【高コスパ】デニーズの業務用「冷凍オニオンスープ」がとても美味 → 店で食べるより172円お得

新型コロナウイルスの影響で、多くの飲食店がテイクアウトを実施するようになった。個人経営の飲食店はもちろんのこと、今ではほとんどの大手飲食店でもテイクアウトが採用されている。

その中の1つ、ファミリーレストラン「デニーズ」で、業務用パンケーキミックスが販売されていることは以前の記事でお伝えした。そして最近発見した優良商品が『業務用冷凍オニオンスープ』である。個人的にはなかなかの高コスパ商品だと確信しているのでご紹介しよう。

・店で使用されている業務用

デニーズが業務用商品を店舗で販売している──。コロナ前ならば考えられなかったことだが、これも世の流れに合わせた結果、デニーズとしても苦渋の決断なのだろう。ただ一方で消費者としてはありがたい面があることもまた事実。店の味がリーズナブルに楽しめるなんて、普通に嬉しい。

さて、今回ご紹介する『冷凍オニオンスープ』は、デニーズのメニューで言うところの「オニオングラタンスープ ~淡路産たまねぎ使用」(税込383円)に使用されている商品だ(店員さんに確認済み)。

ご存じの方も多いと思うが、玉ねぎをアメ色になるまで炒めたデニーズのオニオングラタンスープは「美味」の一言。玉ねぎの優しい甘さとブイヨンのハーモニーが織りなすデニーズの “隠れ激ウマメニュー” である。

・単純な価格差は172円

んでもって『冷凍オニオンスープ』は税込211円。店で食べる「オニオングラタンスープ ~淡路産たまねぎ使用」にはフランスパンとチーズが添えられているため単純に比較できないが、価格差は172円ということになる。この差は結構大きいのではなかろうか?

『冷凍オニオンスープ』の調理方法は非常に簡単で、6分間湯せんするだけだ。たったこれだけでデニーズが誇る極上のオニオンスープが自宅で味わえるなんて、個人的にはかなりありがたい。だって、デニーズのオニオンスープは本当に美味しいんだもん……!

また、冷凍食品なので消費期限が約1年とかなり長いことも高ポイントだ。いざという時のため冷凍庫にストックしておくと、心強さがハンパじゃないぞ。さらにスパイスはかなり弱めの優しい味わいなので、小さなお子さんでも安心して食べられるハズ。3歳の娘は大層お気に召したようだ。

・とりあえず店員さんに聞いてみよう

なお、店舗によっては店内に『冷凍オニオンスープ』の張り紙がされている場合もあるし、そうじゃない場合もある。ただ、張り紙がない店舗でも店員さんに言えば用意してくれたから(記者の近所のデニーズでは)、仮に張り紙がなくても店員さんに聞いてみるといいだろう。

とにもかくにも、デニーズの『業務用冷凍オニオンスープ』は、高コスパ・美味・手軽・心強さ……などなど、様々な要素を兼ね備えた優良商品だ。興味がある人は、ぜひチェックしてみてはいかがだろうか?

参考リンク:デニーズ
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

モスの限定店舗には「コーヒー味のハンバーガー」が売られている

みんな知ってるあたりまえ知識。でも、100人いたら1人くらいは知らない人がいるかもしれません。今回は……モス

「山のように気高く堂々と(Mountain)」
「海のように深く広い心で(Ocean)」
「太陽のように燃え尽きることのない情熱を持って(Sun)」

なんて意味が込められた名を持つ『モスバーガー』についての知識です。なんと「モスの限定店舗には、コーヒー味のハンバーガーが売られている」というではありませんか。あなたは食べたことがありますか?

一口に “モス” と言っても、店舗形態は多岐に渡ります。モスバーガー、モスド、モスクラシック、モスカフェなど。これからご紹介するハンバーガーは、全国に8店舗しかない(2019年3月現在)というモスカフェで販売されています。

モスカフェでは、 “モスバーガー” や “フレンチフライ” などの定番メニューの他に、“チキンカレー” や “タコライス” といった独自のメニューも楽しめます。なかでも気になるのが “エスプレッソバーガー” 。そう、その名の通りコーヒー味のハンバーガーのようです。

もちろん、我らがモスさんですもの。美味しいに決まってる……と思いつつも、やはりちょっとドキドキしてしまう組み合わせですよね。

ということで、実際にお店に行って注文。するとハンバーガーに、エスプレッソソースが入った容器がついてきました。こちらのソースをハンバーガーにかけて食べるとのことです。

容器のふたを開けるや否や、まごうことなきコーヒーの香りがふわりと立ち上がります。ドロリとした黒い液体を舐めてみると、ほのかに甘塩っぱいコーヒーの味。テリヤキソースにコーヒーを混ぜた感じと言えばいいでしょうか。

ずっしりと重たいハンバーガーには、レタス、パテ、トマトが挟まれています。パテは横長で大きく、トマトは肉厚のものが2枚も入っていました。

まずはソースをかけずに一口。うーん! パテの旨味に、シャキシャキレタス、トマトの酸味。これでも十二分に美味しい。もうソースのことは忘れて、このまま食べ進めてしまいたい衝動に駆られます。

でも、ダメダメ。このハンバーガーの主役は、あくまでもエスプレッソソース! ということで、パテの上にソースをかけてガブリ……途端に、口いっぱいにコーヒーの味が広がっていきます。

でも、このコーヒー味が強気でグイグイと主張してくるため、パテやバンズの存在感がかすんでしまいます。ここまでコーヒーが強いのか……と戸惑いながらもう一口かじってみると、ようやくトマトが加わりました。

そこからが素晴らしかった! トマトの程よい酸味が、押しが強いソースを抱き込み、素敵なハーモニーを奏で始めたのです!! コーヒーとトマト。これまでに味わったことのない組み合わせですが、とても相性が良く、なんだか癖になる!

また、このトマトがよく熟していて柔らかく、味も濃くて美味しい! 2枚も挟まっているので、途中でトマト切れが起こる心配もありません。シャキシャキレタスも良いアクセントになっています。

パテ、レタス、トマトがあってはじめてエスプレッソソースが際立つ。どれかひとつでも抜けてはいけません。

お値段は税込620円とハンバーガーとしてはちと高めですが、食べ応えもあり、価格分の満足感は十分に得られた気がします。こういうハンバーガーをひっそり売っているところがモスさんの素晴らしいところ。気になる方は、ぜひご賞味くださいね。

参照元:モスバーガー モスカフェモスバーガーの歴史について
執筆:小千谷サチ
Photo:Rocketnews24

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

これが寿司じゃなくてケーキだなんて…! 見事に「擬態」している期間限定商品を買ってみた

ケーキのショーケースにこんなものが並んでいるのを発見したら、かなりの人が足を止めてしまうのではないか。たとえ「スイパラのケーキショップがちょくちょく出している商品」と知っていたとしてもだ。

かく言う私がその1人で、スイーツパラダイスケーキショップ(元メイプリーズ)が「赤いきつね」「ピザ」に見えるケーキを出していることは知っていた。なにせ本サイトで以前に紹介している。だから、「似たような擬態的商品」だということは察しがついたのだが……。

なにこれ? 寿司? おにぎり? しかも寿司は期間限定商品? スイパラケーキショップのヤツ、知らない間にいろんな擬態を覚えやがって……! 気になってしまうじゃないか……!! という気持ちが抑えきれなくなったので、買ってみることにした。

今回、私が購入したのは「にぎり寿司ケーキ5貫セット(税込1080円)」。パッケージから寿司感全開の商品だ。横に小さく「ケーキ」と書かれているが、これが無ければ本物の寿司と一緒に買った時に見分けがつかなくなるだろう。下手したら、開封してもどっちがどっちか気づかないかもしれない。

さて、個人的に5貫の寿司の中でもっとも見事だと思うのは『いくら軍艦』である。他の寿司に関しては「近寄って見たらバレるかも」って気がしなくもなかったが、『いくら軍艦』はそれらの中でクオリティが頭2つくらい抜けている……と思うのは私だけだろうか?

近くで見ても、しっかり『いくら軍艦だ』だ。ただし、包丁で真っ二つにしたら……

やっぱりケーキ。食べてみると、海苔らしきものはクレープの生地をさらに薄くしたような食感で、いくらに見えるものは「ほんのり甘い何か」。当然ながら味はいくらではないものの、食感だけはいくらに似ている。これは何だろう?

正確に何の食材かが私の舌では分からずに申し訳ないのだが、とにかく甘さ控えめの何かだ。そして、比較的に甘さ控え目なのは他の寿司ネタも同じ。こんなにトリッキー極まりない見た目をしているにもかかわらず、味は日本人が好みそうなケーキである。

だから、これを読んでいる多くの人は食べると満足するのではないか? 逆に言うと、「海外のお菓子のように甘味がガンガン効いているものが好き」って人には合わないかもしれないが……。とにかく、見た目だけでなく、味的にも日本的なスイーツと言えるかと思う。

ちなみに日本的と言えば、その細やかさが最も現れているのは『わさび』と『ガリ』だ。 

見たところ、よくあるわさび&ガリ。1人前のパック寿司に付いてそうな量だが、食べるとわさびは抹茶系のクリームで、ガリはシロップに漬け込んだ何かのフルーツだった。実に芸が細かい。

・オンラインショップでも擬態ケーキを購入可

なお、スイーツパラダイスのカフェは都内以外にもあるものの、今回紹介したような擬態的商品を取り扱っているのはカフェではなくケーキショップの方。そして、公式サイトを見る限りケーキショップは都内しかない。都内以外の方は残念……と思うかもしれないが、オンラインという手もあるぞ。

サイトを見ると、「ざるそばケーキ」やら「霜降り肉ケーキ」など見るからにクオリティの高い擬態っぷりを見せつけている商品がズラリ。今回紹介した寿司のケーキは今のところオンラインでは見当たらない(2020年7月27日時点)のだが、その事実を忘れてしまうほど見入ってしまう。すごい。

参考リンク:スイーツパラダイス「店舗情報」「オンラインショップ
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。