00 [2部]19:30~21:00 (各回90分制)
料金  : 【ランチ】
      平日     大人 2,947円(3,500円) 7-12歳 1,516円(1,800円)
             4-6歳 759円(900円) 
      土・日・祝日 大人 3,284円(3,900円) 7-12歳 1,684円(2,000円)
             4-6歳 842円(1,000円) 
      【ディナー】
      全日     大人 4,210円(5,000円) 7-12歳 2,105円(2,500円)
             4-6歳 1,011円(1,200円)
お問合せ: TEL 075-351-0085 (レストラン総合受付10:00~20:00)
URL   : https://www.keihanhotels-resorts.co.jp/kyoto-centuryhotel/lajyho_meat/index.html

[@Press]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【真の贅沢】伊勢丹で『日の丸弁当(648円)』が売られる時代になりました / 食べてみたら「梅干しのパワー」がエグいです

伊勢丹のショーケースに、日の丸弁当。それは私にとって違和感を覚える光景でした。伊勢丹に対して高級なイメージを抱いていた一方で、「日の丸弁当」はお金がない時に食べるもの……と思っていたからです。

しかし、「日の丸弁当」に対するその思い込み自体が、大きな誤りでした。おかずの量を判断基準にしてはいけないのです。大事なのは量ではなく質。それを知らず、ややナメた気持ちで「日の丸弁当」を購入したために、若干の後悔をする羽目になりました。おそらく、同じような過ちを犯す人も多いかと思いますので、紹介したいと思います。

その「日の丸弁当」は、伊勢丹新宿の地下1階に入っている『米屋(めしや)』で発見しました。どうやら伊勢丹新宿店の限定品らしく、価格は税込648円。正直、値札を見たときは「高い」と思いました。なんなら、ふざけた価格だとさえ思いました。

しかし、だからこそ気になってしまったのです。そこで店員さんに聞いてみると、

「日の丸弁当にはリピーターが多いんですよ」

とのこと。伊勢丹に来て「日の丸弁当」を買って帰る? 想像すると妙な気もしますが、だからこそ通(つう)好みな弁当な気もします。そして、その行為自体、どこか “粋” な気がしなくもありません。

・レンチンご飯と比較

興味が湧いた私は、「日の丸弁当」を持ち帰ることにしました。ついでに、セブンイレブンのレンチンご飯(一膳ごはん / 3パック税込286円)も購入し、比べてみると……

見た目はそこまで変わりません。なんなら、レンチンご飯の方が光沢の関係で美味しそうにさえ見えます。しかしながら、味は「日の丸弁当」の圧勝です。なんとなく予想はついていましたが、勝負になりません。ワンパンKOと言っていいでしょう。

比較すること自体、間違いでした。「日の丸弁当」のお米は、メチャクチャ美味しいです。一粒一粒がはっきりしていて、それでいて適度にもっちりしています。これを口に出来たことで満足したのですが……冒頭で述べた通り、若干の後悔もありました。

・後悔について

原因を簡単に言うなら、貧乏根性が働きすぎたのです。というのも、「日の丸弁当」にはごま塩が付属しています。

「日の丸弁当」は基本的に梅干しとご飯だけですから、ごま塩は貴重なおかず……と考えた私は、その全てをご飯にふりかけました。そしてしばらくご飯を食べ進めたとき、気づいてしまったのです。

添えられている梅干しがめっちゃ良いヤツだということに。つまるところ、良いヤツにありがちな “ハンパないしょっぱさ” を誇る梅干しだったのです。これ1つで、あとご飯3箱くらい食べられそうなほどのパワーを秘めています。

なのに、私のご飯は残りわずか。しかも、ごま塩が一面にふりかけられていて、ご飯自体がしょっぱくなっています。

「なぜ、何も考えず最初にごま塩を全部かけたのか? なぜ、「日の丸弁当」の梅干しのパンチ力(りょく)を、いつも買っている15個入りで298円くらいの物と同等だと思っていたのか? そのミスのせいで、ご飯と梅干しのマリアージュを楽しもうにも、もうご飯が残り少ないじゃないか……」

……と思いながら、梅干しの残りを流し込む羽目になった次第です。みなさんは、私と同じような失敗をしないように気をつけて下さいね。

・梅干しの日

ちなみにですが、本日7月30日は「梅干しの日」らしいですよ。Webサイト『今日は何の日』によると、「梅干しを食べると難が去ると昔から言われてきたことから、なん(7)がさ(3)る(0)」で、制定されたようです。

「梅干しを食べると難が去る」にどこまで科学的根拠があるのかは知りませんが、昔から「病は気から」と言います。難が去ると思って梅干しを食べたら、多少の違いはある……のかもしれませんね。

参考リンク:三越伊勢丹「米屋(めしや)」、今日は何の日
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。