【最高】東京駅の「近大マグロ」は並んででも食べる価値あり! 料理が出てくる前に凄さを知った / グランスタ東京『近畿大学水産研究所 はなれ』

東京駅で近大マグロを食べた。噂に聞きし近大マグロ。世界で初めてクロマグロの完全養殖に成功したというアレ。近畿大学水産研究所の研究成果の賜物(たまもの)と言えるマグロは、最高だった。養殖っぽさは全く無い。以前の記事で、「天然マグロにも決して引けを取らない美味しさ」と記載の通りだった。

そんな「近大マグロ」が東京駅で食べられるようになったのは、つい先日のこと。正確に言うと、2020年8月3日。その日に、東京駅改札内のグランスタ東京で『近畿大学水産研究所 はなれ』がオープンしたからである。

お店は初日から大盛況で、おそらく今後『近畿大学水産研究所 はなれ』は東京駅で屈指の人気店になると思われる。同時に、「待っている時間が無いから」という理由で諦める人は少なくないだろう。かくいう私自身、「行列に並ぶのが面倒くさい」と思ってスルーする寸前だった。

・「美味い店」と確信した理由

しかし、お店の外から店内を見たとき、私は “あること” に気づいたことで「ここは絶対に美味い店」と確信した。それは何も、行列が出来ているとか、テレビの取材がバンバン入っていたからではない。もっとほかの理由だ。

手っ取り早く、答えを言ってしまうと……

キッチンに人が多かったから

決して広くはない厨房にこれだけの人数。まぁオープン日だから気合を入れているというのもあるだろうが、同じように開店したばかりの他店に比べても明らかに多い。そこに気づいた瞬間、私の心の中で「人件費をけちらない店はこだわりが強い証拠だから並んででも食え!」という声が響きはじめた。

その声に従うがままに入店し、受け取ったものが……

マスクを保管できる紙の包み

この細やかな心遣い。これはもう間違いない! という直感が結果的には当たっていたのだが、もしもキッチンの人数に気づかなければ……危ないところであった。そのため、いわば注意喚起で本記事を執筆した次第である。

早い話が、ちょっとくらい並んでても『近畿大学水産研究所 はなれ』には立ち寄る価値があるということだ。特に、近大マグロが初めての人ならば、その価値は大きいかと思う。

確かに、値段は決して安くない。「近大生まれ マグロづくしの手桶寿司」が税込2950円、「近大紅白手桶寿司」が税込2200円、「近大バラちらし寿司」が税込1650円という値段を考えたら、観光地価格と言うか東京駅価格と言っていいかもしれない。

だが、大事な旅行前の食事で失敗したくなければ、『近畿大学水産研究所 はなれ』はかなり手堅い選択肢の1つ。行列に並んだことで、もし仮に新幹線に間に合わなくても大したことじゃない。食べずに新幹線に乗る方が後悔するだろう

……と言いたくなるほど、近大マグロは美味しかった。ごちそうさまでした。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 近畿大学水産研究所 はなれ
住所 東京都千代田区丸の内1丁目9-1 JR東日本東京駅 グランスタ東京 1階(改札内)
時間 月〜土曜日 8:00〜22:30(L.O.22:00) / 日・祝日 8:00~21:30(L.O.21:00)

参考リンク:グランスタ東京「フロアマップ」(PDF)
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

糖質制限ダイエットをしている時に「夢に出てきた店」に行ってみた / 超絶ウマい『中華チマキ』と昔の苦い記憶を辿って…

これから紹介する中華チマキは、私が糖質制限ダイエットしている間に夢に出てきたものである。販売しているお店の名前は「ビーフン東(あずま)」。東京・新橋に店を構えており、新橋駅から徒歩1分ほどの場所にある。

実は私は何度かお店に行ったことがあり、「中華チマキがめちゃくちゃ美味い」という印象が強く残っていた。その時の記憶が糖質制限ダイエットによって呼び醒まされ、自分の無意識下で強烈な “食いたい欲” と化して暴れまわった結果、夢に出てきたものと思われる。そして、ダイエットが終了した日──。

私はお店に向かった。細かいことを言うとまだダイエットは続いているが、今日くらいは食ってもいいだろう。そんな思いで新橋駅を降り、お店が入っている新橋駅前ビルの前に立つ。

な、懐かしい……!

そう感じるのは、私がこの近くの会社に勤めていたからである。今から10年ほど前になるだろうか。お店自体、同じ会社の人から教えてもらって知った。「中華チマキがめちゃくちゃ美味い店があるよ」と。

たしか、ビーフンも美味しかったはず。ただ、ビーフンと中華チマキを両方頼むと量が多かった。だから中華チマキを半分にしてもらって、同僚と一緒に食べたことを今も覚えている(お店の人に言ったら半分に切ってくれた)。

とにかく、味に関しては良い印象しかない。にもかかわらず、私はお店に10年以上足を運んでいない。なぜなら、私がその会社を辞めたからであり、もっと言うならば、あまり気持ちのいい辞め方ではなかったというか、簡単に言えば直属の上司と大喧嘩をして辞めたからだ。

通常、会社を辞めるには1カ月以上前に伝えたりする必要があるが、私はそのような手続きを何もしなかった。喧嘩の勢いのまま、上司に「こんなクソな会社、辞めるわ」と言い、会社を出ただけ。それで終わり。

その上司に対して、今は申し訳ない気持ちと感謝しかないが、退職した当時は怒りが渦巻いていたのも事実。つまるところ、「その会社の人に会いたくない」とか、「(当時の人間関係的に)あまりいい思い出がある場所じゃない」などのネガティブな気持ちから、お店にも近づいていなかったのである。

だがしかし……!

あのときの怒りが……

今は完全にゼロ!

むしろ……

感謝しかなく……

当時ご迷惑をかけた人には大変申し訳ないですが……

ただただ!

中華ちまきを食べたいのであります!!

──というわけで、やってきた「ビーフン東」。

店のたたずまいは、あの頃と一緒。メニューを見ると、当時よく食べていた「中華チマキ」と「ビーフン」は今もそのままだ。メニューが多少変わったのかもしれないけれど、基本的には当時と変わらない気がする。

そうそう、中華チマキのことを「バーツアン」とか言ってたな。そんなことを思い出しながら、注文するのは当然ながら中華チマキ。すると速攻で……

来た。

そうだそうだ。確か、料理が出てくるのがスゲー早かったんだ。だからランチでよく利用していたんだっけ。近くの会社のサラリーマンから大人気で、お昼時は行列が出来てたんだ。……色々と記憶が蘇るなぁ〜。とにかく食べてみよう。

そう! コレだよ! 具がゴロゴロしてるのよ!! 昔と変わらんなぁ……と、個人的すぎる思い出話が永遠に続きそうなので、このあたりで、「ビーフン東」の中華チマキに関して簡単にまとめたい。

その味は、“王道の中華チナキ” と言うのが一番分かりやすいだろうか。ひとくち食べると、ほのかな醤油の風味が口の中いっぱいに広がり、豚の角煮やらうずらの卵などが顔を出す。価格は1つ700円。「ちょっと高いなぁ」と思うかもしれないが、味といいボリュームといい、価格に見合う……というか、クオリティは価格以上かと思う。

また、中華チマキは地方発送もしているから、詳しくは公式ページをチェックしてくれ。

・店の歴史が面白い

なお、そのホームページを見ると、店の歴史がこれまた興味深い。お店は元々石川県の日本料理屋だったが、明治中頃に台湾に渡り、日本海軍指定の料亭になったらしい。そして終戦後、台湾料理を中心に日本料理を取り入れた「台湾料理 東」として大阪にオープン。そののち、こちらのお店を開店して今に至る……とのこと。ちなみに、お店は今まで皇室・文豪・政財界など各界の著名人に愛されてきたそうだ。

「サラリーマンがよく利用する店かと思っていたら、皇室からも愛されてきたなんて……ターゲット層が幅広すぎるだろ」と今になって気づいたが、当時はお店の歴史なんて全く知らなかった。普通に、中華チマキとビーフンの美味い中華料理屋だと思っていたよ。

まぁ、あの時の自分が気づかなかったことはあまりにも多すぎて、そのために こんな美味い中華チマキを10年以上も食べられない羽目になったのだけど。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 ビーフン東
住所 東京都港区新橋 2-20-15 新橋駅前ビル1号館 2F
時間 平日11:30~13:45(L.O.)、17:00~20:30(L.O.) / 土曜日11:30~13:45
休日 日曜・祝日(※2019年8月は土曜日も休み)

Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

370円なのに分厚すぎ! 最強激安スーパー『オーケーストア』のカツサンドを肉目的で買ったらボリューミーなだけじゃないコスパの良さだった

突然だが、あなたは『オーケーストア』をご存知だろうか? どこで買っても品質の変わらない有名メーカーの商品を「どこよりも安く売る」ことに全力をあげているディスカウントスーパーである。その価格は60%オフくらいザラ。店内には「万一、他店より高いものがございましたらお知らせください。値下げします」とも掲げられている。

しかし、お得なのは有名メーカーの商品だけではない。オーケーストアで作られているカツサンドが税抜き370円という値段に比べてかなり豪華なのである

・いつもは買わないけれど

そんなカツサンドと出会ったのは、オーケー橋場店の惣菜パンのコーナーだ。生活用品や生鮮食品だけでなく、お惣菜も充実しているオーケーストア。行く度についついウィンドウショッピングしてしまうのがこのコーナーである。

とは言え、家まで少し距離があるため、私(中澤)はいつも出来合いの食べ物は買わない。買わないんだけども……

このカツサンドだけは買っちゃった

・肉の引力

ケース越しですら伝わってくる肉の迫力。「厚切りロースカツサンド」という名に恥じぬ分厚さではないか。しかも、税抜き370円! 三元豚とな!? この値段にしてこの肉の引力はどうだ?

そっとフタを開けるとさらに迫力を増す肉。もはや、肉が挟まれてやっているという感じである。片手に少し余るくらいのパンから、はみ出さんばかりのサイズは間違いなくメインディッシュ級のとんかつ力(りょく)!!

・弾ける肉

おまけにパンととんかつの間からは誘っているかのようにじゅんわりとソースがにじみ出す。覗き込めば覗き込むほどに永遠なるその隙間。吸い込まれそうなソースの闇。カツサンド先輩は相変わらずソースをにじませ続ける。やれやれ、私はかぶりついた

柔らかいパンと共に軽いサクッとした食感。そして、豚肉が「ブリンッ!」と弾けた。食べている……私は肉を食べているぞ! 噛めば噛むほどに豚の旨みが口の中に広がっていく。

しかし、何だろう? この鮮烈な味は。豚の旨み、ソースの甘み以外に、まろやかかつピリッとした味が舌先を刺激してアクセントを加える。そこで、2個目のカツサンドを開いて中身を確認してみたところ……

パンにごく微量だが白いクリーム状のものが塗られていることに気づいた。味からしてこれは辛子マヨネーズかと思うが、肉の味を損なわず鮮烈なアクセントをつけることに成功している

当初は完全に肉目的で買った私だったが、このカツサンドはとんかつがボリューミーなだけではない。むしろ、素材の味を生かすバランスの良さが天晴だ。いずれにしても370円は安い。メーカー商品の安さだけではなく、店舗の惣菜パンなども高コスパなオーケーストア。これからもその企業努力を応援している。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。