370円なのに分厚すぎ! 最強激安スーパー『オーケーストア』のカツサンドを肉目的で買ったらボリューミーなだけじゃないコスパの良さだった

突然だが、あなたは『オーケーストア』をご存知だろうか? どこで買っても品質の変わらない有名メーカーの商品を「どこよりも安く売る」ことに全力をあげているディスカウントスーパーである。その価格は60%オフくらいザラ。店内には「万一、他店より高いものがございましたらお知らせください。値下げします」とも掲げられている。

しかし、お得なのは有名メーカーの商品だけではない。オーケーストアで作られているカツサンドが税抜き370円という値段に比べてかなり豪華なのである

・いつもは買わないけれど

そんなカツサンドと出会ったのは、オーケー橋場店の惣菜パンのコーナーだ。生活用品や生鮮食品だけでなく、お惣菜も充実しているオーケーストア。行く度についついウィンドウショッピングしてしまうのがこのコーナーである。

とは言え、家まで少し距離があるため、私(中澤)はいつも出来合いの食べ物は買わない。買わないんだけども……

このカツサンドだけは買っちゃった

・肉の引力

ケース越しですら伝わってくる肉の迫力。「厚切りロースカツサンド」という名に恥じぬ分厚さではないか。しかも、税抜き370円! 三元豚とな!? この値段にしてこの肉の引力はどうだ?

そっとフタを開けるとさらに迫力を増す肉。もはや、肉が挟まれてやっているという感じである。片手に少し余るくらいのパンから、はみ出さんばかりのサイズは間違いなくメインディッシュ級のとんかつ力(りょく)!!

・弾ける肉

おまけにパンととんかつの間からは誘っているかのようにじゅんわりとソースがにじみ出す。覗き込めば覗き込むほどに永遠なるその隙間。吸い込まれそうなソースの闇。カツサンド先輩は相変わらずソースをにじませ続ける。やれやれ、私はかぶりついた

柔らかいパンと共に軽いサクッとした食感。そして、豚肉が「ブリンッ!」と弾けた。食べている……私は肉を食べているぞ! 噛めば噛むほどに豚の旨みが口の中に広がっていく。

しかし、何だろう? この鮮烈な味は。豚の旨み、ソースの甘み以外に、まろやかかつピリッとした味が舌先を刺激してアクセントを加える。そこで、2個目のカツサンドを開いて中身を確認してみたところ……

パンにごく微量だが白いクリーム状のものが塗られていることに気づいた。味からしてこれは辛子マヨネーズかと思うが、肉の味を損なわず鮮烈なアクセントをつけることに成功している

当初は完全に肉目的で買った私だったが、このカツサンドはとんかつがボリューミーなだけではない。むしろ、素材の味を生かすバランスの良さが天晴だ。いずれにしても370円は安い。メーカー商品の安さだけではなく、店舗の惣菜パンなども高コスパなオーケーストア。これからもその企業努力を応援している。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

回転寿司でタピオカに、マツコも驚き。スシローVSかっぱ寿司、飲み比べてみた

 一体いつまで続くのか、日本のタピオカブーム。あまりの人気にタピオカの製造が追いつかず、一部の店舗では入手困難という状態になっているという報道がされたりと、タピオカ需要は高まるばかりです。  Gong chaや、THE […]

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

これが寿司じゃなくてケーキだなんて…! 見事に「擬態」している期間限定商品を買ってみた

ケーキのショーケースにこんなものが並んでいるのを発見したら、かなりの人が足を止めてしまうのではないか。たとえ「スイパラのケーキショップがちょくちょく出している商品」と知っていたとしてもだ。

かく言う私がその1人で、スイーツパラダイスケーキショップ(元メイプリーズ)が「赤いきつね」「ピザ」に見えるケーキを出していることは知っていた。なにせ本サイトで以前に紹介している。だから、「似たような擬態的商品」だということは察しがついたのだが……。

なにこれ? 寿司? おにぎり? しかも寿司は期間限定商品? スイパラケーキショップのヤツ、知らない間にいろんな擬態を覚えやがって……! 気になってしまうじゃないか……!! という気持ちが抑えきれなくなったので、買ってみることにした。

今回、私が購入したのは「にぎり寿司ケーキ5貫セット(税込1080円)」。パッケージから寿司感全開の商品だ。横に小さく「ケーキ」と書かれているが、これが無ければ本物の寿司と一緒に買った時に見分けがつかなくなるだろう。下手したら、開封してもどっちがどっちか気づかないかもしれない。

さて、個人的に5貫の寿司の中でもっとも見事だと思うのは『いくら軍艦』である。他の寿司に関しては「近寄って見たらバレるかも」って気がしなくもなかったが、『いくら軍艦』はそれらの中でクオリティが頭2つくらい抜けている……と思うのは私だけだろうか?

近くで見ても、しっかり『いくら軍艦だ』だ。ただし、包丁で真っ二つにしたら……

やっぱりケーキ。食べてみると、海苔らしきものはクレープの生地をさらに薄くしたような食感で、いくらに見えるものは「ほんのり甘い何か」。当然ながら味はいくらではないものの、食感だけはいくらに似ている。これは何だろう?

正確に何の食材かが私の舌では分からずに申し訳ないのだが、とにかく甘さ控えめの何かだ。そして、比較的に甘さ控え目なのは他の寿司ネタも同じ。こんなにトリッキー極まりない見た目をしているにもかかわらず、味は日本人が好みそうなケーキである。

だから、これを読んでいる多くの人は食べると満足するのではないか? 逆に言うと、「海外のお菓子のように甘味がガンガン効いているものが好き」って人には合わないかもしれないが……。とにかく、見た目だけでなく、味的にも日本的なスイーツと言えるかと思う。

ちなみに日本的と言えば、その細やかさが最も現れているのは『わさび』と『ガリ』だ。 

見たところ、よくあるわさび&ガリ。1人前のパック寿司に付いてそうな量だが、食べるとわさびは抹茶系のクリームで、ガリはシロップに漬け込んだ何かのフルーツだった。実に芸が細かい。

・オンラインショップでも擬態ケーキを購入可

なお、スイーツパラダイスのカフェは都内以外にもあるものの、今回紹介したような擬態的商品を取り扱っているのはカフェではなくケーキショップの方。そして、公式サイトを見る限りケーキショップは都内しかない。都内以外の方は残念……と思うかもしれないが、オンラインという手もあるぞ。

サイトを見ると、「ざるそばケーキ」やら「霜降り肉ケーキ」など見るからにクオリティの高い擬態っぷりを見せつけている商品がズラリ。今回紹介した寿司のケーキは今のところオンラインでは見当たらない(2020年7月27日時点)のだが、その事実を忘れてしまうほど見入ってしまう。すごい。

参考リンク:スイーツパラダイス「店舗情報」「オンラインショップ
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。