「くず餅」は植物の葛が使われているとは限らず、東西で別モノらしい → どう違うのか? 今まで食べてきたのは何だったのか?

先日ネットで、関東と関西における「くず餅」は別物……そして関東で一般的な「くず餅」は葛が使われていないという話を知った。この世のあらゆる「くず餅」は植物の葛が原料だと思っていたが、どうやらそうではないらしい。

それにしても、東西のくず餅はどう違うのだろう。ここは食べ比べてみるしかあるまい。それともう一つ。今まで葛を使ったくず餅だと思って食べてきたその辺で売ってる「くず餅」は、いったい何だったのだろうか? こちらも明らかにする必要があるだろう。

・くず餅のイメージ

まず筆者のイメージする「くず餅」とは、半透明でプルプルした甘いやつだ。関東と関西で違うということなので、日本人が「くず餅」と聞いてイメージするものは、それぞれの出身地や故郷に大きな影響を受けると思われる。

しかし、筆者には出身地も故郷も無い。いわゆる転勤族だったため、全国を数年おきに転々としたタイプ。産まれた場所としての出身地であれば北海道と言えるのだが、ガチに産まれただけ。育った場所という意味での出身地については、それこそ「日本列島」とでも答えるしかない。

ゆえに、筆者の中に出来上がっていた「くず餅」のイメージが、どこか特定の土地特有のものとは考えにくい。また、くず餅は子供のころからそれなりに食べてきたが、それらは全てスーパーやコンビニで買った数百円程度のものだと思う。

以上の点から、恐れながらも筆者のイメージする「半透明でプルプルした甘いやつ」は、「全国で最も庶民向けに普及しているくず餅」なのではないか……と思う。そして、子供のころにその半透明な「くず餅」が植物の葛の粉から作ると教わり、30年以上もそれを信じて生きてきた。

昨今でも、その辺で買った「くず餅」を植物の葛のものだと信じて食べている。そして筆者は現在関東在住。ということは、最近食べている「くず餅」も、もしかして葛とは無関係なのだろうか? そういえば原材料をチェックしたことは1度も無かった

・東西における違い

疑問を一つずつ解消していこう。まずは関東と関西……東西のくず餅は別モノだという点からだ。ググってみると、2015年に日本経済新聞がこのテーマについて報じた記事を発見。

それによると、関西でよく見られる「くず餅」こそが植物の葛で、関東の「くず餅」は小麦を発酵させて作るという。見た目も違っており、関西の葛を使用したモノは半透明だが、関東の小麦を使用したモノは白いようだ。

日経新聞の記者は、「関東出身の私が親しんだのは、ひし形に切った白っぽい餅」と述べている。ふむ、関東に住んだ時間はトータルで10年ほどになるが、「ひし形の白っぽい餅」と筆者のイメージする「くず餅」は一致しない。人生の1/3も過ごしてるのに、関東で一般的な「くず餅」を食べてないということだろうか? 

・くず餅オールスター戦

案ずるよりなんとやらだ。実際に東西を代表する由緒あるメーカーの「くず餅」を同時に見比べてみることに。関西代表は、京都の仙太郎から『本当くずもち』。税込み594円。

そして、奈良の松屋本店から『吉野紀行』。税込み907円。

関東代表は東京の船橋屋から『元祖 くず餅』。税込み790円。

関西代表が2つあるのは、松屋本店のHPにて気になる記述を発見したからだ。どうやら「くず餅」に使われる葛粉には、葛のでんぷん100%な『吉野本葛』と、全体量の50%以上という規格な『吉野葛』の2種類があるらしい。

電話で確認したところ『吉野紀行』に使われているのは『吉野葛』だという。葛率100%なくず餅も気になるので、『吉野本葛』を使用した仙太郎の『本当くずもち』も用意したのだ。それぞれのメーカーについての詳細は省くが、どれもまごうこと無き名店。詳しくは各社のHPをご覧いただきたい。

・葛100%『本当くずもち』

まずは葛100%な『本当くずもち』。まさに良く知る「くず餅」に近い外見。形状を自力で維持する程度の硬さはあるが、イメージにある「くず餅」よりはかなり柔らかく、粘度も高い。

食べてみると、かなり甘い。よく知っている「くず餅」よりも甘い。しかし、砂糖の甘さとは違って、どこか野性味を感じる。見た目こそ「くず餅」のイメージ通りだが、味や食感は見知った「くず餅」とは別モノだ。きっと葛100%か否かの違いだろう。

・葛50%以上『吉野紀行』

葛がおよそ50%な『吉野紀行』は、残り50%がサツマイモ由来のでんぷんだとか。半透明で、色は黄色がかっている。それなりに硬さがあり、コンニャクゼリーにやや粘性を与えた感じ。黄色い点を除けば、イメージ通りな「くず餅」といえよう。

葛100%の『本当くずもち』と比べると、何やら独特の匂いがする。成分的にサツマイモのものだろうか? 食感もやはりコンニャクゼリーに似ている。外見が『本当くずもち』で、甘さを『吉野紀行』くらいにしたものが、幼少期から食べてきた「くず餅」のイメージに近い気がする。

・小麦由来な『元祖 くず餅』

そして関東の『元祖 くず餅』。なるほど、白っぽくてひし形。日経新聞の記者が言っていたのはこれに違いない。そして筆者的には見るのも食べるのも初めて。スーパーやコンビニで似たようなモノが売られているところも見たことがない。

発酵食品らしく、表面には気泡的な小さい穴が無数に見受けられる。3つの中で最も硬く、弾力があるのも特徴的だ。味も明らかに小麦だとわかる感じ。甘さは3つの中で最も控えめで、黒蜜やきな粉と共に食べることで真価を発揮するように思える。

「関東の」とはいっても関東発祥なだけで、多分関東でも一般的ではないと思う。知らない人の方が多いのではなかろうか。最も多くの販売拠点を持っているのは亀戸天神に本店を構える船橋屋だと思われるが、それらは自前の店舗か百貨店等の和菓子コーナー。

それ以外のお店については大田区の池上本門寺周辺、そして神奈川県川崎市の川崎大師周辺で、それなりに格調高そうな甘味処が、時には「久寿餅」という表記で小麦を発酵させて作る同様のものを提供しているようだ。わりと高級和菓子と呼んでいい扱いだと思う。

関東発祥ではあるが、関東でも食べられるのはごく一部の地域や店舗。それ以外の場所ではなかなか目にする機会はないというのが、関東の「くず餅」の実際のところだと思う。

・たぶん認知度も普及率もNo.1 その辺で買える「くず餅」

では最後に、恐らくは最も日本全域で普及していると思われるタイプの「くず餅」も食べてみよう。近所のローソンで買ってきたものだ。パッケージが違うだけで、似たようなものは、コンビニ各社はもちろん、恐らく西友等の全国チェーンのスーパーなどでも買えるはず。シェア率No.1で、最も多くの人がイメージする「くず餅」はきっとこのタイプ。

味についてはもはや語るまでもなかろう。まさに幼少期から慣れ親しんだ「くず餅」。日本のどこに行っても「くず餅」として出てくるのはコイツだった。量産型コモンくず餅とでも呼ぶべき存在。外見的に最も似ているのは、葛100%な『本当くずもち』だと思う。食感や甘さ的には『吉野紀行』が近い気がする。

・一般的な「くず餅」の正体

このコモンくず餅は、一体何でできているのだろうか? 葛なのか小麦なのか? 関東ベースなのか関西ベースなのか? それとも、実は葛も小麦も使われていない全く別な第三の勢力だったりするのだろうか? 気になる原料は……

水飴、砂糖、葛粉、ゲル化剤、増粘剤

一応植物の葛から作った粉が入っている。ところで、この記事を書こうと決めてからの1カ月ほどの間、行く先々でコンビニやスーパーの「くず餅」をそれとなくチェックしてきた筆者。

今回比較した「くず餅」たちには入っていないが、葛粉に寒天を混ぜたタイプも割と多い印象を受けた。日本全国のコモンくず餅は、大体が葛粉に増粘剤と水飴や寒天を入れてコストを抑えていると思われる。

・「関東の」「関西の」というよりは

結果的に純粋な葛粉の割合はめちゃくちゃ低くなっていそうだが、植物の葛が入っているのは間違いない。その点から、コモンくず餅は、流派的には関西の「くず餅」だと考えていいのではなかろうか。

まとめると、関西発祥の「くず餅」は葛で、関東発祥の「くず餅」は小麦。そして全国で一般的な「くず餅」は、葛の使用率を下げ、代わりにゲル化剤等を使用してコストを下げた関西流の量産型という感じか。

最後に些細な点について一つ。これら「くず餅」に関する話について、「関東の」や「関西の」等という表現は間違ってはいないが違和感がある。日本全国で一般的な「くず餅」は関西発祥で、関東には一部で同名の別の食べ物が存在する……的な表現の方が実情に即すると思うのだが、どうだろう。

参照元:日本経済新聞仙太郎松屋本店船橋屋
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【史上初】おっさんが殺されない「ビックリマン歌舞伎チョコ」発売決定 → 誰得なのか担当者に聞いてみた結果…

キン消し、ミニ四駆、カードダス──。これらは現在30代~50代にかけてのおっさん達を一撃で仕留める「おっさん殺し」と呼ばれるアイテムたちだ。かつて思うように買えなかった怨念(?)も込めて、おっさんたちは隙あらばこれらのグッズを大人買いする。そこに一切の迷いはない。

そして言うまでもなく「ビックリマン」もおっさん殺しの代表格である。おっさん達は「ビックリマン」と聞くだけで、時にニヤつき、時についつい手が伸びてしまうのだ。だがしかし、2020年7月7日から発売される『ビックリマン歌舞伎チョコ』に何人のおっさんが殺されるだろうか? ある意味でおっさんが殺されない史上初のビックリマンである。

・おっさんが殺されない

そもそもビックリマンほどの破壊力があるならば、おっさん達を殺すのはたやすいことだ。オールドスタイルのビックリマンでもおっさんは殺されるし、キン肉マンコラボ北斗の拳コラボでもおっさん達は嬉々として殺される。やや世代は違うが、エヴァンゲリオンコラボで殺されたおっさんも多いことだろう。

だがだがしかし、だがしかし──。果たして7月7日から発売される『ビックリマン歌舞伎チョコ』に殺されるおっさんはこの世に存在するのだろうか? 情報によれば『ビックリマン歌舞伎チョコ』は、松竹株式会社監修の “本気コラボビックリマン” だという。

さらには「シークレットシールの一部には歌舞伎の次代を担う若手人気俳優のひとり、中村隼人(なかむらはやと)さんがご登場されます」とのことなので、ビックリマンと歌舞伎がガチでコラボしていることは間違いないのだろう。ただ、個人的にはこう言わざるを得ない、

……で?

歌舞伎に悪い感情はないし、もちろんビックリマンも大好きだ。だが、なぜビックリマン歌舞伎なんだ──? いくら考えても誰得なのかわからなかったため、ロッテのビックリマン担当者(かなりエラい人)に話を聞いてみることにした。

──大変失礼なんですが、ビックリマン歌舞伎チョコで誰が得するのか本当にわかりません。開発の経緯を教えていただいていいでしょうか?

「はい。これまでビックリマンは漫画や映画などとコラボレーションをしていますが、その枠にとらわれないコラボレーションをしたいと常々思っていました。やはり人をビックリさせるのがビックリマンの原点ですので」

──はい。

「で、歌舞伎をテーマにしたビックリマンはいつかやりたいと常々思っていたんですね。ただ、やるなら本格的にやりたかったんです。そんな時、松竹さんとご縁をいただき、ビックリマン歌舞伎に取り組むことになりました」

──うーむ、なぜ歌舞伎なんでしょう?

「まず、ビックリマンのキャラクターと歌舞伎は相性がいいと思っていたんです。剣(刀)を持ったキャラもそうですし、元々スーパーデビルは歌舞伎をイメージして描かれたキャラクターなんですよ」

──そうなんですね。

「また、スター・ウォーズ歌舞伎に代表されるように、歌舞伎自体も新たなジャンルに挑戦していることに好感を持っていました。ビックリマンが歌舞伎の魅力を発信するお手伝いになれればとも思っています」

──なるほど。

「あとはそうですね……オリンピックイヤーだったことも否定しません。訪日外国人の方に、日本文化の歌舞伎とビックリマンでアプローチできるとは思いました」

──それ1番納得しました。予定通りにオリンピックが開催されていたら、印象はだいぶ違ったかもしれませんね。

「そういう意味でオリンピックが延期されたことは残念なんですが、ビックリマン歌舞伎自体は本当に良い出来になっています。ぜひ、お手に取って確かめていただければと思います」

・オリンピックも関係していた

ご覧いただいたように、様々な理由があった『ビックリマン歌舞伎チョコ』だが、個人的にはオリンピックのくだりが1番しっくり来た。おっさんが殺されるかどうかは別にして、確かにオリンピックのタイミングならば違和感はなかったハズだ。

というわけで、ビックリマン歌舞伎チョコ誕生の理由が判明した。ビックリマン歌舞伎チョコは7月7日から東日本で先行発売、想定小売価格は税抜80円だ。シールは全22種類なので、興味があるおっさん達は集めてみてはいかがだろうか?

参考リンク:ビックリマン公式サイト
Report:P.K.サンジュン

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【新商品】マクドナルドが「マックでどこでもハワイ!!」開始 → チーズロコモコを圧倒するとんでもないヤツが紛れていた

2020年8月5日、マクドナルドは夏のキャンペーン「マックでどこでもハワイ!!」を開始した。もはや夏の定番となった「チーズロコモコ」を筆頭に、3種類のハンバーガーとドリンクなど計8商品が期間限定で登場している。

最大の注目はやはり「チーズロコモコ」だろう。ほんのりスパイシーかつ甘めのソースと目玉焼きのハーモニーが織りなす「チーズロコモコ」はめちゃウマ! 年間を通しても上位に食い込んでくるウマさである。だがしかし、この夏の主役は「チーズロコモコ」ではない。「チーズロコモコ」すらも圧倒する、とんでもないヤツが紛れていたのだ。

・大谷クラスのスーパールーキー

改めて言うまでもないが「チーズロコモコ」の完成度は極めて高い。月見バーガーでわかる通り、そもそも「パティ+目玉焼き」の組み合わせは鉄板である。そこにスパイシーさと甘さが絶妙なソースがかかるのだ、ウマくないワケがない。夏のマックは「チーズロコモコ」が主役……そう思われていた。

ところがこの夏のマクドナルドには、とんでもないゴールデンルーキーが紛れている。その衝撃度を野球で例えるならば「大谷翔平クラス」──。果たしてマクドナルドに出現した大谷とはどの商品なのか? 以下でレビューしていこう。

・バーガーは3種類

まずは念のための意味を込めて「チーズロコモコ」から。価格は税込420円だ。再三述べてきた通り、チーズロコモコは完全にウマい。食べた瞬間はほんのりスパイシー。後味はまったり甘いソースが最高である。たぶんこのソースは白飯にかけてもウマい気がする。

お次は「ガーリックシュリンプ」で、価格は税込420円。言うなれば「エビフィレオ」の派生商品だが、残念ながら個人的には新商品の中で最もインパクトは薄かった。というのも、サクサク海老は美味しいが、ガーリックの刺激がいまいち伝わってこないのだ。

「ガーリック」の商品名から、もっとガツンと系のイメージをしていたが、どちらかと言えばスタンダードなエビバーガーである。悪くは無いが「これ目的でマックに足を運ぶかな~?」というのが率直な感想だ。

で、バーガー最後の新商品が「ハワイアンスパイシーバーベキュー」である。こちらも価格は税込420円で、肉厚パティとハッシュポテト、さらにはハラペーニョチーズソースが特徴的なハンバーガーだ。

結論としては「ハワイアンスパイシーバーベキュー」もなかなかウマい。商品名の通り、しっかりスパイシーなところも好印象。ハッシュポテトのサクサク感も相まって、食感も良好だ。「チーズロコモコ」と比較するとやや好みが分かれる味ではあるが、こちらの方が好きな方もいることだろう。

・スーパールーキーはバーガーじゃない

とはいえ、ハンバーガー3つの中に「大谷翔平」はいなかった。そう、この夏のマクドナルドに現れたとんでもないルーキーはハンバーガーではない。ご紹介しよう、きっと誰が食べても衝撃を受けるマックのニューフェイス……

「ハワイアンパンケーキ キャラメル & マカダミアナッツ」DA!!!!!!!!!!!!

このハワイアンパンケーキ、価格は税込290円で、パンケーキの部分には朝マックで提供されている「マックグリドル」のバンズが使用されている。あらま、グリドルのパンケーキなんてちょっと嬉しいやん! ……と思いきや、スゴイのはそこではなかった。

ド級のインパクトを誇っていたのは、ズバリ「キャラメルソース」である。このキャラメルソースの甘いこと甘いこと! パンケーキ1切れ分だけで20kmくらいは走れそうなほど、とんでもない甘さを誇っている。

・突き抜けまくった甘さ

一般的にキャラメルは「甘さと苦さ」が美味しいスイーツだ。だがしかし、マックのキャラメルソースは甘さに全振り! 本来なら単体でも甘いグリドルが吹き飛ぶほど、キャラメルソースはとんでもなく甘い。個人的にはマック史上最高に甘いスイーツに認定だ。

さらに言うと、悔しいことにコレがウマい! 再三申し上げてる通り、とにかく甘いのでインパクトは相当なもの。甘さはここまで来ると美味しく感じるのか……と思うほど、飛び抜けた甘さである。毎日は無いにせよ、1度食べたらもう1度食べたくなるメニューであろう。だって、他にこんなに甘いのないですから。

というわけで、この夏のマックの主役には「ハワイアンパンケーキ キャラメル & マカダミアナッツ」を推奨したい。マカダミアナッツの香ばしさなんて関係ない、ただただ超甘いソースである。ある意味で歴史的に甘いスイーツだから、興味がある人はお早めにどうぞ。甘いぞ!

参考リンク:マクドナルド
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。