コレ、料理の素人が作った餃子って信じられる? およそ100円で買える「ワンタッチ餃子パック」がマジ便利

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続き、外食する機会が減った人は多いのではないだろうか。かくいう私もそうで、これを機に自炊にチャレンジ。不器用ながら料理を作れるようになるため、日々精進することにした。

何か1つでもできるようになればと試行錯誤。まずは簡単な料理から作っているのだが、今回は難しそう&めんどくさそうな餃子に挑戦してみた。理由は他でもない。シンプルな作りながらしっかり仕事をしてくれそうな商品を見つけたからである!

・簡単にキレイな餃子が完成

その商品は「ワンタッチ餃子パック」というもの。私は雑貨屋で税込130円で買ったが、ググったところ100円程度で売られていて通販もやっているようだ。

見ての通り、商品の上に皮と具を乗せてパチンと閉めるのみ……てなシロモノで、こんなので餃子がキレイに出来上がったら苦労しないよと思ってしまう。……が!

これがなかなかどうして仕事をしてくれてマジ便利。私のような料理の素人であっても、キレイな餃子がホイホイ作れた。

・下準備だけが面倒

まずは餃子の素などを用意して下準備。もはや面倒なのはここだけと言ってもいい。

あとは説明書に書いてある手順に沿って、先述したように皮と具を乗せてからパチンと閉める。たったそれだけ……

たったそれだけで……

キレイな餃子のいっちょ上がり!

パチンと閉じるだけであっという間に餃子ができていく。慣れたら1個あたりの所要時間は10秒ほどとめちゃ楽チン! 一応、比較するため素手で作ってみるも……

見栄えの良さは段違いで、時間も一気に短縮。一度手にしたら、もうこれなしで餃子を作ることは考えられない。これがおよそ100円で作れるのだから、一家に1つくらいあってもよさそうだ。

・肝心なところでミス

まぁ火加減をミスって少し焦がしてしまったが、自分で作ったものほど美味しいものはないためプライスレス。次回は完璧な餃子を作ってみたい。

なお、当サイトでは以前に餃子のプロ直伝「焼き餃子を美味しく作るコツ」をお伝えしている。これまでの餃子は何だったんだと思わずにいられないテクニックのため、ワンランク上の餃子を作ってみたい人はぜひ参考にしてほしい。

Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

「Yahoo!ニュース」の記事を見せるだけでタダでジュースが貰えるってよ → ヤバすぎるジュースが生み出されていた

「ただより高いものはない」なんて言葉もあるが、ぶっちゃけ無料で貰えるならとりあえず貰っておきたい。なんだかんだで割とみんなそうじゃない? 無料サービスとか書いてあると、どうしても釣られるよね。

そんなみんなに朗報だ! なんとYahooが無料でジュースをくれる、太っ腹なサービスを2019年3月12日~18日の期間限定で始めたってよ! こうしちゃいられねぇ! タダ飲みだぜヒャッハァ!!!

・オリジナルジュースを作成

Yahooの無料ジュースは、原宿は竹下通りの「ヤフーニュースのヤフージュース」にて3月12日から18日までの期間限定で提供される。場所は「BOK Gallery」という貸しイベントスペース。土地勘のある方なら、「マツモトキヨシ」の隣あたりといったほうがわかるかもしれない。

ジュースをゲットするための条件は、「Yahoo!ニュース」の記事を見せるだけ! 無料だしとりあえず貰っておくけど、いったいどうしてこんなサービスを始めたのだろうか? ついにトチ狂ったのかと心配になったので公式HPを見てみると

「世の中で起きていることを身近に感じてもらえるよう、ニュースをジュースとともに体験していただくジューススタンド「ヤフーニュースのヤフージュース」が東京・原宿の竹下通りにオープンします。」

とのこと。……ふむ。一瞬わかるような気がしたが、冷静に考えたら全く意味がわからない。やっぱりトチ狂ったのかもしれない。まあどれだけクレイジーでも構わないだろう。スマホで「Yahoo!ニュース」から適当に記事を開いて見せるだけで、ジュースが貰えるなんてイージーすぎて最高だ。

しかも、見せた記事にあわせてオリジナルなジュースを作ってくれるとか、エンターテインメント性もなかなかある気がする。動機がいささか理解不能な点を除けば、そのほかはナイスな企画ではないだろうか。

・SNS映えを意識

期間中は12時から18時(土日のみ19:00)までのオープンとなるが、初日の12日だけは午後4時半からの開店。さっそく筆者も開店時間より10分ほど前に現地入り。すでに行列ができていたものの割とすんなり入ることができた。

ちなみに全体的にスペースはかなり狭く、店の外に並べるのは10人程度まで。建物の中も、半分はSNS映えを意識しまくった撮影スペースとなっているので並ぶといっても精々20人前後だろう。それを超えた場合は、スタッフの持っているボードに名前を書いておいて後で入るという感じ。

店内に入るといきなりニュースを選んでおくようにとの通達があり、筆者もYahooのアプリを起動。ここは何気にもっとも重要なポイントである。なぜなら「ヤフーニュースのヤフージュース」にメニューなど存在せず、味のリクエストもすることはできない。どんなニュースを選んだかでレシピが決まるのだ。あと、後で判明したのだが、ジュースの名前も記事で決まる

複数のスタッフが繰り返しニュースを選ぶよう呼びかけるなか、列に並んだ人々の間で「どうしよう……」「どれがいいと思う?」等、迷いを感じさせる言葉が交わされる。しかし、筆者の脳内にはすでに必勝プランがあった。

特にむずかしい話ではない。シンプルにジュースは飲み物。飲み物であるからには、やはり鮮度が重要なハズだ。となれば、やはり一番新しいフレッシュなニュースを見せれば、最高にフレッシュなジュースを作ってもらえるに違いない。

自分の番になってもニュースを決められずにあたふたする人もいたが、筆者はスマートにニュース一覧のトップ画面をリロードして最新の状態に!

最高にフレッシュなジュースを確信して、ドヤ顔をキメつつ一番上の記事を選んでスタッフのお姉さんに見せた結果……

陸自パワハラ訴訟 /(^q^)

前の女性二人組みに対しては、「こちらのニュースですね~♪」などと、まるでここが夢の国であるかのようなまぶしい笑顔と明るい声で話しかけていたスタッフのお姉さんもこれには無言。そして「こちらの記事ですね」と、雰囲気も声のトーンも一気に夢の国から役所の受付にはやがわり

そして渡されたジュースのレシピにはまさかのタイトルが

命令地裁ジュース

まあ、パワハラジュースとかじゃ無くてよかったと思うべきだろう……。実は名前を決めるときに、スタッフのお姉さんは20秒、いや30秒くらいは固まっていた。きっとお姉さん的にも良い感じのおとしどころを探って脳をフル回転させていたのだろう。名前をつけやすい良い感じの記事を選んであげると喜ばれるかもしれない。

・記事しだい

どうやら記事とレシピの関連付けは「ニュースのカテゴリー」「コメント数の末尾の数字」「配信時間」から決まるようだ。筆者が選んだ「陸自パワハラ訴訟」の記事によって生み出された「命令地裁ジュース」は、なにやらピンク色のゼリーにクリームと星型の砂糖細工のようなものが振り掛けられた仕上がり。

アレな名前の割には中々ファンシーである。ちなみにレシピ的には、その他のカテゴリーで、コメント数の末尾は0、配信時間は12〜18時だった。複数人で行ってこの3項目が全く違う記事をそれぞれ選び、どんなジュースが出てくるか試してみるのも面白そうだ。期間中竹下通りに行く機会があればぜひ試してみて欲しい!

・訪れたお店の情報

店名 ヤフーニュースのヤフージュース
住所 東京都渋谷区神宮前1-16-6トウセン原宿 BOK Gallery
時間 12:00 ~18:00(土日のみ 〜19:00)
期間 2019年3月12日 ~ 3月18日

参照元:ヤフーニュースのヤフージュース
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.
ScreenShot:Yahoo! JAPANアプリ(Android)

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【ナメてた】ほぼ半額の「ウェンディーズバーガーUSAセット」に感動! 500円で食べられるのは8月10日まで!!

四角いビーフパティでお馴染みのウェンディーズ。若い人は「滅多にないレアなバーガーショップ?」くらいの感想しかないかもしれないが、20年くらい前まではまあまあ店舗もあったんだぜ? 実は全世界6788店舗を展開する世界第3位のハンバーガーレストランチェーン、それがウェンディーズだ。

そのウェンディーズでは「オーダーを受けてから作る方式」が採用されているためか、ライバル店と比べると決して価格は安くない。……が、2020年8月3日からスタートした
ウェンディーズバーガーUSAセット』だけはマジでお得! 通常価格960円が500円だなんて、ほぼ半額ではないか。

・960円が今だけ500円

日本上陸、日本撤退、日本再上陸……などなど、なんやかんやあったウェンディーズ。現在はファーストキッチンとのコラボ店「ウェンディーズ・ファーストキッチン」を、国内54店舗で展開中だ。その昔、千葉県市川市のニッケコルトンプラザ店に行ってました、はい。

それはどうでもいいとして、今回メチャメチャお得になっている「ウェンディーズバーガーUSA」だが、本国アメリカでは創設者の名前を冠した商品らしい。つまりは「ウェンディーズと言えばコレ!」的な看板メニューなのだろう。

その『ウェンディーズバーガーUSAセット』は通常価格960円だから、ライバル店と比較した場合、安い方には入らない。……が、8月10日までの特別価格「500円」ならばどうだろう? ほぼ半額ですやん

・正直、ナメてた

……とはいえ、今だから正直に告白すると、私は「ウェンディーズバーガーUSA」をちょっぴりナメていた。言うてもウェンディーズでしょ? お得なのはわかるしウマいのはウマいんだろうけど……ねえ? 心のどこかで「所詮……」と思っていたことは事実だ。

だがしかし、結論から申し上げると「ウェンディーズバーガーUSA」はめちゃめちゃウマい。数年ぶりのウェンディーズだったため他の商品はわかりかねるが、少なくとも「ウェンディーズバーガーUSA」に関しては、知り合いにも「超ウマいよ」と自信を持ってオススメできる

・パティが本当にウマい!

では「ウェンディーズバーガーUSA」の何がそんなにウマかったのか? ズバリ「パティ」である。やや粗めに挽かれた100%ビーフパティは肉々しさ、牛の旨味ともに申し分ない。あえて他店とは比較しないが、パティ単体のウマさは図抜けている。いや、そんじょそこらの手作りバーガーショップよりもウマいかもしれない。

逆にバンズや野菜、バランス等に関しては感動するほどではなく、普通に良きレベルである。いわば「ウェンディーズバーガーUSA」は、パラメーターをパティに全振りしている肉がウマいハンバーガーであった。これが500円ならめちゃめちゃイイ。期間中、もう1回は絶対に行く。

なお、セットのポテトは無料で数種類のシャカシャカポテトに変更可能だ。また「ウェンディーズバーガーUSAセット」の販売は朝10時からとなっている。とりあえず1回食べてみるかー、という人は10時以降にウェンディーズへGOだ。

・500円ならマジで最高!

というわけで、当初は「500円ならいいか」くらいにしか思っていなかったものの、パティの猛烈なウマさに感動した『ウェンディーズバーガーUSAセット』であった。「ウェンディーズデビュー組」はもちろんのこと、記者のような「久々ウェンディーズ組」にもピッタリのメニューである。

通常価格960円の『ウェンディーズバーガーUSAセット』が、ほぼ半額の500円で食べられるのは2020年8月10日まで。とりあえず、近所の「ウェンディーズ・ファーストキッチン」を探せ!

参考リンク:ウェンディーズ・ファーストキッチン
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。