【吉野家かよ】アタマ3倍まで可能な箱根そば本陣の「牛肉祭り」がもはや牛丼屋 / 立ち食いそば放浪記:第240回 新宿

長かった梅雨がもうすぐ明けそうだ。2020年7月31日は近畿の梅雨明けが発表され、東京も夏の足音が聞こえる。待ち焦がれた梅雨明けだが、夏になったらなったで要注意。体力の削られる季節だ。

そんな夏に向け、ちょうど良いキャンペーンを箱根そばが行っている。その名も「牛肉祭り」。そばの牛肉を最大アタマ3倍まで増量できるものである。吉野屋かよ! しかし、ベースが冷やしおろしそばなのでツルッといけるのだ

・富士そばのTwitterアカウントがリツイート

最近、Twitterで、富士そばとしぶそばと箱根そばのアカウントがいちゃいちゃしてることをご存知だろうか? いや、おそらくマニアでないとご存知ないと思うのだが、お互いのメニューを食べに行って写真を投稿したりしている。付き合ってんの? 匂わせ投稿なの? コレ

ファンがそんな気持ちにもなりかねない爆弾投稿の中、富士そばが箱根そばのキャンペーンをリツイートしていた。それが小田急新宿駅構内の箱根そば本陣店で開催されている「牛肉祭り」である。この投稿により本キャンペーンを知った私(中澤)はさっそく箱根そば本陣店に行ってみた。

・もはや牛丼屋の看板

店の入り口に掲げられた看板を見ると、冷やし牛肉おろしそばのアタマ増量以外に、牛肉そばにさらに牛丼がプラスされる「牛丼とピリ辛牛肉そばのスタミナセット(税込950円)」もあるようだ。この看板「牛」って言いすぎだろ。もはや牛丼屋である。

・逆写真詐欺

ちなみに、冷やし牛肉おろしそばの価格は並みが660円、アタマ2倍で840円、アタマ3倍で940円。夏も近いし、ここはMAXでいきたい。というわけでアタマ3倍を注文したところ……

牛、そして牛

そばを覆う牛肉は、看板写真で想定していたものよりはるかにボリューミーだった。器がフランス料理かよってくらい大きいせいで対比的に肉が少なく見えていたのかもしれない。逆写真詐欺だ。

・チームとしての団結力

食べてみると、そんな牛肉の甘みが存分にそばつゆに染み出し旨みがエグイことになっている。牛肉の量はもちろん、このつゆのウマさも牛肉祭りの良さと言えるかもしれない。ナイスコンビネーション。ただ、私が最もゴールデングラブ賞をあげたいのは、そのつゆでも牛肉でも、そしてそばでもない

大根おろしだ。こいつがつゆを吸いまくって噛んだ瞬間、じゅわっと旨みが染み出す。しかし、大根おろしなのであくまでさっぱりしているところが非常にそばと合うのだ。言わば、ワン・フォー・オールの体現者が大根おろしなのである。私が監督ならばチームのキャプテンに任命するに違いない。

最初は、正直少しお高めかと思った。しかし、食べ終わった今、感じるのは満足感のみ。コスパ意識とは決して価格の安さだけではないのである。

View this post on Instagram

もはや牛丼屋…詳細は記事にて

A post shared by 中澤星児 (@seiji_nakazawa) on Jul 30, 2020 at 10:24pm PDT

・店員さんに聞いた祭りの詳細

ツルッといけてスタミナもつきそうな箱根そばの牛肉祭り。店員さんに聞いたところ、牛肉祭りは結構前から開催されているが、最近冷たいそばで展開しだしたのだとか。

今のところ、特に期間などは決まっておらず、毎日朝10時からメニューに加わるという。ただし、土日はセットなしとのこと。新宿駅を使う人はお昼に1杯、または夕飯に食べてスタミナをつけるのも良いかもしれない。

・今回紹介した店舗の情報

店名 箱根そば本陣店
住所 東京都新宿区西新宿1-1-3 小田急新宿駅西口地下改札を出てすぐ
営業時間 月~土6:30~23:00(ラストオーダー 22:45)/ 日祝6:30~22:00(ラストオーダー 21:45)
定休日 無休

Report:立ち食いそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.

« 前回へ | 第1回から読む

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

“究極のレバニラ定食” を食べてみたら「老後はこれだけ食べていたい」気持ちにさせられた / 東京・北千住「ここのつ」

当然のことながら、世の中にはさまざまな料理店がある。しかし当然とわかっていながら、真の意味ではその事実を認識できていなかったのかもしれない。筆者がそう思わされたのは、つい先日、「究極のレバニラの提供を使命にしているお店がある」と聞きつけた時のことだった。

個人的に初めて耳にするタイプの使命感だったため、衝撃を受けると同時に大変興味を引かれた。一体どんなレバニラが食べられるのか。これはお店に行かない手はない。察しの良い方はお気付きかもしれないが、本記事は筆者による現地レポートなのでご覧いただきたい。

件(くだん)のお店の名前は「ここのつ」。場所は東京・北千住にある。

同店のHPには「究極のレバニラのご提供を使命に創業しました」との文言が記されており、引き戸に張られたポスターにも「究極のレバニラ」の文字が踊っている。

そのうえ店内のメニュー表を見れば、実にスペースの4分の1ほどを「究極のレバニラ」が占めている。ここまでレバニラが勢力を振るっているお店も珍しいのではなかろうか。それだけ注力しているという証だろう。

特筆しておきたいのは、このお店のレバニラが牛肉や豚肉を用いたものではないという点だ。何かと言えば鶏レバーである。牛や豚では味わえない、とろけるような食感をしているらしい。

期待しつつ「究極のレバにら定食(900円)」を注文。まもなく運ばれてきたトレーには味噌汁やサラダなどもひしめきあっており、充実ぶりに心が躍る。

とはいえやはり主役はレバニラ。見るからに美味しそうなそれに箸をつけてみる。そして口に含んだ瞬間、まるで大トロのようにレバー肉がとろけだした

正直、「とろける」と言っても「かなり柔らかい」程度だろうと勝手に見積もってしまっていたのだが、実際にはそれどころではなかった。もし店内の壁面に「はしゃいでも可」と張り紙がしてあったら、存分にはしゃぎたくなるほどの感動的な柔らかさだった。

ついでに「独り言も可」と張り紙がしてあったら、「嘘だろこれ……嘘だろ……」とぶつぶつ呟いていたに違いない。尋常ではなくソフトなうえに、レバーとしてのコクや旨味も濃厚で、それでいて臭みなどは全くない

信じがたいクオリティである。おまけにニラの方もシャキシャキと新鮮で、文句のつけようがない。「究極のレバニラ」の名にふさわしい完璧具合だ。

柔らかいので食べるのに全く力がいらないし、加えて飽きが来ない。「老後はこれだけ食べていたい」と思いながら夢中になって箸を動かし、あっという間に食べ終えた。

牛レバーや豚レバーではこの柔らかさは成しえなかったかもしれないと思うと、目の付け所に脱帽するばかりである。凝り固まるのではなく視点を変える──究極を目指す上での柔軟さが、そっくりそのままこのお店のレバーに反映されている気がした。

・今回紹介した店舗の情報

店名 ここのつ
住所 東京都足立区千住旭町43-13
営業時間 月~土 11:00〜15:00(LO.14:30)、17:30〜23:30 (LO. 23:00)/ 祝日 11:00〜15:30(LO.15:00)、17:00〜22:00(LO. 21:30)
定休日 日曜

Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

ステイホームでチーズが人気。 おしゃれ!って言われる簡単レシピ3つ

自宅で、チーズ料理。  コロナ禍によるステイホーム生活が定着しつつある今、「自宅での料理をおいしく楽しくしていこう!」という流れになっていますよね。  その中で特に人気が高まっているのが、「調理用チーズ」なんだとか。おつ […]