【ナメてた】ほぼ半額の「ウェンディーズバーガーUSAセット」に感動! 500円で食べられるのは8月10日まで!!

四角いビーフパティでお馴染みのウェンディーズ。若い人は「滅多にないレアなバーガーショップ?」くらいの感想しかないかもしれないが、20年くらい前まではまあまあ店舗もあったんだぜ? 実は全世界6788店舗を展開する世界第3位のハンバーガーレストランチェーン、それがウェンディーズだ。

そのウェンディーズでは「オーダーを受けてから作る方式」が採用されているためか、ライバル店と比べると決して価格は安くない。……が、2020年8月3日からスタートした
ウェンディーズバーガーUSAセット』だけはマジでお得! 通常価格960円が500円だなんて、ほぼ半額ではないか。

・960円が今だけ500円

日本上陸、日本撤退、日本再上陸……などなど、なんやかんやあったウェンディーズ。現在はファーストキッチンとのコラボ店「ウェンディーズ・ファーストキッチン」を、国内54店舗で展開中だ。その昔、千葉県市川市のニッケコルトンプラザ店に行ってました、はい。

それはどうでもいいとして、今回メチャメチャお得になっている「ウェンディーズバーガーUSA」だが、本国アメリカでは創設者の名前を冠した商品らしい。つまりは「ウェンディーズと言えばコレ!」的な看板メニューなのだろう。

その『ウェンディーズバーガーUSAセット』は通常価格960円だから、ライバル店と比較した場合、安い方には入らない。……が、8月10日までの特別価格「500円」ならばどうだろう? ほぼ半額ですやん

・正直、ナメてた

……とはいえ、今だから正直に告白すると、私は「ウェンディーズバーガーUSA」をちょっぴりナメていた。言うてもウェンディーズでしょ? お得なのはわかるしウマいのはウマいんだろうけど……ねえ? 心のどこかで「所詮……」と思っていたことは事実だ。

だがしかし、結論から申し上げると「ウェンディーズバーガーUSA」はめちゃめちゃウマい。数年ぶりのウェンディーズだったため他の商品はわかりかねるが、少なくとも「ウェンディーズバーガーUSA」に関しては、知り合いにも「超ウマいよ」と自信を持ってオススメできる

・パティが本当にウマい!

では「ウェンディーズバーガーUSA」の何がそんなにウマかったのか? ズバリ「パティ」である。やや粗めに挽かれた100%ビーフパティは肉々しさ、牛の旨味ともに申し分ない。あえて他店とは比較しないが、パティ単体のウマさは図抜けている。いや、そんじょそこらの手作りバーガーショップよりもウマいかもしれない。

逆にバンズや野菜、バランス等に関しては感動するほどではなく、普通に良きレベルである。いわば「ウェンディーズバーガーUSA」は、パラメーターをパティに全振りしている肉がウマいハンバーガーであった。これが500円ならめちゃめちゃイイ。期間中、もう1回は絶対に行く。

なお、セットのポテトは無料で数種類のシャカシャカポテトに変更可能だ。また「ウェンディーズバーガーUSAセット」の販売は朝10時からとなっている。とりあえず1回食べてみるかー、という人は10時以降にウェンディーズへGOだ。

・500円ならマジで最高!

というわけで、当初は「500円ならいいか」くらいにしか思っていなかったものの、パティの猛烈なウマさに感動した『ウェンディーズバーガーUSAセット』であった。「ウェンディーズデビュー組」はもちろんのこと、記者のような「久々ウェンディーズ組」にもピッタリのメニューである。

通常価格960円の『ウェンディーズバーガーUSAセット』が、ほぼ半額の500円で食べられるのは2020年8月10日まで。とりあえず、近所の「ウェンディーズ・ファーストキッチン」を探せ!

参考リンク:ウェンディーズ・ファーストキッチン
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

アメリカで人気らしい「振って食べるラーメン」を味わってみた / 今までに食べたどのラーメンとも違う味がする

新しいものなどそうそう出てこないだろうと思っていても、思いもよらぬ方向から見たことのないものが不意打ちを食らわせてくる。ラーメン業界にはそういう節があると思う。なんでも最近、「振って食べるラーメン」なるものを提供するお店が東京でオープンしたらしい。

ラーメンを「振って食べる」とはどういうことなのか。普通の丼入りのラーメンを振ろうものなら、辺りがスープまみれになってしまう。しかも「振って食べるラーメン」は、アメリカで人気を博しているらしい。アメリカの人々はスープまみれになっていやしないだろうか……などと思っていたが、どうもこちらの想像とは違うようだ。

・しっかり新種

新しいスタイルのラーメンが食べられるそのお店「SHAKER noodle(シェイカー ヌードル)」は、中野駅から徒歩5分ほどの距離にある。ブロードウェイのすぐそばだ。同店は2019年8月5日にオープンしたばかりである。

ラーメンが好きな筆者は心惹かれるまま現地にやってきた。一体どんなラーメンが出てくるのか。答えは注文のあとに明らかになることだろう。

……などと思っていたが、店先の看板が早々に正体を教えてくれた。細長い透明なカップの中に、野菜とともに麺が入っている写真が載っている。

加えて看板に貼られたメニューには、そのカップにフタがはまっている写真があった。2枚の写真が脳内で1つの明確な像を結ぶ。

なるほど、これならアメリカの人々もスープまみれにはなっていまい。考えてみれば、こうしたカップ入りの「振って食べる」スタイルの品はたまに見かける。よもやラーメンもそこに仲間入りを果たすとは。

新しい風を肌に感じつつ、今一度メニューを眺める。「振って食べるラーメン」ことシェイカーヌードルは、醤油、塩、ユッケジャン(各税抜500円)の3種類の味があるようだ。

驚いたのが、ラーメン以外にもフライドポテト、唐揚げ、カレー、とんかつといったメニューがカバーされている点である。だいぶ前のめりの攻撃的な編成だ。野心が感じられる。

ともあれ、今回は醤油味のシェイカーヌードルを注文した。テイクアウトもできるそうだが、腰を据えてシェイクするべくイートインを選択した。

ついでに店員さんにアメリカでの人気について確認してみたところ、噂は本当らしく、ニューヨークで流行しているスタイルを逆輸入したのだという。

待つこと数分で実物が登場。言われてみれば見た目がニューヨーカーという感じがする。親しい友人が渡米したら甚だ様変わりして帰ってきたかのようで、なんとも不思議な気持ちだ。

だが、美味しければ何も問題はない。カップをよく見ると、底の方にまぜそばや汁なし麺のごとくタレが溜まっている。これが混ざるようにシェイクするということだろう。

フタを押さえて逆さに持つ。店員さんに「結構しっかり振った方がいいですよ」と言われたので、結構しっかり振る。最近こんなに何かを振ることがなかったので、意外と楽しい。

タレの色が全体に行き渡ったのち、いざ実食。冷たくツルツルモチモチとした麺の口当たりが快い。そして舌に広がるすっきりした醤油の味わいは、ラフな見た目に反して出汁の効いた奥深い仕上がりとなっている。実に美味しい。

食べる前はラーメンサラダのようなものかと思っていたが、それよりもだいぶ本格的に感じる。かといってまぜそばほど濃厚な味付けではなく、爽やかで食べやすい。これは新種だ。今までのどのラーメンとも違う、新たなポジションをしっかりと築き上げている

サニーレタスやパプリカ、ねぎ、ゆで卵など、具材が豊富なのも嬉しい。

角切りの鶏チャーシューも充実していて、予想を上回る食べ応えがある。小腹が空いた程度だと小腹から少々あふれるのではなかろうか。とはいえ、美味しさと食べやすさのおかげで、ボリュームをありがたく思える一品となっている。

・出会いに感謝

結果として、新種のラーメンを通じて非常に満足度の高い体験をさせてもらった。出会えてよかったラーメンである。食べてみなければわからないことも多いと痛感させられた。

これから日本でも流行するだけのポテンシャルはあると思う。シェーカーヌードルが筆者のみならず、多くの人の心を揺さぶることを願うばかりだ。

・今回紹介した店舗の情報

店名 SHAKER noodle(シェイカー ヌードル)
住所 東京都中野区中野5−67−7
営業時間 11:30~21:00
定休日 火曜

参照元:SHAKER noodle
Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

370円なのに分厚すぎ! 最強激安スーパー『オーケーストア』のカツサンドを肉目的で買ったらボリューミーなだけじゃないコスパの良さだった

突然だが、あなたは『オーケーストア』をご存知だろうか? どこで買っても品質の変わらない有名メーカーの商品を「どこよりも安く売る」ことに全力をあげているディスカウントスーパーである。その価格は60%オフくらいザラ。店内には「万一、他店より高いものがございましたらお知らせください。値下げします」とも掲げられている。

しかし、お得なのは有名メーカーの商品だけではない。オーケーストアで作られているカツサンドが税抜き370円という値段に比べてかなり豪華なのである

・いつもは買わないけれど

そんなカツサンドと出会ったのは、オーケー橋場店の惣菜パンのコーナーだ。生活用品や生鮮食品だけでなく、お惣菜も充実しているオーケーストア。行く度についついウィンドウショッピングしてしまうのがこのコーナーである。

とは言え、家まで少し距離があるため、私(中澤)はいつも出来合いの食べ物は買わない。買わないんだけども……

このカツサンドだけは買っちゃった

・肉の引力

ケース越しですら伝わってくる肉の迫力。「厚切りロースカツサンド」という名に恥じぬ分厚さではないか。しかも、税抜き370円! 三元豚とな!? この値段にしてこの肉の引力はどうだ?

そっとフタを開けるとさらに迫力を増す肉。もはや、肉が挟まれてやっているという感じである。片手に少し余るくらいのパンから、はみ出さんばかりのサイズは間違いなくメインディッシュ級のとんかつ力(りょく)!!

・弾ける肉

おまけにパンととんかつの間からは誘っているかのようにじゅんわりとソースがにじみ出す。覗き込めば覗き込むほどに永遠なるその隙間。吸い込まれそうなソースの闇。カツサンド先輩は相変わらずソースをにじませ続ける。やれやれ、私はかぶりついた

柔らかいパンと共に軽いサクッとした食感。そして、豚肉が「ブリンッ!」と弾けた。食べている……私は肉を食べているぞ! 噛めば噛むほどに豚の旨みが口の中に広がっていく。

しかし、何だろう? この鮮烈な味は。豚の旨み、ソースの甘み以外に、まろやかかつピリッとした味が舌先を刺激してアクセントを加える。そこで、2個目のカツサンドを開いて中身を確認してみたところ……

パンにごく微量だが白いクリーム状のものが塗られていることに気づいた。味からしてこれは辛子マヨネーズかと思うが、肉の味を損なわず鮮烈なアクセントをつけることに成功している

当初は完全に肉目的で買った私だったが、このカツサンドはとんかつがボリューミーなだけではない。むしろ、素材の味を生かすバランスの良さが天晴だ。いずれにしても370円は安い。メーカー商品の安さだけではなく、店舗の惣菜パンなども高コスパなオーケーストア。これからもその企業努力を応援している。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。