二郎インスパイア系「ステーキ五郎」のヤサイ・ニンニクマシマシ、トロトロ脂スジトッピングが凄すぎた!

「インスパイア系」といえば、大抵はラーメン二郎に影響を受けて、ヤサイ(もやしなど)をうず高く積んだラーメン・ラーメン屋のことをいう。

しかしそのインスパイア系に意外なお店が参戦していた! それが「ステーキ五郎」である。昼のみステーキ専門店として営業しているお店で、メニューはステーキだけ。実物はまさに二郎のごとく、山のようにヤサイが積まれたステーキだった!!

・メニューはステーキのみ

お店は新橋と赤坂にある「ワインホールグラマー」だ。11時30分から15時までの時間限定で「ステーキ五郎」としてランチ営業を実施している。今回訪ねたのは赤坂の店舗。東京メトロ赤坂見附駅から徒歩約5分、飲食店が立ち並ぶエリアの一角にある。窓に貼られた「ステーキ五郎」の文字が目印。

メニューはステーキシングル(150グラム 税込980円)・ダブル(300グラム 税込1660円)・1ポンド(450グラム 税込2200円)のみ。ライスとスープはおかわり自由で、生卵(+50円)を除くトッピングはすべて無料となっている。席に着いたら自分でオーダー表に丸を付けて、注文時に会計を済ませる。私(佐藤)はステーキ1ポンドにヤサイ・ニンニクマシマシ、脂(バター)マシ、トロトロ脂スジトッピング有り、生卵有りでお願いした。

・肉が見えない!

注文から10分ほど経過して、鉄板にのったステーキがやってきた。え? ちょっと待って。ステーキを頼んだはずなんだけど。ヤサイの山? 肉が……。

肉がほとんど見えない!?

さすがインスパイア系! ヤサイてんこ盛り!! 1ポンドの肉が完全にわき役になってしまっている。

もやしとキャベツの上にはトロトロ脂スジ。さらにその上にはマシマシにしたニンニク。肉にたどり着く前に、お腹が満たされてしまいそう。

・もやしで満足してしまいそう……

肉への道のりはかなり険しい。今にも崩れそうな “もやし山” を慎重に切り崩しつつ、前へ前へと進んでいく。

もやしだけだと味気ない感じに見えるけど、脂スジとバター、ニンニクを絡めるとめちゃくちゃ美味い! これだけでご飯2膳くらい食えるぞ。でも、まだ我慢だ! ステーキの全貌も見てないというのに、ご飯で満腹になってはいけない。トッピングの生卵を中央に落とすと、さらに誘惑が強くなる。マジで肉を見ずにお腹いっぱいになりそう~!

・肉塊あらわる!

度重なる「ご飯を思いっきり食いたい!」という誘惑と戦いながら、もやし山を崩すとそこには巨大な肉が横たわっていた……。やっと1ポンドのステーキにたどり着いたぞ。まだお腹の具合は5分目くらい。よし、行ける! 肉食うぞ!!

3つの肉塊、それぞれの重さは推定150グラム。1つを食うだけでも十分幸せな気持ちになれるだろう。それが3つもある! なんてぜい沢なんだ。焼き加減はミディアムレア。カットすると、ほのかなピンク色が見える。実に美しい。

肉までたどり着いた段階で、「ヤサイで結構お腹が膨れたけど、コレ食えるかな……」という気持ちだった。しかし1度肉を食べ始めると、そのままノンストップであっさり完食。肉質が良く柔らかで、450グラムという量を感じさせない食べやすいステーキだった。

営業時間が限られているため、日によっては売り切れになることもあるそうだ。その場合は、早めに営業を終了することもあるので気を付けて欲しい。どうしても行きたい! という人は開店直後の時間の訪問をオススメする。12時前なら席にも余裕があるぞ。ステーキ好きは要チェック! これから夏本番、肉食ってスタミナつけようぜ!

・今回訪問した店舗の情報

店名 ステーキ五郎 赤坂店(ワインホールグラマー 赤坂 )
住所 東京都港区赤坂3-12-3 コンチネンタル赤坂V 1F
時間 11:30~15:00(ステーキ五郎営業時間)
※新型コロナ感染拡大の影響で、営業時間変更になる可能性もある

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【ディープな大阪】裏なんばのアンダーグランドな世界



大阪のなんば駅周辺は多くの商業施設やお店が軒を連ね、グリコのマークで有名な道頓堀やアメ村が近くに位置するため、多くの観光客で賑わっています。でも「裏なんば」は、ツウな人間しか訪れないディープなスポット。今回は、観光客もまだ少ない「裏なんば」の魅力をお伝えします。

裏なんばの象徴「味園ビル」

味園ビル

各線なんば駅から徒歩10分の距離にあるのが「味園ビル」です。赤と青のネオンが妖艶に光り、裏なんば界隈を照らしています。商店街と裏路地が交差する味園ビル周辺は、多くの飲み屋やグルメなお店がひしめき合い、観光客よりも地元民が行き交うエリアです。

昭和サブカルチャーの殿堂

味園ビル外観

怪しげな雰囲気と昭和の匂いがプンプンする「味園ビル」は1956年に大型娯楽施設として誕生し、バブル経済期までミナミを代表する存在でした。当時は、キャバレー、スナック、ダンスホール、宴会場、サウナまで一処に堪能できる場所で、ダンスホールの専属歌手にデビュー前の和田アキ子やピンク・レディーなどを抱えていました。

2004年頃からは若いオーナーが中心のバーや飲食店が増え、「昭和サブカルチャーの殿堂」という名の通り個性的なお店が揃っています。

「味園ビル」は地下1階から地上5階建て。2階フロアにサブカル感満載のバーや、ゲテモノ料理が堪能できるお店が集い、4階に「ホテル味園」、5階には「宴会場味園」があります。

宴会天国味園

味園ビル 宴会場

同ビルの5階にあるのが、創業50年、昭和モダンな宴会場「宴会天国味園」です。なんと最大500名が一度に宴会することができるほどのスペース。2名から利用できる個室もあるので、気軽に利用することができます。

また、4階の「ホテル味園」は大変リーズナブルな値段で宿泊できるため、夜に宴会場でコース料理をいただいても、市内のビジネスホテルに宿泊するのと変わらないお値段なんです。贅沢な旅が裏なんばで味わえるんですよ。

宴会天国味園
https://universe-misono.co.jp/
住所 〒542-0074 大阪市中央区千日前2-3-9
電話 06-6641-7777
営業時間
月~金 16:00~22:00
土日祝 12:00~22:00
定休日 年末年始

地下空間に広がるユニバース

ユニバース

「味園ビル」の地下に広がるのは貸ホール「ユニバース」です。もともとは、キャバレーとして利用されていましたが、現在は多くのアーティストが夜な夜なライブを行う場所へと変化しました。

ユニバース2

今もキャバレーの面影が残る室内では、スタンディングエリアのほか、バーカウンターで作られたお酒をいただきながら、ライブをゆっくり鑑賞できるソファ席があります。

内装

また、宇宙を彷彿とさせるオブジェが天井から顔を覗かせており、訪れた人々を哀愁漂う空間へと誘っています。

ユニバース入り口

入り口には、ローマ字で「Universe」のネオン文字が光り、昭和の匂いと現代の味園カルチャーが混ざり合っています。年季の入った外壁に、乱雑に貼られたポスター広告。それすら、どこか昭和を感じるような雰囲気に包まれています。「ユニバース」へは、イベント時のみ入場することができるので、事前にイベントスケジュールをチェックして行くことをおすすめします。

ユニバース
http://universe.osaka/
住所 〒542-0074 大阪府大阪市中央区千日前2丁目3−9
電話 06-6641-8733

ミシュランに3年連続掲載!たこ焼き「わなか」

たこ焼きわなか

2016年〜2018年“ミシュラン 京都・大阪 ビブグルマン部門”に3年連続掲載されているたこ焼き店が、「味園ビル」から歩いてすぐの場所にあるんです。「たこ焼道楽わなか 千日前本店」は、連日美味しそうなソースの香りに引き寄せられた人々が列を成しています。

生地の味はダシと塩味で絶妙!外はカリっとしているのに中はとろける食感で、仕上げの特製ソースがアクセントになっています。たこ焼き以外にも、たこせんや明石焼風たこ焼きも楽しめますよ。

たこ焼は8個入り(450円)・12個入り・15個入りの3種類。ネギ・チーズ(各50円)のトッピングもできちゃいます。ソースは選べる4種類「定番ソース」「釜炊き塩」「醤油」「どろソース」と、どれも悶える美味しさです。

たこ焼き道楽 わなか
http://takoyaki-wanaka.com/
住所 大阪府大阪市中央区難波千日前11-19
電話 06-6631-0127
営業時間
(月~金) 10:00~23:00
(土・日・祝) 8:30~23:00
【店舗へのアクセス】
地下鉄御堂筋線 なんば駅3番出口より徒歩5分
南海本線 難波駅より徒歩5分

[All photos by Mia]
Do not use images without permission.

大阪観光では以下の記事も要チェックです!
『大阪限定のお土産探しに「阪急うめだ」が最強すぎる!おすすめ土産6選』
『安くてボリューム満点!「心斎橋ミツヤ」の洋食がすごすぎる【大阪グルメ】』
『老舗お好み焼き「味乃家」がおいしかった!【大阪 難波 道頓堀グルメ】』

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【地方の美味を自宅で】福井県のお取り寄せグルメ4選

噛むほど甘く、もっちりした味わい「越前そば」/越前そばの里


(C)越前そばの里

湿気の多い地方で育った越前産のそばは、なめらかでもっちりとしたそばになり、噛むほどに甘く、旨味が断然に違い、そば通も唸るといいます。越前そばの里のそばは、種まきから収穫まで行っている直営農場産。風味と喉ごしのバランスが良い五割そばが生そばで届きます。

越前そばの里
なまそば 2食×3袋、そばつゆ6袋 2,620円(税込)
https://echizensoba-shop.jp/SHOP/soba-098.html

もちもち食感とごまの風味「永平寺幸家のごまどうふ」/幸家(さちや)


(C)永平寺禅どうふの郷 幸家(さちや)

精進料理の中でも大切なお客様が来られた際にだけ作られていた「ごまどうふ」。余分な熱処理をせず、最上級の吉野本葛を使用しており、もちもちした食感とごまの風味を楽しめます。別添えの田楽風甘味噌たれとの相性もぴったり。自宅用にはもちろん、大切な人への贈り物にしてもよさそう。

永平寺禅どうふの郷 幸家(さちや)
永平寺幸家のごまどうふ 越前の華 5本詰合せ(送料別) 3,348円(税込)
https://www.sachi-ya.jp/item/52/

郷土菓子から生まれた和洋折衷銘菓「羽二重くるみ」/はや川


(C)はや川

餅粉を蒸し、砂糖や水飴を加え練り上げた、白く滑らかな絹織物が元になった餅菓子を羽二重餅といいます。その羽二重餅に飴炊きした和くるみを練りこんで、シュー皮でサンドした「羽二重くるみ」は、日本茶はもちろん、コーヒーや紅茶にも合う、和洋折衷のお菓子です。シュー皮は3枚を一組で使用し、微妙に異なる口当たりが飽きのこない味わいを生み出しています。

はや川
羽二重くるみ 15個入 1,650円
https://habutaekurumi.com/products/detail.php?product_id=4

骨まで食べられる柔らかさ「鯖缶詰」/若狭小浜丸海


(C)若狭小浜丸海

厳選された鯖を使用し、ふっくらとしながらもしっかりとした食感で、骨まで食べられる柔らかさが特徴です。味付缶、唐辛子入り味付缶、水煮缶、ゆず風味水煮缶、生姜煮缶、八丁味噌煮缶の6種類が入ったセットは、ご飯のおかずにもお酒のおつまみにもぴったり。

若狭小浜丸海
鯖缶詰 6種詰合せ 3,564円(税込)
https://www.wakasa-marukai.co.jp/shopdetail/000000000086/ct57/page1/recommend/

※新型コロナウイルスの影響で臨時休業の場合もあります。公式サイトなどで最新情報をご確認ください。

~人生に旅心を~