なか卯のいくら丼に「あわびを1万円分」トッピングしようとしたらこうなった

2020年8月6日、親子丼と水樹奈々さんでお馴染みの「なか卯」が「いくら・Wあわび丼」の発売を開始した。なか卯ではこの4月から、いくら・まぐろ・うなぎなどの “豪快盛シリーズ” を展開しており、このたび高級食材のあわびが登場した、というワケだ。

ぶっちゃけ、私、P.K.サンジュンはこれまで「親子丼は好きだけどそっち系はスルー」の姿勢を貫いてきた。だがしかし「あわびを追加トッピングできる」と聞いてしまったら無視するワケにはいかないだろう。やるか……! 久々に男のロマン「1万円トッピング」の開催だ!!

・親子丼はウマいけど

自宅の近所になか卯がある私は、ちょいちょい同店に足を運んでいる。お目当ては「親子丼」と「すだちおろしうどん」が9割で、気が向いたら牛丼を食べている感じだ。中でも親子丼の安定感は抜群! 親子丼に関しては「自分で作るよりもウマい」と確信している。

そういう意味で私なりになか卯への信頼感はあるのだが、数年前から展開している「いくら丼」については「どうせ……」という気持ちを抱いていた。だってそうだろう、親子丼がどれだけ美味しいとしても生もののいくらは畑が違い過ぎる。端的に「またやってらあ」くらいの感想しか持ち合わせていなかった……のだが!

冒頭でもお伝えした通り「いくら・Wあわび丼」は、あわびの追加トッピングが可能だというではないか。あわび単品は500円。仮に味がイマイチだとしても、1万円分のあわびはとんでもない画力(えぢから)を持っているハズ。やるしかねえ……! 私は1万円札を握りしめ、なか卯へと足を運んだ。

・ハプニング発生

今回はいくら丼に2つのあわびがのった「いくら・Wあわび丼」(1600円)を注文し、残り8400円分は全てあわびをトッピングすることに。あわびは1つ500円だから、16個のあわびをトッピングすれば合計9600円で「いくら丼+18個のあわびトッピング」が完成する計算だ。ところが……。

あわびを16個注文しようとしたところ、訪れたなか卯には8個の在庫しかないというではないか。なぬ……! さらにもう1つの店舗では在庫が6個しかなかったため、今回は「いくら・Wあわび丼」+ あわび6個、合計8個のあわびで妥協することにした。総額は4600円である。

「いくら・Wあわび丼」は5分も経たず到着した。意外と言っては失礼かもしれないが、小ぶりではあるものの、あわびはなかなか立派である。てっきり私は茹でか蒸しか、火を通したあわびを使用しているかと思っていたが、実際は生のあわびが使用されていた。在庫が少ないのも納得だ。

・盛り付け開始!

で、あとはあわび6個を「いくら・Wあわび丼」に盛り付けていくだけ。キラキラのいくらを覆い尽くすあわびたち。1つ1つは小ぶりだが、数の暴力で丼を埋め尽くしていく。やがて……

ドーーーーーーン!

ズドーーーーーーーーン!!

あわび4600円トッピングの完成である!

もはやいくらの姿は確認できず、パッと見は完全に “あわび丼” だ。なんと贅沢な丼だろう……! しかもここは漁師町でもなければ寿司屋でもない「なか卯」である。まさか なか卯でここまで大量のあわびとご対面するとは思ってもいなかった。サンキュー、なか卯。

とはいえ、大切なのは味である。実はこの段階でも「それでも……」とややネガティブな感情があったのだが、なかなかどうして、なか卯のあわびは悪くない。生のあわびだけあって風味は強く、思ったより身も柔らかだ。個人的には噛み切れないほど硬いあわびが好きなのだが、丼としての食べやすさを考えた場合、なか卯のあわびはアリである。

・いくらのウマさにビビった

また、長年スルーしてきたいくらが、実はかなり美味しかったことも記述しておく。一言でいえばなか卯のいくらは、そんじょそこらの回転寿司とは一線を画す “イイいくら” であった。このクオリティなら いくら丼だけ食べに来てもイイと感じた次第だ。

想像以上の美味しさにスルスルッとノドを通過していった結果、10分足らずで4600円のあわびいくら丼を平らげた。あと10人前あわびが追加されていても、おそらく余裕でイケたハズ。それくらい美味しい丼であった。

予期せぬハプニングはあったものの、個人的にはかなり満足だったなか卯のあわびといくら丼。このクオリティで「いくら・Wあわび丼」が1600円ならば、決して高くないのではなかろうか? 私のように「なか卯でいくら丼(笑)」と思っている方にこそ1度ご賞味いただきたい。

参考リンク:なか卯
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.
こちらもどうぞ → シリーズ『1万円分トッピングしてみたらこうなった

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【マジか】1分10円飲み放題の店が爆誕! 3分(30円)だけ飲んで帰ろうとした結果… / 東京・高円寺「でんでん串 高円寺駅前店」

最近は1000円でべろべろに飲める「せんべろ」や、その半額(500円)で飲む「はんべろ」など、短時間でサクっと酔っぱらう飲み方が、酒を愛する我々アル中たちのトレンドだ……誰がアル中や(笑)もとい、酒を愛する「のんべえ」たちのトレンドだ。

そうしたなか「1分10円」で飲み放題の店がオープンしたとの情報をキャッチ! これはつまり、分単位で酔える “ふんべろ” が可能になるというのか……?

サブカルチャーの聖地であり、古着のメッカであり、そして安くてウマイ飲み屋がありまくる最高の街、東京・高円寺。北口の「純情商店街」に入ってすぐのところにあるのが「でんでん串 高円寺駅前店」だ。

なんか聞いたことのある店の名前だぞ? と思ったら、以前にあひるねこ記者がフィーバー(潜入)した阿佐ヶ谷の「でんでん串」の2店舗目なのだそうだ。

ちなみに阿佐ヶ谷店は、90分1600円で「おでん」と「串揚げ」が食べ放題 + お酒飲み放題という最高のサービスを提供している。行ったことないけどフィーバー不可避だろ、そんなん!

対する高円寺店は、先にも述べたように1分10円で飲み放題の店だ。

飲み放題もついに分単位の時代が到来か……! そこで私は “ある作戦” を企てていた。

その作戦とは「3分(30円)の間に死ぬほど飲んだら退店する」という、ウルトラマンも二度と地球に帰ってこないようなケチな作戦だ。シュワッ!!

ところが、店の入り口で驚愕の事実が発覚するッ……!

店先の張り紙によると、なんと飲み放題は60分以上からの利用となるそうなのだ!
なん……だと……!? 60分 “から”……?

・いや、そりゃそうだろ

マジかよ……と思った私だが、冷静に考えるとまぁ納得のシステムだ。そういうルールでも作らないと、3分間だけ飲んで帰ろうとするようなアホが出てくる可能性が大いにあるからだ。

また、人手不足が叫ばれている昨今、店員が客の滞在時間を分単位で管理している場合じゃない。そんなムダなことに労働力を使うべきではないのだ。

ということで、「飲み放題は60分から」とするのは英断と言ってもいいルールだが、ただ「1分10円飲み放題」という看板とうたい文句から、私のように早とちりする人もいると思うので(いるのか?)注意されたし!

・料金システムはこうだ

いずれにしても「飲み放題60分」は1分10円で飲めることに違いはなく、とてもお得であることに間違いはないのだが、その料金システムは やや特殊でもある。箇条書きにすると……

・ビールなし飲み放題は1分10円で、60分(600円)からの利用
・ビールあり飲み放題は1分15円で、60分(900円)からの利用
・飲み物のラストオーダーは30分前
・61分以降は、10分(100~150円)単位で延長可能
・料理メニューは、全て200円

・酒はセルフでフィーバー

で、お酒に関しては全てセルフ。このあたりのシステムは、阿佐ヶ谷店と同じである。日本酒、焼酎、ウイスキーもあるし、なんでもあるゾ~!

ビールを飲む場合も、客が厨房の中にあるビールサーバーから自分でつぐという完全セルフ(笑)こういうところで人件費を削り、オドロキの安さを実現しているということだ。

・お料理の注文システムはQRコードで……

一方、お料理は全て200円という激安価格! だが、その注文方法がこれまた少し変わっている。カウンター、あるいはテーブルにつくと客ごとに専用QRコードを渡されるので……

スマホなどのカメラアプリで読み込み、店の注文ページにアクセスする。あとは食べたいものを頼むと、お店側にもその注文が通る……というシステムなのだ。

つまり、注文プロセスまでもがセルフ! すぐ近くに店員さんがいるのに、あえてスマホ経由で注文するなんて……すごく未来的✰


ちなみに「もつ煮(200円)」が超絶オススメ! おおぶりな豆腐も入っているので、実はかなりお得で食べ応えがある。


カリカリで香ばしい「ヤングコーン揚げ(200円)」も間違いのない味ッ!

・阿佐ヶ谷 フィーバー vs. 高円寺フィーバー

どちらに行ってもフィーバー間違いなしの「阿佐ヶ谷店」と「高円寺店」。では、行くのならどっちがいいのか? それはあなたがどういうフィーバー(飲み方)をするかによって、選べばいいと思う。

・阿佐ヶ谷店 → 90分1600円で、おでんと串揚げを食べまくりながら、飲み放題したい人向け
・高円寺店 → 60分600円~で、好きな料理(料金別途)を食べながら、飲み放題したい人向け

まあ、もっと簡単に言うと、ガッツリ飲み食いするのなら「阿佐ヶ谷店」。それに対して、ゆるゆると飲み食いするのなら「高円寺店」……といったところだろうか。興味を持った方は、その日の気分と体調によってフィーバーしてみてくれ!

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 でんでん串 高円寺駅前店
住所 東京都杉並区高円寺北3-22-12 第六東和ビル 3F
時間 月曜日 ~ 土曜日 17:00~25:00 / 日曜日16:00~24:00
休日 不定休

Report:ショーン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【東京ギフトパレット】バターの香りとシャリシャリ食感が新しい「ソールズ ゴーフレット」

高級感あふれるパッケージに期待高まる


1箱 4枚入 972円(税込)
店舗販売よりひと足早く入手したソールズ ゴーフレット。パッケージも落ち着いたピンクで素敵。女性向けのちょっとしたギフトや手土産にも喜ばれそうです。こちらの箱には4枚、個包装されたものが入っています。

ソールズゴーフレット
光沢のあるパッケージに包まれたゴーフレット。高級感のあるパッケージに、期待感が高まります。袋の上から触るとその柔らかさに驚きます。

ソールズゴーフレット
開封してみました。筆者の想像していたゴーフレットより、はるかに柔らかい手触りだったので、おそるおそる取り出しました。ふわっとバターのいい香りに包まれます。このゴーフレットの生地には発酵バターが使用され、ブリオッシュのような芳醇な香りが特徴なんだそう。

バターゴーフレットをいざ実食!

ソールズゴーフレット
さっそくいただいてみます。

ソールズゴーフレット
これが・・・ゴーフレットなのですね。ゴーフレットは丸くてパリパリしたものだと思っていましたが、実際に食べてみてその認識を見事に覆されます。最初の食感はふんわりもっちり、その次には中身にサンドされたシャリシャリ食感がやってきました。これは、食べたことのあるゴーフレットとはまったく違う食感・・・新しい。

ゴーフレットの生地は、バターをたっぷりと混ぜた生地に熱を入れ、ふわっと膨らませながら焼き上げる製法を採用していることから、このようなふんわりもっちりとした食感になっているんですね。

ソールズゴーフレット
どうやらシャリシャリ食感の正体は、3種の砂糖がブレンドされたバタークリームだったようです。バターゴーフレットには、このバタークリームと濃厚なバニラミルクジャムがサンドされているんです。「どこまでもバターな一枚」をコンセプトに作られたというエピソードにも納得。ちなみに黒い点はバニラビーンズです。

バターがふんだんに使われた繊細なお菓子なので、直射日光や高温多湿を避けて25℃以下の涼しい場所で保存するのをおすすめします。賞味期限は、筆者が入手してから1週間程度でした。

店頭では焼きたてバターゴーフレットも購入できる!

ソールズ ゴーフレット
東京ギフトパレットにある店頭では、なんと焼きたてのバターゴーフレット(1枚270円・税込)も購入できます。

ソールズ ゴーフレット
箱詰めのバターゴーフレットより一回り程度大きいサイズで、店頭ではガラス越しに実際に作っている様子を見ることができます。

ソールズ ゴーフレット
焼きあがり直後のぷっくりふくれあがった生地に目が釘付け。店頭で丁寧に作られたバターゴーフレットを、ぜひその場で味わってみてくださいね。

SOLES GAUFRETTE(ソールズ ゴーフレット) 東京ギフトパレット店
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅八重洲北口
営業時間:平日 9:30~20:30/土日祝 9:00~20:30 ※一部、店舗により異なります
東海道・山陽新幹線:新幹線八重洲北口改札を出てすぐ
在来線:東京駅八重洲北口改札を出てすぐ
ソールズ ゴーフレットHP:https://soles-gaufrette.com/
特設サイトURL:https://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/tokyogiftpalette/

[All Photos by Chika]

~人生に旅心を~