【最強】一般的なコンビニ弁当と比べて「糖質97%オフ」だという弁当がストイックすぎた / ダイエットのガチ勢は歓喜必至

フタを開けて出てきたのは、鶏むね肉とブロッコリーだけだった。事前情報がなければ、「あれ? もしかしてお店の人、弁当にご飯入れ忘れたのかな?」と思うかもしれない。もしくは「サラダ的なものしか入ってないのは何かの手違いかな?」と思うかもしれない。

しかし、ミスでも手違いでも何でもない。元から白米なんて無いのだ。ウィンナーや唐揚げも無い。デザートなんてもってのほか。もう1度言おう。鶏むね肉とブロッコリーだけである。

その弁当の名前は、まんま「ブロッコリー&チキン(ブロチキ)」という。実際に食べた感想も まんま「ブロッコリーとチキンの味」ってところだ。

ご覧の通り、見るからにストイックなお弁当だが、数字の方もすごいことになっている。販売元のゴーフード株式会社によると、「ブロッコリー&チキン」は一般的なコンビニ弁当に比べて糖質97%オフらしい(同社調べ)。

昨今、糖質カットの商品があふれているが、お弁当の中で97%オフというのは最強クラスと言っていいのではないか? それだけに、ダイエッターにとっては重宝するお弁当になるはず。

・表参道で購入

参考までに購入場所をお伝えしておくと、私は表参道にある「いいね!スタンド表参道」でSサイズをテイクアウトし、価格は税込650円だった。パッケージに添えられたポップをよく見たら、糖質2.1g、タンパク質33.2g、カロリー323kcalとのこと。

ちなみに、「ブロッコリー&チキン」はオンラインでも購入できるから地方の人も安心してくれ。詳しくはサイトを見てもらうとして、冷凍した状態で届き、レンジで加熱して食べるようだ。

つまり、何も表参道まで行かなくても買えるわけだが、生半可な気持ちで購入するのはオススメしない。なにせ、お弁当を開けても、「緑」と「白」しかないのだ。セルティックのユニフォームみたいになってるんだぞ? 「茶色」が無いという現実を受け入れられるか? どうなんだ?

……そう考えると、「ブロッコリー&チキン」はダイエットの意思が試される弁当と言えるのかもしれない。

参考リンク:ゴーフード株式会社
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【たまには食え】まるごとバナナはもっと評価されてイイ

出だしから唐突ではあるが、読者のみなさんに問いたい──。「まるごとバナナを最後に食べたのはいつですか?」と。そう、まるごとバナナとはバナナをスポンジで丸っと1本包んだあの洋菓子、ヤマザキの『まるごとバナナ』のことである。

正直に申し上げると、つい1週間ほど前にまるごとバナナを口にするまで、私(P.K.サンジュン)は少なくとも10年ほどは『まるごとバナナ』を食べていなかった。だからこそ提言したい。「たまにはみんな まるごとバナナ食おうぜ」と。久々に食べて悟った……まるごとバナナはもっと評価されてイイ。

・昔、めちゃめちゃハマっていた

思えば私は1日1本ペースで『まるごとバナナ』を食べていたのは、高校生の頃だったように思う。当時はコンビニスイーツが今ほど充実していない時代。当時から甘党だった私を満たしてくれたのは『まるごとバナナ』と『ミニストップのソフトクリーム』くらいであった。

少なくとも、まるごとバナナは1990年代初頭から店頭に並んでおり、およそ30年の歴史を持つスイーツだ。バナナ・スポンジ・生クリームの3つの食材だけで構成されたシンプルなスイーツなのに、この息の長さ……。この事実だけでも『まるごとバナナ』のスゴさがわかるというものだ。

もう1つ昔話をすると、当時『まるごとバナナ』に感動していたのは私よりも上の世代の人たちだったように思う。冷蔵庫を開けると高確率で丸ごとバナナが入っていたから、私の母世代の人たちにとっては、衝撃的なスイーツだったのだと推測される。

・コンビニスイーツの先駆け的存在

さて、そのまるごとバナナだが、考えようによっては「コンビニスイーツの走り」と言えるのではなかろうか? 今でこそスイーツはどのコンビニも専門店さながらのクオリティと充実度を誇っているが、少なくとも25年ほど前に今ほど自社製品は存在しなかった。

定番のプリンですらメーカー品がほとんどで「プッチンプリン」がメインストリームをいっていた当時。わずか200円ほどでケーキ屋クオリティの『まるごとバナナ』が、どれほど革命的なスイーツだったかは想像に難くない。

とはいえ、大切なのは今この時──。カール、ポポロン、森永チョコフレークの例を挙げるまでもなく、売れないものは姿を消すのが資本主義の大原則である。それでも10年以上ぶりに まるごとバナナを食べた私はこう思った。まだまだ第一線で戦える、と──。

・今でも十分にウマい

支えるだけで指の形が付くほどフワッフワのスポンジと、軽やかな口当たりの生クリーム。それらとねっとりとした食感のバナナが織りなすコンビネーションは相変わらず絶妙だ。これ以上なくシンプルなスイーツなのに、ここまでウマいとは……。しばらく食べてなくてごめんよ、まるごとバナナ。

このクオリティでコンビニ価格が税抜き200円なのだから恐れ入る。ボリュームを考慮すればコスパも非常に高く、数あるコンビニスイーツと比較しても上位に来るのではなかろうか? 久しぶりに食べた私が言うのもなんだが、まるごとバナナはもっと評価されてイイ。

やや難しいのは、今回まるごとバナナを求めて数軒のコンビニを回ったが、取り扱いのある店があまりなかったこと。体感ではあるものの、準絶滅危惧種くらいには感じた次第だ。だからこそ、かつてハマった経験があるは久しぶりに まるごとバナナを食べてみて欲しい。ホント、今でも全然戦えるから。

参考リンク:ヤマザキ「まるごとバナナ」
執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【要注意】今日から始まった『銀だこ祭り』は例年と比べてここが違う! 88円セール中止、サンキューチケットの販売など

今年もこの季節がやって来た。そう、8がつく月のスペシャルイベント「銀だこ祭り」&「銀だこの日」 である! 全国の銀だこマニアたちにとっては、まさに待望の瞬間(とき)。奇跡のカーニバルをどうか見逃さないで欲しい。

ただ、本イベントもやはりコロナウイルスの影響は免れないようで、例年と比べると内容が少々異なるようだ。2年連続で実施された恒例の激安デーも残念ながら消滅しているため、特に去年参加した人は注意していただきたい。

・今年も開催

本日2020年8月3日より全国の築地銀だこ(一部店舗を除く)で開催されている「銀だこ祭り」。例年は3日間の開催であるが、今年は “密” を避けるため5日間に延ばしての開催となる。期間中は『たこ焼(ソース)8個入り』が、税込価格より100円引きで販売されるぞ。

まあ割引額自体に関しては「もう一声!」という気持ちもしなくはないのだが、時間帯に関係なく5日間も実施してくれるのは素直に嬉しい。一緒にビールを買い込んで、自宅で銀だこパーティーなんてのも楽しそうではないか。

・変更点

しかし一方で、8月8日の「銀だこの日」に実施されていた「先着88人、たこ焼8個入り88円」キャンペーンは、残念ながら今年は中止となってしまったようだ。その激安さゆえ、毎年各地で大行列ができる同キャンペーンだが、この時期の実施はやはり厳しいということだろう。

その代わりに販売されるのが、『サンキューチケット(税抜390円)』なるアイテムである。「銀だこ祭り」と同様、本日より5日間販売されるこのチケットは、8月10日から31日までの間、『たこ焼(ソース)8個入り』1舟との引換えが可能。要は『たこ焼』を安く前払いしておける権利みたいなものだな。

・買って損なし

『サンキューチケット』は各店舗につき毎日200枚販売される(1人2枚まで)。ただし、購入した店舗(発行店)でしか使えないため注意してくれ。もちろんチケットだけ買って帰るのも全然アリだぞ。88円セールには及ばないまでも、100円以上お得になるので買って損なしだ。

・8月7日まで

先ほど実際に店舗に行ってみたところ、常に数人が並んではいるが、“密” 状態とは程遠いちょうどいい混み具合であった。今日からたっぷり5日間開催なので、全国の銀だこマニアたちはどうかマスク着用の上、年に一度の祭りに駆け付けて欲しい。

参考リンク:築地銀だこ
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。