【地方の美味を自宅で】青森県のお取り寄せグルメ4選


(C)LittlePrincess

産地直送でお手頃「活ほたて」/カツマル

活ほたて
(C)カツマル

むつ湾産の活ほたて。貝柱のシャキシャキとした歯ざわりととろけるような甘味が特徴です。産地直送で新鮮なまま届けてくれます。大きめの貝が約13枚〜16枚(2kg)入って3,900円というお手頃値段。自宅バーベキューの一品として、家族で楽しむのもおすすめです。

カツマル
活ほたて2kg詰め L貝 13〜16枚 3,900 円(税込)
URL:https://www.katsumaru.co.jp/products/detail.php?product_id=1

生産量日本一のごぼうを手軽に「三沢おつまみごぼう」/空飛ぶごぼうPROJECT

三沢おつまみごぼう
(C)空飛ぶごぼうPROJECT

青森県がごぼうの生産量日本一。とりわけ三沢市はごぼうの栽培が盛んです。「三沢おつまみごぼう」は、その三沢市のごぼうを乾燥させて手軽に食べられる一品で、味は「はちみつりんご味」「旨辛きんぴら味」「ピリ辛トマト味」の3種類。空飛ぶごぼうセットでは、加えて下処理の面倒なごぼうをささがきにして調味してから乾燥させたおやつ「Goboco」もついてきます。

空飛ぶごぼうPROJECT
空飛ぶごぼうセット〔三沢おつまみごぼう3種×各2袋ほか全7種10個〕 4,536円(税込)
URL:https://www.nipponselect.com/shop/g/gS69280001/

赤身、中トロ、大トロの贅沢なセット「天然本マグロ」/あおもり海山

天然本マグロ
(C)あおもり海山

青森県の最西端に位置する深浦町で獲れる深浦マグロの詰め合わせセット。高たんぱくでヘルシーな「赤身」、程よくとろける脂ののりと赤身の旨みのバランスがうまく調和した「中トロ」、口に入れた瞬間とろけるような脂の旨みと甘みが特徴の「大トロ」の贅沢なマグロづくしセットです。天然もののため売り切れている場合もあるので、ご注意を。

あおもり海山
天然本マグロ 詰め合わせセット(深浦) 550g(200g×2、150g) 9,331円(税込)
URL: http://www.aomorikaisan.jp/?pid=86946046

1本にりんご5個使用「ずっしり贅沢りんご食パン」/LittlePrincess


(C)LittlePrincess

1本にりんご5個以上を使用して作り上げる食パン。食パン生地は、水を使わず「青森県産りんご果汁(100%)」で仕込んでおり、りんご本来の自然な甘みが口に広がります。どこをカットしてもりんごが現れる贅沢な高級りんご食パンは、贈答品にもおすすめ。1本から注文できます。

LittlePrincess
ずっしり贅沢りんご食パン(1本) 3,024円(税込)
URL:https://lpdringoshop.thebase.in/items/14842485

※価格は全て税込表記です。
※新型コロナウイルスの影響で臨時休業の場合もあります。公式サイトなどで最新情報をご確認ください。

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【廃車じゃないよ】熊本の超人気ホットドッグ店は超が付くほどオンボロだった Byクーロン黒沢

今年の8月末、私は熊本県にある創業1976年の老舗ホットドッグ店を目指し、レンタカーのハンドルを握っていた。

「あそこはオイシイよ〜!」「さくさくふわふわなパンと具が、口の中で溶けてゆく!」「週末は行列を覚悟して!」「誰もが幸せになれる味!」「伝説級のうまさ!」

地元で大人気というそのお店。ネットレビューも高評価だらけ。私もこれまで色んなホットドッグを食べてきたけど、伝説だの幸せだの、ここまで絶賛される店は見たことがない。

地図上ではそこそこ辺鄙な場所にあるが、だからこそ食べてみたい!と、熊本入りしたその足で、ナビをたよりに「ホットドッグ四つ葉」へ直行した私。そこで見た「すごいもの」とは?

・オバケが出そうな真夜中の交差点に!

「ホットドッグ四つ葉」は、熊本市の中心部から車をぶっとばして約20分。熊本空港にほど近い、がらんとしたエリアにある。

時刻は23時を回っていたが、「食べログ」によると閉店時刻は深夜2時。小雨の中、口笛を吹きながら問題の住所に滑り込んだはいいが、「目的地です」とナビが断言した場所は、ホットドッグ店どころか吹きさらしの野っ原。それが点滅する信号にうっすら照らされ、草ぼうぼうのシルエットがぞわぞわ風にゆらぐ。そんなところだった。

あるはずのものがない。地図を読み違えた? 行列の絶えない人気店だって聞いたけど……。とそのとき、闇に慣れた私の目が、何やら小さな黒い影を捉えた。

恐る恐る近寄ると、交差点脇の空き地の片隅に、ボロボロに朽ち果てたオモチャのような車がポツンと停まっている。通り過ぎる車のライトを浴びたそれは、日産・チェリーキャブ。知らなくて当然、今から半世紀前の車だ。

・粉になりそうな車の中には

ボディは穴だらけ。タイヤは地面に埋まり、迷彩色と思いきや、サビだらけでそう見えるだけ……。一発ひっぱだいたらバラバラになってしまいそうな、究極のオンボロバン。

よく見ると、車体に「ホットドッグ」と文字の痕跡が! ルーフには「ホットドッグ四つ葉」という、半分バキバキに割れた看板が乗っかっている。ボロとは聞いたが、これはもう想像を絶するレベル。

どんなに丈夫な車でも、50年も野晒しにされたらこうなってしまうのか。どこから見ても廃車だが、意外にもナンバープレートはついている(自動車税を払っている=廃車ではない)。そして、車内には外装と釣り合わないピカピカのオーブンまで積んでいる。そう、要するにこの車、これでもまだ現役なのだ!

・オーナー曰く、10月解禁予定!

時刻はすでに深夜12時。ここにいても仕方ないと、その夜は素直に退散し、翌日の昼間、再び現場を訪れた。

件のバンは相変わらず、がらんとした交差点で朽ちていた。人の気配もない。ネット情報によると、営業中は車の上に黄色い回転灯が灯るそうだが、残念ながらそれも見当たらず。

普段の私ならさっさとあきらめるところだが、今回ばかりは車が発する強烈なオーラに後押しされ「食べログ」にあった店の番号をコール。と、甲高い男性の声が応答した!

「ハイ? ホットドッグ買いに来たの? あちゃーっ、ゴメンね……。うち10月まで休んどるけん。10月1日から営業するばい、そのとき来てくれるかね? 悪かったねえー」

若干(記憶が)怪しいが、べたべたの熊本弁でこんなセリフを聞かされた。

お天気や気分次第でいきなり休む可能性もあるそうだが、それでも地元民は熱烈支持。台風シーズンの終わる10月以降、熊本を訪れる機会のある方は、私の代わりにぜひご賞味を!

Report : クーロン黒沢
Photo : Rocketnews24.

・今回ご紹介した施設の詳細データ

店名 ホットドッグ四つ葉
住所 熊本県上益城郡益城町平田2240(交差点脇の車)
時間 14時?〜売り切れまで
休日 要確認

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【新商品】マクドナルドが「マックでどこでもハワイ!!」開始 → チーズロコモコを圧倒するとんでもないヤツが紛れていた

2020年8月5日、マクドナルドは夏のキャンペーン「マックでどこでもハワイ!!」を開始した。もはや夏の定番となった「チーズロコモコ」を筆頭に、3種類のハンバーガーとドリンクなど計8商品が期間限定で登場している。

最大の注目はやはり「チーズロコモコ」だろう。ほんのりスパイシーかつ甘めのソースと目玉焼きのハーモニーが織りなす「チーズロコモコ」はめちゃウマ! 年間を通しても上位に食い込んでくるウマさである。だがしかし、この夏の主役は「チーズロコモコ」ではない。「チーズロコモコ」すらも圧倒する、とんでもないヤツが紛れていたのだ。

・大谷クラスのスーパールーキー

改めて言うまでもないが「チーズロコモコ」の完成度は極めて高い。月見バーガーでわかる通り、そもそも「パティ+目玉焼き」の組み合わせは鉄板である。そこにスパイシーさと甘さが絶妙なソースがかかるのだ、ウマくないワケがない。夏のマックは「チーズロコモコ」が主役……そう思われていた。

ところがこの夏のマクドナルドには、とんでもないゴールデンルーキーが紛れている。その衝撃度を野球で例えるならば「大谷翔平クラス」──。果たしてマクドナルドに出現した大谷とはどの商品なのか? 以下でレビューしていこう。

・バーガーは3種類

まずは念のための意味を込めて「チーズロコモコ」から。価格は税込420円だ。再三述べてきた通り、チーズロコモコは完全にウマい。食べた瞬間はほんのりスパイシー。後味はまったり甘いソースが最高である。たぶんこのソースは白飯にかけてもウマい気がする。

お次は「ガーリックシュリンプ」で、価格は税込420円。言うなれば「エビフィレオ」の派生商品だが、残念ながら個人的には新商品の中で最もインパクトは薄かった。というのも、サクサク海老は美味しいが、ガーリックの刺激がいまいち伝わってこないのだ。

「ガーリック」の商品名から、もっとガツンと系のイメージをしていたが、どちらかと言えばスタンダードなエビバーガーである。悪くは無いが「これ目的でマックに足を運ぶかな~?」というのが率直な感想だ。

で、バーガー最後の新商品が「ハワイアンスパイシーバーベキュー」である。こちらも価格は税込420円で、肉厚パティとハッシュポテト、さらにはハラペーニョチーズソースが特徴的なハンバーガーだ。

結論としては「ハワイアンスパイシーバーベキュー」もなかなかウマい。商品名の通り、しっかりスパイシーなところも好印象。ハッシュポテトのサクサク感も相まって、食感も良好だ。「チーズロコモコ」と比較するとやや好みが分かれる味ではあるが、こちらの方が好きな方もいることだろう。

・スーパールーキーはバーガーじゃない

とはいえ、ハンバーガー3つの中に「大谷翔平」はいなかった。そう、この夏のマクドナルドに現れたとんでもないルーキーはハンバーガーではない。ご紹介しよう、きっと誰が食べても衝撃を受けるマックのニューフェイス……

「ハワイアンパンケーキ キャラメル & マカダミアナッツ」DA!!!!!!!!!!!!

このハワイアンパンケーキ、価格は税込290円で、パンケーキの部分には朝マックで提供されている「マックグリドル」のバンズが使用されている。あらま、グリドルのパンケーキなんてちょっと嬉しいやん! ……と思いきや、スゴイのはそこではなかった。

ド級のインパクトを誇っていたのは、ズバリ「キャラメルソース」である。このキャラメルソースの甘いこと甘いこと! パンケーキ1切れ分だけで20kmくらいは走れそうなほど、とんでもない甘さを誇っている。

・突き抜けまくった甘さ

一般的にキャラメルは「甘さと苦さ」が美味しいスイーツだ。だがしかし、マックのキャラメルソースは甘さに全振り! 本来なら単体でも甘いグリドルが吹き飛ぶほど、キャラメルソースはとんでもなく甘い。個人的にはマック史上最高に甘いスイーツに認定だ。

さらに言うと、悔しいことにコレがウマい! 再三申し上げてる通り、とにかく甘いのでインパクトは相当なもの。甘さはここまで来ると美味しく感じるのか……と思うほど、飛び抜けた甘さである。毎日は無いにせよ、1度食べたらもう1度食べたくなるメニューであろう。だって、他にこんなに甘いのないですから。

というわけで、この夏のマックの主役には「ハワイアンパンケーキ キャラメル & マカダミアナッツ」を推奨したい。マカダミアナッツの香ばしさなんて関係ない、ただただ超甘いソースである。ある意味で歴史的に甘いスイーツだから、興味がある人はお早めにどうぞ。甘いぞ!

参考リンク:マクドナルド
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。