【世界ひとり飯23】ベトナム・ホイアンで最高のバインミーと絶品の白い薔薇を!

ベトナム中央部の世界遺産の街ホイアン

ベトナムは南北に長い国。北には首都ハノイ、南には商業都市ホーチミンという大都市があって、ホイアンがあるのは中央部。東西の幅が狭い地域です。海のそばに位置するホイアンは昔から交易の要で、トゥボン川河口の港町です。現在までよく保存されている街並みは、「15世紀から19世紀のアジアの交易港の古い街並み」として、1999年に世界遺産に登録されました。冒頭の写真は「廣肇會館(こうちょかいかん)」という集会所。

古い町並みの特徴の一つは、鮮やかな黄色に塗られた建物。「Yellow City」とも呼ばれていて、ほとんどの建物がこの色です。黄色は縁起がいいからというのが、その理由の一つと言われています。こんな風に、街の風景はどこを切り取っても絵になります。

世界的なグルメを唸らせるバインミー

さて、市場のすぐそばにバインミーがおいしい「Bánh Mì Phượng (バインミー・フーン)」があります。上の写真の真ん中の部分、間口が4mほどの小さな店です。朝早いのに、すでに多くの客で賑わっています。現地の人はバイクでやって来て持ち帰る人が多いようでした。

バインミー

入ってすぐ左側には調理場があって、さまざまな食材が並んでいます。野菜にハーブ、チャーシュー、ハム、グリルしたチキン、辛そうな赤いソース、レバーのパテなどなど。

30,000ドン(約140円)のミックス・バインミーを注文しました。

バインミー

さまざまな肉類が挟まれたこのバインミーをご覧ください。ミックスなので当たり前ですが、チャーシューにハム、グリルチキンにポークとなかなか豪勢です。パンは表面がパリッとして、内側はふかふかのベトナムのバゲット。ベトナムの魚醤ニョクマムにライムを絞って唐辛子を入れたヌクチャムを振りかけて大口でほおばれば、いろんなおいしさが口いっぱいに広がって朝から幸せになります。しかも、このボリュームでこの値段とは驚きです。

アメリカの有名シェフであり食べ物冒険家でもあるアンソニー・ボーディンが、彼のテレビショー「No Reservations」で、「一番旨いバインミー」と言っただけのことはあります。

Bánh Mì Phượng
2b Phan Chu Trinh, Cẩm Châu, Hội An, Quảng Nam 560000 ベトナム
電話:+84905743773
営業時間:6:30〜21:30 無休

ホイアン名物のホワイトローズ

ホワイトローズ

ホイアンの古い街はどこでも歩いて行ける広さなので、のんびり散策するのが楽しいんです。ぶらぶらと歩いている途中で見かけたのがこちら。作っていた女性に何か聞いてみれば「ホワイトローズだよ」と教えてくれました。

ベトナムでは稲作が盛んですが、ご飯で食べるよりはフォーやブンといった麺に加工したものをよく食べます。また、米粉にしてタピオカ粉と混ぜて水で溶いたものをプルプルに蒸して食べることもあります。このホワイトローズは、米粉とタピオカ粉で作った手のひら大の皮を花びらのようにして、その真ん中に豚肉やエビの小さなかたまりをキュッと押さえて包んで蒸したもの。ホイアン独特の料理です。

ホイアン

夜になって、トゥボン川を渡った中州の川岸に並ぶレストランを覗きながら歩いて、「27」というレストランに入りました。ここでホワイトローズをいただきます。

これが蒸しあがったホワイトローズ。玉ねぎを揚げたものがトッピングされて、エビのだしで作ったたれをつけていただきます。チュルっとした食感で、一口サイズなのでいくつでも食べられそう。甘くてレモンや辛い唐辛子が効いたソースがよく合います。79000ドン(約360円)です。

レストランの2階から川岸を見下ろすと、川面にはランタンの灯りが映り、そぞろ歩きする人たちものんびりとした雰囲気でした。

27 Restaurant & Bar
住所:27 Nguyễn Phúc Chu, Phường Minh An, Hội An, Quảng Nam, ベトナム
営業時間:月 11:30〜17:00 、火 11:00〜22:30、水〜日 11:00〜22:00

ホイアンならではの旅グルメ

ベトナム料理と言っても、北はハノイ、南はホーチミンまで南北に長い土地ですから、それぞれの地域に独特な食べ物があります。もちろん共通した調味料も使いますが、その使い方はさまざまです。ホイアンは特に、米粉を使ったチュルチュル系の食べ物がいろいろあります。ほかにも見つけたら試してみてください。

[All photos by Atsushi Ishiguro]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

秋の味覚といえば栗!和も洋も堪能できる「マロンフェア」開催【青木松風庵】

マロンフェア特別バージョンの「船出(栗入り)」


青木松風庵の大人気スイーツ「船出」の“マロンフェア”バージョン。船形のタルト生地に、マロンペーストを練り込んだアーモンドの風味豊かなダマンドを流し入れ、渋皮栗を詰め込んで焼き上げました。しっとりした食感をお楽しみください!
「船出(栗入り)」1個 200円

しっとりふんわり「渋皮栗と抹茶のバターケーキ」


京都・宇治抹茶を使用した、渋皮栗と抹茶のバターケーキ。宇治抹茶を使った生地に、渋皮栗をごろごろ贅沢に忍ばせて、しっとりふんわりと焼き上げました。贈り物としてもおすすめしたい逸品です。
「渋皮栗と抹茶のバターケーキ」1個 1300円

和菓子も洋菓子もマロンづくし!


●「渋皮栗とチョコのパウンドケーキ」1個 350円

 

●「プレミアム栗プリン」1個 260円

 

●「栗まんじゅう」1個 300円(9/1より販売)

 

●「栗大福」1個 180円(9/1より販売)

 

マロンフェア
開催期間:9月16日(月・祝)まで
販売店舗:青木松風庵 直営店全店
URL   :https://www.shofuan.co.jp/

 
[PR TIMES]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

東京ギフトパレットに新しいスコーン専門店「BAKERS gonna BAKE」が登場!

「BAKERS gonna BAKE」のメニュー

BAKERS gonna BAKE オリジナルスコーン

「BAKERS gonna BAKE」の主力メニューは、なんと言っても優しい甘さがたまらないベイカーズスコーン!こだわりのフランス産発酵バターで、毎日でも食べられる飽きの来ない「バターミルクスコーン」や、アペロの一品としても人気の「スリーチーズスコーン」、ほろ苦さと甘さのバランスが絶妙な韓国風カルメ焼き“ダルゴナ”をトッピングした「ダルゴナスコーン」をはじめとした定番の6種類が楽しめます。さらに、季節限定のフレーバーやスコーンサンドなども購入できるそうですよ!

安心の国産小麦、牛乳、バターをふんだんに使っているから、優しい甘さ。朝食やティータイム、手土産にも大活躍の日常を彩る個性あふれるスコーンに出会える専門店です。

BAKERS gonna BAKE オリジナルスコーン
・バターミルクスコーン           280円
・ウォールナッツのティースコーン      300円
・キャラメル&ナッツのロックスコーン    300円
・ダルゴナスコーン             320円
・チョコレート&アーモンド         320円
・スリーチーズスコーン           340円
・オレンジ&クリームチーズ(季節限定)   340円
・ベリーベルベット(季節限定)       340円
※価格はすべて税込
※時間帯により、取扱商品が異なる場合あり
※ダルゴナスコーンのみ、11時以降の販売

BAKERS gonna BAKE ダルゴナミルクティー

BAKERS gonna BAKE ダルゴナミルクティー
リッチで甘みのある希少なアッサムで作った濃厚ミルクティーに、“ダルゴナ”をトッピングしたメニューが楽しめます。

Dalgona Milk Tea
・ダルゴナミルクティー(Iced / Hot)    580円
・タピオカダルゴナミルクティー(Iced / Hot) 630円
※価格はすべて税込
※上記以外にも、紅茶やコーヒー、カフェラテなど多数展開予定

BAKERS gonna BAKE オープン記念商品

【オープン記念】BGBシグネチャーセット

「BAKERS gonna BAKE」では、東京ギフトパレットでのオープンを記念したスペシャルセットが購入できます。おすすめのベイカーズスコーン3点、お好みのベイカーズスコーンクッキー1点、ドリンクチケット3枚のスペシャルセットは、オープン記念限定です。

BGBシグネチャーセット
価格 2,500円(税込)
※数量限定のため、無くなり次第販売を終了

ベイカーズ ゴナ ベイク 東京ギフトパレット
住所:東京都千代田区丸の内 1-9-1 東京駅八重洲北口「東京ギフトパレット」内
TEL:03-6551-2332(8/5より開通)
営業時間:8:00~20:30 ※開業日は10:30~
定休日:東京ギフトパレットに準じる
取り扱い商品:スコーン、スコーンクッキー、ドリンク類、ギフト菓子
公式インスタグラム:https://www.instagram.com/bakersgonnabake_official/

PR TIMES

~人生に旅心を~