いながきの駄菓子屋探訪(5)静岡県富士宮市「だがし屋京ちゃん」

富士宮では駄菓子屋に焼きそばがある

富士山の麓の街、富士宮市。そして富士宮といえばB級グルメとして有名な「富士宮焼きそば」があります。「富士宮では昔から、駄菓子屋で焼きそばやお好み焼き等の鉄板料理を出している」という話を聞いていたので、焼きそば屋さんを探せば、必然的に駄菓子屋に当たるだろうという感覚で探してみました。

この街をうろうろしていて思ったのは、空気が澄んでいる感じがすることです。感覚的な部分なので説明が難しいのですが、森でもなんでもない街なかでも、鼻から空気を吸い込んだときに、引っかかりがないというか淀みがないというか。自分たちが普段暮らしている街とは明らかに違うので、息子に「なんか空気おいしくない?」と問いかけたところ、「味はない」と言われました(笑)。子どもにはちょっと難しい表現でしたが、とにかくフレッシュな感じがしました!

定年退職後、2015年にお店をオープン

静岡県富士宮市「だがし屋京ちゃん」
観光客向けのフリーペーパーに焼きそばを出すお店が多数載っており、その中に店名に「駄菓子」という表記があるお店を見つけたので、早速訪ねました。行ってみるとパッと見は最近作られた感じのお店という印象だったのですが、店内に入ると油のようなソースのような、いわゆるお好み焼き屋さんの香りがしっかり染み付いており、食欲をそそります。

静岡県富士宮市「だがし屋京ちゃん」

だがしや京ちゃんは2015年に店主ご夫妻が作った、駄菓子と鉄板料理という富士宮市の伝統的なスタイルを持った駄菓子屋です。地元出身のご主人はスーパーマーケット等の店先でお好み焼きや大判焼きを作る仕事を、奥さんはご主人とはまた別の会社で焼きそばを作る仕事を長年されてきたとのこと。B級グルメで注目された富士宮市内であっても、昔ながらの駄菓子屋は急減しており、この文化を未来に残していきたいと定年退職後にお店を始めたそうです。

自分が育った文化を未来につなぐ

静岡県富士宮市「だがし屋京ちゃん」

「子ども相手の商売をやりたいって、ずっと思ってたんですよ。もう年金もらってる年齢で、そんなに商売っ気出した値段で売らなくていいから、子どもたちも来やすいでしょう。自分はこの文化で育ったから、未来に残したいんですよ。駄菓子屋は減ってるけど自分で始めちゃえばゼロにはならないし、夫婦ふたりとも鉄板で料理作る仕事してたから、それも活かせるし、店で孫の面倒も見られるし、一石二鳥三鳥で楽しくやってますよ」

自分がお世話になった文化を未来につなぐ。全く同じ理由で駄菓子屋をしている宮永にとっては、だがし屋京ちゃんは先輩にあたるお店だと思います。店主ご夫妻の思いに共感しきりで、駄菓子を買っては話し、鉄板料理を注文しては話しでかなり長時間滞在し、お腹いっぱいになってしまいました。全国的には減る一方の駄菓子屋ですが、さまざまな場所でさまざまな思いから新しく作られている面もあります。昔ながらの駄菓子屋に加え、新しい駄菓子屋にも着目していきたい次第です。

静岡県富士宮市「だがし屋京ちゃん」

だがし屋京ちゃん
住所:静岡県富士宮市城北町234
電話:090-4867-9523
営業時間:11:00~18:00
定休日 月曜日

[All photos by Atsushi Miyanaga]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【世界ひとり飯(1)】フランス北部、リールの「うさぎの巣穴小食堂」で“北フランス料理”を堪能

ベルギーとの国境都市リールの北フランス料理って?

フランス料理といえば、朝ごはんならハムとチーズをはさんでベシャメルソースで仕上げる「クロックムッシュ」とか、野菜や肉を煮込んだ「ポトフ」、アヒルやガチョウの肝臓「フォアグラ」を使ったもの、地中海の魚介をふんだんに使った「ブイヤベース」など、様々な食材と料理法が思い浮かびます。さて、ベルギーと国境を接するリールには、どんなグルメがあるのでしょうか。

リールはユーロスターの分岐点


フランス北部ノール県の県庁所在地であるリール。ロンドンとパリ、ブリュッセル間を結ぶユーロスターの分岐点です。そう、フランスの北の玄関口ということになります。

旧市街にある「グランプラス」という重厚な建物に囲まれた広場を中心に、ヨーロッパらしい町並みが広がります。フランスで4番目に人口が多く、芸術と歴史に彩られた街です。

パリからなら列車で1時間、ロンドンからなら1時間30分ほど。そしてブリュッセルなら35分ほど。そして、「ESTAMINET LE TERRIER」は、グランプラスから約10㎞ちょっとの郊外にあるHallennes-lez-Haubourdinというコミューン(自治体)にあります。

「うさぎの巣穴小食堂」という名の一軒家レストランを発見


高い建物と言えば、すぐそばの教会くらいという、のんびりした風景の中にポツンと建つのがこのレストラン。夕方の黄昏時に、温かい灯りが灯っていました。

「TERRIER」はうさぎの巣穴という意味なので、お店の名前は「うさぎの巣穴小食堂」ということになります。そのトレードマークはウサギの後ろ姿です。

アントレ(前菜)に牛の「Os à moelle」骨髄をいただく


おすすめの前菜を聞いてみると、「これだ!」と自信たっぷりに答えてくれたのが牛の骨髄。日本のレストランではほぼお目にかからない食材ですが、ヨーロッパではよく食べられています。それにしても運ばれてきた骨髄はドーンと20㎝ほどの大きさ。圧倒されます。


それをスプーンですくって、パンに塗って食べます。プルプルとしているというよりは、ちょっとザラっとしていますが、口の中で溶ける食感は確かにコラーゲン。丁寧に茹でられているのでなんの臭みもなく、赤ワインによく合いました。こちら、税抜きで9ユーロ(日本円で1100円位)です。

プラ(メイン)は豚の内臓の「アンドゥイエット」を


「Andouillette(アンドゥイエット)」は豚肉を使ったソーセージ。フランスの地方によって使う肉や調味料が異なるアンドゥイエットがあります。北フランスのものは豚の内臓のみを使います。内臓と言うとどうかなと思いましたが、これは「正統派アンドゥイエット愛好家友好協会(A.A.A.A.A)という団体が、伝統製法を積極的に保護する伝統料理。協会が認定したものにはA.A.A.A.A.と記載されます。

もちろん、「ESTAMINET LE ERRIER」のものもきっちり認定されたもの。味はなるほど、内臓肉のしっかりとした肉質と、旨味が詰まっています。マスタードのソースがよく合います。ブイヨンでしっかり煮こんでから玉ねぎと香辛料と共に腸詰にされるので、こちらもクセのないおいしさでした。税抜きで15ユーロ(1800円位)です。

地ビールとベルギービールが楽しめるバーも


入り口から入って一番奥のテーブルでは、女性たちが食事をしながら盛り上がっていました。そして壁にはビールのブランドパネルがびっしり。実は入り口脇にはバーカウンターがあって、バラエティー豊かな地ビールやベルギービールも揃っています。北フランスはワインはもちろん、ビール醸造も盛んです。

北フランス料理を一人でも気軽に楽しめる

リールの中心部からタクシーで20分位でアクセスできる、かなりローカルな一軒家レストラン。「うさぎの巣穴小食堂」というかわいい名前ですが、北フランスならではの、この地域で誰もが食べてきた伝統料理が本格的で絶品なお店でした。スタッフもフレンドリーなので、一人でも楽しめると思います。

 

ESTAMINET LE TERRIER
住所:43 rue Pasteur 59320 Hallennes-lez-Haubourdin,
電話:33 (0)3 74 11 64 16
営業:【火〜木】11:00~23:00、【金・土】11:00~0:00
定休日:月曜日
HP:https://www.estaminet-leterrier.fr/

[All photos by Atsushi Ishiguro]

 

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【地方の美味を自宅で】広島県のお取り寄せグルメ5選


(C) 島ごころ

宮島名物の人気商品「揚げもみじキット」/紅葉堂


(C) 紅葉堂
紅葉堂自慢のもみじ饅頭全8種類を、”揚げもみじ”としておうちで楽しめる「揚げもみじキット」。もみじ饅頭特有のふわふわ生地を揚げることで、独特の食感と味わいを堪能できます。あつあつの揚げたて状態で食べられるのも、おうちで楽しむ理由の一つですね。

紅葉堂
揚げもみじキット 1,380円(税込)
URL:https://momijido.shop-pro.jp/?pid=128602841

やっぱりはずせない!「そば肉玉お好み焼き」/元祖へんくつや可部店


(C) 元祖へんくつや可部店
広島名物といえば、お好み焼き!元祖へんくつやのお好み焼きは素材の味が凝縮され、どこか懐かしい味わい深さが楽しめます。特におすすめは、人気の高い「肉玉そば」5枚にお好みソースが2本入ったセット。自分用にはもちろん、プレゼントとしても大活躍の商品です。

元祖へんくつや可部店
そば肉玉 お好み焼きお得な5枚とソース2本セット 4,200円(税込)
URL:http://www.hiroshima-okonomi.net/?pid=60033926

この夏にぴったり「瀬戸田レモンケーキ島ごころ」/島ごころ


(C) 島ごころ
暑くなってくるとレモンのキリッとした酸味が欲しくなりますよね。防腐剤やワックスを使わず皮まで食べられる安心・安全な瀬戸田産レモンを使用し、レモンの香りと旨みを最大限に引き出した「瀬戸田レモンケーキ島ごころ」は、味はもちろん、地域の特産物を活かしている点なども高く評価され、数々の賞を受賞しています。

島ごころ
瀬戸田レモンケーキ島ごころ 5個入り 1,250円(税込)
URL:https://www.patisserie-okumoto.com/SHOP/1154.html

誕生以来変わらないおいしさ「バターケーキ」/長崎堂


(C) 長崎堂
カステラをアレンジして開発したバターケーキは1961年に誕生。それ以来、変わらぬ材料と製法を守り、昔ながらの味で親しまれています。芳醇なバターの香りが食欲を誘い、しっとりした食感が身も心も優しく包み込みます。ご自宅でのコーヒータイムを、より贅沢にしてくれますよ。

長崎堂
バターケーキ (小)1,000円(税込)/(中)1,250円(税込)
URL:http://www.nagasakido.net/order.php
※お取り寄せは現金書留でのご注文のみ

こだわりの味をご自宅で「東珍康の尾道ラーメン」/東珍康


(C) 東珍康
東珍康の尾道ラーメンは、スープの仕込み水やチャーシューにまでこだわり抜かれたまさしくプロの味。満足感はあるのにあっさりと食べやすい、独特の味わいが特徴で、30年以上もの間、地元の人に愛されています。尾道の湧き水で仕込んだ秘伝のスープに絡まる麺が絶品!

東珍康
「東珍康の尾道ラーメン」 通信販売パック 一食 600円(税込)
URL:http://www.tonchinkan.co.jp/item/001/

※価格は全て税込表記です。
※新型コロナウイルスの影響で臨時休業の場合もあります。公式サイトなどで最新情報をご確認ください。

~人生に旅心を~